オンライン授業を活かすには-中高生無料通訳道場より

おかげさまで新コロ臨時休校中高生限定無料オンライン通訳道場も4クラス7回は無事終了!

私こそ、朝に夕に中高生のはじける声を楽しみに、まことに健康的な毎日をありがとうございました。

元女子校の先生が初対面の中高生のみなさんに出逢って、オンライン授業の強み、弱みを改めて実感しました。そして2つ、思うことは…

話し手の頭の中の景色を聴き手の頭の中で再現するのが通訳

1.地域の縛りはいらない。
今回は北海道から和歌山まで、さまざまな地域から参加者が集まりました。北海道で雪が降っているときに和歌山はみかんが熟れる温かさ。「え、いま雪なの?」「そうだよ、いま見せるから」こんなやりとりができると天気予報の見え方も変わるものです。

2.学年の縛りはいらない。
急に決めたことだったので、その日時に集まれるメンバーで始めました。学年別でも志望校別でもありません。中1と高卒が一緒というクラスもありました。素材は中1の教科書に出てくるストーリーでしたが…すぐに通訳トレーニングで扱うのは上級生にも充分やりがいアリ。下級生は質問をし、上級生はすでに習ったことを下級生にプチ先生として答え…これ、同学年クラスではなかなか容易でないことです。

課題は、円になって輪唱などのちいさなコミュニティづくりの活動ができないこと。私のアプローチは脳化と逆行するのですが。

というわけで、新学期もオンライン授業にするなら、地域の学校ごとにまとまっているばかりではちょっともったいないですよ。そういう部分があってもいいと思いますが、神奈川の中学生が長崎の中学の授業に参加…なにが問題?そういう変化に富む体験を、地元の学校で分かち合おうではありませんか。

新学期も休校が続くようです。通訳道場、もっと通訳に焦点をあてた講座を中高生限定無料オンラインで1クール(6回)やるかしら、と思っています。

新コロ休校中高生限定オンライン無料通訳道場

Please follow and like us:
error

国産チーズパンフ英訳、翻訳の前に大事なこと

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

自動翻訳もずいぶん精度が上がりました。それでも翻訳者がやらねばならないことが1つあります。

新しい読み手を想像することです。ゼロから書く心づもりでいることです。
(もちろん分野によります。自然科学論文、文芸作品はこの限りではありません。)

考えてみれば当たり前のことです。言語を変えるということは、異なる読者層を対象にするということです。

共働学舎の宮嶋さんからのご紹介で、チーズプロフェッショナル協さんの国産チーズパンフの英訳を担当したことがあります。共働学舎のチーズ大好きな私には願ってもないお話。大いに張り切りました。

もとのパンフはすみずみまで工夫が凝らされた素晴らしいものです。チーズになじみのない日本人に向けて、多種多様なナチュラルチーズの製法と楽しみ方を紹介。チーズの専門家、有名人のインタビュー記事は国産チーズに親しみを感じさせます。生産者のインタビューは情熱にあふれ、思わず応援したくなります。

さて、最初のご依頼は「全部英訳」

ん???

ここで新読者確認です。

英語はあまりに世界で広く使われすぎています。誰でも読めるけれど、誰も自分宛てと思わない可能性も大です。英訳の難しいところです。宛名のないラブレターになってはもったいない。

依頼主に確認したところ、主にヨーロッパとのことでした。

そうなると日本人向けの丁寧な説明部分はかえって冗長、不要となります。ヨーロッパのみなさんは先刻ご承知ですから。チーズの専門家、有名人のインタビュー記事もあまり意味をなしません。かえって生産者の声がかすんでしまいます。

優しいイラストからはもうチーズが薫るよう!

生産者の声にしぼることになり、英訳を始めると…今度は生産者の「日本人向け」のメッセージが気になりました。

「おいしさの感度って他国と日本は違います。日本人はきれいな味が好き。だから日本人シェフたちの意見を聞きながら僕は雑味のない味を目指してきました。」

ごもっともです。日本の地に足をつけた見事なお仕事。ヨーロッパ輸入チーズの強い風味が苦手なひとでもおいしく楽しめるのはこういうたゆまぬ努力あってこそです。

でも、ヨーロッパの人たちにはこう聞こえませんか?
「日本のおいしさの感度は特別です。日本人はきれいな味が好き。他国はきたない味でもいいみたいだけどね。だから日本人シェフの意見を聞きました。他国のシェフのアドバイスきくと雑味のあるものができちゃうかもしれないからね。」

大げさかもしれません。でも、この生産者の方はこんないやな意図で話したわけではありません。ならば誤解の芽はできるだけ摘んでおきたい。そこで、誤解の可能性について依頼主に連絡し次のような修整を打診しました。

「おいしさの感度って地域それぞれです。日本人はどうも繊細な風味が好き。(そうした味づくりに慣れた)日本のシェフたちに相談しました。おかげで気になるいやな雑味のない風味が生まれました。」

するとすぐに協会と広告会社で話し合いがもたれ、これで行こう、ということになりました。迅速かつ柔軟な対応はさすが、とありがたく思いました。

また、日本のチーズを喜んでもらえるのは、ヨーロッパでも多数派の風味がしっかりしたチーズが苦手な人たちだということも見えてきました。(ヨーロッパの友人にいます。気の毒…)

英文はこのとおりです。
“Taste preferences vary from country to country and region to region.Japanese people tend to prefer subtle, delicate flavors. To acheive such flavors without any unpleasant distraction, I consulted with servera Japanese chefs.”

将来、納豆のねばねばと苦さが嫌いな日本人のために、ヨーロッパからさらっとして臭くないナッツのようなフレーバーの納豆がやってきたら面白いですねえ。

翻訳は新しい読者を想定して、ゼロから書くつもりで。人間だもの。

通訳道場★横浜CATSはこちら

Please follow and like us:
error

新型コロナウィルスによる集団精神疾患?

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

新型コロナウィルス騒動、落ち着くのはいつごろでしょうか。

どうもウィルスによる呼吸器疾患そのものより、社会全体が自家製の不安、恐怖、怒りの精神疾患にかかっているように見えます。これには当のCOVID19もびっくりでしょう。

集団精神疾患の一因は…「敵視」であると私は 考えます。

メディアでは昔のえへん虫のように、COVID19を悪者として描いたイラストをよく見かけます。ウィルスは本当にそんな顔をしているのでしょうか?本当に悪者なのでしょうか?

私はそうは思いません。

私たちがウィルスと適切な距離を取り損ねたのだと思います。

適切な距離さえ取れれば、憎み、恐れる必要などありません。手洗いやうがい、人ごみを避けるのもその方法でしょう。

人間は自分たちが症状に苦しむようになって初めて、新しいウィルスに気がついて、いきなり敵視をはじめ、制御をこころみる。

個人的には、なんだか違うなあ、と思っています。

「これさえなければ私たちは健康、幸せ」という敵視発想が20世紀のいろんな商売や戦争を盛り立てたのでしょう。

でも、そもそも違う。

内田樹さんは「修業論」のなかでこう書いておいでです。

「天下に敵なし」とは。敵を「存在してはならないもの」ととらえないということである。そういうものは日常的風景として「あって当たり前」なので、特段気にしないという心的態度のことである。(中略)
因果論的な思考が「敵」を作り出すのである。
自分の不調を、何らかの原因の介在によって「あるべき、標準的な、理想的な私」から逸脱した状態として理解する構えそのものが適を作り出すのである。

持続可能な未来に、因果にもとづく敵視はなじみません。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

翻訳の仕上げは自分とのタタカイだ!

ここ3日ほど自宅にこもって翻訳の仕上げをしています。こんなことしてていいのか、と焦るときもあります。でも途中で放り出したらゴミになる。

実は、イギリスのINPP神経生理心理学研究所のサリー・ブライズ所長のロングセラー、The Well Balanced Child「動いて育つバランスよい子」の翻訳がまもなく出版されるのです。

私はもともと外国語習得、通訳養成の身体的側面に関心がありました。頭だけ使うお勉強だけの英語教育などうまくいかないのは当たり前です。

人は感覚を通し、身体と心を動かして学ぶ。

このことをもっと理論的にしっかり学びたいと願い、文献やネットを頼りにINPPを見つけたのは2010年のこと。さっそく2011年年初から渡英して、英国、海外のみなさんと一緒にサリー先生ご本人から学んできました。論文試験もなんとか合格し日本人初の準修士と認められてはや9年が経ちました。

サリー先生の本は文も長く、学術的。これがイギリスの若い親御さんたちに人気とは驚きます。

それにしてもいま、こんな本はなかなか日本にない…

そこで、難しい本を、内容をゆがめずに読みやすくするべくギリギリの調整をしています。

英語では難しくない医学用語もそのまま訳したら日本語ではゴツゴツ難しくなってしまう。(これは明治維新以来の問題)ああ、でもどうしたら…

本なんて、日本語で4時間しゃべったらライターさんがまとめてくれる…なんて思ったらやってられないような作業です。

どこがどう読み飛ばされるかなんてわからない。でも、どこをどう細かく読まれてもよいように準備する。

子育てに悩むお父さん、お母さん、小学校の先生のお顔が晴れますように。そう願うことでせっかちでなまけものな自分をなんとかなだめています。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

地球が1年かけて再生できるエネルギー、今年はいつ使い切った?

