翻訳を磨くのは英和辞典じゃなくて…

みなさん辞書お持ちですか?電子?紙?

あ、電子派が多そうですね。

もしかして家庭の医学やビジネス法律関係の資料も入っている…?

でも、これは入っていないでしょう。
久々に紙の辞書を買って大満足です。
三省堂の「現代語古語類語辞典」。

通訳道場メンバーの悦子さんが教えてくれました。
いいもの見つけましたね~!!ありがとうございます。

私もこういうものをいつも探しているんです。

なぜって…皆さん、私の通訳の日本語表現に驚いて下さる。

振り返れば、その根は中高時代なんです。 文系、理系なんてケチなこと考えずに何でも学んだ。 自然科学、社会科学の日本語に触れ続けた。毎朝歌う讃美歌は文語。

そんな体験を、損なうことなく別の形で通訳を学ぼうという大人の方たちと分かち合いたい。なぜなら、出会った人たちの中にすでにある賢さ、宝が喜ぶはずだから。

(こういうもんだから覚えろ、みたいなことを我慢してると子どもの頃はいきいきしていた知性が昏睡、機能不全になるのです。)

この辞書は現代語が見出しになっていて、その見出し語の表現を上代から辿っています。日本語版超プチOEDのよう。 北欧の2つの昔話をハイブリッドにしたストーリーテリングの訳にも助かりました。

たとえば王子が馬で冒険の旅を始めて…
The prince rode for a long time, he rode for a longer time.

「王子は長い時間馬に乗った。彼はさらに長い時間乗った。」

学校の英文和訳ではこんなもんでもよしとすることがありますが、ダメですね。単語を単語に置き換えただけでなんの情景も見えません。

情景が見えない、というのは原文にあった文体のカテゴリが、日本語では失われたということです。

王子と馬が登場する情景を描くにはそれにふさわしいカテゴリの日本語が必要。

さて、程度を表すとき英語は時間(例 longer time)、日本語は空間(例「はるばる」)で表すことがままあります。あらいぐまラスカルの歌でも「ロックリバーへ遠乗りしよう」というフレーズがあります。でも、できれば「時間」で表したい。遠乗りじゃなくて「長乗り」、聞いたことあるけど、ほんとにあるかしら。

「馬」でひいてみると…ありました! さて、実際のストーリー訳がどうなっているかは近日発売CDブックをお楽しみに。

プロフィール

Please follow and like us:
error

英検1級、難しいのは英語じゃない

「高校時代に英検2級とった。大学時代にはTOEICも何度も受けた。それなりにがんばったけれど、でもやり切った気がしない。やっぱり…英検1級に挑戦します!」

いいですね!頑張って。

忙しいあなたのこと、まわり道はもったいない。ひとつだけアドバイス。

過去問をトライして、知らない単語、初めて見る固有名詞が多いと感じたらストップ。そのまま辞書引き拷問を続けるのは無駄骨です。

なぜならあなたがインプットすべきは単語ではなく、概念だから。概念がなければ単語も覚えにくい。あまりに非効率的です。

2017年第2回の英検1級でも話題は選挙、監獄、AI、宇宙、個人名はチャーチル、ミシェル・フーコー、ミダス王などが登場。

これ、英語の難しさじゃないでしょう?

概念があるか、ものを知っているかどうかなのです。逆に概念があれば知らない単語のいくつかは相当正確に見当がつくのです。特にラテン語が語源のものは。

でも数学、理科は中学でストップ、世界史、政治経済は高校で選択しなかった?

そもそも世の中は学校の教科で割り切れるものではありません。それに学ぶ場、方法は学校に限りません。 おすすめはこちら。学習まんがです。

これなら楽でしょう?

12月23日子どもの英語が不安なママのためのセミナー
都市伝説だらけの日本の英語教育。ほんとのことお話しします。

Please follow and like us:
error

日本独自の医療は〇だった。

ホリスティック医療も西洋からの流れがさかんです。でも身土不二。東洋は…?

アントロポゾフィー医療をライフワークとされるS先生とお話ししていたときのこと。そんな話題になりました

なるほど漢方の臓器の命名に素晴らしい叡智が宿っているそう。たとえば肝。干は幹にも通じ、肉体の中での重要性を示しています。

でもそれは漢学。日本の身土不二は?

一瞬の沈黙の後、S先生は「それは『道』が担ってきたのだと思う。」と。

神道、修験道、書道、香道、武道…。

ありゃ。私にそっくり。

なるほど!これらはすべて小さな自己、いつもの癖を離れ、身体のすみずみまで自覚し、感覚を磨き、自然に適った動きを探る道。

呼吸を深くし、身体をゆるめ、一本の芯を通し、献身する。

実は私がまさにその道で救われていました。

私はまったくアンバランスで恰好悪い子どもでした。体育はまるでだめなのに勉強はできる。英語はなんでも聴けるのに書くとまるでおバカ。春先の太陽で急性アトピー。冬はしもやけ。そんな自分がいやでいやで仕方ありませんでした。

発達アセスメントでもすれば、両眼視、聴覚過敏、自律神経…などなどが浮かび上がったことでしょう。

でもどんなセラピーより効いたのはなぎなたと書道、ヴァイオリンでした

最後のはちょっと毛色が違いますね。音道とでもしましょうか。 お子さんの健康、発達が心配なみなさん、ご近所のお師匠さんがまるごとお子さんを受け止めてくださるかもしれません。クライアントとしてではなく、弟子として。

昔はそんな先生が町内会のなかにたくさんいらしたんでしょうね。

通訳養成もこのようにありたいものです。

お子さんの英語が心配なママのためのセミナー

 

Please follow and like us:
error

通訳口調にハマらないためには〇〇を

同時通訳をしていると口が忙しい?

