〇〇は治癒の始まり

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

ここのところ新型コロナウィルス、インフルと病気の話題でもちきりです。そこで気になるのは症状を抑え込もうとする風潮です。

私は症状は身体がちゃんと働いている証拠、治癒の始まりととらえ、できる限りなすに任せています。そりゃ快適じゃありませんけどね。

たとえば普通の風邪。

やだ、熱が出てきた。
せきが出る。
だるーい。

日常通りに過ごしたければ「症状」はそりゃ邪魔です。 熱で頭がぼーっとしていたら仕事も進みません。コンサートでゲホゲホせき込むわけにもいきません。

でも症状は身体が必要で行っている「修理」のしるしです。せきやたんで異物を体外に出したり、発熱することで免疫スイッチを入れて体内大掃除をしたり。

それを不都合だからと抑え込むのは、陥没した道路を修理に来たおじさんたちに催眠ガス浴びせて工事を中断させるようなもの。いずれ大きなツケがまわってきそうです。

たまに工事の騒音や振動がひどくて二次的迷惑が大きすぎたり、人手不足で一向に終わりが見えなかったりすることもあるでしょう。

そんなときに助けてくれるのがさまざまな療法なのでは、と思います。音楽や絵画などの芸術療法、マッサージや鍼などの手技療法、薬膳などの食事療法…などなど。薬はこうした療法のひとつにすぎないはずです。

あくまでも主役は身体。

「そんなにのんびりしていられない」と多くの人が言うことでしょう。ただ、「明日までに薬で症状を抑えて何事もなかったように仕事に復帰」することを「治癒」とはき違えない方がよいのではないでしょうか。

頭でこしらえた予定に従う生活は直線的なクロノスの時間。身体の仕事ペースは頭ではわりきれない、めぐる自然のカイロスの時間。

「そうはいっても…」というあなた、その常識を疑ってみませんか。
私はクロノス時間で100まで生きてもねえ、と思うんですよ。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

WHO新型コロナウィルス情報を日本語で①コロナウィルスって何?

新型コロナ…?新型クラウン?懐かしい車を思い出してしまいました。あれ?トヨタはコロナとクラウンを両方持っていた?同じ王冠って意味でしょ?不思議ですねえ。

まあメディアを見ていると「蔓延」「不安」などセンセーショナルな言葉が飛び交います。でも「自分でできること=健康維持+無敵の思想(これ大事、別稿にて)」と「確かな情報」をもとに心静かに過ごしたいものです。

そのためにも頼りになるのがWHOやCDCの情報のはずですが、WHOのサイトは日本語訳が用意されていません。 ビデオは字幕を受け付けてもいません。

そこで、まずは2回にわけてWHOのビデオに簡単な日本語訳をおつけします。WHOには字幕のオファーをしたのですが、返事はまだです。著作権蹂躙の意図は全くありません。問題があれば教えてください。

2回に分けるのは長くなるからです。お役に立つ部分は後半に集中しています。次回(明日)お楽しみに。

【前半字幕】
2019年12月、中国で一群の肺炎患者が見つかりました。調査すると原因は未知のウィルスでした。 今ではCOVID2019と呼ばれています。

本ビデオではこのウィルスについて現時点での理解を手短かに紹介します。 ただこのウィルスは新しいので、 見解も先々変わりうることをご承知おきください。

コロナウィルス群はウィルスの群れとしては大きく、 中核に遺伝形質があり、 そのまわりの皮膜にはタンパク質のスパイクがついていて、 王冠のように見えます。

王冠をラテン語で言うとコロナなのでコロナウィルスと呼ばれます。コロナウィルスもさまざまですが呼吸器、ときには消化器に発症します。
呼吸器症状はよくある風邪から肺炎などがあり、ほとんどの場合軽度です。

ただ、重症化するものもあります。

SARS(重症急性呼吸器症候群)のコロナウィルスが初めて特定されたのは2003年、中国でのこと。MERS(中東呼吸器症候群)のコロナウィルスは2012年、サウジアラビアでのことでした。

COVID2019が初めて見つかったのは中国の肺炎患者においてでしたが、この人たちは魚介と生きた動物を扱う武漢の市場に縁がありました。やがてこの病気は体調を崩した人々から家族、医療関係者へと広がりました。いまでは患者も増え、病気も中国国内はもとより多くの国に広がっています。

いったいこのウィルス、どこから来たのでしょう?わかっているのは、コロナウィルスは多様な動物たちの間を巡り、ときには動物から人間にジャンプするということです。これはスピルオーバー(あふれ出し)と呼びます。要因は、ウィルスの突然変異や人間と動物の接触増加などさまざまです。たとえば、MERSコロナウィルスはラクダから、SARSコロナウィルスはジャコウネコから、と言われています。COVID2019の源がどの動物かはまだわかっていません。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

旅先の洗濯、おすすめはマグネシウム

旅先での洗濯に困ったことはありませんか?

