クリスマスは12日続く

クリスマスおめでとうございます。
通訳道場の冠木友紀子です。

さて、今日はクリスマスイブ。
みなさん、どう過ごされますか?

いいんです、多少うかれたって。
普段は食べない贅沢なものを食べたって。
(イエス様の誕生日は別に12月25日ではないことは別稿にて)

ただ、26日にクリスマスツリーを片付けて、
大掃除に買い出し、お正月の仕度なんて忙しすぎます。

確かにクリスマス「日day」は25日だけ。
でもクリスマス「節tide」は12日間。
お誕生日とされる25日から、1月5日までの12日です。

12日目の夜に捧げられたお芝居がシェイクスピアの
「十二夜」です。

「クリスマスの12の日」という愉快なカロルもご存知でしょう?

1月6日は東方の3人の賢者が意味深な贈り物を携えて
イエスに会いに来たとされる日です。この日をイエスが公に
姿を表した日として公現日Epiphanyといいます。

その贈り物とは…黄金(王のための捧げもの)、
乳香(祈りの象徴、イエスが神の子であることを表す)
没薬(死体の防腐剤。イエスの十字架刑を暗示する)でした。

この12日間はひとつづきですから、ヨーロッパは静かなものです。
26日にクリスマスツリーを片付けたり、しめ縄を飾ったりしなくていいんですもん。

クリスマス節は、冬至を過ぎてわずかに甦り始めた冬の光を感じながら、静かに来し方、行く末を想う時です。

くれぐれも、寒い中無理をしてお風邪など召されませんように。

このロサンゼルスの合唱団、クリスマスメドレー傑作です!
(Los Angeles はスペイン語でThe Angelsのこと)

話芸としての通訳を追求する冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error