O Holy Night★自然に歌うコツその2

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

いや、びっくりしています。O Holy Nightの人気。私も去る土曜、母校同窓会のクリスマス礼拝でOG合唱団の一員として奉げてきました。

O Holy Nightの歌詞日本語訳をブログで英語の勉強ついでに発表している方も少なくありません。便利な時代、発信力さえあれば、中身の質は別として発表できるようになりました。添削、批評を受ける機会をみずから設けたつもりならよいのですが…文化、宗教の背景、語源のしぐさなどをふまえないものは要注意です。

私はこうした背景のすべてをふまえて訳語を選んでいます。対訳のみではどうしても不十分なので、注を楽しめる書式でキンドルでご案内しますね。

さて、今日は1番の部分、自然に歌うコツを1つお伝えします。ずばり、母音でつなげて歌うこと。スターズ アーや、イットゥ イズ、ナイト オヴ アワとぶつ切りにしないことです。

これはなにも小手先のワザではありませんで…「息を相手に届け続けていれば、自然とつながる」のです。

日本人の西洋言語が聞きにくい、とされるのは息の到達距離の違いも関係しています。英語の歌の場合、たとえば1.5-2メートルくらい先まで息が届き続けるイメージをもってください。単語ごと、フレーズごとにひょこひょこひっこめないことです。

以下、母音で続けるといいところを太字にしておきます。

O holy night the stars are brightly shining
It is the night of our dear Saviour’s birth
Long lay the world in sin and error pining
Till He appeared and the soul felt its worth
A thrill of hope the weary soul rejoices
For yonder breaks
A new and glorious morn
Fall on your knees
O hear the angel voices
O night divine
O night when Christ was born

【臨時特別ワークショップ1月13日】英語で味わい、自分の声で体感する宮沢賢治「春と修羅 序」

Please follow and like us:
error