日本人は「日本文化」を全部知らないといけない?!

こんにちは。通訳藝術道場主宰、持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

通訳藝術道場では落語家、立川志の春さんを理想として精進しています。

なぜ?英語、日本語のどちらも志の春さんはド本物なんです。「志の春さんの英語落語を通訳したら志の春さんの日本語落語になっているはずだよ」などとハードルを上げて楽しんでおります。

さて、イエール大学に学ばれた志の春さん、留学時代のエピソードも笑えます。映画通の友人に「あのクールな映画俳優、シムラを知らないのか」といわれ、志村けんさんを思い浮かべて困惑したとか(志村喬さんのことですねえ))…

このご友人に日本名画をあれこれとすすめられた志の春さん、大学の図書館で山ほどのビデオをご覧になったそう。

このエピソードにいたく感動した学生が張り切って…「日本人って日本のこと知りませんね。私も日本の文化を知ってから海外に行かないと…」

といったものの、次の瞬間…「で、なにから始めれば…」

そりゃそうだ。

志の春さんのお友達、本当に日本を知っていたのでしょうか?

確かに、映画に関しては日本人の99%以上に日本映画を知っていたでしょう。でも、プロ野球やラーメン、歌舞伎、着物、お祭り、音楽はどうでしょう。

映画に取り上げられた話題をきっかけに理解を広げることはあっても、すべてを均等に知っていたわけではないでしょう。

だから、あわてて「日本文化!」なんて大上段に構えなくてよいと思います。

あなたの興味を究めて「変態」と呼ばれるほどになれば、おのずと国境を超えていることでしょう。

「知る」こと自体、相手や対象への関心と敬愛の印。思いがけない相手に地元の文化が「知られて」いることは嬉しいもの。

国境おかまいなしの変態たちの友情もまた、平和を創り出すと思うのです。

こちらもまた私の変態躍如…でも、心静まり、喜びに満たされるひとときだそうです。
シュタイナー学校の先生のための英詩講座 次回は4月3日

Please follow and like us:
error

今は亡き人を想い続ける―ワーズワスの「みんなで7人」”We are Seven” by William Wordsworth

あの日から、1日、1日と積み重ね、今日で10年となりました。
もう10年、まだ10年。

ずっと気になっていた詩があります。
いつか震災で大切な人を失くした方たちに紹介したいと思っていました。ある人には遅すぎるかもしれませんし、ある方にはまだ早すぎるかもしれません。でも、今日、ひとつのこころみとして。

イギリスのロマン派を代表する詩人、ウィリアム・ワーズワスの「We are Seven みんなで7人」です。

この詩では、大人である詩人(語り手)が田舎で思いがけず出会った少女の素朴な美しさを好ましく思い、お嬢ちゃん、兄妹はなんにん?と尋ねるのですが、少女の答えは…

お粗末ながら、朗読はこちら。

We are Seven

---------A simple child,
That lightly draws its breath,
And feels its life in every limb,
What should it know of death?

I met a little cottage Girl:
She was eight years old, she said;
Her hair was thick with many a curl
That clustered round her head.

She had a rustic, woodland air,
And she was wildly clad:
Her eyes were fair and very fair;
―Her beauty made me glad.

"Sisters and brothers, little Maid,
How many may you be?"
"How many? Seven in all," she said,
And wondering looked at me.

"And where are they? I pray you tell."
She answered, "Seven are we;
And two of us at Conway dwell,
And two are gone to sea.

"Two of us in the church-yard lie,
My sister and my brother;
And, in the church-yard cottage, I
Dwell near them with my mother."

"You say that two at Conway dwell,
And two are gone to sea,
Yet ye are seven! I pray you tell,
Sweet Maid, how this may be."

Then did the little Maid reply,
"Seven boys and girls are we;
Two of us in the church-yard lie,
Beneath the church-yard tree."

"You run about, my little Maid,
Your limbs they are alive;
If two are in the church-yard laid,
Then ye are only five."

"Their graves are green, they may be seen,"
The little Maid replied,
"Twelve steps or more from my mother's door,
And they are side by side.

"My stockings there I often knit,
My kerchief there I hem;
And there upon the ground I sit,
And sing a song to them.

"And often after sun-set, Sir,
When it is light and fair,
I take my little porringer,
And eat my supper there.

"The first that died was siter Jane;
In bed she moaning lay,
Till God released her of her pain;
And then she went away.

"So in the church-yard she was laid;
And, when the grass was dry,
Together round her grave we played,
My brother John and I.

"And when the ground was white with snow,
And I could run and slide,
My brother John was forced to go,
And he lies by her side."

