大坂なおみ選手、I’m sorry it had to end like this.の訳は?

「大坂なおみ選手のインタビュー記事読んでたんだけど、翻訳に違和感があって。通訳者としてどう思う?」
30年来の友人からメッセージが来ました。日本語と英語両方チェックしてたのですね。さすが。

なんでも、I’m sorry it had to end like this.の出だしが「ごめんなさい。」になっていたとか。

あら、朝日新聞もそう。写真をクリックしてご覧ください。

朝日新聞も「すみません」

あちゃー。

「ごめんなさい、勝ってしまって。」としている訳まであるとか。大坂選手、そんな嫌味を言う人柄とは思えません。

I’m sorry をひとかたまりで「ごめんなさい」と置き換えてはいけません。そんな訳には、大坂選手に倣ってI’m sorry it had to be translated like this.といいたいところ。私、ごめんなさいなんて言ってませんよ。

ものごとは「細かく割って見る」のが大切。カタマリはだめです。球が止まって見える一流選手は時間を細かく割っているといいます。言葉でもその感覚がないと不自由、誤訳のもとです。

sorryはsore痛み+y(形容詞化する語尾)。

喉が痛いのをsore throatと言う、あのsoreです。
ちなみにsoreの語源は古英語のsarig(ほんとはaの上にバー)。

ですから、I’m sorryはそもそも「私は心痛めています。」という意味です。そのあとに心痛める原因、状況が続きます。

たとえば…
「I am sorry a bright student like you have handed in something like this. 残念だね、君のように頭脳明晰な生徒が提出したのがこんなものだとは。」
「We are sorry the typhoon have totally damaged our crop.遺憾なことに、あの台風のせいで作物がみんなやられてしまった。」

I am sorry.が「ごめんなさい」になるのは、後半で言うはずの自分がやらかした失態を省略した場合です。

でも大坂選手は失態をやらかしたわけでも、後半を省略したわけでもありません。

I’m sorry it had to end like this.は「残念です、こんな終わり方になって。」といったところでしょう。

後半の主語をitとしてセリーナも自分も出さず、had to を使っています。誰も責めずに、最少限の語数で最大限の思いを表しています。大坂選手、口数の少なさも魅力です。

「なんだか残念だわ、こんな風に終わることになっちゃうなんて。」でも間違いではないのですが、なんだか同じなおみでも渡辺直美ちゃんぽいです。

「このような終わり方を迎えることとなり、心を痛めています。」となると天皇陛下です。

ひとりひとり、違うのです。

だから通訳者は徹底的に聴きます。翻訳も同じことです。よく聴いてから翻訳すれば、言語を超えても本人の息遣い、声が聞こえてくるものです。

そんなことできる?できます。やっています。そこまでやらないならAIにすべて任せた方がお客様のためです。

通訳道場★横浜CATSはこちら

台風21号の名前は~あなたはどんな天気予報を選ぶ?

この夏の西日本の降雨には息をのむばかりです。くるくる、うろうろ進路変更の台風が来たかと思ったら、今日も21号。みなさん、どうぞお気をつけて。早めすぎるくらいの行動をお願いします。

ニュースは朝から台風情報ばかり。ローカルな情報が繰り返し連呼されています。わが身に置き換えて防災準備を再確認するにはいいですね。

でも、なんだか、視野が狭くなる、視点が固められる気もします。

たとえば、台風21号、名前がついているんですよ。

そう、年初から番号だけの日本式が世界唯一ではないんです。以前はアメリカの気象庁がアルファベット順に人名をつけたものの、女性の名前ばかりで物議をかもしたことも。今は男女交代だそうです。以前は「うちのおっ家内」なんて言っていたおじさんたちがつけていたのかしら。

今は北西太平洋、南シナ海の台風については14か国からなる台風委員会で「背番号」と「選手名」(気象庁リンク)が決められています。毎年1番はカンボジアで象を意味する「ダムレイ」。

21番は韓国・朝鮮語で燕を意味するJebiです。つばめの飛跡と21号のスピードが似ています。

こちらBBCの天気予報でもJebiと言っています。日本のテレビの天気予報と画角も全然違いますねえ。国家ではなくてエリアでとらえているからね。

狭い画角の日本の天気予報は「洗濯物は表に出すな」「折りたたみ傘を持って行け」と親切。BBCはそんなことはひとつも言ってくれないけれど、広い視野でで地球の視野を感じさせてくれます。日本の予報よりよほど前もって洗濯や傘の準備もできるのでは?どちらが親切なのかは受け手によるんでしょうね。

