ホリスティックな学びはまるで〇〇〇?!

こんにちは。通訳藝術道場の冠木友紀子です。
冬らしい寒い日が続きますね。

この冬は地元のとても居心地の良いカフェ、きっちんぴいすさんでクリスマスの歌(讃美歌)を英語で歌う会を開きました。

採り上げたのは、「O Little Town of Bethlehem」。

数日後、オーナーさんにお目にかかると、「振り返るとなんだか不思議な余韻…」とおっしゃるのです。

室内、、「甲宇和司 税위) O little town of Bethlehem How still we see thee lie! Above thy sleep Thesilent stars go by. Yet inthy streets shineth dark The Thehopes evertasting Light; and tearsof Aremetitthee all the tontght years」というテキストの画像のようです

英語のリズムを体感するワークはあった。でも、英語をうまくしゃべることを目的としているわけではなかった。英語の歴史、語源にもふれたけれど英語の勉強ではなかった。英語で歌うヒントも示されたけれど、音楽の授業ではなかった。なんと呼べばよいのか…

自分でも思いがけない言葉が飛び出しました。

「赤ちゃんのお世話をする感覚なんです。」

はるか昔、妹の子守りをしていたときのことを思い出しました。

赤ちゃんをお世話する人は、赤ちゃんのすべてを見るでしょう。

おむつを替えるとき、お風呂に入れるとき、ごはんを食べさせるとき、皮膚だけ、ごきげんだけ、食べる量だけ見ているわけではない。表から裏からひっくりかえして、赤ちゃんのすべてを確かめたい、見たいでしょう。

赤ちゃんも、歌も、ひとつの枠に居着くと「出会えない」気がするのです。

確かに、一時的にひとつの枠に注目する効用もあります。
ただ、そこで止まっていては残念。やがてそれをどう自分の武器として利用してやろうか、なんてことばかり気になったりはしませんか(テストでいい点を取ることしか考えないとか)。

赤ちゃんをお世話するときに、子守りの姉が第一に自分のメリットを考えるでしょうか(まあ、父母の顔色を窺うこともあるでしょうが)。赤ちゃんに無心に尽くす。だって、自分のことなんかかまっている余裕はないから。それに赤ちゃんが無垢な信頼で応える。赤ちゃんの信頼を勝ち取るために世話をするのではありません。

そんな関わりが、学びにあってもいいと思うのです。

きっと、私はずっとそうだったのです。それが、リベラル・アーツの学び、ホリスティックな学びだと思っています。

試験勉強にはあまり興味がわきませんでしたが、損をしたとは思っていません。後悔もしていません。

通訳の準備もそんな気持ちでしています。

時代遅れかもしれません。

でも、世の中が赤ちゃんだらけに見えたら、何かが変わる気がするのです。

(もっか、文中の「赤ちゃん」を「猫」に置き換えたような暮らしです…。)

自分の専門分野できちんと通訳するための準備をしたい方に自信をもっておすすめします。あのProgress in English 旧版6年分を1年半で俯瞰し「哲学」するハイブリッド講座です。
【プレ通訳道場★英語の土台徹底リノベwith Progress in English講座】

Please follow and like us:
error

「先生」と呼ばれるなら〇〇算ではなく△△算を

こんにちは。通訳藝術道場の冠木友紀子です。

若い人たちから「先生」と呼ばれると、しゃきっとしますねえ。

私も以前は中高生から「先生」と呼ばれていました。いまも大学生、通訳道場の生徒さんからは「先生」と呼ばれています。私にとって「先生」って「生徒」を面白がってます、応援団長です、という意味ですが…もっと小さい子どもたちから「先生」と呼ばれる立場の皆さんはなかなか真剣なようです。

「さあ、しっかりしなくちゃ。」
「自分の学生時代はなにもアップデートしない教師たちにわけのわからない校則をで縛られた…だから、これからの子どもたちにはいい教育を提供したい。」
「ホリスティック教育の資格もとったから、ちゃんとやらねば。」
「最近は子どもの発達も話題。感覚統合や原始反射も学んで授業にプラスしたい。」(日本語で得られる小児科以外の原始反射情報はほぼINPPの剽窃です)

それは誰のため? こんなふうに思っていませんか?

「このひどい教育システムのなか、次はだれが担当するかわかったもんじゃない。せめて自分が担当している間はよいもので満たしたい…」

それは「先生」自身のエゴです。メサイア・コンプレックスです。メサイアではない自分を認められない心のくせです。

若いころに、親や先生にありのままを認められなかった、自然にのびのびとはしていられなかった、そんな思いをひきずっていませんか?

教育、educationの語源は引き出すこと、と言われます。しかし、ラテン語源学 としてはこれはガセネタ。引き出すこと自体余計なお世話。ほうっておけば抜ける乳歯をひっこぬいているようなもの。

もし子どもたちの可能性を引き出すことができるとすれば、それは不可測な「ノイズ」に満ちた自然の十八番。理想を言えば、10歳くらいまで子どもたちは野に、森に放っておくことです。ひとりで生き物を観察する、心もとないときは仲間と交流する…1年生から教室につめこんで無理やり教えていることなど、勝手に身に着けることでしょう。5,6年相当、10歳くらいから学校に通えば、だいたいのことは2年ですむでしょう。

いまの学校教育制度は発達がゆっくりな子どもには無理を強い、利発な子はひまにさせますが、互いの助け合いを促すのはうまくありません。それなら、それぞれ、自然の中で過ごした方がいい。

自然の中で過ごすのに比べれば、文科省一条校の教育だろうがナニヤラ教育だろうが、どんぐりの背比べ。(まあ、ナニヤラ教育のなかで授業という看板のもとで自然遊びをしているのは、まあ、なかなかやるな、と思いますが。)

というわけで、ゆめゆめ「いいことしたい」エゴでセラピー足し算をなさいませんように。子どもを教室で忙しくさせるだけです。子どもたちをあなたのセラピストとして利用しないように。

どうしても新しい要素を加えたければこっそり割り算なさいませ。

そもそも人が人を「教える」など不可能です。「先生」のお面をかぶろうとしてもすべて学び手はお見通し。

ただ「先生」がそのままでいる。生徒たちを「面白がる」。先生たちに面白がられる生徒たちはごきげん、元気です。

これで十分ではありませんか。

育ちのよい英語を教えたいなら、プレ通訳養成にもなるプログレスで英語の土台徹底リノベを

Please follow and like us:
error

休校中の子どもの勉強、学校の真似をしなくていい。

新コロ騒動の休校中、家で子どもの勉強を見なくてはならなかった方も多いことでしょう。

ご自分もリモートワークしながらであれば、大変な負担だったに違いありません。

学校に指定された単元を終えられていない。周りの子どもより進度が遅れているのでは。子どもが引け目を感じたらどうしよう。

大丈夫。急ぐ必要も、子どもを叱る必要もありません。指定の単元が終わらなくても、進度が遅れていても、全く心配いりません。大丈夫です。

私も中高の教員を20年ほど経験しました。不思議だったのは近代の学校教育はなにごとも1回やったら終わり!ということです。反復がないのです。それで身につく生徒はどのくらいいるでしょう。

こちらのビデオにもありますが、近代学校教育以前は、宗教が教育を担っていました。その中核は反復です。聖書、クルアーン、トーラー、お経をなんどもなんども繰り返すうち、わけのわからなかったところがわかるようになる、見落としていたことに気づくというふうに 自分が変わっていく、成長するのです。感覚が細やかになるのです。

反復なしにどんどん進むだけでは、感覚が荒いまま、ほぼダダ洩れです。身につくのは、退屈していても大人しくしている術くらいでしょう。

そんな教育方法を家で模倣する必要はありません。

では何をしたら?

古今東西の、繰り返すに足るものに取り組むのです。
百人一首、平家物語などを歩き、動きながら唱える。
なにか1曲、暗譜して演奏できるようにする。
ベランダの植物を毎日スケッチする。
科学者の伝記を音読、録音して自分で聴く。

新コロ騒動がおさまったら、発表会ができるものがいいですね。

ウィルス騒動はこれで終わりではないでしょう。私も通訳養成を活かした素材を何か作りましょうかね。

くれぐれもご自愛ください。

自然で美しい英語を保つプロナウンスーカギは湿度と周波数

Please follow and like us:
error