ボランティア通訳さん、日本語の連語に気をつけて

外国語ができることときちんと通訳できることは別のことです。

それでも、外国語、英語ができる人に通訳を頼む人は後を絶ちません。本来、断っていただきたいところです。

先日も「グループのなかの英語ができる人が通訳をしたけれど、なんだかわかりにくかった。訳し直してほしい」という相談を受けました。

録音を聞いてみると…明らかになったのは、このアマチュア通訳さんの聴く力と記憶する力の不足です。無理もありません。聴く力と訳出するまで記憶する力は通訳訓練で鍛えるのですから。

それらの力が不足すると、聴きとれたもの、覚えていられた単語をよすがに自分の憶測で埋めたくなるのです。

この録音、講師がdistort the memoryと言った場面がありました。

このフレーズではmemoryのほうがおなじみの単語だったのでしょう。アマチュア通訳さんは「記憶」と迷いなく訳しました。ところが、そのあと「薄れる」と続けたのです。

これは日本語の連語、コロケーション=語の組み合わせ、に引っ張られたのでしょう。東日本大震災以降、「記憶の風化」「記憶が薄れる」というフレーズがあちこちで聞かれました。

でも、この録音で講師は「記憶をゆがめる、捻じ曲げる」と言っています。この講演自体、ある集団が政治的な意図をもって社会の記憶をゆがめることに警告を発したい、という思いを土台としています。

それを「薄れる」としてしまっては、ニュアンスが違います。

複数個所でこのような日本語連語での埋め合わせをしていると、つじつまが合わなくなります。

聞いているひとは、わかろうとして聴きますから、つじつま合わせに苦労することになり…「わかりにくかった」「疲れた」となるのです。

通訳者の仕事は、話し手の心の中の風景を聴き手の心の中になるべく歪めず(!)に再現すること。前もってきちんと修行していれば、少しも疲れる仕事ではありません。

通訳道場★横浜CATS、第5期は5月から

 

Please follow and like us:
error

その日本語サイト、そのまま英語に翻訳してはもったいない

我が通訳道場のメンバーは、私が言うのもなんですが、優秀です。
私が仕事を回そうとする前に、もう周りから仕事が降ってきているようで。きっと周囲の方にプロの通訳・翻訳スキルを身につけるのを望まれていたのでしょうね。本当に嬉しい、ありがたいことです。

でも、私が「その仕事、いったんストップ!」と言うこともあるんです。

たとえば、ご友人の和菓子屋さんのサイトの英訳を頼まれたというケース。

予算もスケジュールもまったく問題ありません。

でも、既存の日本語サイトをそのまま英語にしたら、ほぼ無駄になる。

そりゃそうです。

pixabayの写真です

だって、考えてもみてください。

日本語サイトは日本人客、それも地元の人たちを対象にしています。町内会や学校のご祝儀引き出物プランまであります。

それをそのまま英語で読むのって誰?

英語情報を読むのは誰?

このお店の場合、インバウンドのお客様の中でも日本の伝統文化に関心のある中高年がメイン。できればお店が主催している英語の茶会や和菓子作りの会にも脚を伸ばしてほしいと願っていました。

日本語情報を読む人と、英語情報を読む人は違うんです。だから必要な除法も違う。両方読んでるひまな人はまずいません。徹底的に相手に合わせて練り直すことをおすすめします。

たとえば、お菓子の由来、原材料(和菓子の鮮やかさがすべてケミカルと勘違いする人もいますよ!)、そのお菓子をいただく風習、季節感、日持ちなどなど。
お菓子の名前の英訳なんて面白いでしょうね!落雁、練り切り、すあま…すあまって何者?

私なら、まず一度お店にヒアリングに伺ったうえで、日本語サイトも参考にしながら、読む人を想像して別に書きます。

昔は翻訳といえば文芸作品が多く、「そのまま訳す」が普通でした。

でも、今は時代が変わりました。ジャンルもメディアも増えました。
変わらないのは「受けとる相手を想うこと」。

それをしないで言葉の置き換えだけするなら、AIで結構。

人間らしい仕事には想像力、マーケティング感覚をお忘れなく。

↓日英翻訳でてんやわんやしています
通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:
error

通訳になりたいなら、おすすめの学校

専門の情報誌をちらっと見ると書いてありますよね。大学で外国語を専門に学び、その後通訳養成学校に進むといいと。

確かに、そういう経路もかつてはメジャーでした。

私もはじめてサイマルの門を叩いて半年、ぐんぐん力がつくのを感じました。

でも周りを見ると、仕上がりがいかにも「通訳さん」なんです。

なにが違う…?

私がサイマルに助けてもらったのは、それまで持っていたものを結びつける訓練。「持ち物」そのものを足してもらったわけではないのです。

32年前のICU!

