拒食症だった私の本願は…?!

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

なんて書いておいて、実は気持ち悪いのです。持続可能、国連のSDGs、本当は甘っちょろいと思っているのですけどね。まあ、わかりやすいから使っているようなもので…

本音は…そう、昨日、気の置けない友人たちとの新年放談にて、自分の本音を釣り上げられる思いがしました。スッキリ―!

「高校生の頃、摂食障害だった。一般には要求が多い母親と 弱い父親のせい、とか大人になりたくないから、とされてるけどなんか違う。浅いと思う。シュタイナー医学では、本人が受肉したがっていないという思いにもっと注目すべきと言っているけどそれもなんか物足りない。」

てなことを私が申しましたら、精神科医のM子さんがこう言うのです。
「同感。拒食症のひとって、自分の身体を受肉したくないというか、こんな世界に受肉したくない、と思っているところがある気がする」

どんぴしゃり。

「こんな世界」とはどんな世界かというと…ワイルドな生命のありようがゆるされない世界。すべてが人間の都合で扱いやすく飼いならされている世界(そうは問屋が卸さないでしょうが)。

これでベジタリアン、ヴィーガンに感心しながらも違和感を覚える理由も氷解しました。

動物であれ、植物であれ、人間の食べ物となるために飼育、栽培されたものを食べること自体に罪悪感があるのです。

拒食症のときも、母の料理がいやだったわけではありません。人間本位に操られた生命を、料理という文明を通して口にすることが耐えられなくなったのです。

さて、こうなるとやっぱり採集狩猟生活ですかねえ。性に合ってるのはわかってましたが。

でも、時代と和解するのも私のテーマです。来週、宮沢賢治の「春と修羅・序」との再会で何が出てくるでしょうか?

【特別臨時講座1月13日】英訳と日英言語造形で味わう「春と修羅・序」


Please follow and like us:
error

クリスマスは12日続く

クリスマスおめでとうございます。
通訳道場の冠木友紀子です。

さて、今日はクリスマスイブ。
みなさん、どう過ごされますか?

いいんです、多少うかれたって。
普段は食べない贅沢なものを食べたって。
(イエス様の誕生日は別に12月25日ではないことは別稿にて)

ただ、26日にクリスマスツリーを片付けて、
大掃除に買い出し、お正月の仕度なんて忙しすぎます。

確かにクリスマス「日day」は25日だけ。
でもクリスマス「節tide」は12日間。
お誕生日とされる25日から、1月5日までの12日です。

12日目の夜に捧げられたお芝居がシェイクスピアの
「十二夜」です。

「クリスマスの12の日」という愉快なカロルもご存知でしょう?

1月6日は東方の3人の賢者が意味深な贈り物を携えて
イエスに会いに来たとされる日です。この日をイエスが公に
姿を表した日として公現日Epiphanyといいます。

その贈り物とは…黄金(王のための捧げもの)、
乳香(祈りの象徴、イエスが神の子であることを表す)
没薬(死体の防腐剤。イエスの十字架刑を暗示する)でした。

この12日間はひとつづきですから、ヨーロッパは静かなものです。
26日にクリスマスツリーを片付けたり、しめ縄を飾ったりしなくていいんですもん。

クリスマス節は、冬至を過ぎてわずかに甦り始めた冬の光を感じながら、静かに来し方、行く末を想う時です。

くれぐれも、寒い中無理をしてお風邪など召されませんように。

このロサンゼルスの合唱団、クリスマスメドレー傑作です!
(Los Angeles はスペイン語でThe Angelsのこと)

話芸としての通訳を追求する冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

クリスマスソング、Joy to the worldに込められた英国自由人の願い

日本語では「もろびとこぞりて」の詞で知られるあのメロディー。パン屋さんのケーキCMでTVでもよく耳にします。

昨日の投稿では「もろびとこぞりて」はJoy to the worldの日本語訳ではないことをご紹介しました。変なこともあるものです。

さて、英語で歌えるとまた盛り上がるJoy to the world。英語詞はアイザック・ウォッツ(Isaac Watts 1674ー1748)が、詩篇98篇をもとにアレンジしたものと言われています。この詩篇では、神をこの世の王とし、その即位を大自然も喜ぶとしています。

アイザック・ウォッツの肖像

このウォッツという人、ケンブリッジかオクスフォードで学びたいと望んだものの、許されませんでした。当時のオクスブリッジは英国国教会会員に限定されていたのですが、ウォッツはCongregational、つまり会衆派(組合派とも)とよばれる国教会ではないグループに属していたためです。

そこで別の学校で神学、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語を始め、当代一の教養を身につけたそう。

ただ、ウォッツは会衆派にこだわったわけではないようです。ひとつの教派の中にとどまり、似たような価値観をもつ限られた人々を相手に説教をするより、外に出て、天地の仕組みを探求し、人々と共に学ぶことを選び、楽しんだと言われています。ずいぶん自由な人だったのですね。

Joy to the Worldにも派閥、分別の愚から自由な者たちの喜びが願われているようです。

あと180年遅く生まれていたら、ルドルフ・シュタイナーと話が合ったかもしれません。

クリスマスおめでとうございます。

以下、ウォッツの詞と私の訳です。中学生のみなさん、使役動詞のおさらいですよ。let S Vは「Sが望む通りVするにまかせる」。make S to Vは「有無を言わさずSにVさせる」です。後者の方が実現まで距離があるのでVにtoがついているのもうなづけます。

Joy to the World; 
the Lord is come!
Let earth receive her King!
Let ev'ry heart prepare Him room,
And Heaven and nature sing.

Joy to the earth,
the Savior reigns!
Let men their songs employ;
While fields & floods, rocks,
hills & plains
Repeat the sounding joy.

No more
let sins and sorrows grow,
Nor thorns infest the ground;
He comes to make his blessings flow
Far as the curse is found.

He rules the world
with truth and grace,
And makes the nations prove
The glories of His righteousness,
And wonders of His love.

喜びを世に! 主、来たりしゆえ
大地がその王を受け入れるにまかせよ
めいめいが心に王の部屋をととのえるにまかせよ
天と自然界が歌うにまかせよ

喜びを大地に! 救い主は君臨したもうゆえ
人々が声を挙げて歌うにまかせよ
そのとき、陸や海、岩や丘や野も
くり返しその喜びを響かせる

もう罪と悲しみをのさばらせまい
いばらを大地にはびこらせまい
主は来ませリ、その祝福を絶えず巡らすため
呪いが見いだされるところまで

主は世を治めたもう、まこととあわれみによって
そして国々に証しさせたもう
さかえある主の義と
驚くべき主の愛を

(冠木友紀子 イメージ順尊重試訳)

英語らしく歌うには、日本の湿気に負けず、クリアーな子音を保つこと。プロ通訳者が愛用する骨導ツール、プロナウンスはこちら。

Please follow and like us:
error

O Holy Night★自然に歌うコツその2

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

いや、びっくりしています。O Holy Nightの人気。私も去る土曜、母校同窓会のクリスマス礼拝でOG合唱団の一員として奉げてきました。

O Holy Nightの歌詞日本語訳をブログで英語の勉強ついでに発表している方も少なくありません。便利な時代、発信力さえあれば、中身の質は別として発表できるようになりました。添削、批評を受ける機会をみずから設けたつもりならよいのですが…文化、宗教の背景、語源のしぐさなどをふまえないものは要注意です。

私はこうした背景のすべてをふまえて訳語を選んでいます。対訳のみではどうしても不十分なので、注を楽しめる書式でキンドルでご案内しますね。

さて、今日は1番の部分、自然に歌うコツを1つお伝えします。ずばり、母音でつなげて歌うこと。スターズ アーや、イットゥ イズ、ナイト オヴ アワとぶつ切りにしないことです。

これはなにも小手先のワザではありませんで…「息を相手に届け続けていれば、自然とつながる」のです。

日本人の西洋言語が聞きにくい、とされるのは息の到達距離の違いも関係しています。英語の歌の場合、たとえば1.5-2メートルくらい先まで息が届き続けるイメージをもってください。単語ごと、フレーズごとにひょこひょこひっこめないことです。

以下、母音で続けるといいところを太字にしておきます。

O holy night the stars are brightly shining
It is the night of our dear Saviour’s birth
Long lay the world in sin and error pining
Till He appeared and the soul felt its worth
A thrill of hope the weary soul rejoices
For yonder breaks
A new and glorious morn
Fall on your knees
O hear the angel voices
O night divine
O night when Christ was born

【臨時特別ワークショップ1月13日】英語で味わい、自分の声で体感する宮沢賢治「春と修羅 序」

Please follow and like us:
error

ボジョレー(ボージョレ)・ヌーヴォー 空輸のコストは?