9月4日本日のBBCアジア太平洋天気予報

ともかく、自然現象に悪意はありません。しっかりして、無事でいましょう。

これを書いた天邪鬼、冠木友紀子のプロフィール

戦争体験を受け継ぐということは

73回目の終戦記念日。終戦時に生まれた子どもたちがもう73歳ということ。

各地で太平洋戦争体験者の語りに若い世代が直接耳をすませる集いが開かれたようです。
太平洋戦争体験者がすべて鬼籍に入るのももう時間の問題。
じかに声を聴ける機会は貴重です。

でもね、ちょっと物足りなく感じることがあるのです。

広島の子どもたちは広島の被爆者の戦災被害継承者。
長崎の子どもたちは長崎の被爆者の戦災被害継承者。
横浜の子どもたちは横浜大空襲の戦争被害継承者。
東京の子どもたちは東京大空襲の戦災被害継承者。
横浜から学校研修で広島を訪れる中高生もちょっと外様な広島継承者。
アジアに対しては日本の子どもすべてが加害責任継承者。

こういう認識も出発点としてはアリでしょう。
でも、こればかりではねえ。
あっちこっちで被害者と加害者のお面をつけかえていてもしょうがないでしょう。

戦争を振り返り、平和を誓う際にあたり、私にとって欠かせないのは
次の2つのことです。

「個々の立場を超えて相手に想像を働かせること。
遠い昔の出来事と本質的に通じる出来事を今日のどこかに見出すこと。」

変なことを大事にしているでしょう?

被害者には加害者の心境を思い、
加害者には被害者の心境を想えと言っているのですから。

戦争は73年前に終わったわけではなく、あのころと同じような
現象が世界中で続いている、と言っているのですから。

(私には、太平洋戦争の死者たちは自分たちのことばかり覚えていて
ほしがっているとは思えないのです。私がその一員だったら
「70年もたって、なんでシリアとか、ロヒンギャとか、同じような
ことになってんの?!学習しろよ。なんとかしろよ。」くらい言うなあ。)

被害者と加害者という立場を自分の意志で乗り越えなくてはなりません。
これは「戦争を始めたり終わらせたりする力」のない市民が戦争から
自由に生きるのに必須と考えています。

プロフィール

人は生まれ変わる?

人生は一回きり!と信じてもいいし…
人は生まれ変わる!と信じてもいい。

でも、どっちかは正直いってわからない。

まあ、そういうことは死んでみなくちゃわからないし、
死んじゃったらわからないかも。
そんなこと考えてる暇があったら今日に集中!

なんて私は思っていました。

でも、このごろ、死ななくても人は生まれ変わり続けていると
思うことが多いのです。

どういうこと?

半年くらい前のこと。通訳道場のEさんと毎日のようにやりとりしていました。友人Tさんの紹介で出会ったEさんとはびっくりするくらいご縁があって…

ふと思ったのです。去年の今頃、私はEさんがこの世にいることすら知らなかった、と。その頃の自分を思い出すと、前世としか言いようのないほど遠く感じられました。

その変化は、ああなりたい、こうなりたいと自分のアタマで考えるよりずっとダイナミックであるように思われました。

(まあ、出会いといっても誰でもOKではなくて、昼間のアタマが考えるのとは違う次元でなんらかの選択はしているのでしょうけれど。)

ずっと前からTさんの世界にはEさんと私の両方が存在していたことも不思議です。

あなたがすでに知っているAさんをBさんに紹介することが、それぞれが生まれ変わるくらいの体験につながる。

人は出会いで生まれ変わる。

それってちょっとステキなことだと思いませんか。

孤独の王子が冒険の果てに見出した生きがいとは…?
北欧の2つの民話が英語でよみがえる物語
「ウィスパリング・ロード~ささやく道」
英国を魅了するプロのストーリーテリングで
→こちらをクリック

子どもに「将来の夢」を職業で答えさせるのに違和感があるなら

小学校のクラス文集でよく見かける「将来の夢」。

弁護士…公務員…学校の先生。

職業で答えさせることに違和感を覚えたことはありませんか。

子どもたちが大人になるころ、保護者、先生の世代が知っている職業はもうなくなっているかもしれません。 

でも「ユーチューバー」なんて答えられると今度は大人がぽかんとしてしまう。

ご自身が子どもの頃はいかがでした?

