仕事で必要な英語がなかなか上達しないとお嘆きのあなたへ

「仕事で英語が必要。もっと英語ができれば可能性も広がるのはわかっている。」
「オンラインレッスンで場数は踏んでいるのに、なかなか英語が上手くならない。」
とお悩みではありませんか?

そんなあなたに1つお尋ねします。

closeup photo of primate
Photo by Andre Mouton on Pexels.com

ご自分の英語録音して聞き返したことありますか?

お手本と自分の録音を聴き比べて、これで良しと思うまで録音し直した事はありますか?

もしなければ今日からぜひ始めてください。スマホでもできるはずです。

なぜ?だって…鏡を見ないでお化粧した事はありますか?
鏡を見ないでネクタイを結んだ事はありますか?
ないでしょう?

人には自分で自分を修正する力があります。他人にとやかく言われるより、自分で自分のことが気になるのです。ひとりになって自分に向き合う力があるんです。その関心、力を「セルフモニタリング」と呼びます。そのための心強い味方が鏡や録音・再生器です。

セルフモニタリングなしで場数を踏んでも、お金がかかるだけです。

では何を聞けば?と思いますね。

どこの英語が有利か?と損得勘定、下心で決めても続かないものです。

自分が好きだなあ、素敵だなぁと思う人を見つけてください。そして発音練習ではなく物まね、憑依だと思って幼子のようにまねっこをお楽しみください。

ずっと1人と添い遂げなければいけないわけではありません。好きな人が見つかったらとっかえひっかえ何人もお楽しみください。

そしたらきっといつか、あなたの英語はあなたが大好きな尊敬する人たちの声を集めたアルバムになることでしょう。大好きな人たちへのあなたの想いが声にのって聴く人に届くでしょう。さぁ今日から始めてみて下さいいね!

通訳養成はちょっとまだ…でも根本的に英語をやりなおしたい人のための「名門校で愛用されたあのプログレス旧版6年分を2年でマスターするハイブリッド講座はこちら。

AI翻訳がまだやらない、プロ翻訳者がやっていること

AI翻訳は日々進歩しています。ただ、今のところはハサミや包丁、楽器と一緒で使い方に工夫が必要です。

では、なぜひとつ前のブログでご紹介した「字幕をAI翻訳したからチェックだけお願い」の案件は難航したのでしょう。

実は、問題はAIの翻訳作業ではなく、その前の段階にありました。

英語のナレーション原稿がいまいちだったのです。

He was a curious man who was able to follow his own curiosity in those days.

これじゃ「馬から落馬して落っこちた」みたいじゃありませんか。

多くの日本人が、外国語、ことに英語を見るとフリーズして、そこにクセや弱みがあるとは思わなくなるようですが、あるんです。

日本語ができる日本人の誰もが日本語のプロではないように、英語が書ける人たちがみな、英語のプロというわけではないのです。

英語で学んだ人たちも、今日では大方、ロジカルなアカデミックライティングだ、スキミングやスキャニング読みだ、戦術モードです。

文体や語彙選び、響きの調整は「典雅で高尚、でも役に立たない趣味」とみなされがちです。

でも、そこなんですよ。「多くの人が知らない」けれど「人の心にすんなり届くために欠かせないコツ」は。

black woman with pen taking notes in planner
Photo by SHVETS production on Pexels.com

私が翻訳するときは、まずもとの英語を推敲します。もちろん必要に応じて著者に確認をとります。「まかせる!」と言われる場合がほとんどですが。

そういえば、国際基督教大学の恩師、斎藤和明先生も、アイヴァン・モリスの「The Nobility of Failures 高貴なる敗北」を訳しながら、史実、人物関係を調べ直し、50箇所も訂正していらっしゃいました。

翻訳者は校閲者、編集者でもあります。原文の傷やへこみを直してから日本語にするのは、筆者への敬意あってこそ。弱点ごと日本語で複製するほうがよほど失礼です。

さて、英語のまま読むのが苦手だからAI翻訳を使っているのに、英語の推敲や校閲なんてとても…と思われる方もあるでしょう。

ご自分の専門分野だったら、校閲はご自分の脳内でおやりになれば、まあ、よろしいかと。

推敲ですが、今は便利な推敲アプリがあります。Pro Writing AidやGrammarlyが知られています。アカウントを持っている大学では、これを通していない学生のエッセイは受け取らないところもあるくらいです。

推敲アプリだのみになると、前述の「戦術」に適うつまらない文になる傾向はあります。でも、少なくとも「馬から落馬して落っこち」たりはしません。

そのうち、翻訳アプリと推敲アプリが統合されるかもしれませんね。

私も Pro Writing Aid の生涯アカウントを持っています。申し込み確認のメールに期限が2059年とあったのには笑ってしまいました。そのころは遊んでいたいですが、もっと長生きする予定です。

次回はAI翻訳が向く分野、向かない分野をご紹介しましょう。

英語はできるが通訳に自信がない専門家のためのエキスパート通訳個別トレーニングはこちら

「AI翻訳をプロ翻訳者にチェックさせる」がうまくいかないのは?①

こんにちは!通訳藝術道場の冠木友紀子です。
すっかり春めいてきましたね。Spring is just around the corner.

このごろはAI翻訳も相当進歩しています。

でもまだなんでもお任せというわけにはいかないようです。先日、私もえええ!と思うことが2つありました。

そのうちの1つを今日はご紹介します。

「AI翻訳した字幕をチェックしてほしい」と長年のご縁の方々からご連絡いただきました。

あのAIでこの分野ならけっこうイケるのでは!チェックだけなら格安でお受けできるはず…と拝見したら…

心に訴えるはずのところはお勉強の英文和訳調。情報の順番が前後して頭が悲鳴をあげます。科学的な内容を論理的に順序良く伝えるべきところもこんがらがって…。

こうなると、「もとの英語音声」と「AI翻訳の日本語」の両方を気にしなければ…。

ふだんはもとの英語だけ聴いて翻訳するのですから、仕事は「倍」です。

city road man people
Photo by zhang kaiyv on Pexels.com

結局、はじめから翻訳することになりました。

どうしてこんなことになったのかは次稿にてお知らせします。

AI翻訳のチェックを翻訳者に頼んだら、意外とお金がかかったとご不満の皆さま、AI翻訳をする前に、翻訳者にご相談ください。プロならば、AIと人間の按配を忌憚なく見積もりするはずです。

誰もが限られた時間をよく生かすことができますように。

英語はできるが通訳に自信がない専門家のためのエキスパート通訳個別トレーニングはこちら

「日常英会話くらいできるようになりたい」がダメな理由

エキスパート通訳トレーナーの冠木友紀子です。

「日常英会話くらいできるようになりたい。」そんな声を聞くたび、あーあ、と思います。それ、考え直した方がいいです。

理由は2つ。

1つめ。なんだ、その「ーくらい」っていうのは。学ぶ対象を見くびるとろくなことになりません。英語は音響・生理的にも日本語から遠い。甘く見るとみっともないことになります。

まあ、イギリス人がこぞって「日本語くらい話せなくっちゃ」と言い出したらちょっと感心しますが。

2つめ。日常なんてありません。毎日が新鮮で多様。

本当に共通する日常なんてわずか。そこはポケトークに任せればよろしい。あなたの日常は、他人にとってはシュールな非日常。他人の日常はあなたには非常識な非日常。ましてや、あなたとって「ちょっと変わったできごと」は他人にはもはや事件。

sliced boiled egg on white plate
Photo by Mona Sabha Cabrera on Pexels.com

たとえば…大学生からきいた「日常の小さなできごと」は…
「バイト先でお盆に飲み物を沢山のせてお客さんのところまで運んだはいいが、お客さんのひざ(lap)にぶちまけてしまった。店長が謝ってくれて、お客さんは怒らなかったけれど…」

(ええー!怒らなかった?お客さんは何をはいて帰ったの???)

自宅からオンラインの学生は…
「今、うちがひどい匂い。お昼に電子レンジでゆで卵を作ったらとてもおいしくて、もうひとつ作ろうとしたのだけれど、アルミを巻くのを忘れたら大爆発。硫黄温泉の匂いです。17時に母が帰ってくる前に掃除しないと。」

(電子レンジにアルミでゆでたまご????)

これ、すべて大学の授業のウォーミングアップできいたお話です。毎週毎週、こんなとんでもない日常を互いに聴いては日英通訳します。

衝撃のあまり通訳がなかなか始まらないことも…。

学生の通訳のあと、すべて私がモデル通訳します。それをみんな自主的にその場でリピーティング。メモ、録音してお土産にします。みんな真剣です。リアルな話題ですから。もう、ウォーミングアップだけでどんどん伸びるんです。90分こればっかりやっていたいくらいです。来年はそうしようかな?

さて、これのいったいどこが平穏な日常?!でも、平和そのものです。めいめいに変なことやれてますから。

私も帰路は衝撃的なお話を反芻しながら思い出し笑いしてます。たぶん、学生も授業の内容よりこっちのほうを覚えていることでしょう!

オトナの通訳道場では、ここまでぶっとんだ日常はまれです。でも、同じようにお互い通訳、すべてモデル通訳しています。

他人の日常にびっくりする、集中して通訳する。誰かにいいふらかしちゃう。これ、ボケ防止になりますよ、きっと。

通訳志望者・英語講師に好評です★英語の土台徹底リノベ講座はここをクリック
あのプログレス6年分を4倍速で俯瞰、中上級者のいまさら聞けない疑問を快刀乱麻、スッキリ解決します。いつからでも参加可能です。

なぜコミュニケーション・スキル講座の日本語は不自然なのか?

こんにちは!エキスパート通訳トレーナーにしてシモヤケエキスパートの冠木友紀子です。

先日なんとなくTVをつけてみたら、コミュニケーションを円滑にする言葉づかいなるお勉強の最中でした。

「専門家」によると…「君、具合悪いよ。」と相手のことを決めつける(You messageあなたメッセージ)は相手の反感を煽りがちなので、自分の視点で語るように、とアドバイス。ごもっともです。

でも…「ねえ、私にはあなたが疲れているように見えるんだけど。」

この日本語にゲストがぴしゃり。「そんなこと言うかしら。」

ありゃまあ。

two women sitting on chairs beside window
Photo by Christina Morillo on Pexels.com

今日あるコミュニケーション技法の多くは英語圏由来のものです。

違和感を覚える人たちの中には「アメリカ人ならそういうかもしれないけど、日本じゃ変でしょ」と言う人もいます。文化の違いとし

確かにそういう傾向もあるでしょう!!

でも、私はもっと基本的なところに改善の余地があると思っています。

上の変な日本語、引っかかっているのは、こうでしょう?
1「わたし」「あなた」人称代名詞のうるささ
2「見えるんだ」の洋画字幕、吹替ぽい不自然さ。

もとの英語は大方こんな感じでは?
Hey, It seems to me that you are tired.あるいはYou seem tired to me.

だとしたら、書き言葉の英文和訳思い込みの残念な翻訳が足を引っ張っているだけです。

こうすると、楽で自然になりますよ。
★日本語では言わずもがなの代名詞は出さない。
★そもそも英日で品詞の概念が違います。英語の動詞を日本語の動詞に訳さなくてよし!

自然な日本語にするほど、日本語は「I」「You」のどちらかではないほうがしっくりきませんか?YouとIの間にそっと置くItはじまりがなじむのではないでしょうか。そして仮定、疑問や逆接もやわらかく使う。

「ねえ、なんか疲れてるかな、って思ったんだけど。」

まあ、それぞれの口になじむ日本語は、それぞれで探すものかもしれません。ただ、出だしでつまづくことが少しでも減れば、と願う次第です。

通訳・翻訳を目指す方は、英語ばかりでなく同等に日本語も精進してくださいね!

通訳志望者・英語講師に好評です★英語の土台徹底リノベ講座はここをクリック
あのプログレス6年分を4倍速で俯瞰、中上級者のいまさら聞けない疑問を快刀乱麻、スッキリ解決します。いつからでも参加可能です。

冬季オリンピック、スピードスケートの「パシュート」って何語じゃ?

こんにちは。エキスパート通訳トレーナーの冠木友紀子です。
冬季北京オリンピック、楽しんでいますか?

どうも冬の競技は、危なくて見ていられないのと、何度見てもわけがわからないのが多いような気がするのは私だけでしょうか。

わけがわからないといえばカーリングとスピードスケートのパシュート。

パシュートって何?フランス語とドイツ語のミックスみたいだけれど…ははあ、中期フランス語、pour suite (追跡)を元にできた英語のpursuit でした。

んん? pursuitは「ぱしゅーと」とは発音しないけど…

みなさん、「ぱしゅーと」じゃ99.9%通じません。ここに発音記号を書いても大して面白くもないでしょうから、平仮名でいきます。

gray olympics concrete block
Photo by Anthony on Pexels.com

「ぷすぅー」のほうがよっぽど通じます。

いいですね、パシュートは英語で「ぷすぅ ー」ですよ。(なんのこっちゃ)

物知りの皆さんは、きっと「pursueの名詞形ですよね!」とじりじりしておいでのことでしょう。

ご明察のとおりです。pursueはラテン語のprosequi「あとについていく」に通じます。sequence, consequenceとも親戚(?)です。

さて、ここでもう一歩細かく調べましょう。

動詞pursueの名詞形がpursuitになったと言うけれど、それが「どこで」か考えましたか?イギリスでしょうか?

すでに答えは書いてあるようなものですが、ブー、違います。

ヨーロッパの西北の最果て、イングランドにpursueが達してから名詞化したとしたら、途中の皆さん(主にフランスさん)はいったい何をぼうっとしていたのでしょう。

ラテン語ははるかイタリア(ローマ帝国)を旅立ちイギリスに到達する前に、フランスですでに名詞に派生しているのです。イギリスは動詞、名詞、それぞれ「できあい」のものをフランスから受け入れているのです。

これってまるで「おかずと汁物」を届けてくれるお弁当宅配のようではありませんか。

福祉のお弁当宅配は1つの町を3つくらいの業者さんが分担していることもあります。だから、日替わりで和食、洋食、中華、汁物もいろいろ…と楽しめます。

さて、フランス語弁当いろんな時代に、あちこちからイギリスへ配達…イギリスは喜んだかもしれませんね。でも、日本人には…そう、派生語の語尾がいろいろありすぎるという不満の原因となります。

そりゃ、なんでもnessをつければいいなら楽だとは思いますよ。でもあまりにも変化に欠けるのはやりがいがなくて、不自由で、飽きますよ。毎日日の丸弁当のみだったらどうでしょう?

それじゃ飽きちゃう、という人はつべこべ言わず繰り返して身に着けることです。どの言語もあなたが生まれるよりはるか昔からあったんですから、あなたの都合でできているわけじゃありません。あなたの都合を超えたものを体得することで、あなたは成熟するんです。

外国語のこまやかさも繰り返して慣れれば愛着がわくもの。そして日本語のこまやかさに改めて興味がわくもの。

通訳を目指す方は、英語と同等に日本語も精進してくださいね!

通訳志望者・英語講師に好評です★英語の土台徹底リノベ講座はここをクリック
あのプログレス6年分を4倍速で俯瞰、中上級者のいまさら聞けない疑問を快刀乱麻、スッキリ解決します。いつからでも参加可能です。

私達は日本語を知らない。

エキスパート通訳トレーナーの冠木友紀子です。関東では風の強い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

どこを見てもカタカナだらけです。ソーシャルディスタンス、レジリエンス。アニマルウェルフェアなんて第五代将軍綱吉どのがたまげることでしょう。

戦時の敵国語排除に比べたら、カタカナだらけものんびりした話かもしれません。外来語を受け入れやすい言語は語彙が豊かになって生き残りやすいとも言われます。英語と日本語はことに外来語に鷹揚だと言われます。

ただ、英語がラテン語、ゲルマン諸語から外来語を受け入れるのは、おおざっぱに言えば、栃木弁に茨城弁、あるいは福島、山形あたりの語彙が入るくらいのもの。文字だって同じ。つづりを見れば語源も見当つきます。

日本語はこうはいきません。カンパニーとコンパニオンが「共にパンを食べる」という源を共にしているとはなかなか見抜けません。「同じ釜の飯を食べる」みたいな発想ね、と足元を振り返ることも容易ではありません。

ではしっかり日本語に訳しましょう!…実は、これがなかなか。

「対人距離」「復元力」「動物福祉」

無料自動翻訳でもこのくらいぱっと出てきます。でも、しっくりきますか?

大陸から学んだ漢字の恩恵ははかり知れません。ただ、特に明治以降、知的、学問的な翻訳は「西洋言語→漢字の熟語」に偏りすぎたのではないでしょうか。それがいまも、「頭に入っても腑に落ちない」翻訳、通訳を生み出し続けていると思うのです。

pixabayより

シュタイナーの思想(アントロポゾフィー)でも、こんな翻訳をよく目にします。「人間の頭部は球形をしていて…。」

おみごと、正しいです。間違っていません。

でもね、ニンゲンノトウブハキュウケイヲシテイテ…を、日本語は「あたま」で言いつくしているのではないでしょうか。

インドヨーロッパ諸語に比べて日本語の語源学は諸説あって迷宮のようですが…「あたま」は「たましい」が宿る球を「たま」と呼んだことに通じるようです。

ここまで考えると、翻訳って何やっているんだろうと思ってしまいます。でも、ここまで考えずに翻訳する能天気には戻れない、と思うのです。

通訳志望者・英語講師に好評です★英語の土台徹底リノベ講座はここをクリック
あのプログレス6年分を4倍速で俯瞰、中上級者のいまさら聞けない疑問を快刀乱麻、スッキリ解決します。

通訳メモはどこに取る?

こんにちは。エキスパート通訳トレーナーの冠木友紀子です。

以前、担当していた医療通訳養成講座でのことです。

受講生のTさんの通訳がなかなか始まりません。話し手の発言が終わって3秒以内に訳し始めないと、リズムが乱れ、不穏な空気が漂い始めます。それなのに…。

私「どうしました?」
Tさん「待ってください。」

さては…!

こういう場合は十中八九メモの取りすぎです。

案の定、Tさんは速記のようなメモを取っていました。しかも、メモを取り終わったころには出だしの話を忘れていました。

これでは何のためのメモかわかりません。

Tさんはメモとり術を教えてほしい、と言いました。

私は断りました。努力の方向が間違っていると考えたからです。

black woman with pen taking notes in planner
Photo by SHVETS production on Pexels.com

通訳学校ではメモとりの臨時講座も人気です。「速記ではなく、簡略化・記号化して要点のみを」とアドバイスもごもっとも。

しかし、それで「簡略化・記号化した要点のみのメモ」が取れるようになった人はどのくらいいるのでしょう。

うっかりすると、先生の記号を覚えたり、自分なりの記号を開発したり、余分な仕事を増やしかねません。

紙のメモなんてとらずにすめばそれに越したことはありません。

私は基本、メモは頭にとっています。頭の中ですから、わざわざ記号を使うこともありません。聞こえたらすぐに映像化して、次々格納します。

この方法は名人芸ではなく、理に適っています。生理学研究所の先生に伺ったところ、人間の思考は抽象的な映像のようなもので始まる、とのことでした。思考は「原初の映像→音声→文字」の順で言語になっていくと見なすことができるそうです。

「音声→文字メモ」と「音声→映像メモ」では方向が逆でしょう?音声を聞いて音声で通訳するのだから、文字への寄り道は最低限にしたいものです。

ひとりよがりな映像にならない決め手が文法と写真撮影の共通点です。今は「一眼レフ法」と名付けてお伝えしています。

ちゃんと聞けば、紙メモはなくても大丈夫。

まあ、メモしないと周囲が不安がるので適当に書きます。新たな記号は使いません。英日通訳の場合はほぼ漢字です。簡体字もどきのようですが。

何事も、なぜそれをしているのか見失わぬよう、俯瞰し続けたいものですね。

専門家のためのエキスパート通訳養成講座はこちら。

若者に投票を促す前に考えたい

こんにちは!通訳藝術道場の冠木友紀子です。

先日、私と同世代に人たちの集まりで、子ども世代、つまり20代の人たちの投票率が低いことが話題になりました。
「投票に行く時間がもったいない。スマホでできればやるけど。」
「投票する習慣がないんです。」
そんな声に親世代の真面目な人たちはがっかりしているようです。

まあ、確かにね、棄権はほめられたことじゃありません。
でも、毎回投票している私も、彼らの態度に「なんかわかる」感じがしています。

たぶん、彼らはその違和感、虚しさをうまく言葉にしていない。
けれど、そのハラで感じているバカバカしさは本物では?

これは私がいつも思うことですが…
共同体の大きさには最適サイズと最大限界があるのでしょう。

from Swimmy by Leo Lionni

日本はもう共同体の最大サイズを超えている。投票行動には儀式的意味しかない。

若者はそのことを感じているのではないでしょうか。

だって、選挙に行かなかったという学生も、大学での選挙は投票するそうですから。

そんな若者に精神論として選挙権を説いても、それこそ空しいでしょう。

共同体の最適サイズなどということを想ったのは、震災後、福島県浜通りの自治体の首長さんたちをテレビで見た時です。

はっとしました。なんといい顔、いい眼差し…。町や村の人たちを知っている人の顔でした.

この人たちの共同体はちょうどいいサイズだったのだ、と思いました。

一方、選挙直前だけ騒音公害くり広げる方々は…

共同体がサイズ限界を超えてもそれ以前の仕組みで回そうとすると、いろいろなところで悪循環が始まるようです。

一例をあげれば、投票率がどんなに低くても選挙が成立してしまうこと。

こんなこと、多くても2000人程度の中高の生徒会では通用しません。「おかしい」という声が上がり、全体に響きます。

総選挙が始まって以来、世界でも日本でも想定外に人口が増えました。一方、仕組みは修正の限界を超えているのではないでしょうか。

ではどうすれば…

いま、切り札として注目している考え方がありますが、それはまた後日。

若者たちよ、おばちゃんはシステム思考が好きなのだ。今日の推測はどのくらい当たっているかい?

【ご案内】自分の専門分野できちんと通訳したい、でもいきなり通訳養成講座は敷居が高い…
そん方におすすめします。あのProgress in English 旧版6年分を1年半で俯瞰し「哲学」するハイブリッド講座です。
【プレ通訳道場★英語の土台徹底リノベwith Progress in English講座】

ホリスティックな学びはまるで〇〇〇?!

こんにちは。通訳藝術道場の冠木友紀子です。
冬らしい寒い日が続きますね。

この冬は地元のとても居心地の良いカフェ、きっちんぴいすさんでクリスマスの歌(讃美歌)を英語で歌う会を開きました。

採り上げたのは、「O Little Town of Bethlehem」。

数日後、オーナーさんにお目にかかると、「振り返るとなんだか不思議な余韻…」とおっしゃるのです。

室内、、「甲宇和司 税위) O little town of Bethlehem How still we see thee lie! Above thy sleep Thesilent stars go by. Yet inthy streets shineth dark The Thehopes evertasting Light; and tearsof Aremetitthee all the tontght years」というテキストの画像のようです

英語のリズムを体感するワークはあった。でも、英語をうまくしゃべることを目的としているわけではなかった。英語の歴史、語源にもふれたけれど英語の勉強ではなかった。英語で歌うヒントも示されたけれど、音楽の授業ではなかった。なんと呼べばよいのか…

自分でも思いがけない言葉が飛び出しました。

「赤ちゃんのお世話をする感覚なんです。」

はるか昔、妹の子守りをしていたときのことを思い出しました。

赤ちゃんをお世話する人は、赤ちゃんのすべてを見るでしょう。

おむつを替えるとき、お風呂に入れるとき、ごはんを食べさせるとき、皮膚だけ、ごきげんだけ、食べる量だけ見ているわけではない。表から裏からひっくりかえして、赤ちゃんのすべてを確かめたい、見たいでしょう。

赤ちゃんも、歌も、ひとつの枠に居着くと「出会えない」気がするのです。

確かに、一時的にひとつの枠に注目する効用もあります。
ただ、そこで止まっていては残念。やがてそれをどう自分の武器として利用してやろうか、なんてことばかり気になったりはしませんか(テストでいい点を取ることしか考えないとか)。

赤ちゃんをお世話するときに、子守りの姉が第一に自分のメリットを考えるでしょうか(まあ、父母の顔色を窺うこともあるでしょうが)。赤ちゃんに無心に尽くす。だって、自分のことなんかかまっている余裕はないから。それに赤ちゃんが無垢な信頼で応える。赤ちゃんの信頼を勝ち取るために世話をするのではありません。

そんな関わりが、学びにあってもいいと思うのです。

きっと、私はずっとそうだったのです。それが、リベラル・アーツの学び、ホリスティックな学びだと思っています。

試験勉強にはあまり興味がわきませんでしたが、損をしたとは思っていません。後悔もしていません。

通訳の準備もそんな気持ちでしています。

時代遅れかもしれません。

でも、世の中が赤ちゃんだらけに見えたら、何かが変わる気がするのです。

(もっか、文中の「赤ちゃん」を「猫」に置き換えたような暮らしです…。)

自分の専門分野できちんと通訳するための準備をしたい方に自信をもっておすすめします。あのProgress in English 旧版6年分を1年半で俯瞰し「哲学」するハイブリッド講座です。
【プレ通訳道場★英語の土台徹底リノベwith Progress in English講座】