もしかして通訳は標準語の「ですます調」で訳すものと思っていませんか? 

語り手の英語は話し言葉としていろいろな表情がある。なのに書き言葉のような標準日本語で訳すことはありません。

え、きちんとしたい?

 でも通訳者のあなたが言うのに忙しかったら、スクリプトもなしに初めて聞く人はもっと忙しい。きちんとどころではありません。

 話し言葉でカジュアルになるのが怖い?

 やみくもにカジュアルに、と言っているのではありません。衣ばかりの安物の海老天のような日本語から自由になってください。そもそもその衣はもとの英語にはないでしょう。

たとえば、俳句歳時記を音読してください。

 足すことも引くこともいらない言葉の世界にふれましょう。

 「えー、古池がありまして、蛙というものが飛び込みますと、音がするのであります。」なんて書いてないでしょ?

通訳道場★横浜CATS 第4期はこちら

Please follow and like us:
error

失礼な英語を話しているのでは、と不安なあなたに

最近、某TV放送でハリソン・フォードのインタビューを見かけました。話題は35年ぶりの「ブレードランナー」のこと。で…日本人リポーターが

What did you think…when offered..?”

「何考えた、役きたとき?」
 
えええ…?
I am wondering what it was like for you to….
I wonder if you could tell me…
Could you please tell me ….
 
通訳者を入れないなら、このくらいすっと出てこないと。
さもないと子どものおつかいレベルです。
 
こちら、オクスフォード大学のFunction in English英語の丁寧表現を構造的に学べる本。ニュートラル、インフォーマル、フォーマルそれぞれの例文が多くて構造が透けて見える面白さがありました。私はリーズ大学に留学する前になんとかひととおり覚えました。
 
ちょっと古いところもあるけれど、構造感覚は古びないので応用がききます。
 
絶版ですが、アマゾンで3000円以下、国内からの配送のとき入手なさることをおすすめします。
 
Please follow and like us:
error

AIに追いつかれない通翻訳って…

AIの進歩により、いまある多くの仕事が消え去るとか。通訳・翻訳もその中に入っています。まあそれはそのとき。時代が求める役割を担っていけばいいだけのこと。「失業する!!」という不安はありません。

でもちょっと悔しい!通・翻訳は楽しみ、喜びの多いプロの職人技です。みすみす全部AIに持っていかれたくはありません。

AIの弱みは意味と非文字情報の理解とか…それこそ私が理屈っぽくこだわり続けているところ。

たとえば次のお話の出だしの1文を訳してみましょう

The Monk and the Scorpion

Once a monk sat on the banks of the Ganges River with one of his students.

As they watched the water flow by, a large scorpion making its way along the steep banks fell into the water and began to struggle and drown.

Without hesitation, the monk reached in and pulled the scorpion from the water.
As he placed it on the bank it stung his hand.

Several minutes later this same scorpion fell again into the river and commenced to drown. Again the monk reached in and again was stung as he set the scorpion on the bank.

A third time the scorpion fell and a third time it was retrieved by the monk with the same results.

The student could no longer restrain himself. “Master, ” he asked, “why is it that you keep saving that beastly scorpion from drowning?” Can’t you see that itis just going to sting you?”

“Yes, I know it is going to sting me,” laughed the monk. “It is the dharma of a scorpion to sting. But it is my dharma to save.” (from Doorways to Soul by Elisa Davy Pearman)

 

Once a monk sat on the banks of the Ganges River with one of his students.「あるとき、とある僧が弟子のひとりと共にガンジス川の畔に座っていました。」

まあ、これでも中学の英文和訳なら〇がもらえます。(だから英文和訳の延長のつもりで翻訳に手を出してやけどする気の毒な人、そんな翻訳読まされてアタマこんがらがる気の毒な人が続出。)

では、★Once a monk and one of his students sat on the banks of Ganges River.では景色はどう変わってきますか?

人間はイメージの浮かんだ順に言葉を並べ、新しいこと、余韻を残したいこと(次の先触れになる)をトリ、文末におく。これ、自然ですね?

以上の2つの文は「トリ」が違います。

★の文で余韻にひろがる景色はガンジス川の流れ。

もとの文のトリは「弟子」です。どうも気になる。

その余韻の内に彼の眼を通して物語をながめてみましょう。すると、結びの方で「自分を抑えきれなくなる」ほど緊張が高まるのも唐突ではなく自然に感じられます。そして師の笑い声と答えで一気に弛緩。

laughedは声をあげて笑うこと。笑い声が聞こえていれば、ただ「笑った」と訳していては落ち着かないはずです。

さて、そのつもりで訳すと…こんな訳文もあるのでは?

超訳でも意訳でもありません。仕込み、伏線をできるだけ意識したメタ訳とでも言いましょうか。まだまだこれで完成ではありませんが。
「むかし、ある僧が腰をおろしていたのはガンジス川のほとり。そばには弟子がひとりおりました。」

あなたならどう訳します?

ひとは言葉と声で心の中の風景を描く。通翻訳者もそうありたいものです。

文字を文字に置き換えるのならAIが得意…あれれ?

「一度修道士が彼の学生の一人とギャングズ川のほとりに座った。」

まだしばらく大丈夫そうです。ほッ…

通訳道場★横浜CATSはこちら

 

Please follow and like us:
error