バレンタインは「〇理」チョコで

もうすぐバレンタインデー。すごいですね、スーパーもデパートも駅のコンコースも臨時チョコ出店だらけです。

日本のバレンタインデーの起源は神戸のモロゾフだ、いやちがう、とか、誤訳のせいだ、とか諸説ありますが、長いこと、女子から男子にチョコを贈るという世界でも珍しいイベントでした。義理チョコなんていうのもあったり。でも、このごろは自分で食べるために買う人も多いそうですね。

2月14日はカトリックでは恋人たちと結びつきのある日ですが、別に女子→男子ではありません。一説によると、ヴァレンタインデーの由来である司教ヴァレンティヌスはローマのクラウディウス帝に迫害されても棄教せず、妻帯を禁じられていたローマ軍の兵士たちに結婚式を執り行っていたそう。こりゃ、絞首刑にされますな。

イギリスのリーズ大学の女子寮では、お互いに日ごろの友情を感謝する手作りのカードを交換しあったものです。お菓子はナシ。私は筆ペン習字と折り紙で、お金かかりませんでした。

さて、チョコを贈るならこちら、ドイツのゲパ社がおすすめ。本命でも義理でも「倫理」にかなうチョコです。

はじまりは、一昨年、輸入代理店のおもちゃ箱さん主催のブランドセミナーでの出会いでした。インドネシア出身のブランドマネージャーさんのお話に耳を澄ませ、通訳しながら、感激してました。

製造のどの部分をとっても正真正銘、誠実、まっとう、倫理的なんです。

ゲパ社は契約カカオ農家が現地の理に適った無理のない方法で栽培できるよう支援。トラブルがあると契約を破棄、ではなく一緒に問題解決にあたります。フェアトレード以上の条件で取引をし、長期にわたる信頼関係を大切にしています。カカオのみでなく、ナッツ、フレーバーにも同じ行動基準を掲げています。略奪に依存する金儲けとは無縁です。

大地からも人からも略奪せず、お互いを友として長く大切にする。私はそんなゲパ社が大好きです。お金を使うことが、ただモノの入手だけでなく、どこか遠くの誰かの応援、幸せにつながる。うれしい買い物です。

おもちゃ箱さん ゲパ ページ

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

シュタイナー関係の複数イベント同日開催はどうしたら?

「シュタイナー関係って同じ日にいくつもイベントが。」
「これじゃ人が集まるわけがない。」
「あれもこれも行きたいのに、ひとつしか行けない。」

お困りですか?さてどうしましょう。
みんなでスケジュールを共有して重ならないようにする?

ブー。

「あら、うちはそこの土曜日イベントがあるから、おたくは金曜日にして」
「おや、○○幼稚園さんが日曜にイベントあるから、うちは月曜にしよう。」

こんなやりとり成立するわけがない。

成立したとして、おんなじ面々が回遊魚みたいに見慣れた会場をうろうろするのって、どうでしょう?孤立して閉じた輪になるように思えます。

日にちをずらし合ってもどうにもなりません。無駄です。

やるべきことは2つ。

イベントはしずく。あなたの茎はなに?ちなみにこれはコリアンダー


①そのイベントに招きたい、痛みを和らげたい相手をしっかり絞る。想定外の人が来てもいいのです。イベントが誰にあてたラブレターかはっきりすること。相手のいないラブレターは気持ち悪い。

②オンラインとの組み合わせ。対面だけにたよらず、ふだんからオンラインを対面イベントの準備とフォローに活かすこと。対面とオンラインが両立しないイベントは軸があまいんでしょう。(どうしても単発でやりたいときは特別感を出せることを確認。)

そしてもうひとつ。私の個人的な項目ですが、そのイベントが、天にすでに描かれた大いなる計画を、わずかでも、できるだけ地上に写し取るこころみになりうるか思い巡らします。ここで違和感があったらストップ。

1年は365日しかない。週末は52回しかない。でも52回もある。連休も。

いくら重なってもいいのです。シュタイナー関係だけで見ているからシュタイナー関係同士で重なっていると錯覚する。サッカー、野球、町内会の新年会といくらでもイベントなんて重なっています。

あなたのラブレターの宛名は誰?

このごろ、あちこちのシュタイナー関係団体でご相談をうけます。今はとてもその時間はとれないけれど、もし、ウェブデザイン、紙モノデザイン、オンライン発信などの人財にめぐまれたら、そのときは、なんて思っています。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

「もろびとこぞりて」はJoy to the worldじゃない?

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

明日はクリスマスイブ。皆さんお気に入りのクリスマスソングはどれですか?

「もろびとこぞりて」も人気のようで。
この讃美歌について、友人のお嬢さん、高校生のSさんの質問に「面白い!」とうなりました!

Sさんはどうしても納得いかない、という様子でこう言うのです。「『もろびとこぞりて』って訳の日本語が英語と違いすぎます!なんでですか?」

英語とはJoy to the world…のことですね。

理由は2つ。
1.そもそも、別の詩なんです。
「もろびとこぞりて」は讃美歌の本をよく見ると書いてあるようにPhilip Doddridgeなる方のHark the glad sound! the Saviour comesという詩の訳、というか日本語版なんです。

112という数字の下にHark the glad sound!と書いてありまして…

つまり、Joy to the worldの訳ではありません。

えええ?

昔は曲と詞の組み合わせがキッチリ決まっていなかったのです。それで、ひとつ詞を複数の曲に合わせて歌うことがよくありました。

極端ですけど、「さくら、さくら」の曲にあわせて「チューリップ」を歌ってみてください。まあ、これはやりすぎですけれど。

ことに讃美歌は、新たな土地にうまくすべりこむため、民謡や愛唱歌に宗教的な詞をあわせることが多かったようです。

2.歌えてこそ訳詞。
「もろびとこぞりて」は原詩Hark the glad sound! the Saviour comesと比べても「日本語訳」にしてはだいぶ違います。

Hark, the glad sound! the Savior comes,
the Savior promised long;
let every heart prepare a throne,
and every voice a song.

諸人(もろびと)こぞりて 迎えまつれ
久しく待ちにし 主は来ませり
主は来ませり 主は、主は来ませり

もし、まじめな訳にしたら…歌えないでしょうね。

日本に讃美歌が伝えられ、日本人のために日本語版を工夫した先達はただ日本語訳したのではなく、英語を参考に、日本語であらためて詩を書いたのですね。

明日はJoy to the worldに描かれている花嫁、花婿のモチーフをご紹介します。

1月13日「春と修羅・序」で心の羅針盤をととのえるバイリンガル・ワークショップ

Please follow and like us:
error

落語家と通訳者に通じるプロ、アマの違い

中高大学から市井の大人まで、落語同好会は大人気です。うまい人もいます。でも、その人をプロの落語家と呼ぶことには違和感がありませんか?

いくらうまくて器用で、笑わせることに長けていても、プロと呼ぶのはなんだか違和感があるもの。

そう、プロとアマの違いは「入門」したか。あるいはしていないかです。自分を壊し、消し、手放したことがあるかないかです。

立川志の春さんも、著書「自分を壊す勇気」で書いておいでです。

弟子入りするなり、志の輔さんに「俺を快適にしろ」と命じられ、どうしたら志の輔さんが快適になるかと四六時中思い巡らした。アメリカ仕込みの自己主張はなんの役にも立たず、手放し、自由になったと。

通訳も同じです。

ところが、依頼する方はそんなこと知りません。

「英語が話せるんだから通訳もお願いできる?」こんなリクエストに善意のつもりでうっかり応えてしまうアマは、通訳の道に入門し、自分を壊し、消したことがありません。

過去の延長線上の足し算でなんとかなると思っている。ところがよくあるのは10の実力しかないのに20を求められ、せいぜい15しか実現できなくても、「頑張った」自分を誉めたくなる。

プロ通訳者はいったん自分を消し、1000000…の言語の世界に出会っています。だから、自分の100の実力など無に等しいと思っている。だから、20求められたときにちょっと気を利かせて50応えてクライアントの期待を超えても、それが何か?

通訳は言葉と心の道です。この道に入門するとは、いったん自分を壊し、消す覚悟をすること。

英語が話せる人、特にアメリカの影響を受けた人たちの自己評価の高さ、自己主張の強さ、根拠のない自信はむしろ邪魔になる。

現在の学校教育に自分を消す機会はありません。

剣道、そろばん、書道といった日本のお稽古の道にはその可能性がまだあります。

せめて、通訳の道もそのようにありたいものです…

混迷の時代を生きる心を調える、賢治の言葉
1月パトリック先生のレクチャー(冠木の通訳聴けます)&諏訪先生の言語造形

Please follow and like us:
error

文学はいらない?魂のこよみ第32週

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者、冠木友紀子です

もう文学はいらないのでしょうか。皆さんはどう思われますか?

つい先日も、先輩たちに「大学で英語を教えられる卒業生がいたら紹介して」とお願いしたら、2人から全く同じことを言われました。

「最近は誰も文学、語学系には進まない。語学力をつけたとしても 国際機関、外資で働いている。」

まるで、文学に進む者は世捨て人である、といわんばかりです。がっかり…。

熟れた実が地に捧げられ…

私はそうは思いません。

文学こそコピーライティングの永遠の流行の宝庫。新しい言葉を生み出す力の源。

「それなりに」英語を使える人はたくさんいますが、英語でコピーや歌詞を書けるひとがどれほどいるでしょう?

確かにこれまで文学教育は受け身に読むことばかりに傾いていたかもしれません。英文科卒の条件に詩作というアクティブな課題なんていいかも。

ルドルフ・シュタイナーの「魂のこよみ」も第32週。私にとって詩の翻訳はアクティブな瞑想です。

ドイツ語3行目のkraftendは名詞die kraft(力、熟練のわざ、など)からのシュタイナーの造語。名詞kraftから動詞 kraften を作り、それをさらに現在分詞kraftendにしたのです。kraftigという形容詞はあるのですが、シュタイナーはこれに満足しませんでした。もっと能動的で動きのある様子は現在分詞でなくては表せないと考えてこの語を作ったそうです。ドイツ語が生き生きと言語を形づくる力を失ってきたのでおのずとそのような語は作られなくなった、だから自分がやってみた、のようなことを語っています(GA299)。

Ich fühle fruchtend eigne Kraft 
Sich stärkend mich der Welt verleihn;
Mein Eigenwesen fühl ich kraftend
Zur Klarheit sich zu wenden
Im Lebensschicksalsweben.

私は感じる、自らの力が実を結び、
勢いを増し、私を世界に授けるのを。
私の存在には力がみなぎり
澄み切った境地で向かう、
人生の巡合せという織物に。

土に還れるエシカルビジネスのための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

留学帰りの専門家が翻訳で躓かないための2つのコツ

「留学して専門分野を学んできた。最先端の内容がわかっているのは自分だ。
ぜひ翻訳もして日本で広めたい。」

そう思うのはごもっとも。

ところが、読書会を開いたところ参加者の表情がいまひとつ…単語単位での言い換えが提案されガッカリ、ということはありませんか?、

決してあなたの専門分野理解に問題があったわけではありません。

単純なことです。専門分野での実力と、翻訳能力は別の話です。専門分野をよく知っているからと言って、翻訳ができるというわけではないのです。

自己流で翻訳しようとすると、実は自己流ではなく「古い学校流」に
しばられたままになりかねません。

「古い学校流」の英文和訳は「規範文法」に基づいて「書き言葉」をよしとしていたはずです。

「規範文法」とは言語の表現にはよしとされる規範が決まっていて、これにのっとって表現すべし、とする文法です。

ヨーロッパではラテン文法が長い事規範文法とされ、各国の言語の文法もラテン語の枠にはめられてきました。このせいでラテン語はわけわからん、文法は難しい、という誤解を招くことになりました。

日本の外国語教育でも規範文法的に書かれたテキストが普通だったので、規範文法を学校文法と呼ぶこともあります。規範文法の感覚でI love you.を訳すと「私はあなたを愛しています」となります。(こんなふうに日本語でコクられた人、いるんですかね。「あっそう、勝手にすれば」と答えたくなりますけど。)

この感覚で専門分野を訳そうとしていませんか?知らないうちに規範文法に縛られていたのではありませんか?

新たに意識してほしいのは記述文法と生成文法ですが、その詳細の代わりにすぐに心がけてほしいことを2つご紹介します。

①言葉は「ためしてガッテン」。
NHKのクイズ番組、ためしてガッテンでは「テーマ提示→問題→回答」とすすみます。言語表現もこれと似ています。

I 俺なんだけどさ
love 好きなんだ、愛してんだ、
you お前のことを

規範文法的な「日本語と英語は語順が違う」という思い込み石頭から自由になってください。さもないと、肝心な情報の順を狂わせて読者を船酔いさせることになります。

②陸の火山、海の火山
いくらクイズ番組式にしても、これではへんです。
John ジョンたらさ
gave くれたんだ
his bike 彼の自転車を
to his sister..彼の妹に

カレカレうるさいです。

言語は山のようだと思います。陸上に山脈をなしている山もあれば海面からちょこちょこ顔を出して群島をなしている山もあります。英語をはじめ西洋言語は山脈のようで、日本語は群島のようだと思うことがあります。日本語のほうが潜在的な部分が多いのです。ただ、潜在しているのであって「ない」のではありません。

だって…朝、娘さんが出かけに忘れ物に気づいて、お母さんに「ハンカチとってー!」と言ったら娘さんのハンカチが出てくるでしょう?「誰の?」とお母さんが訊いたり、お父さんのハンカチが出てきたりはしません。

外国語で顕在しているからといってぜんぶ顕在させたら、日本語としてはちょっと変になるわけです。

むろん、そうした差異を承知のうえで、新しい日本語を創るつもりで訳されるならご自由です。ただ、気づいていない縛りから自由になっていただけたらさいわいです。

近々、「通常業務に加え、通訳・翻訳もちゃんとできるスタッフになるためのオンライン講座」(仮題)はじめます。それにしてもひどいタイトル。もっといい名前ないでしょうか?

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

「ワーク」って仕事?勉強?シュタイナー「魂のこよみ」第31週に寄せて

ドイツ語祭り続行中の通訳者、冠木友紀子です。

こんなに短い詩に、しかも同じ語が何週も繰り返し登場するのに、毎回一週間うんうん唸っております。

それだけのことはあるんです。多読、乱読、速読では入れない洞窟で瞑想している気分です。

今回はdie Kraft, die Macht、そして das Werkが気になりました。英語で言えばcraft, might, work です。

die Kraft は「熟練のわざ、力」が語源。おお、クラフトって音も玄人と似てる、なんてダジャレです。 die Macht は「大きな力、可能性をはらんでいること」が元です。ありゃ、マッハトってこれはサンスクリットのマーハー、般若心経の出だしの「魔訶」と関係ないかしら、とアタマの寄り道限りなし。 そしてこの2語が女性名詞であるのも面白い、というか当然でしょうかね。いつかインドヨーロッパ語の語源と東洋の言語の語源をじっくり尋ねてみたいものです。

das Werkの英語のいとこ(?)はおなじみwork。仕事、労働、といってもlaborやtoilのこき使われてくたびれた感はありません。taskの人から指示された感もありません。ワークは自らの意志で取り組むことを指すんです。鳥が飛ぶように、魚が泳ぐように自然。そういえば、このごろワークショップってよくききますね。参加者が主体的にかかわりますもんね。シェイクスピアの作品、なんていのもShakespeare’s Worksといいます。

日本のみなさん、会社でも学校でも大いなる力に支えられ、喜び多い「ワーク」をなさいますように。

Das Licht aus Geistestiefen,
Nach aussen strebt es sonnenhaft:
Es wird zur Lebenswillenskraft
Und leuchtet in der Sinne Dumpfheit,
Um Kräfte zu entbinden,
Die Schaffensmächte aus Seelentrieben
Im Menschenwerke reifen lassen.

光は魂の深みより
外に向かう、太陽のように。
やがてそれは生きる意志の働きとなり
感覚の暗がりを照らす、
さまざまな働きが生まれるよう、
魂に衝き動かされた創造の諸力が
人の営みのうちに熟れるよう。

お粗末様でございました。おあとがよろしいようで。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

魂のこよみ、再出発

なんと前回の投稿はほぼ1か月前ではありませんか!

ありがたいことに、この1か月はてんてこ舞いでした。スマホからログインを試みたもののどうも目が疲れるばかり。手書き原稿ばかりたまっております。

その間、台風、大雨が続き…被害には心が痛みます。台風19号接近時、私は福島の浜通りにいました。夜中もTVニュースを消す気になれず、浜通りの河川、ついには阿武隈川の堤防が決壊する様子を呆然と眺めるばかりでした。

台風の巨大化には海面温度上昇が関係しているといいます。もう純粋な天災などないのかもしれません。

シュタイナーは「自分を知りたければ、世界をよく見てごらん。世界を知りたかったら、自分の内をよく見てごらん。」という内容のことを言っています。

激しい気象は私たちの心のうちの何を示そうとしているのでしょうか。

第30週

私の魂の陽光のうちに
思考の実りが熟れゆく。
自意識の確かさへと
変容してゆくあらゆる感情。
私は喜びにあふれ知覚する、
秋に魂が目覚めるのを。
冬は私のうちに
魂の夏を呼び覚ます。

Es spriessen mir im  Seelensonnenlicht
Des Denkens reife Früchte,
In Selbstbewusstseins Sicherheit
Verwandelt alles Fühlen sich.
Empfinden kann ich freudevoll
Des Herbstes Geisterwachen:
Der Winter wird in mir
Den Seelensommer wecken.

Please follow and like us:
error

忙しいのは心を亡くす!【シュタイナー・魂の旧暦?】

まあ、呆れたことでございます。

ドイツ語学び祭りと銘打って始めたルドルフ・シュタイナーの「魂のこよみ」訳、なんと2週間も遅れているではありませんか。

とにかく忙しかったのです。どれもよくぞこんな私を頼りにして下さったとうれしくなるお話ばかり。精一杯応援したいとねがい、そのようにしたつもりです。

ところが…第24週の魂のこよみの詩にガーン!

どんなに思いで相手の幸福を願っても、あまりに忙しいのは考えものです。

魂は自らを生み出しながら自らに気づく、とあります。

生まれ出る魂自らになんて気づくひまないよ!では黄色信号。生まれ出ずるものは深みに欠け、今日明日に喜ばれても、すぐに潰えることでしょう。

英国、ストラウドの秋の朝

それにしても、宇宙、や精神、は私の坂東者の腹にはおちないなあ。現代語古語類語辞典で調べても限界です。私は神道や仏教の日本語を知らなすぎるのですね。

Sich selbst erschaffend stets,
Wird Seelensein sich selbst gewahr;
Der Weltengeist, er strebet fort
In Selbsterkenntnis neu belebt
Und schafft aus Seelenfinsternis
Des Selbstsinns Willensfrucht.

みずからをつねに生みだしつつ
魂という存在はみずからに気づく
宇宙の精神は力強く励み
みずからを知ることで新たによみがえり、
魂の暗がりから生み出すのは
みずからを感覚するという意志の実り。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

台風で大変だっていうのに「魂のこよみ」23週

台風15号大変でしたね。関東、とくに千葉の皆さん、お疲れがたまっていることでしょう。くれぐれもご自愛ください。

私は聴覚と発声のパイオニア、トマティス・メソッド®の通訳で神戸にいたため、猛暑の晴天下で気をもんでおりました。

どちらにしても、日本の状況はこの週のシュタイナーの詩とぴったり、というわけにはいかないようです。今秋の詩は秋の静けさの中に冬のおとずれを予感しています。ヨーロッパと日本の違いなのか、気象変動のせいなのか…。気をつけてみると確かにかすかに秋らしさ、かなたに冬を感じられなくもないのですが。

今回も困りました。

秋の明るみのうちに冬の気配…?
Es dämpfet herbstlich sich
Der Sinne Reizesstreben;
In Lichtesoffenbarung mischen
Der Nebel dumpfe Schleier sich.
Ich selber schau in Raumesweiten
Des Herbstes Winterschlaf
Der Sommer hat an mich
Sich selber hingegeben.

ここです。5、6行目。
Ich selber schau in Raumesweiten
Des Herbstes Winterschlaf

英訳は「秋の冬眠」としているのですが、それって秋眠?
秋Herbstesはその前のRaumsweitenにかかるとは考えられないでしょうか。英語で言えばin wide space of the autumnてな感じです。

そうすると、目の前にある今の季節のなかに、次の季節がひっそり忍び込んでくる、というモチーフの繰り返しとしても自然では?と思うのです。

秋めいて鎮まる
刺激を求めていた感覚。
あらわな光のうちに混じる
霧の湿った帳(とばり)
私も目を留める、はるかに広がる
秋の内なる冬の眠りに。
夏はもう、私に
みずからを委ねた。

こんな構造を感じます。
1-2行 夏の終わり 
3-4行 明るさの中にくぐもり
5-6行 秋のうちに冬眠
7-8行 夏の終わり 変奏

英語は語順が決まっている、なんていうのは昨日今日の散文だけの話。韻文ではイメージと音を活かすためにとんでもない語順のオンパレード。それでも勘違いしないのは文法のおかげ。まあ、教科書みたいな散文ばかりでは文法も本領発揮せず、面倒なばかり。その妙味も楽しめないとは思いますが。

それにしても、私はドイツ語では新米。ドキドキです。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error