Subtle language barriers in Europe

Language barriers in Japan are so funny and obvious.
They do exist in Europe as well but in a very very subtle way.
I am afraid they may make it difficult for bothers and sisters in spirit to find each other.

What if more anthroposophists read French,
more French people read anthroposohpy in German,
more English speaking people read outside their language?

Surely anthroposophists, Tomatis community and INPP will find each other
with more ease and make a breakthrough.

日本にある言葉の壁なんてあからさまだからお笑い草。
ヨーロッパの言葉の壁のほうがよほど厄介。志通じる人たちの出会いがはばまれていると思う。(おせっかいな日本人だなあ)
もしシュタイナー関係者にフランス語できる人がもっといて、
フランスのトマティス関係者がもっとドイツ語できて、
英米人が英語以外何かできたら事態は違ってくるんじゃないかな。

 

View Bookshelf
View Profile

Please follow and like us:
error

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA