私がシュタイナー関係の通訳をするようになったのは

シュタイナー関係の通訳を手がけるようになって14年が経ちました。英語を聞いた瞬間に、鮮やかなイメージと共に心の底から感動と喜びが湧きあがり、日本語を語りながら身震いし、聞いて下さる皆さんの眼差しに感動する…そんな瞬間が数えきれないほどありました。本当に通訳冥利につきる、ありがたい思い出です。

そもそも…シュタイナーとつけばどんな講座でも駆け付けていた17-14年前、ある塾(バレバレ?)の研修にまぜてもらったのが始まりです。

オーストラリア出身のシュタイナー学校教員を通訳していたのはアメリカのシュタイナー学校に通ったことがある日本人男性。「英語が分かる」「その分野の経験がある」とはいうけれど、とても苦しそう。四角いものが丸くなるような日本語でした。

彼を否定したいわけではない。でもせっかくの海外講師のワークショップがこのままでは。なんのための渡航時間?渡航費?宿泊費?

さいわい、扱っていた理科の実験は中1~2のころ学校で楽しんだものばかり。糖に硫酸をかけたり、生石灰に水をかけたり…燃焼や炭素輪廻がテーマでした。おそるおそる補助のコメントをしたものです。

「君がコメントするとくもりガラスが晴れるみたいにすっきりする。もっとやって!一体、君は何者?え、卒業生?プロの通訳者?うちに来て!」

次の回から私が通訳するようになりました。

そして驚くべき自由を与えられました。この会社に籍をおいたまま、有休などの手続きはなしで、あちこちでシュタイナー関係の通訳をするように、というのです。

「シュタイナー関係は『わかっている』『留学したことがある』身内の『英語、ドイツ語ができる人』が通訳をすることが多い。でもまずいことが多すぎる。学びの質の最後の決め手は通訳だ。きっとプロの謝礼は出ないだろう。でも、まずい通訳を多くの人が受け取るのは残念。ここの仕事と思って出かけてきたら。」

すごいチャンスがあるものです。喜んでいろんなところにお邪魔しました。

そして気づいたのです。

お金がない、というサークルはもっとお金が無くなる悪循環にはまっているのだと。

イベントのタイトルが独り言。対象者がぼけている(ラブレターの宛名が無い)。参加費が安すぎる。学びのイメージがぼけているので定員もない。チラシも独り言。商品スペック説明ばかり。実は大量消費時代ぽい文言。そして告知が遅い。

これじゃ人は集まらない。

趣味の同好会を卒業して社会貢献を願う団体ならなんとかしなくては。私がアマチュアボランティアみたいな謝礼を受け取り、給料で補填してもらっていてはだめ。かくいう私も昔はお金関係は得意ではありませんでした。他人ごとではなかったのです。

やがて双申さんの経営シミュレーション「トータルゲーム」やマーケティングのY’s Clubに出会いました。

なかなかプロフェッショナリズムが理解されない日本のシュタイナー関係。でもつぶれてはどうしょもない。武士でもないのに高楊枝はいけません。

まもなく、健全経営を願うシュタイナー関係のみなさんのためにちょっと面白い本を出します。乞うご注目。

冠木友紀子プロフィール

オバマ大統領広島演説⑥-シンボルを壊さないで

大統領演説はプロのスピーチライター集団と大統領本人が推敲を重ねたもの。少しずつ丁寧に「虫の目」で味わうと興味深いもの。でも長さも相当なので、つい「鳥の目」的な受け取り方をしがちです。メディアは競ってすぐに日本語訳を出さねばならないようで、ちょっとお気の毒です。(後日「虫の目」連載記事も可能なはずですが。)

さて今日のところもさすがです。「想像する」はあいまいに使い回されがちな言葉ですが、ここではリアリティがあります。「子どもたちが目にした光景」「声なき叫びに耳をすませる」など具体的に感覚を呼び起こしているのです。(これを某VAK理論だなどと浮かれるのはお門違い。あれはエセ科学です。)

【冠木同通】(原稿読み上げじゃありません。)

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

さて、ここでも「あら?ゲティスバーグ演説みたい!」と思う部分があります。
ゲティスバーグでは…
「ここに集まったのはこの戦地の一片を終の憩いの地として奉献するため」=当初のタスク
「でも真の奉献は戦士たちがすでにやっている。我々の出る幕じゃない」=課題の提起
「我々がすべきことは…」=新たなタスク

オバマさんも…
「ここ広島に集まったのはいろいろ想像するため」=当初のタスク
「それだけじゃ声なき叫びに声を与えられない」=課題の提起
「責任を共有して行動を変えることが大切」=新たなタスク

これから英語スピーチコンテストに出る学生さんも参考にしてみてください?!

ハフポストさん、レトリックやシンボルに気づいていますか?

「私たちは、声なき叫び声に耳を傾けます。私たちは、あの悲惨な戦争が、それ以前に起きた戦争が、それ以後に起きた戦争が進展していく中で殺されたすべての罪なき人々を追悼します。言葉だけでは、こうした苦しみに言葉に表すことはできません。」(ハフポスト)

声は存在感そのものを象徴する語。せっかく「声なき叫び声」とはじめたのに、「言葉だけではこうした苦しみに「言葉に」表すことはできません。」で終わってはもったいない。それにこの訳では「馬から落馬して落っこちた」みたいに「言葉」が出過ぎです。「言葉に表す」ではなく素直に「声を与える」でよいのです。余計なことはしないに限ります。

産経さんも、「声」をいじっています。熟語を因数分解しすぎるとシンボルがくずれます。silent cryが「無言」になっています。ここでは「言葉」がないのではなく、「声」さえ聞こえない、存在が認識されていないのだと思いますが?give voiceが「苦しみを表す」と意訳されていて、声というシンボルが消えています。

「無言の泣き声に耳を澄ませる。われわれはあの恐ろしい戦争やその前の戦争、その後に起きた戦争で殺された全ての罪なき人々に思いをはせる。

単なる言葉でその苦しみを表すことはできない。しかし、われわれは歴史を直視し、そのような苦しみを繰り返さないために何をしなければならないかを問う共通の責任がある。」(産経)

スピーチは語られるもの。堅い書き言葉にすることはないと思います。

シンボルに気づく訳は直訳ではありません。レトリックとスタイルを大切に。
通訳はさかしらな「我」を抑え、すなおに受け止める訓練です。

【通訳者が自然で美しい英語を維持するための愛用ツールはこちら】

 

オバマ大統領広島演説⑤-係り結びを活かす

日本語は最後まで聞かないと否定文か肯定文かわからない、と聞いたことはありませんか。

そんな馬鹿なことありません。

人間の言語はよりよいコミュニケーションを願って洗練され続けています。

よりよいコミュニケーションの鍵は「聴き手、読み手の予測を容易にすること」。できるだけ長く先まで、できるだけ精確に予測できるようにする。すると、コミュニケーションそのものに調和、穏やかさが生まれます。たとえ意見が対立していて討議が必要だとしても、です。

日本語は、声調、係り結びなど否定・肯定のいずれかを予測させる要素を豊かに備えています。

【冠木同通】

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has ①a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries ②can be turned into ever more efficient killing machines.

①a license to kill
007を思い出しますね。強烈なキーフレーズが文末で残響します。なるべくこのフレーズを日本語でも文末に響かせたいもの。

②「しかし同じ発見は、より効率的な殺人鬼界へと変えうる。」(東京新聞)
「しかし一方で、そうした発見はより効率的な殺人マシンへと変貌しうるのです。」(ハフポスト)
→「しかし、そうした発見は転じてより効率的な殺しのマシンとなりうるのです。」

東京新聞さんは主述が?です。全体的に英文和訳調のハフポストさん、ここは「一方で」を入れてみたのですね。(翻訳全般としては東京新聞さんのほうが語彙もレトリックも豊かですが、ここはあと一歩。)

ここではcan be turnedを「転じて~うる」としてみました。英語の述語部分を係り結びの「係り」にすると、最後まで述語が出てこない英文和訳調のじれったさ(予測しにくさ)を軽減できるのではないでしょうか。英語の動詞を日本語の動詞、主語に「は」「が」をつけたところで翻訳したことにはならないのですよ。

欲を言えば受動態であることで発見そのものが主体となってではなく、あくまでも人為で、ということを表現したいものですが。このへんで一息、お茶を濁してミルクティーでもいただきます。

今週もそれぞれの持ち場でよい働きができますように。

皆さまの疑問が私の宝です。ご遠慮なくお寄せください。
例)なぜ西洋言語は大文字と小文字があるのですか?
こちらからどうぞ。

 

オバマ大統領広島演説④-nature 本質?自然?

週末、いかがお過ごしですか?

私は相変わらず、「英語ができる社員に通訳を頼んだら散々だ」のようなご相談が舞い込んで「そりゃーそうだろう」と思いつつ、どうしたらいいものか、と思いめぐらしています。

さて、オバマさん4回目。

困りましたねえ、Natureは大文字だったりそうでなかったり。音声ではわかりません。

でもこれはひどい。

「そして人間の本質と切り離して自分たちを定めたり、自分たちの意志に応じてそうした本質を曲げたりする能力といったものを私たちが人類として際立たせること―」

自分が何を言っているのかわかっているのでしょうか。

こうした通訳がプロとしてまだ残っていることが、一般のひとたちの通訳業への信頼を損なっているとしたら、切腹モノです。

冗談ではありませんよ。

医療の通訳なら人の命にかかわりますので。

いえ、政治、外交の誤訳ははるかに多くの人命損失、環境破壊につながりますので。

通訳道場★横浜CATS

 

オバマ大統領広島演説③-従来型英文和訳の限界は

さて、今日もイメージの順をなるべく守るチャレンジです。

(冠木同通)

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children — no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

 

中高生にイメージの順を守る大切さを話すと「ひっくり返し式でないと先生がテストで〇をくれません。」とこぼします。

気の毒なことに。

語どうしの関係を確かめるなら「この文の主語とその述語を指摘しなさい」などほかの訊き方があるでしょうに。

国民全員がひとつの外国語を必修で何年も履修するという制度自体、ハードとして不自然、非効率的なのですから、せめてソフト的にシンプルで奥深い言葉の世界に心躍る工夫をしてほしいものです。

だいたいね、めんどくさいものはいんちきか半端なんですよ。

たとえば第1文、こんな訳を見かけました。
「広島と長崎で残虐に終わった世界大戦は、もっとも富み、また力強い国々によって戦われました。」

昔式としては〇。間違いではない。でも大してよくもない。単語だけ並べ替えているから。

常に肝に銘じてください。言葉の向ことこちらには人がいる。人は心で生きている。

ことに演説は、集った人々に言葉で訴え、心をあるひとつの方向にそろえるワザ。
そのためには聞いた人の心の中に色つきの映像が立ちのぼらねばなりません。

語順入れ替えは紙芝居の順番入れ替えになりかねません。できあがった日本語で大意は「頭で」理解できても、「心に色つき映像」が浮かびにくくなります。学校時代の英語が嫌いという方たちはまっとうなセンスの持ち主のことがたびたびです。英語がいやだったのではなくて、日本語の変死体に辟易していたのではありませんか?

そうそう、baseを基本的なんて訳してはこれも野暮です。ものごとの土台として不可欠な「基本」なら前向きなニュアンス。ここでは変でしょう。裕福な大国がやらかしたことですよ。辞書もよく読めば「低劣な」「低次の」とあります。「低い」のニュアンスが大切です。

通訳道場★横浜CATS(まもなく更新!) 

オバマ大統領広島演説②-同時通訳はイメージの順を最大限守る

今日はシンプルです。

日本語と英語は語順が違うと言う人がいます。さあね。
「I love you」と「私はあなたを愛しています」は順番が違うというのです。

では伺います。「私はあなたを愛しています」と言われたことはありますか?いやいや、愛されたことがある、なしを訊いているのではありませんよ。生き生きした告白はそんな表現ではなかったでしょう?

人は思い浮かんだ順に言葉にすると私は感じています。先に思い浮かんだことを後回しにして、後で思い浮かんだことを先に言うのはずいぶん手の込んだ無理だと思います。

多くの文がクイズ番組の構造をしているとも思います。

ためしてガッテンを思い出してください。①「はい、テーマです!」②「ではここで問題です」(ゲスト回答)③「正解は…」(解説+ガッテン!ガッテン!)小野アナと志の輔師匠の声が聞こえるようです。

I(俺のことなんだけどさ)
love(愛してる人がいるんだ・「え、だれだれ?」)
you(君なんだ!)

「俺、好きなんだ、お前が」

ほら、クイズ構造になってるでしょ。話し言葉はクイズ構造に近いでしょ。

クイズ構造を意識すると、無駄な前後入れ替えをせずにすみます。同時通訳も楽になります。聞いたまま言えばいいだけですから。

さて、今日の分、同通お先にどうぞ。

そして大手メディアに共通する残念な点。

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man.  Our early ancestors, having learned to make ①blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting, but against their own kind.  On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold; compelled by nationalist fervor or religious zeal.  Empires have risen and fallen. Peoples have been subjugated and liberated.  And at each juncture, ②innocents have suffered★, a countless toll, their names forgotten by time. 

①「フリントから刃を、木から槍を」→「刃を火打石から、槍を木から」
ひっくりかえす手間をかける理由はありません。フリントはちゃんと訳しましょう。

②「罪なき人たちが無数の犠牲者を、その名が忘れ去られることを苦しんだのです。」→「無辜の民が苦しみました。無数の犠牲、その名は時と共に忘れられました。」
これは大手メディアのものですが…★のカンマが抜けている版を元にしたようです。ホワイトハウス版ではありませんね。これは大統領とスピーチライター集団の作品です。ホワイトハウスが公表したテキストに準拠しましょう。ホワイトハウスのものはカンマが入っています。

通訳道場★横浜CATSはこんなところ

 

オバマ大統領広島演説①―「細かく見る」同時通訳

通訳道場では演説の原形の一つとしてリンカーン大統領のゲティスバーグ演説を精読、暗誦、通訳を練習しています。練習の段階で歴史、宗教、語源を含め背景を細かく捉えておくことが、やり直しのできない同時通訳の精度向上に役立つからです。

同時通訳ばかり回数を増やしても同時通訳はうまくなりませんからね。イチローもあれほど練習し、日常をコントロールして試合に臨んでいました。凡人の私たちはもっと仕込んで当たり前です。

それに「おおっ」と思える楽しみがあるのです。オバマ大統領の広島演説にはあちこちにゲティスバーグ演説が透けて見えるではありませんか。アメリカの理念を継承する姿勢がにじみ出ています。(トランプさんは…。)

ところが気になることが。

ネット上に公開されている主要メディア、あるいは翻訳者ブログの和訳に共通する「細かさ不足」があったのです。

間違いとまでは言いません。でも写真で言えば思いがけない手振れ、ピンボケ、露出アンダーの類で、気づいていれば別の選択があったのではないでしょうか。

これから少しずつ共通ポイントを指摘してみます。「実際目にした訳例」→「変更案」の順です。

先にこの部分の私の同通をお聞きになりたい方はこちらをどうぞ。
冠木同通①

(著作権蹂躙の意志はまったくありません。問題があればご教示ください。)

Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world ①was changed. A flash of light and ②a wall of fire destroyed ③a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do ④we come to this place, to Hiroshima? We ④come to ponder a terrible force unleashed in a not so distant past. We ④come to mourn the dead, including over 100,000 in Japanese men, women and children; thousands of Koreans; a dozen Americans held prisoner. Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what ⑤we might become.
(出典:Obamawhitehouse)

①「変わった」→「変えられた」
自らすすんで変わったのではありません。ここは受動態を尊重すべき。We can changeがキーフレーズだったオバマさん(+プロのスピーチライター集団)が受動態を選んでいるのです。わざわざ能動態にする理由は?

ちなみに、ゲティスバーグ演説でも事態を客観的に描写する部分で受動態が目につきます。

②「火柱」「炎」→「壁のような炎」「壁なす炎」
素直に読みましょう。柱と壁は違います。抜かすのもいけません。景色が違ってしまいます。壁のような炎に取り囲まれた人々に思いを致してこそ書けたフレーズと拝察します。わざわざ柱にしたり抜かしたりする理由は?

③「この都市を」「広島を」「この町を」→「ひとつの都市を」「都市をひとつ」
a cityと書いてあります。this city, the city, this town, Hiroshimaのどれでもありません。この段落はまだ一般化された表現で、「閃光と炎の壁が都市をひとつ破壊するなんて!」と思わずことの重大さを想像します。それを早々と特定、具体化する理由は?

④「来ました」→「来る」
have come でもcameでもないのです。現在時制単純形(単純相)は永遠を代表する一片として現在を語ります。反復が前提です。The sun rises in the east.のように。太陽が東から登るのは今日に限ったことではありません。昨日も明日もそうです。そのように、オバマさんも我々が繰り返しここ広島に来て思いを致さなくてはならないことを示唆しているのです。それだけ世界の問題は深刻ですから。

④「何者だったか」→「何者たりうるか」
what we becameとは書いていないんですよね。過去のことではなく、今の、これからの今を生きる人類への死者たちの問いですから。辞書を引くと「形は過去でも現在の推量」なんて一番に出てきます。

言葉は語り手の頭の中に浮かんだ色つきの動画を聴き手の頭の中に復元する魔法の道具。

通翻訳者が、その色付き動画をすみずみまで検証、復元せずに、どうして聴き手、読み手のうちに甦るものでしょう。

通訳道場★横浜CATSはこんなところです。

学校は自由だ

と、思います。あるいはそう思って行動しているといったほうがいいかもしれません。

大学では週1日に授業を詰め込んでもらっています。週1ではどうにも間遠。でも学生の顔と名前はすぐに覚えたい。名前を呼べないようではエンジンがかからない。

そうだ、自撮り写真を送ってもらおう。(普段の課題より真剣に取り組むこと間違いなし)

成績も学期末までわからないってどうなんだろう。それってスコアボード見えない状態で野球やっているのと同じじゃない…?方針も立たなければベストのつくしようもない。

本物で包囲してくれた母校。

ああそうだ、学内SNSがあるんだから、クラス用スコアボードは常時オンライン公開にしよう。実名でもいいけどハンドルネームにしたら気が楽かな。

だいたい、何をどのくらい取り組めばどのくらいの成績が付くかは大学生なら見当がついてもいい。自分が欲しい成績を学期初めに記入、ふさわしいと思う成績を学期末に記入したら。

もちろん、このスコアボードをそのまま教務のデータにするわけじゃありません。先生として必要な手順はこれまでどおり踏みます。それにプラスして学生側にもっといいスコアボードを、と思ったのです。

ゲームやスポーツが楽しいのは過程が見えて、次はよりよい一手を打てるから。

学期末は成績よりも「作品集」の仕上がりを楽しみにしたいもの。そして「人の役に立つ」レベルに到達したいもの。(TOEICスコアがどうのこうので就職や給料に有利なんていう利己的イワシの群れレベルはさっさと抜けなさい。)

学校の「不自由」って現場の思い込みのことが多いのでは。少なくとも私学の場合、やりたいことがはっきりしていれば、いくらでも方法は見つかるもの。

やりたい放題先生のプロフィール

通訳養成がおしゃべりなあなたにピッタリな理由

「ああ、あんなこと言わなければよかった…あの一言で…」

余計な一言で反省しきりのおしゃべりさん。
そんなあなたに通訳養成はピッタリです。

毎日が少し気楽になるのは間違いありません。
なぜなら、通訳トレーニングは「時と言葉を惜しむ」訓練だからです。

あなたではない誰かが言った以上でも、以下でもダメ。

いつもの、自分がしゃべりたいだけしゃべっている、なんでしゃべっているのかわからないけどしゃべっている貴女だけは居なくていい。

いきなり沈黙、傾聴を心がけても難しいもの。
でも、通訳訓練なら間違いなく発話をコントロールされる。
強烈ですよ。

もしかして、舌禍事件って目の前の人がトラブルの相手ではないのでは?
その場にいない誰かのことをうっかり話して…
やがて本人に伝わって…それでもめることが多いのでは?

では、伺います。
じゃあ、なんで本人に面と向かって言えなかったの?

もしかしたら、整理したらいいかもしれませんね。

自分がコントロールできる領域と、気をもむしかない領域をごっちゃにしていませんか?

7つの習慣でも知られているフレームワーク

気をもむしかない領域のこと。現場では口に出せない。
現場を離れたときに関係がない誰かに聞いてもらっていませんか?

まず目の前にいる人の話を聞いて下さい。

通訳トレーニングはまず優れた聴き手を育てます。

まだ更新していないんだけど、通訳道場★横浜CATS

 

医療の通訳で気になる日本のことば

医療の通訳は気が引き締まります。参加者の医師の皆さんは沢山の患者さんの健康を預かっていらっしゃいますから。「今日の通訳はなんだ!」なんてことは許されません。「よく専門用語をご存知ですね。」と言われるとホッとします。

実は専門用語を把握するのはそれほど難しくありません。セミナー主催者の方に思いを伺ったり、専門書、雑誌、論文を読んでいる中でイメージと共に覚えられるものです。(解剖実習もせず、現場を持たずにそれらしく語れてしまう自分に詐欺師、役者の一面を感じずにはいられませんが…)

このごろ気になって仕方ないのは専門用語ではなくて、別のことなんです…日本語の医療用語ってどこにあるんだろう…?

たとえばこの文…「まずニューロンが分化し、次にアストロサイトの分化が続く。アストロサイトの分化は出生時に最大となる。そして最後に、オリゴデンドロサイトが分化する。」

カタカナは英語だし、漢字も大陸から来たし…ひらがなの部分は別に医療用語じゃないし…

西洋医学、漢方、というけれど、日本は…?

日本語は人間の身体や病気、知慮、健康をどう表してきたのだろう…?

そんなことを思っていたら、いつも大いに刺激を頂いている山本忍先生がこうおっしゃるのです。

By Instituto Niten – Author Personal Archive,

「日本は『~道』とつくものがそれにあたるんだと思う。」

なるほど!腑に落ちます。

私はイギリスの神経生理心理学研究所(INPP)で原始反射・姿勢反射について学びました。でも、セラピーを提供できる準修士に合格したものの、発達支援セラピーを自分の仕事とする気がしなかったのです。通訳養成に活かし、翻訳と学校教員研修を行えば十分、と思っています。

というのも、私自身の感覚の偏りも、セラピーより書道やなぎなたのほうが助けになった実感があったためでした。

私は書道となぎなたしか嗜んでいませんが、おそらく多くの道に共通するのは「呼吸と姿勢を調え、感覚を研ぎ澄まし、自分の動きをすみずみまで司りながら、余分な力を抜くこと」。これを日々稽古すれば、多少の心身の不調は整えられたことでしょう。

いま私たちは、身体への感覚が鈍麻し、よっぽど悪くなってから専門家と強い薬に依存しているのではないでしょうか。

さて、この秋は道の達人たちが残した言葉にふれることにします。まずは「風姿花伝」と「五輪書」(オリンピックじゃないよ)でしょうか。修験道も体験してみたい!

なにかおススメがあったら教えてくださいね。

こちらのpodcastで皆さんのご質問に答えています。
通訳道場★横浜CATS 道場ラヂオ