私は幼稚園の頃に「ケーキ屋さん」「お花屋さん」と答えたのを覚えています。いや、答えそのものより違和感をはっきり覚えています。嘘じゃないけれど、なんか違う。我ながらガラじゃない。でも憧れの役者、歌手、武士なんて答えたらめんどうなことになりそう…。

ふと思い浮かんだのは、身近な「魔法使い」みたいな大人たち。

ケーキ屋さんすごい…どろんこみたいな生地があっという間にきれいなケーキに…。

お花屋さんすごい…お花って組み合わせで雰囲気ががらっと変わる。

自分でケーキを焼きたかったわけではありません。
お花を売りたかったわけではありません。

自分の手で変化を起こし、思いがけない新たな美しさを生み出す。そうして人に驚き、喜んでもらう仕事を素敵と思っていたのです。振り返ってみると、幼い憧れの中にいまの通訳につながるものを感じます。

子どもに「将来の職業」を訊くなら、「なぜ」をもう一歩掘り下げてみてはいかがでしょう。

子どもに「将来の自分の職業」を訊く代わりに「身近な魔法使いは誰?」を訊いてみてはいかがでしょう。

人間、生きていること自体すでに労働であるという考えもあります。

Carpe diem. Seize the day.
今を生きよ。

ママの気がかりお聞かせください。
安心・自信・希望をお持ち帰りいただきます。
2
10日 子どもの英語が心配なママのための不安一掃セミナー

カンパニーはなぜ会社?

カンパニーといえば会社、と思い浮かべます。

確かに14世紀にフランスでcompaingnieが会社という意味で使われていたという記録があります。

でも元の意味は意外。この忘年会シーズンにぴったりです。

company、2つの部分に分けられそうな気がしませんか?

分けるとしたら?…そう、comとpanyですよね。

comは「一緒に」でしょう?panyは…?

今朝召し上がった方もいらっしゃることでしょう。平日はお米でも週末の朝食はコレ、という方もいらっしゃるでしょうね。

そう、パンです。イタリアのパニーニって流行りましたね。パンをパンと呼ぶのはラテン語系(ポルトガルも)。ブレッド、ブロートと呼ぶのはゲルマン系。

さて、comとpanyを足してひとつにすると…「一緒にパンを食べる人」。仲間ってそういうことです。命をつなぐ食べ物をわかちあい共にする。それは志を共にしてこそ。

カンパニーを名乗る劇団が多いのも頷けます。

会社もそうありたいですね。酒の勢いでイヤな上司、同僚の悪口を言い合うのはcompanyではありません。くれぐれも感謝と慰労の忘年会をお楽しみください。

元の意味を知るこつは「細かく割ること」です。細かく割るとアルファベットの羅列だったものから映像が蘇ります。

細かく割るのは、武道の動きでも音楽でも語学でも同じですね。初心者が大きなひとかたまりと捉える単位を10にも100にも割っている。止まって見える。自由にできる。新しい単語を大量に覚え続ける通訳者に欠かせないセンスです。

語源で「細かく割る」をご自分で楽しんでいただくツール(ヒミツ)と解説本を創る企画があります。参加者(無料、中学生以上)のみなさんにツールで遊んでいただき、私がご質問に応えて語り下ろします。

ご関心おありの方はお問合せからご連絡ください。日時、場所決まり次第ご連絡します。

お問合せ

 

Want to know why Japanese language has three sets of letters?

“Why do you have to spell such a simple thing like ‘an eraser’ with three different sets of letters? Look at  消しゴム!”
Once a friend of mine  from France complained and the following is my explanation.

There are a variety of languages in the world. Some of them are without letters but there is no language without sound and speech as languages originate in sound.

Japanese language did not have letters until they borrowed Chinese letters (Kanji).

Chinese letters are unique that only one letter can have a meaning such as  魚fish 草grass. But in Japanese they had to be used as sound alphabets as there were no letters at all in Japan.

So fifty letters were chosen as regular members on the phonetic alphabet team.

About a thousand years ago, government officials began to use simplified letters based on the entire form of Kanji to take notes. This what we now call Hiragana.(middle)

Katakana seems to originate about two centuries earlier than Hiragana. While reading Chinese scrolls, Buddhist scholars annotated their text with simplified alphabet based on just one part of Kanji. This is the beginning of Katakana.(bottom)

Some children who have difficulties learning Hiragana (maybe over processed) find Kanji letters cool and exciting and learn them quickly. I was amazed when a seven year old son of my friend, who hated Hiragana lessons at school, proudly showed me beautiful hand copy of Sake label calligraphy in Kanji.

Looking for an interpreter specialised in holistic medicine, organic agriculture and holistic education?

Please feel free to contact me.

海外の友達に「なんで日本語は文字が3種類も?!」と訊かれたら

フランス人の画家さんが真剣な顔で言いました。

「『消しゴム』って見たときはショックだった。こんなの無理と思った。」

「???」

「三種類も混ぜて使うなんてどうかしてる。日本語の文字ってどうなってるの!」

皆さんも海外のご友人から日本語の書き方、orthography正書法に関する質問、あるいは苦情を受けたことはありませんか。

漢字は意味を表し、仮名は音を表す…こんな説明では「アルファベットみたいに表音だけでいいじゃん!」と言われてしまいます。

私はこんな風にしています。(カタカムナ、手話のことは今回は別にします)

言語はもともと音声。文字のない言語はあっても音声のない言語はない。日本語はもともと文字がなかった。

だから漢字を借りてきた。漢字はひとつで魚、草、のように意味も音ももつ。でも日本語は文字がないんだから音を表す記号としても漢字を使わなくてはならない。

そこで音を表すレギュラーメンバーに決まったのがこちら。(ほかにもありますが、お友達のためにKeep It Silly and Simple)
これ、イギリスでスロヴァキア出身の友人のために書いたもの。ファイルが日本ぽくありません。

これを漢字の全体を簡略化したのがひらがな(写真中)。1000年以上前に官僚が使った形跡があるそう。送り仮名(消しゴムの「し」)や内容語どうしの関係を示す機能語をしるすのに使います。

カタカナは漢字の一部を抜き出したもの(写真下)。ひらがなより前に学僧が漢籍を読むときのメモに使っていたそうな。外来語(消しゴムの「ゴム」)はもっぱらカタカナで記します。

ひらがなを覚えるのに苦労する子も漢字はすらすら覚えられたりします。想像力を働かせやすいし、覚えがいがあるのでしょうね。学校の勉強が楽しめない男の子が、お父さんの飲むお酒の名前「花春」をばっちり書いたのには感心しました。

Click here for English 英語はこちら

あなたの常備薬にコレ入ってますか?

ずいぶん冷え込んできましたね。ちゃんとあったかくしていますか?

風邪流行ってますね。あなたは大丈夫?ちゃんと休めなくて、風邪気味のまま2週間…なんてことになっていませんか?

実は私も2年前、いわゆるインフルエンザにかかったらしいんです。

いわゆる?

そう、治ってからいろいろ話を聞いてみるとどうもそうだったらしいのだけれど、診断を受けなかったのでわかりません。別の変なウイルスだったかもしれません。

ある朝、出かけようと自転車のハンドルをさわると寒気が。ハンドルが冷たいから?違う。何か変。体の中に変に冷たく暗い塊があるよう。あっという間に頭はカーッ!!更年期?いえいえ、まだ成長が年齢に追いついていません。

でもその日は休めない事情がありました。とりあえずマスクをして出かけ、用事をすませて最寄り駅で電車を降りると、身体には力が入らず、歩いてもふわふわ。自転車を引きずって帰宅し、夕食を用意したところでスイッチが切れました。熱はロケットのように上昇、節々が痛み出して…

「このまま寝よう。」夕飯を食べないなんて100年に1度あるかないかの珍事です。でも迷いはありませんでした。

翌日は38度台後半の発熱。ゆざまし以外口に入りません。普段欠かさぬ食べる、話す、歌う、聴く…まったく関心がわきません。 ただ、身体からメッセージが次々送られてくる感覚がありました。ゆざましを飲め、寝ろ、少しだけ食べろ、薬はいらない、病院行くのは無理、今日はお風呂もダメ、ビール?ふざけるな。

この熱がどんなカーブを描いて下がっていくかも次第に見えてきました。

そのとおり、2日半のちに平熱に戻った時…あまりの爽快感にびっくりしました。大掃除をしたあとのような、拭きたての板の間のような、しわしわのシャツにアイロンをかけたような…。熱を出す前よりがぜん調子がいい。熱デトックスだったんですねえ。

その後、風邪気味のときに薬で症状を抑えたこともあります。でも、もとに戻ってもあの絶対的な爽快感はありませんでした。

あのときはひとつ大きな仕事が終わった後だったので、3日も寝込んでいられたのですね。

果たしてやっかいなのはウイルスなのでしょうか。症状なのでしょうか。それとも寝込む時間もないことなのでしょうか。

身体の自然には時間がいる。それを犠牲にするほどのことって?

こんな野良人間のプロフィール

 

 

 

ディベートやディスカッション、空しくならず楽しむには

英語ディベートやディスカッションを見ていて残念に思うことがあります。
 
誰でも知っているようなメジャーなメディアを資料にしている。
隠された視点を明らかにしたい!という思いのないまま、口先技術に熱意を傾けている。
それじゃ嘘つきの練習でしょう。

 
一次資料を自分の足で探せ!とまでは言わないけれど、たとえばこういう対抗軸となるメディアも視野に入れたらどうでしょう?
イギリスのNew Internationalist。巨大資本としがらみのない雑誌です。電子版があるといいのですが。


それが面倒なら自分にとってリアルかつ笑えることをテーマに据えてはいかが。
「人参と大根、どっちが偉いか」「猫と犬、どっちがおりこうか」とか。
通訳道場★横浜CATS 第4期そろそろ発表?