私が通訳資料をプリントアウトするのは

今は何でも便利になりましたね。通訳のための資料もワードやPDFをオンラインでやりとりすることがほとんど。もしかして、当日もそれをそのままタブレットで持ち込んでいませんか?

それが全くいけないとは言いません。でも私はすべて印刷、リング製本して持参しています。

なぜ?

下の方の白いリングが自家製本した資料です。紙でバラバラ持って行くよりキレイでしょう?

まず、自己都合の普通な理由。

1.膨大な資料をモニターで見ていると目が疲れるから。

2.いつでもオンラインにアクセスできるわけではありません。(データは外付けHDやUSBメモリなどにダウンロード)

3.デバイスの充電が切れる、電源が入らない、などの不具合がないと限りません。

それより大事なのは通訳を依頼し、資料を送ってくれたクライアントの気持ちを想像すること。通訳の仕事が始まる前にしっかり安心し、信頼する気持ちになってもらうこと。

あなたがクライアントだったらどう思いますか?

A:送った資料がキレイに印刷、製本され、しかもところどころ蛍光ペン、付箋などがついている。

B:タブレット1つで登場。

Bは実際に仕事の出来栄えがよければかっこいい。でも、始まる前の安心感はどうでしょう。Aのほうが普通に安心できるのでは?

通訳だけが通訳者の仕事ではありません。クライアントに安心、信頼、喜びを味わっていただくことが全体としての仕事です。通訳だけして自己満足してはいけません。すみずみまでクライアントの心を想いましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 事前面談承ります

Please follow and like us:
error