その「持ち物」は2つ。

リベラルアーツで文系、理系に偏らず「ものの考え方」を鍛えられたこと。いまは国際教養ナニヤラ学部がいろいろありますが、ニセモノがほとんどです。ホンモノは少人数で、教授と学生が生活を共にし、文理の壁がないこと。国際基督教大学では数学、物理学の美しさに驚嘆しました。私の生涯の学びのふるさとです。

もうひとつは、日本語を鍛えられていること。日本文学の古今の名作はもとより、新聞、理系の論文の文体、聖書、讃美歌の文体にも日々なじみました。これにはフェリス女学院中高に感謝します。世界は文理になどわかれていないことを叩きこまれました。高3の受験間際まで理科の実験を重ねました。牛の肝臓、ユスリカの染色体。

フェリス女学院中高はつまらない面倒見主義とは無縁の学校です。

通訳になりたいなら通訳学校、という考えはあまりに短絡です。AIに抜かされます。

まず人間として言語という文化遺産に仕える覚悟をしてください。ひとさまに通訳を頼まれるのはそのオマケです。

私が主催する通訳道場はこちら

Please follow and like us:
error

通訳の準備 検索しても何も出てこない場合は

おめでとうございます!それは素晴らしい仕事を頼まれたということです。ゼロを1にする仕事です。まだ日本にはない、でも世界のどこかにあるものを日本に持ってくる瞬間に立ち会っているということです。大変だけれど張り切っていきましょう!

これをごく簡単な図で表すと…

「検索しても何も出てこない」のは専門知のさらにその先の「未知」あるいは「日本語にはない概念・単語」を検索しているからです。

荒っぽい図ですが、これを見ればいきなり素人検索しても逆位遠回りなこともはっきりしますよね。「バイオマスボイラーですね、わかりました」で検索するとせいぜい一番外の輪の一般知をひっかけるくらいです。ボイラー関係の会社のFAQページや製品案内は面白いけれど、業界の動向を把握するには向きません。遠回りです、目指すは中心の黄色い輪なんですから。

依頼主の思いをまず聴いて、というのは「専門知」の輪から勉強をスタートするためです。

専門家である依頼主が門外漢だけれど言葉のスペシャリストである通訳者を頼んむのは、日本に新しい何かをもたらすため。日本にとって新しい海外の情報にはまだ名前がついていなくてもちっともおかしくありません。

だから、事前準備で海外の専門用語をごっそり集め、単語集を作ったら、いちど依頼主に送ることです。新しいものに古い名前をつけてしまっていないか確認するためです。(あとは…自分に万が一のことがあったときのピンチヒッターのため。さいわいそんなことはまだ一度もありませんけど)

新しい名づけは通訳が終わった後も続くことがしばしばです。なぜなら、通訳当日になってはじめて実物が動いているところを見ることも多いからです。

「なんだ、そういういことか」「へえ、こんな感じなんだー!」「じゃあ、こういった方がいいかなあ。」「無理に訳すと釜戸や囲炉裏のイメージに成っちゃう」「全部カタカナはイメージが安易すぎ…」「日本語とカタカナをちょっとずつまぜたら?」

新しいスタンダードを一緒に作れる仕事なんてそうそうあるもんじゃありませんよ。専門用語を覚えればすむ既存の領域よりずっとやりがいがありますよ!

冠木友紀子主宰の通訳道場★横浜CATSはこちら

Please follow and like us:
error

通訳の準備、検索はこんなふうに

さて、依頼主の志もしっかり聞きました。おいとまする前にこう尋ねてみましょう。

「情報が足りないなあと思うのはどんな方面ですか?」
「もっと知りたいと思うことはありますか?」

ここでも大切なのは依頼主の志。通訳者は自分の趣味や自己満足でお勉強するのではありません。あくまで現場で忙しい依頼主の代わりに情報を探すのです。依頼主と同じ景色を見ようと願って学ぶのです。

さて、仮に「社会的な金融のなかでも起業家向けのものを知りたい」と依頼主がリクエストしたとしましょう。

ここで「社会的起業家」「金融」と検索エンジンに打ち込んでもいいのですが…。まあ、本当に日本での状況を得るために新聞、ニュースサイトを読むくらいにしてくださいね。個人的な考えを述べたブログなどを読んでいてはきりがありません。

いわゆる検索エンジンの限界は自分のアタマの限界。何でもあるように見えて、自分の限界以下のものしか目に入らず、そのことも意識しにくいのです。これは時間がもったいない。

ならば、はじめから自分のアタマを超えたものばかりがそろっているサイトで検索するという方法があります。

私がよく最初に利用しているのがElsevier。学術情報のポータルといえばいいでしょうか。最も専門的で信頼できる情報が見つかります。ここでsocial entrepreneur financeと入れるとずらりと論文、専門書、サイトが出てきます。

ポータルは日本語になったんですねえ。中身はほとんど英語ですが。

論文は関係深そうなもののアブストラクト(要約)をざーっと沢山読みます。これでその領域の現状はイメージがつかめます。

面白い情報が見つかったら、依頼主に逐次連絡することもお忘れなく。通訳本番前に仕事(他者貢献、信頼醸成)は始まっています。

冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

通訳の準備、ネット検索で損をしていませんか?

「外国語が話せることと通訳できることはまた別。通訳は事前準備が仕事の8割です。」

ここまではよく聞く話です。差がつくのはこの先。

「わかりました。子どもの感覚・運動発達と学習がテーマですね。」

エージェントから通訳を頼まれ、テーマを聞いた途端にネット検索をしていませんか。初回の打ち合わせにネット検索したものをこれでもかとプリントアウトして持参したりしていませんか。

そのプリントアウトを眺める依頼主の視線はどうでした?冷たかったのでは?

初回の打ち合わせにプリントアウトしていくべきは、依頼主のサイトです。

通訳者は門外漢であることを肝に銘じましょう。ある分野の通訳を重ねたとしても、現場を持たない立場であることを心に留めましょう。

最初にすべきは検索ではありません。門外漢の検索が門外漢の視野を超えることはありません。

まず依頼主に連絡をとり、できる限り素の状態で直に話を聞きます。まず大切なのは依頼主を知ること。その思い、志を聞くこと。専門知識はその次です。

「ああ、この人は自分の思いを理解し、共鳴してくれた。」と思ってこそ、依頼主も喜んで専門資料を見せてくれるというものです。おすすめのサイトも教えてくれることでしょう。

検索するとしとしたら、ここからです。

ものごとには順番があります。

検索の仕方は次稿にて。検索でなんとかなる領域はまだ楽な方です。

通訳道場★横浜CATS(まもなく更新)

 

 

 

 

Please follow and like us:
error

通訳者におすすめの服装は?

結論から申します。

通訳者におススメの服装は、日本、海外のパートナーの服装トーンに調和する、1段階フォーマルなものです、

ここのところ、ご紹介のおかげで新しいお客様の通訳をさせていただく機会に恵まれました。

そして新たな気づきが…!

私は通訳者としてご一緒する時、日本側、海外側の服装のトーンを意識しながら、一歩フォーマルなものを心がけています。それがどうもいいらしいのです。

想像してみてください。

日本チームの通訳者が、従来のイメージを覆す通訳を10秒もすれば、先方も「おおお!」と思うのです。改めて眺めると服装まで調和していてさらにきちんとしていれば「すごいプロを連れてきた。こりゃ本気だ。」と感じるんです。そして日本チームの予想を超える熱意で応えてくれるんです。

仲間内輪の英語ができる人に通訳を頼むと、仲間と同じカジュアル加減トの服装でしょう。通訳スキルも推して知るべしです。

従来の通訳さんには黒スーツも多かったようですが、悪目立ちしてはもったいない。パートナーを事前に知る努力をすれば、もう一工夫できるはずです。

通訳技術がおぼつかないのに、服装の内輪感でごまかすのは犯罪です。

ちなみに、私が必要とするトーンの服を最高の品質で揃え、コーディネートで掛け算的価値を生み出してくれる横浜のお店がこちらです。ここ以外、買い物をする意味がありません。私の個人的趣味ではありません。パートナーの皆さまにとって最大の価値と思っています。

お店の名前はナイショです

 

通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:
error

なぜ医療・農業・教育の通訳を???

持続可能な医療と農業と教育の通訳をしています、と言うとよく言われます。

「え??全然違う分野では…?」
「それって、たまたまクライアントさんの分野に興味持っちゃったの?」

ごもっともです。

でも…両方NOです。

この3つの分野、いかにもそれぞれ独自の堅気の商売でしょう?
でも人間だけがひどく必要としていると思いませんか?

健康でいたい、死にたくない…
ひもじい思いはしたくない…
周りよりバカではこまる…

そんな不安がこの3分野をきりのない発展に駆り立てたのかもしれません。

その根源には
「○○ができない、~を持たない自分はだめだ」
「~さえあれば自分は完璧なのに」
という条件付きの自分付き合いがあるのかもしれません。

でも、その発想は幻想できりがありません。
とかげのしっぽ切りのように敵を切り続け、やせ細る。
やがて環境までも搾取で疲弊させる。

この3分野、昔はバラバラではなかったのだと思うのです。

修道院、お寺など、世界各地で精神的な支え(目に見えぬ世界を指し示す人々)を軸に、支え合い、ゆるやかに牽制しあっていたのだと思うのです。

20世紀はじめ、シュタイナー博士にアドバイスを求めた
医師、農家、教員の人たちは、かつての「精神的支え」が失われつつある中、
新な「支え」を模索していたのではないでしょうか。

わたしも今日の「節制の支え」「自己受容」「memento mori」を
キーワードに歩みます。

バイオマスの通訳をするのもそんな思いからです。

プロフィール

Please follow and like us:
error