東北人テスト?!と英語耳「あんだおらのごどあんだあんだ言うげっと」

しばらく前にFBで見かけた”東北人テスト”なる遊び。

『あんだおらのごどあんだあんだ言うげっと、おらもあんだのごどあんだあんだ言わねぇがら、もうあんだもおらのごどあんだあんだ言わねぇでけろよ、あんだ』

もうこれを見た瞬間、福島出身の友人Cはにやにやして一気に読み下ろし、周囲は爆笑。

「なにこれ、わけわかんないジャン!」という方は立派な浜っ子(浜通りではありません、横浜です)。文字は正しく読んでいるけれど何が言いたいのかわからない。なにか変。

さて、友人Cと浜っ子の違いは?

東北出身かそうでないか、ではありません。

ずばり、耳ができているか、いないかの違いです。

耳ができている、とは2つのことをさします。
①文字を目にすると自然に自分の中で音が聞こえてくる。
②ことばの音から自然にイメージを描くことができる。

このためにはまずその言語を音声でたっぷり聴くこと。目安は3か月以内に100時間くらい、その言語のネイティブが遠慮せずに話しているのを聴くこと。まあ1日1時間くらいですね。

初めて読む文章も頭の中でネイティブさんが音読してくれるようになったらしめたもの。タイヤに空気がしっかり入った自転車のようにスイスイ進み、上達します。

ところで、みなさんの英語はどんなあんばいですか?

“We do not read and write poetry because it’s cute. We read and write poetry because we are members of the human race and the human race is filled with passion. Medicine, law, business, engineering…these are noble pursuits and necessary to sustain life. But poetry, beauty, romance, love…these are what we stay alive for…” ( from Dead Poets Society and Apple iPad Air 2 AD)

たどたどしいのを「英語は外国語だからこんなもん」と思いこんでいませんか。耳ができていないだけのことですよ。 自転車はタイヤに空気を入れてから出発!

私はこのフレーズを見ると、ロビン・ウィリアムズの声が聞こえてきます…iPad Air2のCM見たときはうれしかったですねえ!

でも、聴きっぱなしでは実はタイヤ1個ぶんです。さて、そのわけは?

そんなことを中高の先生にお伝えしています。
耳声脳の科学と英語学習は次回9月開催
通訳の先生が味方、英語の先生のためのバイリンガルセミナー】
トップページにもどる
プロフィール

(©Touchstone Film, Apple Inc.)

 

 

 

住民投票Referendumと選挙Electionの違い?

いやー、びっくりしました。UKの住民投票(国民投票)、EU離脱票が多数を占めました。キャメロン首相はどれほど肝をつぶしていることでしょう。でも先ほどの会見は淡々として個人的に感情的になることがなく、さすがの品格。(おや、BBCではemotionalと言っている。)
”The British people have made a very clear decision to take a different path and as such I think the country requires fresh leadership to take it in this direction.”
こういう人を育てる土壌からして成熟しているのでしょう。リオ五輪に行きたいなんて泣いたりしないのです。10月まではお役目もあるようですが。

どうか漁夫の利みたいなことになりませんように。漁夫?あの漁夫ですよ。

BBC生中継はこちら

davidcameron

 

さて、身内の恥をさらしますが、通訳養成を履修している大学生にも住民投票と選挙の区別がついていない!なかなか優秀で努力家、自分に厳しすぎる彼女たちですらこの調子ですから、もしかして…とおせっかいをいたします。まあ、字を見れば明らかですよ…

【選挙】election

これは代表となる人を「選ぶ」から「選」挙です。「選」の部分はラテン語語源では「lect」の部分に当たります。「e」は「外へ」。代表者を選んで外へ送る、という動きが感じられます。

lect=選ぶを使った言葉はほかにももうご存知のはず。
セレクトショップの「セレクト」は…select=se「切り離して」+ lect「選び集める」。いろいろある商品から特別なものを選び出して並べたお店ですよね。
ネグレクトは…neglect=neg「…しない」+「選び集める」。ごみ収集車がうちの前の集積所だけ無視して走り去ってしまうところを思い浮かべてくださいな。

ほかにもcollect, intellectなどありますね。

【住民投票】referendum

住民投票という日本語はどうも英語のreferendumとニュアンスが違う気がしますね。だいたい住民投票と言えば選挙だって住民が投票するのだからややこしい。住民投票ではある事項について賛成か反対かを住民が直接表明します。人を選ぶのではありません。

referendumはre「もとへ」+fer「運ぶ、報告する」。ラテン語refereが変化した動詞状(受動態未来)分詞というへんてこなものです。あのイタリアの皆さんのご先祖様はややこしいものを使いこなしていたものです。頭の作りがちがったんでしょうなあ。

さて、reが指す「もと」は人々をさします。代表者の集まる議会を離れて、そもそも代表を送ったもとの人たち全員に意見を聴こうという発想。

reだのferだのを使った語はいやになるほど沢山あります。あんまり沢山あるので表で失礼。

re(元に向かって)  gress(歩く)
 press(押す)
 spect(眺める)
 cede (進む)
bel(戦争を起こす)
 con(ともに)  fer (運ぶ)
 re(元に向かって)
 trans(横切って)
 pre(前もって)
 dif (切り離して)
 sub(suf) (下に)
 ob(of) (向きあって)

ほかにもこんなのがあった!という方はどうぞコメントを。

外国語(英語)習得、通訳翻訳のご相談はこちらから

いよいよ明日 英語の先生のためのワークショップ
【通訳の先生は知っている★通訳トレーニングを中高英語に活かすコツ】

 

歩きイヤホン、両耳はやめたほうがいい理由

「いつも混んでるあの駅。乗り換えるだけでストレス!せめてお気に入りの曲を聴いて、自分空間は快適にしておきたい。」

…でも家に帰ると、なんだか首回りに疲れを感じたことはありませんか。

そんなあなたにちょっと試してほしいことがあります。音楽を再生せずにイヤホンだけ両耳に入れた状態で駅を歩いてみて。

どうです?どんな音が聞こえました?

コンクリートの床を靴底が蹴りつける音。駅の構内アナウンス、人ごみのざわめき。電車の警笛。体の中から響いてくるのは結構な大音量だったのでは?

これ、骨から直に蝸牛に伝わっている音なんです。鼓膜を通っていません。骨を通っているので、骨導音といいます。

ふだん耳に何もつけていなければ、外界の音は、骨導音という「リハーサル」のあと、鼓膜を通った音=「本番」の気導音として耳に届きます。

ところがイヤホンをしていると、骨導では足音や周りのざわめきの音が入ってくるのに、気導で入るのはお気に入りの音楽。おや?リハーサルと本番が別物ですね。

いくらお気に入りの音楽もリハーサルなしで耳に入ってしまうのでは不自然。知らないうちに耳に負担をかけることになりかねません。耳の穴は世界の響きと他者の声のために開いておいた方が自然です。

せめてイヤホンは片方だけにして、もう片方は解放してはいかがでしょう?短波聴いているオジサンみたい?たぶんオジサンたちはわかっていらしたのでしょう。

フランス語ネイティブの声があるのが定番。
フランス語ネイティブの声があるのが定番。

 

中身オジサンの私も電車の中では「片耳」でフランス語を勉強しています。「両耳」イヤフォンで自分の空間に閉じこもることはしません。ちなみにマスクは発音練習のため。家ではもちろんイヤフォンもマスクもなしです。

 

 

耳と目は連動しています。耳が楽になれば視線も上がる。よく見れば人ごみにも面白そうな人たちの姿が浮かび上がってきますよ。

気導と骨導の役割をトマティス聴覚発声メソッドの知見をもとにごく簡単な表にしました。

タイミング スピード 「主に」何を?
骨導 先=リハーサル 気導より速い 身体を通して自分を聴く
気導 後=本番骨導 骨導より遅い 空間を通じて世界、他者に聴く

週も半ば。Take good care of yourself and enjoy!

冠木友紀子 プロフィール

通翻訳レパートリー

英語ができれば子どもの将来は開ける?

「英語ができれば子どもたちの将来が拓けます!」

childcommunity
地域の大人と共に身体感覚を育むお嬢さん

なるほど。なにがどうなるかわからない世の中。子どもの将来にはできるかぎりの備えを整えてあげたい。だから小さいうちから英語を。

確かにね。その気持ちはわかる。小さい頃はなんでも驚くほど模倣しますしね。

でも、それが本当に自分のものとなるには日々の少しずつの積み重ねが必要です。継続は力なり、は科学的に証明されています。継続しなければ思春期前の2回のNeural Pruning(ニューロンの刈り込み)でさようなら、ですよ。痕跡は残るかもしれませんが。

将来が拓けるってどういうこと?

「いつ、どんな世の中でも社会の中で自分が人の役に立てることを見つけ、実践し続けたい」と願う心をもつこと。

もし、英語で将来を拓きたかったらプロを目指してくださいね。半端な日常会話では、ほかにどんな仕事を手にしていようと高が知れていますよ。8割のおしゃべりは担えても、肝心な2割は必ずプロの通訳の出番です。

その献身ぶりは自意識の鮮明な中高生にこそ響くようです。

志ある中高の先生方のご協力なくして後進候補は育ちません。
あと1名さま、おいでいただけます。

【残席1名】
通訳の先生は知っている★通訳トレーニングを中高の英語学習に活かすコツ

 

海外留学に備えて日本の文化を?

「日本にも海外からのお客さんが増えてきたし、夏には短期留学するし。そうだ、日本人なんだから日本らしいこと身につけなくちゃ。お茶?お花?」

海外に持って行ったことないなあ、なぎなた。
海外に持って行ったことないなあ、なぎなた。

やめときなさい。そんな魂胆で伝統の芸に近づくのは。

失礼です。
人生をかけてその道を歩むお師匠さん、そのお弟子さんに。
失礼です。
日本に想像を膨らませている海外の友人たちに。
にわか仕込みの真似事は、空港のお土産屋さんの化繊の浴衣みたいなもの。
そのままのあなたでいいじゃない。
今のあなたが面白いと思うことを面白いといえばいいじゃない。海外の友達も同じものが好きかもしれない。それってとてもうれしいこと。
結構日本では当たり前のことが珍しがられます。
コンビニのセルフサービスのコーヒーメーカー。安いのにおいしい立ち食いソバ。誰か見ているとしか思えない最先端の水洗トイレ。
これってあの国にもあるのかなあ、と思って過ごすと、なにも当たり前のものなんてありません。
(芸、道の先生たちへ  上記の魂胆のような勘違いちゃんが門を叩いたらチャンスです。本気で鍛えて、海外のことなど忘れて一生道に励むようご指導ください。そして、いつかその道の代表として海外から招かれたらなんと喜ばしいこと)

聴く、祈る、想う、歌う、通訳するのは同じこと。ICUイベント「聖なる聲」に寄せて

ICUらしいなあ。
ICUらしいなあ。

五線譜には書ききれない、身体から響く祈りの声。

「聖なる聲」はICU宗教音楽センターの
お二人の先生の発案によるイベント。
ICU教会にグレゴリオ聖歌、クルアーン朗唱、
ヒンディーの神々への讃歌、
そして真言宗の声明が響き合いました。
その響き、声の技法は
五線譜の世界を超えています。
五線譜に不満があるのではありません。
五線譜は視覚化した実数の世界。
五線譜の背後にある音そのもの、
虚数の世界、祈りの領域を忘れてはなりません。
 
これを忘れると宗教は戦いを生む。
通訳なら下手になる。
 
通訳が文字に残せる部分を正確に訳すのは当たり前。
上手な通訳は文字に残せない部分が豊か。
写本の世界の豊かさにびっくり。
写本の世界の豊かさにびっくり。

だって、徹底的に聴いているから。

言葉だけを聴いているのではないから。
文字にならない部分まで聴いているから。
 
これは通訳学校でいきなり身につくことではありません。
通訳学校で花開くのはそれまでの積み重ね。
それは日々少しずつ身体にしみこませること。
たとえば、朝に野鳥の鳴き声に耳をすませる。
仏壇にお経を唱えるお年寄りの声に耳をすませる。
讃美歌で一日を始める。
そして相当量の聖書、文学作品、楽曲を暗記、暗唱する。
(暗記っていうのは勝手に体から出てくる状態。
ええと、ええとって唸って思い出すのは暗記じゃなくて明記)
こうした土台なしに通訳学校に行っても、
月謝を払い続ける立場にとどまります。
各宗教祈りの歌の名手たち。お互いの声に気持ちよさそうに聞き入っていました。
各宗教祈りの歌の名手たち。お互いの声に気持ちよさそうに聞き入っていました。
nsおお聴く、祈る、想う、歌う、通訳するのは同じこと。

日々の小さな積み重ねがものを言う。 

今日マイクを握ったイギリス、アメリカ、
ウイグルご出身の方々が共通語として
美しい日本語を話されたことも新鮮でした。
「人はなぜ声を出して祈り、歌うのだろう。
きっと祈り、歌う声が含む響きをたよりに
自分を超えた次元を想わずにいられないのではないか。」
   ―ヒンディー音楽奏者でもあるベック教授の言葉

将来花開く通訳者のために。中高の英語の先生をお待ちしています。
【6月25日 土曜 無料・英日語開催セミナー】
通訳の先生は知っている★通訳トレーニングを英語学習に生かすコツ

あなたは友人の人生を無駄遣いしていませんか。

 

クライアントのために手に入れたい情報。英語でなければ読めない。でも読みたい!そうだ、あのひと英語ができるはずだった。海外に長く住んでいて日常会話も問題ナシ。よし、翻訳を頼んでみよう。

そんなふうに友人に翻訳を頼もうとしていませんか。

ちょっと待って。

頼む前に翻訳トレーニングの経験を確認してください。さもないとあなたは友人の人生を無駄にしかねません。

「英語が話せる」のと「英日翻訳ができる」のは全く別のこと。
日常会話のレベルはなんの参考にもなりません。

私たちも日本語が話せるからといってライターになれるわけではないでしょう?
きちんと理にかなった訓練を経た人たちのごく一部がプロのライターになるのです。ライターになれない人のほうがよほど多いのです。

「だってプロは高いから。」
「友人はアマチュアで時間もあるし、ご主人の収入があるから格安でやってくれるし。」

あなたは本当にその人の友人ですか?

同じ課題でもプロ養成を経ていない人はプロの5~6倍時間がかかるのです。

学生時代、私も英検1級を持っているというので翻訳を頼まれ、無邪気に引き受けました。ちゃんと出版されてお金も頂いたけれどひどく時間がかかった。20歳でも「この時間の使い方はおかしい」と思った。それを30、40代の友人にさせる気にはなりません。

プロが短時間で使うのは使っても消えないスキル。スキルのないアマは二度と戻らない時間を費やす。しかもあなたはお茶代くらいしか払わない。

あなたが知りたい情報が本当に社会に役立つものなら、それで友人から時間とお金を搾取したいとは思わないはずです。

あなたは本当にその人の友人ですか?

翻訳のご相談はこちらから

Subtle language barriers in Europe

Language barriers in Japan are so funny and obvious.
They do exist in Europe as well but in a very very subtle way.
I am afraid they may make it difficult for bothers and sisters in spirit to find each other.

What if more anthroposophists read French,
more French people read anthroposohpy in German,
more English speaking people read outside their language?

Surely anthroposophists, Tomatis community and INPP will find each other
with more ease and make a breakthrough.

日本にある言葉の壁なんてあからさまだからお笑い草。
ヨーロッパの言葉の壁のほうがよほど厄介。志通じる人たちの出会いがはばまれていると思う。(おせっかいな日本人だなあ)
もしシュタイナー関係者にフランス語できる人がもっといて、
フランスのトマティス関係者がもっとドイツ語できて、
英米人が英語以外何かできたら事態は違ってくるんじゃないかな。

 

View Bookshelf
View Profile

イースターはキリスト教じゃなかった?!

Happy Easter!
Happy Easter!

日本の季節行事に仲間入りしつつある復活祭、イースター。クリスマスやハロウィンと違って日にちが固定していません。春分(=彼岸の中日)後、最初の満月のあとの日曜日というややこしさです。それだけ自然のリズムに関係が深いのですね。今年は3月23日が満月なので、イースターも早めの27日でした。

さて、復活祭なのになぜ「復活」を意味する「リザレクション」祭り、「リバイバル」祭りでなくイースターと言うのでしょう。

よく律儀なクリスチャンの方は「日本は八百万の神や仏をごっちゃにしてけしからん」とおっしゃいますが、その言葉はそのまんま昔のキリスト教会にお返しいたします。そんな堅いことばかり言っていたらこれほど広く受け入れられているわけがありません。

イースターは昔むかしのゲルマン神話の女神、Eostre(つづりは色々)の祭りでした。最近では日本のゲームにも登場して「エオステル」という名前で出稼ぎしているようです。

エオステルは豊穣の女神であり、新しい命に満ちる春、多産のウサギ、無垢な卵はいかにも彼女にふさわしかったのです。ですから卵とウサギはイエス様の復活には何の関係もありません。日本なら別に団子とイノシシだっていいんです。

彼女の祝日は3月21日。お彼岸のお中日で、満月だの日曜だの言っているイエス様なんか待ってません。 ちなみに「エオステル」は「輝き」「東」を意味するそう。地上に生命力を吹き込むのは太陽の光、それも西ではなく東から差し込む光です。

ちなみにイースター島はオランダの方が復活日に見つけたというのでイースター島となりました。「オースト」リアはドイツから見て東なので「東の国」。「オーストラ」リアは「南の国」。ローマ神話の南風の神、Austerアウステルに由来します。アメリカのヤフー質問サイトでは「オーストリアとオーストラリアの違いは?」という質問があります。「オーストリアは中央ヨーロッパに位置し、他方…」と真面目な回答がいくつもあってちょっと笑えますが、語源ストーリーとして説明したものは見当たりません。

「外国語を身につけるには現地に暮らすべし」という人もいますが、それは目指すレベルによるのでは、と考える次第です。

英語教育の「なんだかなあ」を”場の量子論”で透視すると

経営を心をみがく道とするトータルゲーム。開発者の嶋崎喜一さんには言葉に尽くせないほど多くのことを教えていただきました。お金アレルギーのような初歩的な問題から、通訳者としての値決め、シュタイナー教育関係団体の健全経営ヒントなどなど。

今朝もフェイスブックで「虚数の情緒」(吉田武著 東海大出版会)という分厚い本をもとに、ワクワクするやりとりをさせていただきました。


 

【英語教育の「なんだかなあ~」を「場の量子論」 で透視すると!!~「虚数の情緒」より】

「経営を心を磨く道とする≪トータルゲーム≫」開発者の嶋崎さんよりシェア。嶋崎さんとは、ここのところ「虚数の情緒」という本をめぐってアンサンブルを楽しんでいます。

今朝のテーマは「場の量子論」。嶋崎さんのところに書いたコメントを加筆、再掲します。

============================
嶋崎さん:

場が生成・消滅させる、変幻自在なゲージ粒子(ボソン)、物質を形成する物質粒子(フェルミォン)、その間を仲立ちするヒッグス粒子(南部※・ゴールドストーン粒子)。どうやらこれら幾つもの素粒子達が、我々の複素的世界を形成しているようです。

※南部 陽一郎(なんぶ よういちろう 1921~ 2015年)、2008年にノーベル物理学賞を受賞した。日本の福井県福井市出身。アメリカ国籍の理論物理学者。シカゴ大学名誉教授、大阪市立大学名誉教授、大阪大学特別栄誉教授、立命館アジア太平洋大学アカデミック・アドバイザー。専門は素粒子理論。理学博士(東京大学 1952年)。

虚数に惹かれて不思議の源を辿ると、「場の量子論」に行きつきました。これについて著者吉田武氏は、深い想いを次のような言葉に託しています。

・・・・・・・「虚数の情緒」より抜粋・・・・・・・

中国,戦国時代の思想家である荀子は
『青はこれを藍よりとりて,藍より青し』
と言った。これは,藍からとった青色が,もとの藍よりも青いことから,弟子がその師よりも優れている事のたとえとしてしばしば用いられる。これを短く「出藍(しゅつらん)の誉れ」と言う。

現在我々が有している最良の物理理論である「場の量子論」は,量子力学を基に生れたにも拘わらず,量子力学自身のみならず,古典力学までも含む広大な枠組にまで成長し,更に加えて無限個の粒子の生成・消滅をも記述し得るのである。これぞ物理理論の「出藍の誉れ」ではなかろうか。

場の量子論の発展は,主に半導体などの固体物質の性質の解明を念頭に置いたものであった。然し,一旦その枠組が出来てしまえば,それに拘泥する必要は全くない。

現在の人類が所有する最良の理論が「場の量子論」なのであるから,それを考え得るあらゆる対象に当てはてみるのは当然の事である。

この様な考え方こそが,物理学の持つ最大の強みであり,個別の対象から離れて一般的な原理を探ってきた利点なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この言葉に力を得て、「場の量子論」を「情報処理」に当てはめてみることを試みます。これより後は仮説ですが、私なりに検証したものを「場の量子論」の力を借りて説明していきます。

冠木:

まったく同感です。私は「場の量子論」を語学にあてはめてみます。文系でなぶられて不要な悪者にされた「文法」と「音声」をつなぐ平面を見つけます。この二つは遠いものと思われていますが、観点を変えると隣り合っている、あるいは重なっているものです。

文法と音声を切り離したがる群れには2つあります。ひとつは学習プロセス理解不足のネイティブスピーカーです。身体的に無意識に体得した音声で言語をあやつる彼らはそこに内在する文法にも無意識です。もう一群は古い頭の日本人教員。文字言語として外国語にふれ、漢文的に読んで日本語に置き換えて「意味がわかった」とすることがしばしばです。文法を日本語への置き換えの暗号と勘違いし(これは翻訳でもない)、文法がもとの言語の音声を支えていることを実感できません。

神経学的にまったく異なるプロセスを「外国語学習」と同じレベルで呼ぶ彼らは話が通じません。

これでは若い学び手が気の毒です。頭のスイッチが入っているとつらい。

いまテレビ国会中継で遠藤大臣が「2020年の東京オリンピックに向けてグローバル人材を育成するために小学校から英語を」ですって。

以下、ちょっと私が言いたい放題なやりとりはこちらをクリックしてご覧ください。