こんにちは。持続可能な医療・農業・教育のための通訳者、冠木友紀子です。

さて、地球が1年かけて再生できるエネルギー、私たちは今年いつ使い切ったか知っていますか?

推計ですが、なんと世界全体で7月29日。

Global Footprint Networkより 

この日をアース・オーバーシュート・デイといいます。地球エネルギー使い切り日、とでもいいましょうか。

7月30日以降は将来の分を前借りしているのです。しかも今年ばかりではありません。1970年からずっと。あらっぽい計算ですが、もう10年先のエネルギーを使っているのではないでしょうか。使い込むほど地球の再生効率も下がるとしたらさらにまずいことです。

このことを教えて下さったのはドイツのユルゲンさんとケルスティンさんご夫妻。 先日おもちゃ箱さんのブランドセミナーで通訳をさせていただいたご縁です。

ケルスティンさんとユルゲンさん。ご創業の頃、日本はバブルに浮かれ…

お2人は30年余り前にドイツでソーダサン社を設立。環境破壊を少しでも食い止めるため、自然な洗剤づくりを続けています。

さて、通訳の仕事の8割は事前準備をして相手を知るべく努めること。今回も理念、社史、メディア露出、お客様の声、と十二分にリサーチしました。

そして当日を迎えると…ユルゲンさんがプレゼンで一層熱をこめるのは自社製品紹介よりも地球環境を語る時。
「みなさん、洗剤が生分解可能か気になさいますが、それは最後の一歩。そこに至るまでの原材料、調達方法、製法、働き方…すべてまっとうでなくては。今年、我々は地球が再生できる1年分のエネルギーを7月29日に使い切ってしまいました。ドイツなんかひどいものです。3月3日でした。日本のほうが少しましで3月29日。1970年からずっと次のお正月を待たずに使い切っているのです。こんな調子でよいわけがありません。なんとかしましょう。」

ソーダサンの製品を安くないという人もいます。でも、倹約、節約のつもりで安いものを買い、自分の手を荒し、環境を害し、子、孫の世代が困るとしたら…!

安いは高い、高いは安い。

ソーダサンを買うのは、ただ洗剤というモノを買うのではありません。環境、未来に対し倫理にかなった行動をとることでもあります。

きっとみなさんのご近所でも手に入ります。冬の手荒れに悩む前に、おもちゃ箱さんのサイトをご覧ください。

包装も再生プラスチック

持続可能な(土に還れる)エシカルビジネスのための通訳者・冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

私の嫌いな言葉「通訳者の『拘束時間』」

先日、聴覚発声メソッドのパイオニア、トマティス・メソッドの講座を通訳をしていたときのこと。休み時間に講師のフランソワーズ先生がこぼしました。

「トマティスの国際学会でも通訳探しにはほとほと苦労してるのよ。ぴったりの人が見つからない。事前準備不足で専門用語がぼろぼろか、ちゃんと準備してくれる人はエージェントが時間にうるさくて。5分の延長もその場でエージェントに連絡。そのやり取りに5分以上かかるんだから、もう。」

日本でもよくある問題です。特に後者。「拘束時間」なんていう用語さえあります。

私は「拘束時間」という言葉が大嫌いですし、使いません。和英辞典を引いても英語にこんな言葉はありません。

インド大使館つき武官の方の通訳。軍の規模を示す数字がずらずらずらずら…

仕事はひとさまに喜んでもらうこと。通訳の現場ではどうしたらもっと喜んでもらえるだろう、とばかり考えています。拘束されているなんて思ったこともない。そりゃ、勝手に現場を抜け出して地元で人気のラーメン屋さんなどに出かけてはいけません。でも、そんなことしようとも思いません。

まあ、2時間延長になるなら、ペース配分が狂いますから前もって知らせてほしい。

でも。2時間のびても拘束とは思いません。

だって、自分もプロジェクトの一員と思っているから。私が拘束されているなら、プロジェクトのみんなも拘束されている。そんな囚人集団で仕事がうまくいくものでしょうか?

みんながライフワークと思ってかかわっているのに、通訳者ひとりが拘束時間なんてケチなこと言うなんて、野暮ってもんです。

私は細かい時間をお金との関連で気にせずにすむよう、年間契約、プロジェクト契約を基本にしています。時間単位の単発もそれがベストの方法と思える長いお付き合いの方のみです。

通訳は疲労が激しいし、年間契約は難しい?

数時間の通訳で疲れるなら身体の使い方に改善の余地があります。生理学・芸術にかなう準備を整え、芸としての通訳ができれば、時間切り売りを卒業できるはずです。

そう望む通訳者の皆さんを全力で叱咤激励、応援します。

拘束時間なんてね、酔っぱらって留置場の虎となった折にでも使えばよろしいのです。

通訳者のための短期集中個別コンサルティング始めました。

Please follow and like us:
error

医療通訳は難しい?

ひょんなご縁でお引き受けした医療通訳のオンライン講座。無事初回がおわりました。2時間みっちりの講座は日本語から英語への通訳も含んでいます。

みなさん、とても真剣にがんばっています。揃って言うのは…「やっぱり用語が難しいです」

ん?それってどういうこと?

ものごとは細かく分けて見ることが大切。

難しいのは医療関係の英語か、日本語か?

それとも用語を覚えるのが大変なのか、用語からイメージがわかないのか?

どれもyes!かもしれませんが、重荷になっているのはそれぞれ後者では?

医療関係の堅い日本語からイメージがわかない。だから結果的に覚えづらい。(医療関係の英語は日常の英語とそれほどかわりません。)

医師の方たちならば、明瞭な専門用語のほうが現場とも結びついていてイメージもわく。 けれど、現場を知りようのない通訳者が英単語-日本語を対照して暗記しようとしても大変。

ここで「語学系の通訳者なもので…」と勝手に限界を決めてはいけません。通訳者が語学村の住人で事足りたのは前世紀の話。

あわてなければ大丈夫です。日々少しずつ積み重ねれば大丈夫です。

何を?

2つおすすめします。

1つめは、通訳者ならではのポイント。語源を調べましょう。

たとえば、肝臓-liver, hepaticなどと覚えるでしょう。じゃあ、肝臓ってどういう意味ですか?月(にくづき)+干(幹、の意)で、命の「幹」という意味があるそうです。カラダという樹を支える大きな幹が思い浮かびますか?あなたが思い浮かべた樹はどんな樹?欅?杉?

それが英語ではliver。これのもとが昔のドイツ語のleberだそうで。よほど「レバー」に近いですね。これがleben=生きる、に由来するそう。

洋の東西を超えて、肝臓を命の要と感じていたのですね。

ちなみに、酔っぱらいがお世話になる「ヘパリーゼ」でおなじみのhepat-はギリシャ語の肝臓の意。ギリシャ人が肝臓をどう理解していたかは諸説あり、しばらくお待ちくださいませ。

世の中は超高速で変化していますが、私たちの身体はそれほど変わっていません。なので、その名前には昔の人たちの見方、思いが結晶となって込められています。

どうか、一対一の単語つめこみ暗記で終らず、その奥深くの昔からの景色をお楽しみください。

2つめは、ひとつの全体としての身体のしくみを知ること。消化器系、神経系とバラバラに覚えないこと。そのためにおすすめなのがこちら、Functional Morphology. それぞれの臓器、系が現在の形となるまでの壮大な歴史を旅することができます。面白いから、感動して思わず覚えてしまいます。

日々、少しずつ楽しんで積み重ねてください。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者
冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

「医療・農業・教育」を通訳するなんてブレている?

なぜ持続可能な「医療・農業・教育」を通訳するんですか?違う分野でしょう?通訳さんは文系、語学系でしょう?ブレブレじゃないですか?

おお、よくぞ訊いてくれました。この時代、そう思う方は多いようです。

小さい頃から田舎育ちの私には、なんとなく想像がついたのです。この3つは、かつて教会やお寺に司られ、緩やかに連携しながら、牽制し合っていたのだと。

子どもが具合を悪くすれば、まずたっぷり寝かせる。年よりは死期をさとり、身内の者を呼び寄せて辞世の感謝をする。症状が悪くなってからそれを叩く強い薬をのむのではなく、元気なうちから自己治癒力を励ます薬草茶を飲む。新鮮な野菜を安く買おうとするより、庭で野菜を育てる。子ども達は勉強で点数競争するのではなく、他者を手伝うために頭をひねる。いつも景色のどこかにお寺や修道院が見えている。

神の退却と共に、いまやこれら3つが不安を煽る金儲けの暴走エンジンとなり人としての倫を超えたと思う場面もしばしばです。

ただ、それぞれの領域が単体になって、単純化したかと思うとその逆で。異常に込み入って見えるのです。まるで干物の鯵をバラしたようです。だから近代医療、近代農業、近代教育はそれぞれ単体でひとつの領域に見えるのかもしれません。

でもオーガニックな医療・農業・教育は生きた鯵のよう。泳ぐ姿には波の動き、鯵の体感まで共感できるよう。共通点が多いのです。生命プロセスが透けて見えるのです。

生命プロセスを感じる。これぞリベラルアーツ。

そのことに、はじめて満面の笑みで共感してくださる方に出会えました。ドイツのバイオマスボイラー関連企業のCEOの方です。

ボイラーも生きものですね、プロセスがありますね、というとニッコリ。「いままで通訳者から聞いた中でもっとも○○なコメントだ。もう安心だ。」と。

よかった、よかった。

ところで、ブレているかどうかって、見る側の視点の深さ、視野の幅広さにもよりますよね。なので私は天智神明から見れば常にブレていると思っています。他人をブレているなんて上から目線で責めるつもりはありません。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者
冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

通訳の先生がおススメ、中高生の参考書選び

市川学園といえば屈指の進学校。しかも、ここ数年自由で新しい取り組みが目白押しです。私も通訳養成や英語落語のワークショップを開いています。

先日、学園で立川志の春さんをお招きして念願の落語会が開かれました。これに合わせて校長先生が昨年の英語落語のメンバーを集めて再会の機会を作ってくださいました。

高3のYさん。なんだか静か。
「参考書や問題集ってどんなふうに選んだらいいんですか。」

狭き門より

思わずこう応えていました。
「これを書いた人に会いたいな、とあなたが思えるものがいいんじゃない?」

そんな選び方甘い?

いいえ、そんなことはありません。先生のおすすめやライバルが使っているもの、「〇〇大学合格一直線!」のような煽りぽいものに飛びつくのはカンタン。2、3冊ちらっと見れば買えてしまう。

でも、「この人に会いたい」と思える人に出会うのは意外と大変ですよ。書店の本棚ひっくり返すくらい手に取ることになる。でも、リアル書店はそのためにあるんでしょうけどね。

「手を動かし、心で感じる」ことをいつも大切にしてほしい。あなたの答えはあなたの手と心が知っているから。

“狭き門より入れ。滅びに至る門は広く大きい”-マタイによる福音書7章13節

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者―冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

AI時代に外国語、英語を学ぶ意味

いまの中高大学程度の英語力、へたな通訳、翻訳ならあっというまにAIで済むようになります。

それでも、外国語を学ぶことに意味があるとしたら…いや、私はあると思っているのですが…

人の話を外国語で聴くことで、心の避難所を作ること。

そもそも、私が通訳者として開眼したのはNHKの国際研修室。当時、結婚後転職した私学女子中高で「訳文をぜんぶ板書してくれる先生がすぐれた先生。それに比べたらあなたはただの外人」と言われ、退職を余儀なくされました。

居場所もなく、収入もなく、定期的に通えるところは心療内科とNHKだけでした。

普段は過去への後悔と未来への不安ばかりがエンドレズテープのように頭をぐるぐる。

「『あなたはうちの学校文化を知りませんね』と言われたとき、どうしてすみませんといったんだろう、どうして『もっと教えてください』と言わなかったのだろう。」「どうして、靴箱にいやがらせをされたときに、すぐに写真をとって総務部長に見せなかったんだろう。」

それが!

NHKの同時通訳講座でひたすらひとの聴いたらピタリと止まるではありませんか。

その清々しいことったら!

私は通訳トレーニングを通して「いま」に戻って来られたのです。

ふりかえってみれば、フェリス中高時代もそうでした。決して試験勉強、検定試験に関心があるわけではなく。先生にとっても優等生ではなかったと思います。でも、宣教師の先生の優しい慰めと励ましの英語が、心の糧でした。

本物で包囲してくれた母校。

私は耳がいいらしいので、周囲の叱りの日本語をそのまま覚えて勝手にリフレインしてしまう。それをアレンジして自分を責め続ける。

「なにをもたもたしているの。」「早く!」「また、要領が悪い。」「不器用ねえ。」

そんな悪循環がたまらないとき、あたまを宣教師の先生の英語の声で満たしていたんです。

なので、「英語を将来グローバルに活躍するためのツールとして明るく、ポジティブ」にすすめる人たちにはなじめません。波長が合いません。自己表現とか、自己主張とか、発信とか、別に二の次でいいんです。

外国語には涙が止まらないときにふっと息ができる部屋をひとつ作る力がある。

そんな部屋を用意したいと思うのは変でしょうか。

持続可能な社会のための通訳者、冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error