AI時代に外国語、英語を学ぶ意味

いまの中高大学程度の英語力、へたな通訳、翻訳ならあっというまにAIで済むようになります。

それでも、外国語を学ぶことに意味があるとしたら…いや、私はあると思っているのですが…

人の話を外国語で聴くことで、心の避難所を作ること。

そもそも、私が通訳者として開眼したのはNHKの国際研修室。当時、結婚後転職した私学女子中高で「訳文をぜんぶ板書してくれる先生がすぐれた先生。それに比べたらあなたはただの外人」と言われ、退職を余儀なくされました。

居場所もなく、収入もなく、定期的に通えるところは心療内科とNHKだけでした。

普段は過去への後悔と未来への不安ばかりがエンドレズテープのように頭をぐるぐる。

「『あなたはうちの学校文化を知りませんね』と言われたとき、どうしてすみませんといったんだろう、どうして『もっと教えてください』と言わなかったのだろう。」「どうして、靴箱にいやがらせをされたときに、すぐに写真をとって総務部長に見せなかったんだろう。」

それが!

NHKの同時通訳講座でひたすらひとの聴いたらピタリと止まるではありませんか。

その清々しいことったら!

私は通訳トレーニングを通して「いま」に戻って来られたのです。

ふりかえってみれば、フェリス中高時代もそうでした。決して試験勉強、検定試験に関心があるわけではなく。先生にとっても優等生ではなかったと思います。でも、宣教師の先生の優しい慰めと励ましの英語が、心の糧でした。

本物で包囲してくれた母校。

私は耳がいいらしいので、周囲の叱りの日本語をそのまま覚えて勝手にリフレインしてしまう。それをアレンジして自分を責め続ける。

「なにをもたもたしているの。」「早く!」「また、要領が悪い。」「不器用ねえ。」

そんな悪循環がたまらないとき、あたまを宣教師の先生の英語の声で満たしていたんです。

なので、「英語を将来グローバルに活躍するためのツールとして明るく、ポジティブ」にすすめる人たちにはなじめません。波長が合いません。自己表現とか、自己主張とか、発信とか、別に二の次でいいんです。

外国語には涙が止まらないときにふっと息ができる部屋をひとつ作る力がある。

そんな部屋を用意したいと思うのは変でしょうか。

持続可能な社会のための通訳者、冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:

気の毒なイヌノフグリにすてきな学名

幼いころから祖母、母と野山を歩いて育った私は、山野草の名前を知るのが楽しみでした。なかには日本と海外ではまるで違う意味の名前がついていて、視点の違いに驚くこともあります。ついつい誰かに話したくなります。

我ながら日本側の視点が「?」だったのがオオイヌノフグリ。初めて国語辞典なるものを手にし、オオイヌノフグリを引いたときの衝撃は忘れられません。どうしてあの愛らしい花がそう見えるのかびっくりしました。股間を凝視されていぶかしげに振り返る愛犬の顔も忘れられません。彼は小型犬でしたが。

まさか、海外でもそんな…

ええ、まさかdog testicleなんかじゃありません。

オオイヌノフグリはBuxbaum Speedwellのようです。Speedwellの語源は、speedのゲルマン祖語で「栄える、成功する」、wellは「十分に、たっぷりと」ですから、あっという間に繁茂する様子にぴったりです。

昔の人たちが、私たちと似たような景色を見ていたことを言葉で辿れるってちょっと面白いと思いませんか?

さて、このspeedwellのみなさんをまとめてveronica属といいます。このヴェロニカは、イエス・キリストが哀しみの道を十字架を背負ってゴルゴダに向かっていたときに、顔に流れる汗と血をぬぐう布を差し出したあのヴェロニカと言われています。(ジョルジュ・ルオーの絵、「聖骸布」が有名ですね。)

道端の野次馬群衆がイエスに罵り声をあげる中、手ぬぐいを差し出すのは真心ぶれない人ではないでしょうか。ヴェロニカ属の花ことばはfidelity「信」「まこと」「忠誠」「貞節」などです。

ヴェロニカ、信が「犬の…」とは。

こちらの写真は拙宅の庭に咲いているイヌノフグリ(花は赤紫)とタチイヌノフグリです。なんでもこれらのほうが日本には多かったのに、明治以降オオイヌノフグリが海外から入って来て優勢になったそう。

昨年来、芝生の「雑草とり」を極力やめて、5センチ刈りにしました。むろん除草剤は使いません。そうしたら、こんなふうに昔、野原で見かけた小さくて丈夫な草花が顔を出すようになりました。

道端でイヌフグリを見かけたら、Speedwell, Veronica, Fidelityを思い出してくださいまし。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子 プロフィール

Please follow and like us:

私が太らなくなったのは

それはある日突然、お尻に火がついてからのこと。

お尻といっても尾骨のことで…それからは足腰がほかほか足湯につかっているように暖かいのです。30年以上の冷え症もまるで前世の話。

出張でオーストリア、タイ、大阪でごちそうを頂き続けても、その日からまったく体重は増えません。ごちそう続きのサイクルに代謝が対応して、ホメオスタシスが保たれている感じです。

なぜこんなことに?

昨夏以来、通訳道場の生徒さんのご縁で、オステオパシーの通訳をお引き受けするようになりました。それを自分で体感するようになてからのことなんです。

オステオパシーを開発したのはアメリカの医師、アンドリュー・スティル先生。息子たちの脳膜炎に対症療法的投薬を施すものの次々死亡。近現代医学の限界を痛感します。

やがてまとめあげたメソッドは、身体が自分の仕事を思い出すよう働きかける精密でやさしい療法。漢方で言えば気血水の流れをとりもどす支援ともいえましょうか。

シュタイナー治癒教育で発達に心配のあるお子さんの相談先として推薦されるのもうなづけます。

実は通訳をお引き受けする頃、私は喉の不調に困っていました。火災サイレンをオフにして事足れりとするような対症療法ではなく、根本的に自分の健康に向き合いたい。そう思っていたところ、この講座はまったくどんぴしゃりだったのです。

お近くのオステオパスの先生のところに通って以来、玉ねぎの皮がむけるようにおだやかにひとつずつ忘れていた宿題を終えている気分です。

カラダは神様から一時借りている乗り物。お返しするまで手入れをするなら、私は国の保健でカバーされる医療に具合が悪くなってから飛び込むより、常日頃からオステオパシーのような方法を頼りにします。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子 プロフィール

Please follow and like us:

プロのクリーニング屋さんおすすめのナチュラル洗濯法

もうすぐ梅雨。乾燥器を使わない太陽光派はお洗濯が悩ましいところ。
洗剤も部屋干し用やら除菌やらいろいろです。

私は、今年は洗濯粉石鹸で乗り切ることにしました。

以前からどうにも落ち着かなかったのです。
日本人は1回着たら目に見える汚れがなくても洗濯機に放り込む。パワフルな合成洗剤と一緒に。洗濯機から出た水の生分解性は?川や海に過剰な負担をかけているのでは?

でも洗濯粉石鹸は、なんだか戦闘的な市民運動家のコワいおばさんが使っているイメージ。それに仕上がりはごわごわになる。そう思い込んでいました。

でもそれは30年前の先入観。洗濯粉石鹸も進化しているんですね!

コンビニで見つけたこの本をきっかけに洗濯石鹸を試してビックリしています。

クリーニング屋さんが教えます「家庭でできるカラダにいい洗濯術」茂木孝夫著

脱水後の洗濯物がすでに「自然でしなやか、おだやか」なのです。過炭酸ナトリウムを適温で使えば白物も真っ白。乾きあがりもふっくら!とにかく気持ちいいんです。

驚いたのは洗濯粉石鹸でセーターやスーツまで洗えてしまうということ。

梅雨入り前におすすめです。

いきなり洗濯粉石鹸はちょっと…という方には、ヨーロッパの液体せっけんをおすすめします。こちら、ソネットの洗剤は生分解性100%、冷たい水でもよく溶け、エッセンシャルオイルの香りも楽しめます。

明日は晴れるようですね。出勤前にカーテンを洗えるかしら。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者・冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:

敵などいない

なんであの程度のものが売れるんだ!
なんであんなものが常識としてまかり通っているんだ!

ホリスティックな医療や教育、オーガニック農業の仲間の
友からたびたび聞かれる悔しい思い。

自社の一時的利益最大化を求めて投入収奪の効率化を極めた多国籍大企業を見れば、そんなためいきもごもっとも。

でもね、彼らを敵視してはいけません。それは彼らではなく自分に負けるだけ。

それより、今日、すでに友である人を見出すこと。明日味方になってくれる人と連絡をとること。「一味」を少しずつ育てるしかないんです。それには時間がかかる。だから、今すぐはじめてまめに続けるしかない。

他者を非難しているひまはない。

私も以前はM社はとんでもない!と思っていました。今も思っています。でも…

あるとき、別のD社の副社長のJ女史の通訳を頼まれました。消費者と加工者のコミュニケーションを改善して食品安全技術への信頼を高め、食品の無駄をなくそう、というお話です。

Jさんはオードリー・ヘプバーンを成熟させたような可愛らしい方。昼食から講演会場への移動の道中も植物観察。道端のナガミヒナゲシやホトケノザに手をのばし、「なんてかわいらしい!まあ、ポピーに小さな仏様?日本の野の花は品がいいわ」と立ち止まってはため息をつかれました。

このJさん、M社の幹部として長く務められたとのこと。その頃のことを伺うと、遠くを見るような眼差しでなつかしそうに「人類と食糧のために尽くした」日々を語ってくれました。

いまでも私はM社には賛成できません。でもJさんのような個人の働きを否定しても仕方がない。

徒党を組んでM社に直談判?

それにも私は興味がないんです。

誰か、何かを「敵」と見なして否定、非難すること自体、自分を正義としたい自分に負けていると思うのです。愛をもって相手をいさめているのでもなければ。

でもね、私の常時品切れ気味の愛情は、まず友に捧げたいと思うのです。

原発を製造していたGE社も再生可能エネルギーに取り組む時代です。敵と味方の線引きはできません。友を大切にしよう。それだけです。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us: