からだを響かせて語る、ってつまり骨のこと

去る3月16日、あの「外郎売の口上」を題材に、トマティス式発声の講座を開催いたしました。東京、千葉、神奈川は湘南方面からそれはそれは非凡な皆様がお集まり下さいました。ストーリーテリング、伝統芸能、ヴァイオリン、歌に整体、生物学とお得意分野も個性的。縁あって出会ったとしか思えません。まるで惑星のようでした。

今では「外郎売の口上」もアナウンサーの滑舌練習素材として知られていますが…口先の滑舌だけではもったいない。本来の滑舌は全身という植物をととのえたあとに花がおのずと咲くようなもの。舌がまわるだけではなく、全身がリラックス、呼吸は深くなり、語り手にも聴き手にも心地よいひびきを伴うはずです。

実は、人間の背骨は純正律のピアノのようにさまざまな音に共鳴するといわれます。しかも、骨のすべてがギリシャ悲劇のコロスのように静かに響き続けると、気持ち良い振動が生まれます。

耳と聲のしくみの素晴らしさを思いつつ、骨を響かせると、あら不思議、外郎売りさんのセールストークも、早口のところも、聴いているほうはゆったりしていられるのです。

今回は当然のことながらさわりしかできませんでした。ラジオ体操のように生活の一部として自然に繰り返す仕組みに育てたいと思いめぐらしています。川崎、神奈川、保土ヶ谷、戸塚、藤沢、平塚、大磯とご当地の地名も目白押しですからね。image

Please follow and like us:

話題の原始反射、大切なのは、子どもいじりではなくて…

The-Well-Balanced-Child-smallサリーさんの「The Well Balanced Child 」 原始反射に一番くわしい第4章をたったいま訳し終えました。その最後の一節が、またいいんです。

「子どもたちの大多数はこれらの発達段階を容易に通り過ぎ、おのずと進化の遺産を存分に使い果たし、大切な礎石をしかるべきところに敷いて二本足で立てるようになります。素質と育ちが共働して原材料と環境をそなえることで、大切な運動のしるべ石に到達できるようになっているのです。何らか理由で子どもがこれらの段階をおのずとは通り過ぎていかないこともあるでしょう。そのときは、関係する諸プロセスを理解することです。親御さんや先生方が、すき間に橋がかかるようふさわしい環境をととのえるのに役立つことでしょう。」

まだご予約受け付ける段階ではありませんが、準備整い次第お知らせいたします。これは、いいです!

Please follow and like us: