1945年8月7日、広島を伝えるニューヨークタイムズは

ネットでも、駅の売店でも、どこでも目にすることのできる英字新聞。
ニューヨークダイムズが広島原爆投下をどう報じたか読んだことはありますか?

今週、私は補講ウィーク。大学の期末試験も終わっていますが、
バイオマス関係でヨーロッパに通訳出張し、休講にした分の補講が入っています。

ここで普段の「指定テキスト」を使うのはどうも気が進まず…
自分の原点の一つと言える、ずっと心にひびく素材を2つ紹介したくなりました。

ひとつは1945年8月7日のニューヨークタイムズ。
広島に原爆が投下された翌日の新聞です。

広島への原爆投下を伝える

もうひとつはThe Miracle over the River Kwai (邦題:クワイ河収容所)
秦緬鉄道で日本軍の強制労働に従事させられた英国の戦争捕虜の手記。

このふたつは文体も意図も対照的です。

今日ご紹介するのはニューヨークタイムズ。

「初めての原子爆弾、日本に投下さる」と報じる7日の新聞には
広島の現状は殆どのっていません。「大阪のラジオによると
広島近辺の鉄道は止まっているらしい」くらい。

むしろ原爆投下に至る「仕込み」の苦労話・成功話がメインです。

そして「今日の戦争まとめニュース」War News Summarizedには
こんなふうにトルーマン大統領の言葉が引用されています。…

宇宙の基本の力、太陽のフォースの源を…と

“harnessing of the basic power of the universe”
「宇宙の基本となる力をうまいこと活用」
これじゃまるで有機農法みたいです。

“The force from which the sun draws its power
has been loosed against those who brought war to the Far East.”
「太陽がその源とする力が放たれたのは
極東に戦争をもたらした者たちだ。」

広島の惨状を知る前に、こういう情報に触れていたら、どんな
見方が形づくられることでしょう。

私にもちょっと苦い気持ちで思い出すことがあります。

20年ほど前、新米の先生だったころ、ちょうど自分の親世代の
米国出身の宣教師の先生と原爆について激論を繰り返していました。
音楽やお相撲、食べ物については共通の楽しみも多い方だったのに、
そのすべてが台無しになりかねないような激しいやり取りをしていたのです。

あの先生が、幼い頃、親御さんから伝え聞いていたニュースはもしかしたら…
と思うのです。

これを書いた人のプロフィール

Please follow and like us:
error

通訳の準備は面白い!―生命のデザイン

「バイオマス関係の通訳なんて理系じゃないですか?」
「どうして専門外のこと、通訳できるんですか?」

たびたびこんな質問を伺います。

それが私にはちっとも苦しくなかったのです。ボイラーや配管が可愛らしい生き物のように思えて、実物を見るのが楽しみでなりませんでした。

なぜ…?

倫理的、持続可能な取り組みは、表面的な分野は異なって見えても、深いところに共通点があります。それはおそらく「生命の仕組み、生き物のデザイン」を探求すること。マクロでも、ミクロでもひとつの生命体としての地球にフィットするものを作ろうとすること。

エコビレッジにふさわしいボイラーや配管はそれぞれ生き物や臓器に似ています。

それを通訳する言葉も「生命のデザイン」を具えていますように。

世界はひとつ。生命は多様。

通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:
error

すべての学びに時がある―ドイツ語の天使が舞い降りた!

ついにその時が来ました。

バイオマス関係の視察と商談を通訳するために初めて訪れたオーストリアとドイツ。いよいよドイツ語の神様と目が合い、ドイツ語の天使が舞い降りてきました。

これまで何度か学ぼうとしてはきたんです。

言語中枢の分化やら、セルフモニタリングの重要性やら、外国語学習の科学に適うプロセスは、おそらく日本一ちゃんと実践しました。そのせいか、ろくに勉強せずに独検準一級もとれました。

それでもちっとも好きにはなれず、嬉しくもありませんでした。
ドイツ語を話している自分を想像しようにも想像できずにいました。

好きでもない言語を口にしようとするのは、好きでもない男とキスしようとするようなものです。

私の心の扉はどうにも開かずにいました。

ところが!

リンツの花屋さん

今回、すーっと開いたのです。

扉のノブを外から引いてくれたのは、オーストリア、ドイツのバイオマス専門家のみなさん。

この方たちのお話や気持ちを、この方たちの言葉のままにわかりたい。そんな気持ちが湧いてきました。(間違ってもいいから自己表現を発信しようなどとは思いません。そんなの効率も行儀も悪いです。)

こうなると、24時間ドイツ語を聞いていたい、目に映るすべてをドイツ語で何というのか知りたい、という熱病恋愛モードです。

この感覚、以前にも味わったことが…

そういえば、30年前。初めての海外でイギリスの人々に出会い、ケンブリッジの英語を耳にしてからは、もう恋愛状態。インプット激増ばかりか、それまでの様々なインプットも掛け算効果を出し始めたのです。

そんなおバカキチガイ状態の再来です。

30年前よりずっと便利な世の中になりました。ネットラジオにオーディオブック。これは楽しみ。フェイスブックやiPadの設定もドイツ語にしました。

私にとって外国語は心で学ぶもの。突破口が開くタイミングはとても個人的。

すべての学びに時がある。
その時はひとそれぞれ。

みなさんはいかがですか?

みなさんは何の神様と目が合いましたか?

通訳道場★横浜CATSはこちら。

Please follow and like us:
error

なぜ通訳「道場」?

学ぶ場にも名前はさまざま。学校、教室、アカデミー、スクール。

私が通訳を学ぶ場を「道場」と名づけたのは武道を思ってのことです。

たとえば、いま刀を武器として使う人はめったにいません。戊辰戦争でも主な道具はすでに火器だったといいます。

では刀はもう要らないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。新たな位置付けで役割を果たしています。もはや人を殺める実戦の道具ではなく、心と身体を調える道具として生き続けています。

将来、自動通訳、翻訳で大方の用事は済むようになるかもしれません。

それでも、外国語学習、通訳養成を「心の道」として求める人たちの役に立ちたいと願っています。

通訳道場★横浜CATS

Please follow and like us:
error