勉強はじっと座ってするもの?ー英語はウロウロ大歓迎!

授業中静かに座って居られないと、すぐに「あの子、変じゃない?」「先生、指導力大丈夫?」という声が上がるようになりました。でも、そんなにじっとしていないと学べないものでしょうか?

 

優位感覚ってなに?

新しい情報や経験はいきなりアタマの中に入りません。まずカラダに備わったさまざまな感覚という窓を通り抜けるのです。よく知られた5つの感覚のなかでも、学びに大きく関わるのが視覚・聴覚・体感覚(触覚と運動感覚)と言われます。(授業中早弁をすると嗅覚と味覚が忙しいでしょうね!)

お気に入りの感覚はどれ?
お気に入りの感覚はどれ?

これら3つの感覚を私たちは三角シーソーのように刻々と切り替えながら使っています。ただ、3つを均等に使うのではないようです。たいていの人は、お気に入りの長居しがちな感覚がひとつ、ときにはふたつあるものです。その感覚から新しい情報が入りやすいからなのですね。これを学習優位感覚と呼びます。目で見るとよく覚えられるなら視覚優位、耳で聴くとよくわかるなら聴覚優位、というわけです。

この仕組みを利用して人の気持ちを動かそう、という動きもありますが、私は違和感を覚えます。自分らしい感覚バランスが育つまでの仕組みを(運動と感覚の発達。原始反射をベンチマークに)学ぶと、芸術的な精密機械のような人体のしくみに驚くばかりです。このように人間を成り立たせた力に畏敬の念を抱きます。

この素晴らしい仕組みを活かすのに教室以上にふさわしい場があるでしょうか。鍵を握るのは先生です。

 

さて、このごろの教室で損をしやすいタイプは…?

学校の先生には視覚優位、聴覚優位の方が多いと言われます。たしかに字がきれい、声がいい方が多いですね。でも、ひとはついつい自分の方法をひとにも求めがち。体感覚優位、つまり動いたり触ったりするとよく学べる子どもたちが本領発揮できる活動をふくむ授業になるよう工夫したいものです。

 

英語はウロウロして学ぶ!

私たちは心拍と呼吸のリズムに乗せて言葉をかたります。そんなこと意識しないほど、日本語ならば自然にやってのけていることでしょう。ところが、外国語となるとそうはいきません。英語は外国語だからこそ、身体にそなわるリズムを強調して学ぶとよいのです。一番有効なのは歩くこと。教科書を読むにも、覚えた詩を唱えるにも、歩いてみてください。自然にリズムがついてくるでしょう?

 

いま、ネットの時代に学校で学ぶ意味

たとえリズムがよくなっても、ひとりでウロウロ、ぶつぶつはさみしいもの。でも、仲間がいれば、和になってメイポールダンスのような美しい形を描いて楽しむこともできます。これはネットではできないでしょう?だから仲間と学べる学校は素晴らしいんです。みんなが黒板に向かって机を並べ、心拍も呼吸もきわめて安静…なんてもったいない!

ことばはカラダで学ぶと楽しい!
ことばはカラダで学ぶと楽しい!

さて、このリズムが頓珍漢のあてずっぽうではかえって気持ち悪いもの。リズムも自然で言いやすく聴きやすい英語にするには、実は文法の知識がとても役に立つのです。このあたりは次回のおたのしみ。

一見、私の授業は楽しく遊んでいる…英会話学校みたい…と思われますが、根底にある理由は全く違います。学びの科学と、からだの音楽、文法の数学をキーワードに、現場でがんばる先生を応援しています。

教員研修、セミナーのお問合せは【こちら】からどうぞ。

Please follow and like us:

通訳者ですが、英語で自己表現にあまり興味ないんです。

「グローバルな場面で英語で自己表現」birds
おお、威勢がいいねえ!

確かに、私もまさにそれが仕事になっているけれど
そうしたい、と望んだことは一度もなかったし、
目標にしたこともありません。

そもそも、私が外国語に引き寄せられるときは、
私のことを分かってほしいから、ではない気がします。

外国語の美しい響きに魅入られるとき。
新しいパターンに惹かれる時。
あなたのことをあなたの言葉でわかってみたい。
あなたのことばで話したいと願うとき。
(道楽と言えば道楽。)

ああステキ、と思うから、先生が宿題で出す量を
超えるインプットしていたかもしれません。
自分で考えこねくりまわして英作文したことも
あまりないように思います。(今も避けている?)

中学の英語の教科書で、タイ人と日本人の少年少女が
英語でメール、なんていう題材を見かけると
たまらなく違和感を覚えます。

イギリスでイラン出身のふたりの友人と英語で話していたときのこと
ふたりが一瞬アラビア語で話すと、呼吸も、眼光も、立ち姿も、
声の響きも…別人のように輝いたのです。
あの瞬間はいつまでも覚えています。

英語コモディティ人間量産に多くのエネルギーが
注がれているように思われてなりません。

さて、挿絵はアッシジのフランシスコの「小鳥への説教」を
お借りしました。なしてだべ。

Please follow and like us:

「できません…」って100回試してみましたか?

もう10年以上前、私はドヴォルザークの「ロマンス11番」という
ヴァイオリン曲に、一度で心奪われたことがあります。
(アイザック・スターンの演奏URL後述)
幸福感にあふれるメロディーはどこかなつかしい
中欧の風景が立ち現われるよう。

これを弾いてみたい。
この曲が奏でられたらどんなに嬉しいことか!

ところが楽譜はオタマジャクシのイカダだらけ…
当時、私はやっと先生にめぐりあい、
ゼロから楽器と出会い直したばかり。
「きらきら星」の出だしもおぼつかないほどでした。

ふと、まずこの一番難しい4小節、100回練習してみよう。
なんとなくそう思いました。
100回もやっていないうちは「ダメだこりゃ」という資格すらない。
100回から先のことは100回やってから考えればいいや、と。

romanceアイザック・スターンによるドヴォルザーク「ロマンス11番」はここをクリック

 

交通量調査で見かけるあのカウンターを使って
1回、2回…と続けるうちに予想外の思いを味わいました。
30回頃は「なんだ、まだこんなもんか、先は長いなあ」
45回頃から「ん、先生がおっしゃっていたのは、こういうこと…」
ひとつとして同じ回はないのです。
同じチャレンジでも、発見が違う。
80回が近づくころ、焦りとさみしさと愛おしさがあふれてきました。
あと23回しかない、あと22回しかない…

95,96回目あたりは、「もうこれで最後」という思いがいっぱい。

100回目を弾き終えたとき、確かに楽譜をみなくても
指が動くようになっていました。
けれど、心の中にあったのはそのことではありませんでした。
一度生まれて、また彼岸に戻ったような感覚がありました。

101回目、110,120回を弾いても別にかまわなかったのですが
それは違うような、ゾンビのような気がして、
100回目で楽器をしまいました。

100は人間の寿命にちかい数なのかもしれません。
でも別にこれが300回でも1000回でもよいのだと思います。
ただ、はじめにひとつの全体として自分に約束していることが
鍵であるような気がします。

そして1回ごとに新たに向き合うこと。
次の1回はさっきの1回のコピーではありえないのです。

量が質に転化する、とよく言うけれど、やみくもに
あらぬことを考えつつ繰り返すだけではだめでしょう。
二度とない1回を積み重ねることで質自体が少しずつ
変化しているのでしょう。やがてまとまった変化として
感じられるのも当たり前のことかもしれません。

image

今はヴェルディの「スターバト・マーテル」で
ソプラノの最後の音、上のシが楽に出るのを
夢見て…ほんとに暇ですみません。

Please follow and like us: