仕事で必要な英語がなかなか上達しないとお嘆きのあなたへ

「仕事で英語が必要。もっと英語ができれば可能性も広がるのはわかっている。」
「オンラインレッスンで場数は踏んでいるのに、なかなか英語が上手くならない。」
とお悩みではありませんか?

そんなあなたに1つお尋ねします。

closeup photo of primate
Photo by Andre Mouton on Pexels.com

ご自分の英語録音して聞き返したことありますか?

お手本と自分の録音を聴き比べて、これで良しと思うまで録音し直した事はありますか?

もしなければ今日からぜひ始めてください。スマホでもできるはずです。

なぜ?だって…鏡を見ないでお化粧した事はありますか?
鏡を見ないでネクタイを結んだ事はありますか?
ないでしょう?

人には自分で自分を修正する力があります。他人にとやかく言われるより、自分で自分のことが気になるのです。ひとりになって自分に向き合う力があるんです。その関心、力を「セルフモニタリング」と呼びます。そのための心強い味方が鏡や録音・再生器です。

セルフモニタリングなしで場数を踏んでも、お金がかかるだけです。

では何を聞けば?と思いますね。

どこの英語が有利か?と損得勘定、下心で決めても続かないものです。

自分が好きだなあ、素敵だなぁと思う人を見つけてください。そして発音練習ではなく物まね、憑依だと思って幼子のようにまねっこをお楽しみください。

ずっと1人と添い遂げなければいけないわけではありません。好きな人が見つかったらとっかえひっかえ何人もお楽しみください。

そしたらきっといつか、あなたの英語はあなたが大好きな尊敬する人たちの声を集めたアルバムになることでしょう。大好きな人たちへのあなたの想いが声にのって聴く人に届くでしょう。さぁ今日から始めてみて下さいいね!

通訳養成はちょっとまだ…でも根本的に英語をやりなおしたい人のための「名門校で愛用されたあのプログレス旧版6年分を2年でマスターするハイブリッド講座はこちら。

Please follow and like us:
error

AI翻訳がまだやらない、プロ翻訳者がやっていること

AI翻訳は日々進歩しています。ただ、今のところはハサミや包丁、楽器と一緒で使い方に工夫が必要です。

では、なぜひとつ前のブログでご紹介した「字幕をAI翻訳したからチェックだけお願い」の案件は難航したのでしょう。

実は、問題はAIの翻訳作業ではなく、その前の段階にありました。

英語のナレーション原稿がいまいちだったのです。

He was a curious man who was able to follow his own curiosity in those days.

これじゃ「馬から落馬して落っこちた」みたいじゃありませんか。

多くの日本人が、外国語、ことに英語を見るとフリーズして、そこにクセや弱みがあるとは思わなくなるようですが、あるんです。

日本語ができる日本人の誰もが日本語のプロではないように、英語が書ける人たちがみな、英語のプロというわけではないのです。

英語で学んだ人たちも、今日では大方、ロジカルなアカデミックライティングだ、スキミングやスキャニング読みだ、戦術モードです。

文体や語彙選び、響きの調整は「典雅で高尚、でも役に立たない趣味」とみなされがちです。

でも、そこなんですよ。「多くの人が知らない」けれど「人の心にすんなり届くために欠かせないコツ」は。

black woman with pen taking notes in planner
Photo by SHVETS production on Pexels.com

私が翻訳するときは、まずもとの英語を推敲します。もちろん必要に応じて著者に確認をとります。「まかせる!」と言われる場合がほとんどですが。

そういえば、国際基督教大学の恩師、斎藤和明先生も、アイヴァン・モリスの「The Nobility of Failures 高貴なる敗北」を訳しながら、史実、人物関係を調べ直し、50箇所も訂正していらっしゃいました。

翻訳者は校閲者、編集者でもあります。原文の傷やへこみを直してから日本語にするのは、筆者への敬意あってこそ。弱点ごと日本語で複製するほうがよほど失礼です。

さて、英語のまま読むのが苦手だからAI翻訳を使っているのに、英語の推敲や校閲なんてとても…と思われる方もあるでしょう。

ご自分の専門分野だったら、校閲はご自分の脳内でおやりになれば、まあ、よろしいかと。

推敲ですが、今は便利な推敲アプリがあります。Pro Writing AidやGrammarlyが知られています。アカウントを持っている大学では、これを通していない学生のエッセイは受け取らないところもあるくらいです。

推敲アプリだのみになると、前述の「戦術」に適うつまらない文になる傾向はあります。でも、少なくとも「馬から落馬して落っこち」たりはしません。

そのうち、翻訳アプリと推敲アプリが統合されるかもしれませんね。

私も Pro Writing Aid の生涯アカウントを持っています。申し込み確認のメールに期限が2059年とあったのには笑ってしまいました。そのころは遊んでいたいですが、もっと長生きする予定です。

次回はAI翻訳が向く分野、向かない分野をご紹介しましょう。

英語はできるが通訳に自信がない専門家のためのエキスパート通訳個別トレーニングはこちら

Please follow and like us:
error

「AI翻訳をプロ翻訳者にチェックさせる」がうまくいかないのは?①

こんにちは!通訳藝術道場の冠木友紀子です。
すっかり春めいてきましたね。Spring is just around the corner.

このごろはAI翻訳も相当進歩しています。

でもまだなんでもお任せというわけにはいかないようです。先日、私もえええ!と思うことが2つありました。

そのうちの1つを今日はご紹介します。

「AI翻訳した字幕をチェックしてほしい」と長年のご縁の方々からご連絡いただきました。

あのAIでこの分野ならけっこうイケるのでは!チェックだけなら格安でお受けできるはず…と拝見したら…

心に訴えるはずのところはお勉強の英文和訳調。情報の順番が前後して頭が悲鳴をあげます。科学的な内容を論理的に順序良く伝えるべきところもこんがらがって…。

こうなると、「もとの英語音声」と「AI翻訳の日本語」の両方を気にしなければ…。

ふだんはもとの英語だけ聴いて翻訳するのですから、仕事は「倍」です。

city road man people
Photo by zhang kaiyv on Pexels.com

結局、はじめから翻訳することになりました。

どうしてこんなことになったのかは次稿にてお知らせします。

AI翻訳のチェックを翻訳者に頼んだら、意外とお金がかかったとご不満の皆さま、AI翻訳をする前に、翻訳者にご相談ください。プロならば、AIと人間の按配を忌憚なく見積もりするはずです。

誰もが限られた時間をよく生かすことができますように。

英語はできるが通訳に自信がない専門家のためのエキスパート通訳個別トレーニングはこちら

Please follow and like us:
error