私もそうです。通訳で出張するたび、国内外を問わず洗濯には困りました。

洗濯しないですむよう沢山の衣類を持ち歩くより、少しずつ洗濯しながら身軽でいたい。使った靴下や下着をいつまでもそのままにしておきたくない。

でもホテルのクリーニングはちょっと不安で割高。携帯用の洗濯洗剤は手洗いには多すぎるし、すすぎが大変。ホテルのボディーソープはなんだか心もとない…

そこで今使っているのは、地元の自然食品やさんで見つけたマグネシウム。

昨日、NHKでも紹介されて話題になっているようで。

普段、家の洗濯機で3個使っていますが、しばらく洗濯機を眺めているとぞっとするほど水が汚れてきます。出張にはこれを1つだけ持ち出します。

マグネシウム洗剤、まぐちゃん。レモンはサイズのご参考の為。

しくみは、マグネシウムが水と反応すると水素が発生して、界面活性剤の役割を果たすというもの。化学式で書くと、2H₂O +Mg→Mg(OH)₂+H₂のようで。

なによりすすぎが楽、柔軟剤もいりません。水質も選ばないようです。先日もブータンの水で満足な洗濯ができました。

まぐちゃんのサイトはこちら。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

O Holy Night★自然に歌うコツその2

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

いや、びっくりしています。O Holy Nightの人気。私も去る土曜、母校同窓会のクリスマス礼拝でOG合唱団の一員として奉げてきました。

O Holy Nightの歌詞日本語訳をブログで英語の勉強ついでに発表している方も少なくありません。便利な時代、発信力さえあれば、中身の質は別として発表できるようになりました。添削、批評を受ける機会をみずから設けたつもりならよいのですが…文化、宗教の背景、語源のしぐさなどをふまえないものは要注意です。

私はこうした背景のすべてをふまえて訳語を選んでいます。対訳のみではどうしても不十分なので、注を楽しめる書式でキンドルでご案内しますね。

さて、今日は1番の部分、自然に歌うコツを1つお伝えします。ずばり、母音でつなげて歌うこと。スターズ アーや、イットゥ イズ、ナイト オヴ アワとぶつ切りにしないことです。

これはなにも小手先のワザではありませんで…「息を相手に届け続けていれば、自然とつながる」のです。

日本人の西洋言語が聞きにくい、とされるのは息の到達距離の違いも関係しています。英語の歌の場合、たとえば1.5-2メートルくらい先まで息が届き続けるイメージをもってください。単語ごと、フレーズごとにひょこひょこひっこめないことです。

以下、母音で続けるといいところを太字にしておきます。

O holy night the stars are brightly shining
It is the night of our dear Saviour’s birth
Long lay the world in sin and error pining
Till He appeared and the soul felt its worth
A thrill of hope the weary soul rejoices
For yonder breaks
A new and glorious morn
Fall on your knees
O hear the angel voices
O night divine
O night when Christ was born

【臨時特別ワークショップ1月13日】英語で味わい、自分の声で体感する宮沢賢治「春と修羅 序」

Please follow and like us:
error

ボジョレー(ボージョレ)・ヌーヴォー 空輸のコストは?

学び続けたいなら、ひとさまのお話を伺うことです。

私が週に3回楽しみにしているのは、通訳道場卒業生限定の朝活。毎回参加者のみなさんの話題提供に大いに学んでいます。

今朝の話題提供は千葉のYさんの通称ボジョレー・ヌーヴォーにまつわる随想です。

なんでも、乱痴気バブルの4割に減った日本の輸入量もまだ650万本に登るそう。10年ほど前はその初荷の空輸の温暖化ガスに警鐘を鳴らす記事も書かれたとか。いま、その記事は見つからず…

どなたか、見つけられたら教えてください。

私は醸造酒こそ、その地域の医食同源を担うと考えています。あわててボージョレ・ヌーヴォーを呑む事には関心がありません。お酒を地元の人の需要を超えて売る、値段をつりあげるのは疑問です。

よっぽどどぶろくを解禁した方がよいのでは?

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

宮城の親方たちに見た「学び上手は手放し上手」

オーストリアから 初来日した 地域熱供給を実現する エンジニア講師陣。特別仕様のパイプ敷設トレーニングのために宮城を訪れました。私も通訳として密着同行しました。

宮城で教わるのはこれまたベテランエンジニア。オーストリアと日本では工法も道具も違います。どれほど抵抗されるかと思いきや…

大ベテランの大将こそ、赤ちゃんみたいに柔軟なんです。

「うん、わかった。この5日はこの外人さんたちが先生だな。
わざわざ来てくれたんだもんな。ひととおりぜんぶ教わろう。」

それまでの経験と知識、スキルをすべていったん脇に置きました。

そして5日経ってみると…いったん手放したはずのすべてが、自然と新しい学びに馴染んできたというのです。

どういうこと?