"How many are you, then," said I,
"If they two are in heaven?"
Quick was the little Maid's reply,
"O Master! we are seven."

"But they are dead; those two are dead!
Their spirits are in heaven!"
'Twas throwing words away; for still
The little Maid would have her will,
And said, "Nay, we are seven!"

姿は目に見えなくなっても、この少女にとって2人の姉兄はいるのです。そばで繕いものをしたり、ご飯を食べたりして、かまいつづけるのです。

この詩については「死を理解しない子どもの無垢さを描いている。」「語り手の態度は当時の人口調査を象徴している」という見方もあります。ほかにも諸説いろいろ。

ワーズワースたちはひとつ前の時代の文学スタイルに腹を立てていました。貴族的な人間の都合ばかりの文明の内にとどまり、「バラ色のほほ」のような紋切り型、形式的な表現で想定内のセレブごっこをしているとしか見えなかったのです。

彼らはもっと自然なもの、理性では割り切れないもの、闇に属するもの、日常、田舎、小さき者をとりあげ、活きた言葉で語ろうとしました。はるか昔、はるか遠くにも憧れ、ロマン派と呼ばれました。

そんな、ワーズワースたちの志を想い、この詩を何度も読むと、「子どもの無垢さ」を「死を理解しない」と結び付けるのはしっくりこないのです。

死は対象として理解するなどそもそも無理。でも、人は死んでも存在感は残るし、命ある人が死せる人々と共にいる感覚を抱くこともある。それは心の中にこの少女のような幼な子がいるからではないでしょうか

5人だ!と子ども相手に本気になっている語り手も滑稽です。正しく計算しようと執拗です。人には、被災者数とか、感染者数などの数では捉えきれない、ひとりひとりかけがえのない存在です。

さて、この詩を日本語にするならどうしましょう?(これまでにも日本語訳はいくつもなされていますが、標準語です。)

この詩は、バラッドという、民話や古謡を歌うのによく合うスタイルで書かれています。単刀直入な言葉選びと繰り返しの多さ、はっきりしたリズムが特徴です。

それぞれのふるさとの言葉にしてもよさそうです。

「おらだぢ七人だ。
2人はコンウィさ暮らしてる。
もう2人は水夫になった。
もう2人は教会の墓地で横さなってる。」

各地からのご投稿大歓迎です。「お問合せ」フォームからご投稿ください。イヒヒ。

シュタイナー学校の先生のための英詩講座 好評開催中!単発参加OKです。

Please follow and like us:
error

春休み、中高生が退屈したら

こんにちは!持続可能な未来のための通訳者、通訳藝術道場主宰、冠木友紀子です。

新コロ騒動収束もいまいちな中、まもなく再びの春休み。外出自粛、ステイホームで中高生のお子さんはさぞ退屈するのでは。

そんなお子さんに見せたい、進路相談室にはまず無いスゴイ景色があります。

black butterfly preaching on peach flower
Photo by FOX on Pexels.com

それは、若い庭師さんたちの現場。

目下、我が家は庭師さんにお願いして庭の造作を新しくしてもらっています。

朝8時になるとおそらく私と同世代の親方含め、3-4人の庭師さんが元気にご登場。てきぱきとその日の仕事を確認すると、もう、ひとつの生き物のように動き続け、働き続け、新しい庭を形にしていく。時折、豪快な笑い声が上がる。お茶の時間のおしゃべりは屈託なく、仲の良さそのもの。

素晴らしいチームワークだけれど、チームとして固定しているわけではないそう。ゆるいギルドのような集まりがあって、地域や時期によって声をかけあって一緒に仕事をしているとか。最近の言い方なら、プロジェクトチームでしょうか。ひとりひとりが個人事業主、あるいは株式会社主として、自分の人生の経営者という心構えでいるのです。

できあがった部分を見てびっくり。打ち合わせでの私の予想と期待をはるかに超えている。まさにプロの仕事。

私はもっぱらPCに張り付いてひとりでZoomやら録音、録画などしていますが…彼らの働き方を見ているだけで、気持ちが清々します。

拙宅においでになれるお子さんは見学大歓迎と言いたいところですが、まもなく完成してしまいます。

でも、近所を見回してください。春の芽吹きを前に、慌てて庭師さんを頼んでいるお家があるのでは。

そういえば、中2の国語の時間、教科書をはるかに超えた次元で人生を語る先生が、窓の外に庭師さんを見つけてこうおっしゃいましたっけ。「いいわねえ。若い人が身体を使って確かに働いている。部屋の中で勉強ばかりでは、ねえ。」

庭師はBullshit Job 「クソどうでもいい仕事」(デーヴィッド・グレーバー著)とは無縁です!

冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error