海外講師のパワポが英語で困ったときは

お久しぶりです。ヨーロッパ出張通訳の後はまるで休みなし。英語落語集中ワークショップもあり、楽しいながらもさすがにちょっとくたびれて、なかなか更新できずにいました。

でも、今日は書かずにおれません。まだこんなことで困っている人がいるなんて!

友人が参加した海外講師の割とお高いセミナー、通訳はいたけれど関係者でプロではなく、パワポは英語のままだったそうです。えええー、まさか?

「通訳をきけばわかるでしょ。」
「みんな、英語読めるから大丈夫でしょ。」
「翻訳に出しているお金ないし。」

心の底から参加者の喜びを願っていたら、こんな言い訳は出ないものです。
本当に参加者に「しょうがないね」と言わせたくなかったら、「さすがだね」と言ってほしかったら、何とか方法を探すものです、見つけるものです。

私が通訳しているセミナーはすべてスライドも日本語を用意します。参加する皆さんを快適にして、自由に考えることを楽しんで欲しいから。

なぜ、ここに洗濯機が…?あとのお楽しみ

で、私が1から翻訳しているかって?―No.

音声情報を扱う通訳に比べてフォント(手書きでさえない)情報による翻訳は情報量がけた違いに少ないのです。自動翻訳もすすんでいます。

私が使っているのはマイクロソフトのPresentation Translatorというパワポのアドイン。一瞬で翻訳されたコピーのパワポを作ってくれます。グーグルにファイルを放り込むとか、コピペするとか、そんなお手間もいりません。

Presentation Translator ダウンロードはこちらから

アドイン翻訳の出来栄えは70点。これを110点まで持って行くのが私の日本語力や知識の出番です。0点から70点まで持って行くのはアドインさんのほうが私よりずっと速い。でもアドインさんは110点にはできない。うまいことコンビを組んでいるわけです。 それもこれも参加者の皆さんに驚き、喜んでほしいから。

自動翻訳のおかげで人より早く、うまく、大量に安く仕上がれば怒る人は誰も居ません。

セミナー主催者の方が、すでにアドインで日本語訳したファイル作成し、通訳者にもとのファイルと比べて直してもらえばさらにお安く済むかもしれません。そのお金もなければ、アドイン訳を当日表示し、通訳者さんのちゃんとした訳を聞いて、アドインの変な訳はみんなで笑えばよいのです。

翻訳は洗濯に似ています。なんでもかんでも人力でやるのは桃太郎のお婆さんと一緒。川で洗濯板ですよ。皆さん、お家でも洗濯機、あるいは乾燥機までお使いでしょう?そしてものによって洗剤や洗い方も変えるでしょう?干すときに形を整えることに気をつかうでしょう?

それと同じです。カシミヤのセーターにはやさしい手洗いが必要、臭い剣道着はコインランドリーへ。それぞれに最適な方法が最善の仕上がりにつながるのです。

通訳道場★横浜CATS 朝活盛況です









Please follow and like us:
error