親方たちは従来の観点を脇において、新しい体験を受け入れ、新しい視点を得た。すると、従来の経験、知識、スキルにもこれまで見えていなかった新しい面が見えてきた。それが、新しい方法とよくなじむようになった。

従来のものを従来の目で見ていては足し算の世界にとどまります。

「あ、これ俺やったことある。○○と似ていますよね。日本にもありますよ。」

自分の過去の経験から類似するものを探し、「古い自分」に新しい方法をなじませようとする人もいます。でも、ね…推して知るべし。

古いものはいったん失われたように見えても、新たな視点により、甦るべきものは甦る。大ベテランの大将はこんなこと、何度も経験して先刻ご承知だったのでしょう。

プロ通訳者も同じことです。通訳学校を出ればいっちょ上がりではありません。日々、小さな死と再生を繰り返す。学びって掛け算です。

宮沢賢治の世界をアメリカ人日本文学研究者と読み解き、言語造形で体験する講座はこちら

Please follow and like us:
error

通訳レポート★え?タンポンで死ぬ?!

土に還れるエシカルライフを応援する通訳者、冠木友紀子です。先日イギリスのオーガニック生理用品メーカー、ナトラケア社のスージーさんの通訳を担当しました。プレゼンで出たお話に会場の取引先の皆さんもびっくり!タンポンで死ぬなんて、まさかないと思うでしょう?

これまで、何百人もの女性が毒素性ショック症候群で亡くなっているのです。

昨年、2018年もカナダの女子高生が一泊学校旅行で亡くなっています。


というのも、8時間も交換不要と書いてあるプラスティック製超吸収体。ついついうっかり長時間交換せずにいると…

ふだんは何も悪さをしない常在菌の黄色ブドウ球菌がアンバランスに増えることがあるんです。それが生理の血をさかのぼって体内を巡ったら…

80-90年代のアメリカでは何百人もの女性が毒素ショック症状で落命しています。

みなさまも生理中のちょっとした風邪のような症状を軽く見過ごしますな。そして、ご愛用品の素材の風通しを見直してくださいね。できれば、ご近所に気軽にかかれる婦人科のお医者さんを探してください。婦人科の先生こそ女性のGPでは。

土に還れるエシカルライフのための通訳者 冠木友紀子

Please follow and like us:
error

「クワイ河収容所」バイリンガル読書会はまるで…

「クワイ河収容所」は元英連邦戦争捕虜のアーネスト・ゴードンさんの手記を、我が恩師、元ICU名誉教授の斎藤和明先生が訳されたもの。その手記と日本語訳を並べて読み進み、語り合い、聴き合おうという贅沢な読書会。

ねらいは2つ。目に見える戦争の記録から、いまもここにある目に見えない戦争に気づくこと。既成概念を軽ーく越える和明先生の英日翻訳のコツを学ぶこと。

初回はゴードンさん、和明先生が招いてくれたとしか思えないメンバーが集まりました。もちろん、ゴードンさん、和明先生もご一緒くださった気がしてなりません。

第一章、第一段落の日本語訳出だしを読んだEさんが言いました。

「やられました。もう、出だしで。だいたい翻訳ものは出だしでその後が推して知るべしです。でも、これは次の文、またその次と読みたくなります。」

それは…ここを訳したもの。みなさんはどう訳しますか?

I was dreaming, and I was happy with my dreams.

普通に訳した一例としてはこんなものでしょうか…

「私は夢見ていて、私は夢のことで幸せだった。」

和明先生は、もちろん全体を何度も読んでのうえで、こう訳されています。

「夢を見ていた。夢を見ていれば幸福であった。」

英語の代名詞をいちいち訳すな、とは通訳道場でもいつも言っていること。英語では顕在する代名詞は日本語では「ない」のではなく潜在します。

こんなのは序の口。

X above YといえばYの上にXと教わりますね。本当にそれだけでしょうか。これは次回。

英語を学ぶときに和訳を参考にすることはどこかやましいズルをしている気がしませんか。その和訳の味わいはいまいちで、ああ、この語が英語のこれなのね、と確かめる。もとの英文の語りの姿を再確認するまではいかない。中高生はそんな和訳の使い方をしていませんか。

でも、ゴードンさんの英文と和明先生の日本語訳は二枚看板。東大寺南大門の二体の金剛力士像のようでした。

次回は8月4日 横浜山手地区にて。人数に限りありますので、ご関心おありの方はお早めにお問合せください。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

医療通訳は難しい?

ひょんなご縁でお引き受けした医療通訳のオンライン講座。無事初回がおわりました。2時間みっちりの講座は日本語から英語への通訳も含んでいます。

みなさん、とても真剣にがんばっています。揃って言うのは…「やっぱり用語が難しいです」

ん?それってどういうこと?

ものごとは細かく分けて見ることが大切。

難しいのは医療関係の英語か、日本語か?

それとも用語を覚えるのが大変なのか、用語からイメージがわかないのか?

どれもyes!かもしれませんが、重荷になっているのはそれぞれ後者では?

医療関係の堅い日本語からイメージがわかない。だから結果的に覚えづらい。(医療関係の英語は日常の英語とそれほどかわりません。)

医師の方たちならば、明瞭な専門用語のほうが現場とも結びついていてイメージもわく。 けれど、現場を知りようのない通訳者が英単語-日本語を対照して暗記しようとしても大変。

ここで「語学系の通訳者なもので…」と勝手に限界を決めてはいけません。通訳者が語学村の住人で事足りたのは前世紀の話。

あわてなければ大丈夫です。日々少しずつ積み重ねれば大丈夫です。

何を?

2つおすすめします。

1つめは、通訳者ならではのポイント。語源を調べましょう。

たとえば、肝臓-liver, hepaticなどと覚えるでしょう。じゃあ、肝臓ってどういう意味ですか?月(にくづき)+干(幹、の意)で、命の「幹」という意味があるそうです。カラダという樹を支える大きな幹が思い浮かびますか?あなたが思い浮かべた樹はどんな樹?欅?杉?

それが英語ではliver。これのもとが昔のドイツ語のleberだそうで。よほど「レバー」に近いですね。これがleben=生きる、に由来するそう。

洋の東西を超えて、肝臓を命の要と感じていたのですね。

ちなみに、酔っぱらいがお世話になる「ヘパリーゼ」でおなじみのhepat-はギリシャ語の肝臓の意。ギリシャ人が肝臓をどう理解していたかは諸説あり、しばらくお待ちくださいませ。

世の中は超高速で変化していますが、私たちの身体はそれほど変わっていません。なので、その名前には昔の人たちの見方、思いが結晶となって込められています。

どうか、一対一の単語つめこみ暗記で終らず、その奥深くの昔からの景色をお楽しみください。

2つめは、ひとつの全体としての身体のしくみを知ること。消化器系、神経系とバラバラに覚えないこと。そのためにおすすめなのがこちら、Functional Morphology. それぞれの臓器、系が現在の形となるまでの壮大な歴史を旅することができます。面白いから、感動して思わず覚えてしまいます。

日々、少しずつ楽しんで積み重ねてください。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者
冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

「医療・農業・教育」を通訳するなんてブレている?

なぜ持続可能な「医療・農業・教育」を通訳するんですか?違う分野でしょう?通訳さんは文系、語学系でしょう?ブレブレじゃないですか?

おお、よくぞ訊いてくれました。この時代、そう思う方は多いようです。

小さい頃から田舎育ちの私には、なんとなく想像がついたのです。この3つは、かつて教会やお寺に司られ、緩やかに連携しながら、牽制し合っていたのだと。

子どもが具合を悪くすれば、まずたっぷり寝かせる。年よりは死期をさとり、身内の者を呼び寄せて辞世の感謝をする。症状が悪くなってからそれを叩く強い薬をのむのではなく、元気なうちから自己治癒力を励ます薬草茶を飲む。新鮮な野菜を安く買おうとするより、庭で野菜を育てる。子ども達は勉強で点数競争するのではなく、他者を手伝うために頭をひねる。いつも景色のどこかにお寺や修道院が見えている。

神の退却と共に、いまやこれら3つが不安を煽る金儲けの暴走エンジンとなり人としての倫を超えたと思う場面もしばしばです。

ただ、それぞれの領域が単体になって、単純化したかと思うとその逆で。異常に込み入って見えるのです。まるで干物の鯵をバラしたようです。だから近代医療、近代農業、近代教育はそれぞれ単体でひとつの領域に見えるのかもしれません。

でもオーガニックな医療・農業・教育は生きた鯵のよう。泳ぐ姿には波の動き、鯵の体感まで共感できるよう。共通点が多いのです。生命プロセスが透けて見えるのです。

生命プロセスを感じる。これぞリベラルアーツ。

そのことに、はじめて満面の笑みで共感してくださる方に出会えました。ドイツのバイオマスボイラー関連企業のCEOの方です。

ボイラーも生きものですね、プロセスがありますね、というとニッコリ。「いままで通訳者から聞いた中でもっとも○○なコメントだ。もう安心だ。」と。

よかった、よかった。

ところで、ブレているかどうかって、見る側の視点の深さ、視野の幅広さにもよりますよね。なので私は天智神明から見れば常にブレていると思っています。他人をブレているなんて上から目線で責めるつもりはありません。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者
冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error