小冊子プレゼント「英語ができるので通訳を頼まれるけれど…」

英語ができるので仲間に通訳を頼まれる。
話せるのと通訳できるのとは違うことなのに。
でも頼りにしてくれるのはありがたいし、
ちゃんと応えたい。

けれど通訳を学んだことはなく、自己流。

「専門用語はわかるから大体でいい」と言われるたびに
本当は心が痛む。 なんとか自分の通訳の壁を超えたい。
もっといい方法があるはずと思ってはいる。

でも通訳学校はちょっと違う…

そんなあなたが安心して通訳できるよう、
あなたに通訳を頼んだ仲間が「頼んでよかった」と喜ぶよう、
従来の通訳養成の枠を超えた独学のヒントを
小冊子にまとめました。

「英語ができるあなたが
安心して専門分野の通訳を引き受けられるよう、
やってほしい3つのこと
やらなくていい3つのこと」

「そういえばその通り!」な独学ヒントがつまっています。

これを書いたのは私、持続可能な未来のための通訳者、
通訳道場★横浜CATS主宰の冠木友紀子です。

人生の谷間でサイマル、NHKで通訳を学び、
通訳に開眼しました。
通訳という仕事に出会い、
それまでの文理に偏らぬリベラルアーツの学びや
様々な体験が集約され、相乗効果が生まれるのに
心躍ったのを覚えています。
その後、5日間連日8時間のセミナーの
同時・逐次訳をこなすため
身体を楽器として響かせる発声も体得しました。

今はある法人様との特別な契約に恵まれ、
通訳分野も絞っているため、
一切大手メディアには出ていません。

ただ、おなじみの方々には「完璧の先にある自然な通訳」
と喜んで頂いています。
おかげで一度も新規開拓の営業をしたことがありません。
あるセミナーで通訳をすると、
お聴きの方々が次の仕事を依頼してくださるのです。
本当にありがたいことです。

私が身につけているスキルは、
見落とされてはいるけれど特殊なものではありません。
あなたの通訳をAIと共存させる支えにもなるでしょう。

こちらにご記入ください。添付でお送りします。

(当初、通訳道場★横浜CATSサイトでダウンロード資料としてご案内の予定でしたが、エラー発生中につき、こちら冠木友紀子個人サイトでご案内、メール添付でお送りします。)