学び続けたいなら、ひとさまのお話を伺うことです。

私が週に3回楽しみにしているのは、通訳道場卒業生限定の朝活。毎回参加者のみなさんの話題提供に大いに学んでいます。

今朝の話題提供は千葉のYさんの通称ボジョレー・ヌーヴォーにまつわる随想です。

なんでも、乱痴気バブルの4割に減った日本の輸入量もまだ650万本に登るそう。10年ほど前はその初荷の空輸の温暖化ガスに警鐘を鳴らす記事も書かれたとか。いま、その記事は見つからず…

どなたか、見つけられたら教えてください。

私は醸造酒こそ、その地域の医食同源を担うと考えています。あわててボージョレ・ヌーヴォーを呑む事には関心がありません。お酒を地元の人の需要を超えて売る、値段をつりあげるのは疑問です。

よっぽどどぶろくを解禁した方がよいのでは?

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

讃美歌「O Holy Night」を英語らしく歌うための1番簡単なコツ

クリスマスソングの定番仲間入りをしたかに見えるO Holy Night.

今年もクリスマスが近づいてきましたねえ。私が昨年歌詞を解説した投稿も沢山の方にお読みいただいています。

O Holy Nightは母校でも大人気で、クラス会では夏だろうが春だろうが構わずに季節外れに「なつめろコーナー」で声を張り上げる学年がぞろぞろいます。

母校OG合唱団「杏の実」でも来週の同窓会クリスマス礼拝にあわせてこの讃美歌の練習で盛り上がっています。

本物で包囲してくれた母校。

さて、英語の讃美歌を歌うとなると、あれこれいろいろ気になるもの。RとLだの、子音をはっきりだの、枝葉を捉えていてはきりがありません。

そこで、今日はたった一つでガラリと変わる、根本的かつ効果的な気をつけポイントを1つだけご紹介。

二重母音を平らにしない

日本人は英語の二重母音をひとつの長母音として書く習慣があります。これは二階建ての家をつぶして平屋にしているようなもの。

cake ケイクじゃなくてケーキ、
colaコウラじゃなくてコーラ、
mateメイトじゃなくてメート
きわめつけのeyebrowはアイブラウどころかアイブロー

このブログの検索情報を見てもオウホウリナイトと検索した方はゼロで、「オーホーリーナイト」で検索している方が相当いらっしゃいます。

これではのっぺらぼーな発音になってしまいます。二重母音は言葉の響きに膨らみ、立体感、陰影をもたらすのに、もったいない。

コツは、二重母音=前の母音8+後の母音2くらいのタイミングで移行すること。

ケイクではなくケーィクという感じです。

無理やりカタカナで書きますと…
オーゥ ホーゥリ ナー ィト
ザ スターザ ブラーィトリ シャーィニング てな感じです。

平板な音では歌う心まで平板になる気がします。母音の深みをたっぷり味わってください。

こちらにも変てこなカタカナふってあります。
O Holy Night 言葉とメロディをつなぐイメージ順訳DLはこちら。

1月13日
混迷の時代を、賢治の言葉で声と心を整えて生きる
【春と修羅】特別臨時口座 パトリック先生のレクチャー(冠木の通訳聴けます)&諏訪先生の言語造形

Please follow and like us:
error

落語家と通訳者に通じるプロ、アマの違い

中高大学から市井の大人まで、落語同好会は大人気です。うまい人もいます。でも、その人をプロの落語家と呼ぶことには違和感がありませんか?

いくらうまくて器用で、笑わせることに長けていても、プロと呼ぶのはなんだか違和感があるもの。

そう、プロとアマの違いは「入門」したか。あるいはしていないかです。自分を壊し、消し、手放したことがあるかないかです。

立川志の春さんも、著書「自分を壊す勇気」で書いておいでです。

弟子入りするなり、志の輔さんに「俺を快適にしろ」と命じられ、どうしたら志の輔さんが快適になるかと四六時中思い巡らした。アメリカ仕込みの自己主張はなんの役にも立たず、手放し、自由になったと。

通訳も同じです。

ところが、依頼する方はそんなこと知りません。

「英語が話せるんだから通訳もお願いできる?」こんなリクエストに善意のつもりでうっかり応えてしまうアマは、通訳の道に入門し、自分を壊し、消したことがありません。

過去の延長線上の足し算でなんとかなると思っている。ところがよくあるのは10の実力しかないのに20を求められ、せいぜい15しか実現できなくても、「頑張った」自分を誉めたくなる。

プロ通訳者はいったん自分を消し、1000000…の言語の世界に出会っています。だから、自分の100の実力など無に等しいと思っている。だから、20求められたときにちょっと気を利かせて50応えてクライアントの期待を超えても、それが何か?

通訳は言葉と心の道です。この道に入門するとは、いったん自分を壊し、消す覚悟をすること。

英語が話せる人、特にアメリカの影響を受けた人たちの自己評価の高さ、自己主張の強さ、根拠のない自信はむしろ邪魔になる。

現在の学校教育に自分を消す機会はありません。

剣道、そろばん、書道といった日本のお稽古の道にはその可能性がまだあります。

せめて、通訳の道もそのようにありたいものです…

混迷の時代を生きる心を調える、賢治の言葉
1月パトリック先生のレクチャー(冠木の通訳聴けます)&諏訪先生の言語造形

Please follow and like us:
error

文学はいらない?魂のこよみ第32週

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者、冠木友紀子です

もう文学はいらないのでしょうか。皆さんはどう思われますか?

つい先日も、先輩たちに「大学で英語を教えられる卒業生がいたら紹介して」とお願いしたら、2人から全く同じことを言われました。

「最近は誰も文学、語学系には進まない。語学力をつけたとしても 国際機関、外資で働いている。」

まるで、文学に進む者は世捨て人である、といわんばかりです。がっかり…。

熟れた実が地に捧げられ…

私はそうは思いません。

文学こそコピーライティングの永遠の流行の宝庫。新しい言葉を生み出す力の源。

「それなりに」英語を使える人はたくさんいますが、英語でコピーや歌詞を書けるひとがどれほどいるでしょう?

確かにこれまで文学教育は受け身に読むことばかりに傾いていたかもしれません。英文科卒の条件に詩作というアクティブな課題なんていいかも。

ルドルフ・シュタイナーの「魂のこよみ」も第32週。私にとって詩の翻訳はアクティブな瞑想です。

ドイツ語3行目のkraftendは名詞die kraft(力、熟練のわざ、など)からのシュタイナーの造語。名詞kraftから動詞 kraften を作り、それをさらに現在分詞kraftendにしたのです。kraftigという形容詞はあるのですが、シュタイナーはこれに満足しませんでした。もっと能動的で動きのある様子は現在分詞でなくては表せないと考えてこの語を作ったそうです。ドイツ語が生き生きと言語を形づくる力を失ってきたのでおのずとそのような語は作られなくなった、だから自分がやってみた、のようなことを語っています(GA299)。

Ich fühle fruchtend eigne Kraft 
Sich stärkend mich der Welt verleihn;
Mein Eigenwesen fühl ich kraftend
Zur Klarheit sich zu wenden
Im Lebensschicksalsweben.

私は感じる、自らの力が実を結び、
勢いを増し、私を世界に授けるのを。
私の存在には力がみなぎり
澄み切った境地で向かう、
人生の巡合せという織物に。

土に還れるエシカルビジネスのための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

いったいどうなる?2020年大学入試、民間英語試験導入。

2020年大学入試、民間英語試験導入のはずが、 高校生にも、高校の校長先生にも延期を望まれるという異常事態。

実は10年ほど前、大学入試センターの通訳をしていたことがあります。

その頃、政治主導で共通テストの複数回化が唱えられていました。けれどセンターの現場、専門家には根強い疑問が。「たった1回のセンター試験で出されるたった1問を作るのに数百問を検討して、年1回の試験にやっと間に合わせているのに、どうして何回もできるものか!」ある先生は「床屋談義もいいかげんにしろ」と呆れていたほどです。

それで、民間試験。

もう、やめちゃえ!

民間英語試験を?

いえいえ、入試英語そのものを。私は外国語を入試科目にすること自体反対です。

皆さん、思い出してみてください。

ピアノでもギターでも茶道でも、なにがしか身についたとき、それに夢中だったのではありませんか?恋愛状態だったのでは?だから、多少の困難、苦労も乗り越えられたのでしょう?

恋愛は個別のものです。

他人から見たら野暮ったいブ男でも、夢中になっている本人には世界のすべて。他人にとっては平凡でも本人には特別。

外国語の学びも似ています。

ドイツ語に夢中になる人もいれば、あんなカタイのはいやだ、という人もいる。イタリア語と恋に落ちる人もいれば、あんなに明るいのはついていけない、という人もいる。

英語の楽しさを伝えたい、というハシャイだ先生が多いのも困ったもの。イタリア語のほうが楽しいかもよ。律儀な人にはドイツ語の方が楽しいかもよ。

英語を全員で好きになるなんて気持ち悪い。

全員で英語を学ぶのが無理なのです。全員でやらなくていいのです。

できないと困る?そんなことありません。
困りそうになったら人間本気出します。間に合います。
台所の消火器じゃないんだから、わけもなく用意しておく必要はありません。

多くの教科書に見られる、地域色を薄めた「国際語」としての「英語」にはもともとの言語の色気がありません。

さて、どうするか。

中高生諸君、他の外国語に浮気しなさい。自分だけの恋人を見つけなさい。

学校の英語の先生には、実は大学の専門はモンゴル、トルコ、中国と別の外国語だった方も少なくありません。ぜひ、そのお話をきいてみてください。先生の目の色、きっとかわるよ。

中国、フランス、インドネシア、いまはネットでいくらでも聴けます。たとえばこれはフランスのテレビ。

これ好き!と思えるのをイチからこっそり学んだら、学校の英語がラクに思えます。 私も中3のとき、友達とドイツ語学習会をはじめました。すぐ頓挫しましたが、後悔はしていません。

ドイツ語祭り続行中!持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

果実はいつ生まれる?!シュタイナー「魂のこよみ」に??

今週もうんうんうなって日曜、つまり次週となってしまいました。。

これも広がりと深み、空間と時間、世界と人間…なんと次元と構造の整った詩だろうと思って感心して読み進むと、なんでしょ、これ。

果実に誕生させる?!Um Früchte zu entbinden,

Ruth and Hans Puschによる 英語版も To bring to birth the fruits 果実に誕生をもたらす、とあります。

え?果実に誕生?それっていつのことかしら。うちのゴーヤも小指の先ほどのゴーヤの胎児みたいなのから、へちまと見まがう大将まで同時にぶらさがってる。そういえば、実っていることに気づかないで、大きくなってから見つけてびっくりすることもあるけれど… ん?いつ生まれてるの?実の中の種が芽を出すこと?むむむ。

そういえば、人間も「誕生日」というけれど、その日に人間のすべてが生まれるわけではないなあ。

今時分の果実と言えば、これだっぺ。

それにしても果実と誕生ってコロケーションがおもしろい。もちろん、ドイツ語でも、英語でもそうでしょう。それで、新しい概念、見逃していた一面が認識されるのかもしれません。

ああ、もうひとつ悩ましいのはWelten。宇宙と世界を両方含む大きな表現はないものでしょうか。仏教の日本語をもっと知りたいなあ。

 
Das Licht aus Weltenweiten,
Im Innern lebt es kräftig fort:
Es wird zum Seelenlichte
Und leuchtet in die Geistestiefen,
Um Früchte zu entbinden,
Die Menschenselbst aus Weltenselbst
Im Zeitenlaufe reifen lassen.
遥かなる宇宙からの光は
心のうちに力強く輝き続ける
それは魂の光となり
精神の深みを照らす
実りがあらわになるよう
宇宙の自己より来る人間の自己が
時の流れのなかで熟れゆくように。
英語版は言葉が多くてなんだか野暮ったい、と思っていたのですが、先日新発見。
森省吾さんのアドバイスから、英語はアイアンビックを保つという工夫をしていることを知りました。

Have a good week.

ドイツ語祭り中の通訳者、冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error