ベテラン通訳者が頭打ちを乗り越えるには

S子さんはベテランの英日通訳者さん。ドイツ語も1級ですから、私も大いに見習わなくては、と思っています。さぞヨーロッパ関係のお仕事でご活躍のことでしょう…と思ったら。

忙しい、は忙しいのだそうです。何に忙しいのかと聞いてみれば、事前準備に忙しいとか。大いに結構。プロ通訳者の仕事の8割は事前の準備と信頼関係づくり。そこがアマとの違いですから…え、そうじゃない?

なんでも、まるで違う分野の新規クライアントの勉強に追われているのだそう。

それってつまり…リピートが少ないということ?

それはつらい。お悩みはそれだったのですね。

常連さんがついてこそ、同じ時間をかけた準備でも深く細やかなものになる。その分野の定訳を積み重ねられるようになる。これって通訳が終わっても続く貢献。

なぜマジメそのものものS子さんにリピートがつかないのかしら…

S子さんの通訳録音を聴いて10秒で突破口が見えました。

日本語の語りを磨いてこそストーリーテリングも通訳できるんです!

英語もドイツ語も100%聞いて分かる。でもそれを訳した日本語は「しかしながら」「-というもの、でしょうか」といった通訳独特の変な言い回しが多く、呼吸は浅く、喉声でした。違う人物を訳しても口調は1種類。

クライアントはそれにずっと耳を澄ませなくてはなりません。これは疲れる。その結果、 リピートにつながらない。

S子さん、日本語の語り手としてのトレーニングが足りなかったのです。足りない、というより要素として意識していなかったのです。

S子さんはご実家も洋風好みでお父様は海外駐在も永く、小さい頃からお家には海外からのお客さまも多かったとか。小さい頃から英会話教室に通い、大学はドイツ語専攻。すてきなお嬢様だったようですが…生活習慣も価値観も西洋寄り。

自分の日常生活を超える、プロの、芸としての日本語をまだ仕込んでいなかったのです。

でも、日本のクライアントが通訳者から受け取るのは日本語がメインです。大いに磨くべきでしょう。

日本は話芸の宝庫です。私は通訳者のみなさんに落語に行くようおすすめします。ひとりで沢山の声を持ち、多くの人物を演じる落語家から学ぶことは大いにあります。また、見習い、前座、二つ目、真打の違いを耳で感じる機会でもあります。自分の通訳がちゃんと真打レベルをキープしているか確認もします。

通訳者の方向けの個別レベルアップコンサルティング、始めます。

通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:

仏像を英語で案内するなら

講座の通訳をしていると、あいまに休日の観光案内もご一緒することがあります。

先日も京都にご一緒させていただきました。さすが、京都のお寺はインバウンドの方たちでにぎわっています。タクシーで移動中、アメリカからの講師の先生から訊かれました。

「そういえば、講座が始まる前の日、京都駅の近くを観光したんだけれど…ええと、あれはどこだったかしら。すごく変わってて、おんなじような小さい仏像がずらーっと並んでるところ。普通違うわよね。」

ああ、それは三十三間堂。ずらーっと並んでいたのは千手観音Sahasrabhuja。「普通の」とおっしゃるのは、 ボスが真ん中にいて、左右に2体サポーターがいて、さらにその周りに警備員…のような、でしょう?それは 三尊形式(中尊と脇侍二尊から成る)というそうですよ。

そう。通訳者にとって医学に引けをとらず勉強しがいがあるのが仏教です。事前準備が必須です。

お寺に行ってその場で説明を英訳すればいいや、最近は説明も英語になってるし、なんて慢心はいけません。薬師如来はMedicine Buddhaあたりでごまかせたとしても、阿弥陀如来はどうします?阿弥陀って何?!如来と菩薩の違いは?持国天の天はheavenでいい?(良いわけない!)

その場であわてるのはもったいないです。

仏教の言葉は奥深くて、サンスクリット語、ヒンズー教、中国語、日本仏教がミルフィーユのように重なっています。あまりに面白くて通訳の準備だったことなど忘れるくらいです。そう、そんなこと忘れて没頭したほうがよいのです。

本当にきりがありませんから、今回は高校生の修学旅行にもおすすめの「これだけは」の分だけをご紹介します。アクサン記号がうまく出なくてちょっと困りました。長母音は母音字のあとに「-」をつけました。

  • 仏像の4種類(部)
    • 如来 tatha-gata
    • 菩薩 bodhisattva
    • 明王 vidyaraja
    • 天 deva
  • それぞれの部のメンバー
    • 如来
      • 釈迦如来 Sha-kyamuni / Buddha
      • 薬師如来 Bhaisajyaguru / Medicine Buddha
      • 阿弥陀如来 Amita-bha / Buddha of Infinite Light
      • 大日如来 Maha-vairocana
    • 菩薩
      • 弥勒菩薩 Maitreya
      • 聖観音菩薩 A-rya-valokitesvara
      • 十一面観音菩薩 Eka-dasamukha
      • 千手観音菩薩 Sahasrabhuja
      • 文殊菩薩 Manjusri-
      • 普賢菩薩 Samantabhadra
      • 地蔵菩薩 Ksitigarbha
    • 明王
      • 不動明王 Acalana-tha
      • 五大明王
      • 降三世明王 Trilokavijaya
      • 軍荼利明王 Kundali-
      • 大威徳明王 Yama-ntaka
      • 金剛夜叉明王 Vajrayaksa
      • 愛染明王 Ra-gara-ja
      • 梵天 Brahna-
      • 帝釈天 Indra
      • 持国天 Dhrtara-stra
      • 増長天 Viru-dhaka
      • 広目天 Viru-pa-ksa
      • 多聞天 Vaisravana

こちらの本、おすすめです。「仏像バイリンガルガイド」バイリンガルで、コンパクトなのに内容も充実していてイラストも綺麗。おみやげにプレゼントしても喜ばれます。



お寺にも花のあふれるこの季節。よい週末をお過ごしください。

通訳道場★横浜CATS 第5期




  

Please follow and like us:

ノートルダムの火災に思う

ノートルダムの火災、
どれほど衝撃的で、悲しいことでしょう。
国を超えた慰め、励まし、協力により
再建のプロセスが幸せなものとなりますように。

でも、再建されるノートルダムもいつかなくなるのです。
私たち人間、ノートルダムをはじめ私たちが作る
目に見えるものはすべていつかなくなるのです。

それがいつかはわかりません。
今日でもおかしくないのです。

「我らを憐みたまえ。」

だから、今日まで共にいられたこと
今日も一緒にいられることは奇跡です。
そのことを喜び、感謝できますように。

「我らに安きを給え。」

私たち人間、私たちが作る目に見えるものは
いつか なくなる。ノートルダムも。
それでも、人が人を想うこと、
ノートルダムを作り出した精神は
引き継がれる。

「我らを照らし給え。」

だから、その時がきたら安らかに地上を去ることができますように。
去ろうにも去れないもので地上を満たすことがありませんように。

「 不生不滅、不垢不浄、不増不減…
羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦」

(引用:ミサ式文および般若心経)

Please follow and like us:

Mes pensées sur le feu à Notre Dame

Mais la Notre-Dame à reconstruire disparaîtra un jour. Toutes les choses visibles, y compris nous, les êtres humains, et ce que nous créons, disparaîtront un jour.
On ne sait jamais quand et ce pourrait être aujourd’hui.

“Misere nobis.”

C’est un miracle de voir que ce que nous avons construit existe encore aujourd’hui. C’est vraiment un miracle que nos êtres chers soient encore avec nous aujourd’hui. Pouvons-nous apprécier ces miracles.

“Dona nobis pacem.”

Même si nous et ce que nous créons allons disparaître un jour, notre amour pour nos bien-aimés et l’esprit de créer Notre-Dame continueront. L’image de Notre-Dame vivra dans nos cœurs.

“Lux aeterna luceat nobis.”

Puissions-nous être partis en paix au bon moment. Que ce que nous avons construit le soit au bon moment. Ne remplissons pas la Terre de ce qui ne peut pas être parti au bon moment

“Ce ne sont pas de simples choses qui apparaissent ou disparaissent. Elles ne sont pas non plus des choses impures ou pures. Elles ne font tout simplement pas augmenter ou diminuer.

Toi qui as atteint l’autre rivage, Béni soit la sagesse. “

(du soutra du coeur)


Please follow and like us:

通訳者も60歳を過ぎると劣化する?

「どうも60歳を過ぎると…」

通訳者探しでご苦労の長かった方に、60歳を過ぎると通訳者のパフォーマンスが落ちる、と伺いました。

なんでも、聴き落とし、訳し落としが多くなる。その訂正に頑固になる。

なるほど。

ちょっとここで気になったのは通訳のアタマの具合でなく、カラダ、特に耳の具合です。

人間は年齢と共に高周波音が聞きづらくなります。低周波の母豊かな日本語にはあまり響かないものの、特に高周波音が響きやすいイギリス(まあ、ほかの英語圏も多少)の英語の聴き取りに大いに影響します。

しかも、人間は聴きとれた音のみ再生し、その地域の共同体の一員として生きていくようにできている。聴き取りが鈍れば発音も不明瞭になる。

ずっと日本という低周波優先地帯で高周波優先の英語の仕事をしているのは耳と口に負担をかけ続けることなんです。

長年続ければなおさらのこと。

多少の不調は加齢でも老化、劣化でもなく、メンテナンスが必要ですよ、のサイン。日本でも英語らしく自然で美しい聴き取りと発音を維持するなら、こちらがおすすめです。

自然で美しい英語発音を自分の声で維持することもできるんですよ。
プロナウンスはこちら。

Please follow and like us:

「死」をめぐる、とある英語表現

中2の英語で現在完了(正確には現在時制完了相)なるものを習ったとき、奇妙な文を目にしました。

My grandfather has been dead for three years.

え、おじいちゃん、どうしたの?入院してるとか、老人ホームに入っているとかじゃなくて?生きてるの?死んでるの?いるの?いないの?

ちょっと頭が混乱しました。

隣の席の、成績のよかったクラスメートが「3年前に亡くなったってことよ。」とかなんとか教えてくれたのを思い出します。

じゃあ、My grandfather died three years ago.でいいじゃん。

そんなふうに思ったのも覚えています。

今の私なら、35年前の私にこんなふうに伝えます。

あのね、同じ風景を語る表現が2つだぶって存在することってまずないの。表現が違えば心の風景が違う。心の風景が違うと言うことは気持ちが違うということ。その違いを細やかに受け止めましょう。(なので、クラスメートのような訳は通訳道場ではダメ出しされます。)

My grandfather died three years ago.の時制は過去時制。おじいちゃんが亡くなったというできごとが「ずっと遠くの景色の中の点」のように描かれています。今と直接結びついてはいません。このあと、「以来、おばあちゃんは独り暮らしです。Since then, my grandmother has been living alone.」と現在時制完了相が続きそう。

手のとどく自分空間と届かない非自分空間の2つにわけて考えると時制、人称などなどすっきりして、英語のシンプルな美しさが感じられます。

さて、My grandfather has been deadの時制は?

hasは現在時制。ってことはbe deadが過去からずーっと続いて「今」の一部になっているということ。

さて、beはなかなか奥が深いんだけれど、意味の核心は「在る」「存在している」。ときどき数学のイコールだ、なんていう人がいるけど、それはすぐに行きづまる説明。あくまでも「在る」。どういうふうに「在る」かをつけ加える、アクセサリーのような言葉があとに続きます。

I am a cat /or/ hungry /or/ running / staying in London / dead
私は在る、猫として/or/ 腹ぺこで /or/ 走りながら / ロンドンに滞在して / 死して

…てことは、おじいちゃんはしっかり存在し続けています。deadという状態で。

これは「死んだら居なくなる」という近代的、合理的、物質主義的な気分とはだいぶ違います。

言語表現には、そういった近代的感覚が生まれるはるか以前の人間の心情が残っています。それに近代ローラーをかけてはいかん。自分の心が殺伐としてきます。

Google先生の成果です。
My grandfather died three years ago. 私の祖父は3年前に亡くなりました
My grandfather has been dead for eight years.私の祖父は3年間死んでいます

後者はふだんあまり聞かない日本語ですねえ。変だけれど面白い。

たぶん、おばあちゃんがふと漏らす「じいちゃん、あっちへ行って3年だ。」くらいが近いのではないでしょうか。

人は存在し続ける。肉体があっても、なくても。

そんな感じ方をhave been dead に思うのです。

言語をめぐる皆さんの疑問、リクエストお寄せください。

Please follow and like us:

通訳の準備は面白い!―生命のデザイン

「バイオマス関係の通訳なんて理系じゃないですか?」
「どうして専門外のこと、通訳できるんですか?」

たびたびこんな質問を伺います。

それが私にはちっとも苦しくなかったのです。ボイラーや配管が可愛らしい生き物のように思えて、実物を見るのが楽しみでなりませんでした。

なぜ…?

倫理的、持続可能な取り組みは、表面的な分野は異なって見えても、深いところに共通点があります。それはおそらく「生命の仕組み、生き物のデザイン」を探求すること。マクロでも、ミクロでもひとつの生命体としての地球にフィットするものを作ろうとすること。

エコビレッジにふさわしいボイラーや配管はそれぞれ生き物や臓器に似ています。

それを通訳する言葉も「生命のデザイン」を具えていますように。

世界はひとつ。生命は多様。

通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:

私がシュタイナー関係の通訳をするようになったのは

シュタイナー関係の通訳を手がけるようになって14年が経ちました。英語を聞いた瞬間に、鮮やかなイメージと共に心の底から感動と喜びが湧きあがり、日本語を語りながら身震いし、聞いて下さる皆さんの眼差しに感動する…そんな瞬間が数えきれないほどありました。本当に通訳冥利につきる、ありがたい思い出です。

そもそも…シュタイナーとつけばどんな講座でも駆け付けていた17-14年前、ある塾(バレバレ?)の研修にまぜてもらったのが始まりです。

オーストラリア出身のシュタイナー学校教員を通訳していたのはアメリカのシュタイナー学校に通ったことがある日本人男性。「英語が分かる」「その分野の経験がある」とはいうけれど、とても苦しそう。四角いものが丸くなるような日本語でした。

彼を否定したいわけではない。でもせっかくの海外講師のワークショップがこのままでは。なんのための渡航時間?渡航費?宿泊費?

さいわい、扱っていた理科の実験は中1~2のころ学校で楽しんだものばかり。糖に硫酸をかけたり、生石灰に水をかけたり…燃焼や炭素輪廻がテーマでした。おそるおそる補助のコメントをしたものです。

「君がコメントするとくもりガラスが晴れるみたいにすっきりする。もっとやって!一体、君は何者?え、卒業生?プロの通訳者?うちに来て!」

次の回から私が通訳するようになりました。

そして驚くべき自由を与えられました。この会社に籍をおいたまま、有休などの手続きはなしで、あちこちでシュタイナー関係の通訳をするように、というのです。

「シュタイナー関係は『わかっている』『留学したことがある』身内の『英語、ドイツ語ができる人』が通訳をすることが多い。でもまずいことが多すぎる。学びの質の最後の決め手は通訳だ。きっとプロの謝礼は出ないだろう。でも、まずい通訳を多くの人が受け取るのは残念。ここの仕事と思って出かけてきたら。」

すごいチャンスがあるものです。喜んでいろんなところにお邪魔しました。

そして気づいたのです。

お金がない、というサークルはもっとお金が無くなる悪循環にはまっているのだと。

イベントのタイトルが独り言。対象者がぼけている(ラブレターの宛名が無い)。参加費が安すぎる。学びのイメージがぼけているので定員もない。チラシも独り言。商品スペック説明ばかり。実は大量消費時代ぽい文言。そして告知が遅い。

これじゃ人は集まらない。

趣味の同好会を卒業して社会貢献を願う団体ならなんとかしなくては。私がアマチュアボランティアみたいな謝礼を受け取り、給料で補填してもらっていてはだめ。かくいう私も昔はお金関係は得意ではありませんでした。他人ごとではなかったのです。

やがて双申さんの経営シミュレーション「トータルゲーム」やマーケティングのY’s Clubに出会いました。

なかなかプロフェッショナリズムが理解されない日本のシュタイナー関係。でもつぶれてはどうしょもない。武士でもないのに高楊枝はいけません。

まもなく、健全経営を願うシュタイナー関係のみなさんのためにちょっと面白い本を出します。乞うご注目。

冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:

オバマ大統領広島演説⑤-係り結びを活かす

日本語は最後まで聞かないと否定文か肯定文かわからない、と聞いたことはありませんか。

そんな馬鹿なことありません。

人間の言語はよりよいコミュニケーションを願って洗練され続けています。

よりよいコミュニケーションの鍵は「聴き手、読み手の予測を容易にすること」。できるだけ長く先まで、できるだけ精確に予測できるようにする。すると、コミュニケーションそのものに調和、穏やかさが生まれます。たとえ意見が対立していて討議が必要だとしても、です。

日本語は、声調、係り結びなど否定・肯定のいずれかを予測させる要素を豊かに備えています。

【冠木同通】

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has ①a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries ②can be turned into ever more efficient killing machines.

①a license to kill
007を思い出しますね。強烈なキーフレーズが文末で残響します。なるべくこのフレーズを日本語でも文末に響かせたいもの。

②「しかし同じ発見は、より効率的な殺人鬼界へと変えうる。」(東京新聞)
「しかし一方で、そうした発見はより効率的な殺人マシンへと変貌しうるのです。」(ハフポスト)
→「しかし、そうした発見は転じてより効率的な殺しのマシンとなりうるのです。」

東京新聞さんは主述が?です。全体的に英文和訳調のハフポストさん、ここは「一方で」を入れてみたのですね。(翻訳全般としては東京新聞さんのほうが語彙もレトリックも豊かですが、ここはあと一歩。)

ここではcan be turnedを「転じて~うる」としてみました。英語の述語部分を係り結びの「係り」にすると、最後まで述語が出てこない英文和訳調のじれったさ(予測しにくさ)を軽減できるのではないでしょうか。英語の動詞を日本語の動詞、主語に「は」「が」をつけたところで翻訳したことにはならないのですよ。

欲を言えば受動態であることで発見そのものが主体となってではなく、あくまでも人為で、ということを表現したいものですが。このへんで一息、お茶を濁してミルクティーでもいただきます。

今週もそれぞれの持ち場でよい働きができますように。

皆さまの疑問が私の宝です。ご遠慮なくお寄せください。
例)なぜ西洋言語は大文字と小文字があるのですか?
こちらからどうぞ。

 

Please follow and like us:

オバマ大統領広島演説①―「細かく見る」同時通訳

通訳道場では演説の原形の一つとしてリンカーン大統領のゲティスバーグ演説を精読、暗誦、通訳を練習しています。練習の段階で歴史、宗教、語源を含め背景を細かく捉えておくことが、やり直しのできない同時通訳の精度向上に役立つからです。

同時通訳ばかり回数を増やしても同時通訳はうまくなりませんからね。イチローもあれほど練習し、日常をコントロールして試合に臨んでいました。凡人の私たちはもっと仕込んで当たり前です。

それに「おおっ」と思える楽しみがあるのです。オバマ大統領の広島演説にはあちこちにゲティスバーグ演説が透けて見えるではありませんか。アメリカの理念を継承する姿勢がにじみ出ています。(トランプさんは…。)

ところが気になることが。

ネット上に公開されている主要メディア、あるいは翻訳者ブログの和訳に共通する「細かさ不足」があったのです。

間違いとまでは言いません。でも写真で言えば思いがけない手振れ、ピンボケ、露出アンダーの類で、気づいていれば別の選択があったのではないでしょうか。

これから少しずつ共通ポイントを指摘してみます。「実際目にした訳例」→「変更案」の順です。

先にこの部分の私の同通をお聞きになりたい方はこちらをどうぞ。
冠木同通①

(著作権蹂躙の意志はまったくありません。問題があればご教示ください。)

Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world ①was changed. A flash of light and ②a wall of fire destroyed ③a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do ④we come to this place, to Hiroshima? We ④come to ponder a terrible force unleashed in a not so distant past. We ④come to mourn the dead, including over 100,000 in Japanese men, women and children; thousands of Koreans; a dozen Americans held prisoner. Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what ⑤we might become.
(出典:Obamawhitehouse)

①「変わった」→「変えられた」
自らすすんで変わったのではありません。ここは受動態を尊重すべき。We can changeがキーフレーズだったオバマさん(+プロのスピーチライター集団)が受動態を選んでいるのです。わざわざ能動態にする理由は?

ちなみに、ゲティスバーグ演説でも事態を客観的に描写する部分で受動態が目につきます。

②「火柱」「炎」→「壁のような炎」「壁なす炎」
素直に読みましょう。柱と壁は違います。抜かすのもいけません。景色が違ってしまいます。壁のような炎に取り囲まれた人々に思いを致してこそ書けたフレーズと拝察します。わざわざ柱にしたり抜かしたりする理由は?

③「この都市を」「広島を」「この町を」→「ひとつの都市を」「都市をひとつ」
a cityと書いてあります。this city, the city, this town, Hiroshimaのどれでもありません。この段落はまだ一般化された表現で、「閃光と炎の壁が都市をひとつ破壊するなんて!」と思わずことの重大さを想像します。それを早々と特定、具体化する理由は?

④「来ました」→「来る」
have come でもcameでもないのです。現在時制単純形(単純相)は永遠を代表する一片として現在を語ります。反復が前提です。The sun rises in the east.のように。太陽が東から登るのは今日に限ったことではありません。昨日も明日もそうです。そのように、オバマさんも我々が繰り返しここ広島に来て思いを致さなくてはならないことを示唆しているのです。それだけ世界の問題は深刻ですから。

④「何者だったか」→「何者たりうるか」
what we becameとは書いていないんですよね。過去のことではなく、今の、これからの今を生きる人類への死者たちの問いですから。辞書を引くと「形は過去でも現在の推量」なんて一番に出てきます。

言葉は語り手の頭の中に浮かんだ色つきの動画を聴き手の頭の中に復元する魔法の道具。

通翻訳者が、その色付き動画をすみずみまで検証、復元せずに、どうして聴き手、読み手のうちに甦るものでしょう。

通訳道場★横浜CATSはこんなところです。

Please follow and like us: