【レガシーlegacy=遺産】はもともと勘違い?

このごろよく耳にするフレーズ、「オリンピックのレガシー」

確かにロンドンオリンピックでもさかんに言ってました。当時のロンドン市長、ボリス・ジョンソン氏も競技場は大事なレガシーだ、室内スキー場にしようと言っていたけど、どうしたのかしら。最近おとなしいですね。

2016-11-18-1
米大統領選のおかげでご無沙汰な印象。

 

レガシー=後世に渡すに足る財産という意味のようですが、これ、もともとそういう意味ではなかったようです!

legacylegatus=遣わされた者、大使、公司というラテン語がもと。ところがこれに似ているlegantia=遺産というアングロラテン語とごっちゃになったというのです。

混乱はここで止まらず…

leg-といえばlegal, legitimate, loyalのようにlex=法を連想します(Regal, RoyalRex=王様由来です)。Oxford Word Originslegacylex由来としていますが、同じOxfordでも Elementary Latin Dictionaryは別としています。明言できません。

こういうことを一生探求している人もいるんですねえ。 

まるで役に立たない話になってきましたので、ちょっと面白いフレーズを。

  • legacy-hunter 遺産目当ての求婚者
  • legacy duty 相続税

いろいろお持ちの方も大変。

おあとがよろしいようで。

Please follow and like us:
error

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA