通訳になりたいなら、おすすめの学校

専門の情報誌をちらっと見ると書いてありますよね。大学で外国語を専門に学び、その後通訳養成学校に進むといいと。

確かに、そういう経路もかつてはメジャーでした。

私もはじめてサイマルの門を叩いて半年、ぐんぐん力がつくのを感じました。

でも周りを見ると、仕上がりがいかにも「通訳さん」なんです。

なにが違う…?

私がサイマルに助けてもらったのは、それまで持っていたものを結びつける訓練。「持ち物」そのものを足してもらったわけではないのです。

32年前のICU!

その「持ち物」は2つ。

リベラルアーツで文系、理系に偏らず「ものの考え方」を鍛えられたこと。いまは国際教養ナニヤラ学部がいろいろありますが、ニセモノがほとんどです。ホンモノは少人数で、教授と学生が生活を共にし、文理の壁がないこと。国際基督教大学では数学、物理学の美しさに驚嘆しました。私の生涯の学びのふるさとです。

もうひとつは、日本語を鍛えられていること。日本文学の古今の名作はもとより、新聞、理系の論文の文体、聖書、讃美歌の文体にも日々なじみました。これにはフェリス女学院中高に感謝します。世界は文理になどわかれていないことを叩きこまれました。高3の受験間際まで理科の実験を重ねました。牛の肝臓、ユスリカの染色体。

フェリス女学院中高はつまらない面倒見主義とは無縁の学校です。

通訳になりたいなら通訳学校、という考えはあまりに短絡です。AIに抜かされます。

まず人間として言語という文化遺産に仕える覚悟をしてください。ひとさまに通訳を頼まれるのはそのオマケです。

私が主催する通訳道場はこちら

Please follow and like us:

翻訳を磨くのは英和辞典じゃなくて…

みなさん辞書お持ちですか?電子?紙?

あ、電子派が多そうですね。

もしかして家庭の医学やビジネス法律関係の資料も入っている…?

でも、これは入っていないでしょう。
久々に紙の辞書を買って大満足です。
三省堂の「現代語古語類語辞典」。

通訳道場メンバーの悦子さんが教えてくれました。
いいもの見つけましたね~!!ありがとうございます。

私もこういうものをいつも探しているんです。

なぜって…皆さん、私の通訳の日本語表現に驚いて下さる。

振り返れば、その根は中高時代なんです。 文系、理系なんてケチなこと考えずに何でも学んだ。 自然科学、社会科学の日本語に触れ続けた。毎朝歌う讃美歌は文語。

そんな体験を、損なうことなく別の形で通訳を学ぼうという大人の方たちと分かち合いたい。なぜなら、出会った人たちの中にすでにある賢さ、宝が喜ぶはずだから。

(こういうもんだから覚えろ、みたいなことを我慢してると子どもの頃はいきいきしていた知性が昏睡、機能不全になるのです。)

この辞書は現代語が見出しになっていて、その見出し語の表現を上代から辿っています。日本語版超プチOEDのよう。 北欧の2つの昔話をハイブリッドにしたストーリーテリングの訳にも助かりました。

たとえば王子が馬で冒険の旅を始めて…
The prince rode for a long time, he rode for a longer time.

「王子は長い時間馬に乗った。彼はさらに長い時間乗った。」

学校の英文和訳ではこんなもんでもよしとすることがありますが、ダメですね。単語を単語に置き換えただけでなんの情景も見えません。

情景が見えない、というのは原文にあった文体のカテゴリが、日本語では失われたということです。

王子と馬が登場する情景を描くにはそれにふさわしいカテゴリの日本語が必要。

さて、程度を表すとき英語は時間(例 longer time)、日本語は空間(例「はるばる」)で表すことがままあります。あらいぐまラスカルの歌でも「ロックリバーへ遠乗りしよう」というフレーズがあります。でも、できれば「時間」で表したい。遠乗りじゃなくて「長乗り」、聞いたことあるけど、ほんとにあるかしら。

「馬」でひいてみると…ありました! さて、実際のストーリー訳がどうなっているかは近日発売CDブックをお楽しみに。

プロフィール

Please follow and like us: