「すべての宗教はひとつの頂を目指す」?

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

よく聞くんですよね。
「宗教はそれぞれに違う山道からひとつの頂を目指していると思うわ。」

そうだといいんですけど。耳ざわりもいいんですけど。なんだか違和感がありました。でも「違う」というほどの根拠もなく「うん、そうかもね」なんてお茶を濁していました。

でも…このごろふと思うのです。

方向が逆じゃない?

ウェールズの丘の頂では牛と馬が草を食み…

諸宗教はひとつの頂に収斂しようとしてきたのではなくて、ひとつの源からバラけ続けてきたのでは?それが人のさがなのでは?

人智を超える究極の存在が、世界各地で異なる現れ方をした。それぞれの現れ方を慕う集団が、組織を強固にするためにいろいろな説を加え、分裂を繰り返してきた。(ちなみにキリスト教が一神教で冷厳、日本は八百万の神で寛容、なんていうのは荒っぽい話です)

私は学校でキリストの世界観に驚き、キリスト教の「中の人」として育ちながら、家族の葬式仏教を離れるわけにもいかず、常に矛盾と緊張をかかえていました。10代のころはプロテスタントの急先鋒よろしく葬式仏教を理詰めで責め立てたこともあります。

それでも洗礼を受けるのは「違う」と感じてきました。「教会」の一員となることや、パウロの語る直線的な時間感覚に違和感があったのです。あまりに俗な葬式仏教にげんなりしながらも、父が大切にしていた般若心経の世界には惹かれていました。子どもの頃から、どちらか一つだけを居場所とできずに、ただ問いと共にここまで来ました。

そして思うのです。何かを選ぶことが他のすべてを否定することにつながるのはおかしいと。

ひとつを選ぶことが、他のすべてをも認めるような選び方もあるのではないかと。

そうでなければ、ひとつを選ぶ必要はない。

世界はひとつ。でも、人間は分けたがる。でも、世界はひとつ。

ヒントは「時間は直線的ではない」のようです。

おそまつさまでした。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

拒食症だった私のもうひとつの本音

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

前回は拒食症だった私が、心の底で「人間都合優先の世界」に怒りを抱き、 生命力あふれるワイルドな世界での 採集狩猟生活を望んでいるらしいということを書きました。

採集狩猟生活への憧れには、表裏一体の、双子のような別の感情もありました。

それは「ここでは、本当は何もやりたくない」。
久しぶりに思い出しました。

高校生の頃、将来何になりたいかと訊かれるたびに困惑しました。職業名でスパッと答えられなかったのです。友人たちは見事に具体的に弁護士、医者、キュレーター、新聞記者…と答え、目標達成するべく小さなステップを着々と進んでいました。でも、私はどの職業を思い浮かべてもまるで心躍りませんでした。もちろん、身近にいろんな職業の大人はいました。彼らを人として尊敬はしても、その仕事に惹かれることはなかったのです。通訳になりたいなんて思ったこともありませんでした。

私の入りたい箱はここにない、という感じです。

それでも何もしないわけにはいきません。まあ、何か取り組めば、人並みにはできた。だから、大して好きでないこともなんとなく我慢して続ける変な癖がついたかもしれません。けれど、その程度のことは「本当は何もやりたくないくせに」のささやきが聴こえると、心の底ではすうっと冷めてしまっていたのです(まるで太宰治の「トカトントン」のよう)。

そういう文明社会不適応みたいなところは今もあるでしょうね。

それでもなんとか文明社会で折り合いをつけているのは他者の存在あってのことです。

自分にとってはいまいちなことも、それを他者が必要としている、他者の痛みを和らげることだったら、がぜん動けるのです。

自分の人生の意味など、自分だけで成立するはずなどない。そう思います。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子 プロフィール

Please follow and like us:
error

拒食症だった私の本願は…?!

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

なんて書いておいて、実は気持ち悪いのです。持続可能、国連のSDGs、本当は甘っちょろいと思っているのですけどね。まあ、わかりやすいから使っているようなもので…

本音は…そう、昨日、気の置けない友人たちとの新年放談にて、自分の本音を釣り上げられる思いがしました。スッキリ―!

「高校生の頃、摂食障害だった。一般には要求が多い母親と 弱い父親のせい、とか大人になりたくないから、とされてるけどなんか違う。浅いと思う。シュタイナー医学では、本人が受肉したがっていないという思いにもっと注目すべきと言っているけどそれもなんか物足りない。」

てなことを私が申しましたら、精神科医のM子さんがこう言うのです。
「同感。拒食症のひとって、自分の身体を受肉したくないというか、こんな世界に受肉したくない、と思っているところがある気がする」

どんぴしゃり。

「こんな世界」とはどんな世界かというと…ワイルドな生命のありようがゆるされない世界。すべてが人間の都合で扱いやすく飼いならされている世界(そうは問屋が卸さないでしょうが)。

これでベジタリアン、ヴィーガンに感心しながらも違和感を覚える理由も氷解しました。

動物であれ、植物であれ、人間の食べ物となるために飼育、栽培されたものを食べること自体に罪悪感があるのです。

拒食症のときも、母の料理がいやだったわけではありません。人間本位に操られた生命を、料理という文明を通して口にすることが耐えられなくなったのです。

さて、こうなるとやっぱり採集狩猟生活ですかねえ。性に合ってるのはわかってましたが。

でも、時代と和解するのも私のテーマです。来週、宮沢賢治の「春と修羅・序」との再会で何が出てくるでしょうか?

【特別臨時講座1月13日】英訳と日英言語造形で味わう「春と修羅・序」


Please follow and like us:
error

讃美歌「O Holy Night」を英語らしく歌うための1番簡単なコツ

クリスマスソングの定番仲間入りをしたかに見えるO Holy Night.

今年もクリスマスが近づいてきましたねえ。私が昨年歌詞を解説した投稿も沢山の方にお読みいただいています。

O Holy Nightは母校でも大人気で、クラス会では夏だろうが春だろうが構わずに季節外れに「なつめろコーナー」で声を張り上げる学年がぞろぞろいます。

母校OG合唱団「杏の実」でも来週の同窓会クリスマス礼拝にあわせてこの讃美歌の練習で盛り上がっています。

本物で包囲してくれた母校。

さて、英語の讃美歌を歌うとなると、あれこれいろいろ気になるもの。RとLだの、子音をはっきりだの、枝葉を捉えていてはきりがありません。

そこで、今日はたった一つでガラリと変わる、根本的かつ効果的な気をつけポイントを1つだけご紹介。

二重母音を平らにしない

日本人は英語の二重母音をひとつの長母音として書く習慣があります。これは二階建ての家をつぶして平屋にしているようなもの。

cake ケイクじゃなくてケーキ、
colaコウラじゃなくてコーラ、
mateメイトじゃなくてメート
きわめつけのeyebrowはアイブラウどころかアイブロー

このブログの検索情報を見てもオウホウリナイトと検索した方はゼロで、「オーホーリーナイト」で検索している方が相当いらっしゃいます。

これではのっぺらぼーな発音になってしまいます。二重母音は言葉の響きに膨らみ、立体感、陰影をもたらすのに、もったいない。

コツは、二重母音=前の母音8+後の母音2くらいのタイミングで移行すること。

ケイクではなくケーィクという感じです。

無理やりカタカナで書きますと…
オーゥ ホーゥリ ナー ィト
ザ スターザ ブラーィトリ シャーィニング てな感じです。

平板な音では歌う心まで平板になる気がします。母音の深みをたっぷり味わってください。

こちらにも変てこなカタカナふってあります。
O Holy Night 言葉とメロディをつなぐイメージ順訳DLはこちら。

1月13日
混迷の時代を、賢治の言葉で声と心を整えて生きる
【春と修羅】特別臨時口座 パトリック先生のレクチャー(冠木の通訳聴けます)&諏訪先生の言語造形

Please follow and like us:
error

文学はいらない?魂のこよみ第32週

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者、冠木友紀子です

もう文学はいらないのでしょうか。皆さんはどう思われますか?

つい先日も、先輩たちに「大学で英語を教えられる卒業生がいたら紹介して」とお願いしたら、2人から全く同じことを言われました。

「最近は誰も文学、語学系には進まない。語学力をつけたとしても 国際機関、外資で働いている。」

まるで、文学に進む者は世捨て人である、といわんばかりです。がっかり…。

熟れた実が地に捧げられ…

私はそうは思いません。

文学こそコピーライティングの永遠の流行の宝庫。新しい言葉を生み出す力の源。

「それなりに」英語を使える人はたくさんいますが、英語でコピーや歌詞を書けるひとがどれほどいるでしょう?

確かにこれまで文学教育は受け身に読むことばかりに傾いていたかもしれません。英文科卒の条件に詩作というアクティブな課題なんていいかも。

ルドルフ・シュタイナーの「魂のこよみ」も第32週。私にとって詩の翻訳はアクティブな瞑想です。

ドイツ語3行目のkraftendは名詞die kraft(力、熟練のわざ、など)からのシュタイナーの造語。名詞kraftから動詞 kraften を作り、それをさらに現在分詞kraftendにしたのです。kraftigという形容詞はあるのですが、シュタイナーはこれに満足しませんでした。もっと能動的で動きのある様子は現在分詞でなくては表せないと考えてこの語を作ったそうです。ドイツ語が生き生きと言語を形づくる力を失ってきたのでおのずとそのような語は作られなくなった、だから自分がやってみた、のようなことを語っています(GA299)。

Ich fühle fruchtend eigne Kraft 
Sich stärkend mich der Welt verleihn;
Mein Eigenwesen fühl ich kraftend
Zur Klarheit sich zu wenden
Im Lebensschicksalsweben.

私は感じる、自らの力が実を結び、
勢いを増し、私を世界に授けるのを。
私の存在には力がみなぎり
澄み切った境地で向かう、
人生の巡合せという織物に。

土に還れるエシカルビジネスのための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

いったいどうなる?2020年大学入試、民間英語試験導入。

2020年大学入試、民間英語試験導入のはずが、 高校生にも、高校の校長先生にも延期を望まれるという異常事態。

実は10年ほど前、大学入試センターの通訳をしていたことがあります。

その頃、政治主導で共通テストの複数回化が唱えられていました。けれどセンターの現場、専門家には根強い疑問が。「たった1回のセンター試験で出されるたった1問を作るのに数百問を検討して、年1回の試験にやっと間に合わせているのに、どうして何回もできるものか!」ある先生は「床屋談義もいいかげんにしろ」と呆れていたほどです。

それで、民間試験。

もう、やめちゃえ!

民間英語試験を?

いえいえ、入試英語そのものを。私は外国語を入試科目にすること自体反対です。

皆さん、思い出してみてください。

ピアノでもギターでも茶道でも、なにがしか身についたとき、それに夢中だったのではありませんか?恋愛状態だったのでは?だから、多少の困難、苦労も乗り越えられたのでしょう?

恋愛は個別のものです。

他人から見たら野暮ったいブ男でも、夢中になっている本人には世界のすべて。他人にとっては平凡でも本人には特別。

外国語の学びも似ています。

ドイツ語に夢中になる人もいれば、あんなカタイのはいやだ、という人もいる。イタリア語と恋に落ちる人もいれば、あんなに明るいのはついていけない、という人もいる。

英語の楽しさを伝えたい、というハシャイだ先生が多いのも困ったもの。イタリア語のほうが楽しいかもよ。律儀な人にはドイツ語の方が楽しいかもよ。

英語を全員で好きになるなんて気持ち悪い。

全員で英語を学ぶのが無理なのです。全員でやらなくていいのです。

できないと困る?そんなことありません。
困りそうになったら人間本気出します。間に合います。
台所の消火器じゃないんだから、わけもなく用意しておく必要はありません。

多くの教科書に見られる、地域色を薄めた「国際語」としての「英語」にはもともとの言語の色気がありません。

さて、どうするか。

中高生諸君、他の外国語に浮気しなさい。自分だけの恋人を見つけなさい。

学校の英語の先生には、実は大学の専門はモンゴル、トルコ、中国と別の外国語だった方も少なくありません。ぜひ、そのお話をきいてみてください。先生の目の色、きっとかわるよ。

中国、フランス、インドネシア、いまはネットでいくらでも聴けます。たとえばこれはフランスのテレビ。

これ好き!と思えるのをイチからこっそり学んだら、学校の英語がラクに思えます。 私も中3のとき、友達とドイツ語学習会をはじめました。すぐ頓挫しましたが、後悔はしていません。

ドイツ語祭り続行中!持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

通訳学校で伸びる人、伸び悩む人

通訳学校でどんどんうまくなり、講座を修了する前に仕事が始まる人もいれば、10年も通って400万円も学費を払いながら一銭も仕事にならない人もいます。

どうしたら伸び悩む人も、伸びるようになるでしょう?

通訳学校に通う曜日を増やす?

いえいえ、お金がかかるばかりです。

通訳学校以外のインプットを増やすことです。

文系理系に関係なく古今東西の名作を読むこと、ダイジェスト版で結構!できれば気に入ったものを暗誦すること。落語に通うこと。

通訳学校の練習はこんな感じです↓
先生が音声をワンフレーズ再生、一時停止しては指名された生徒が通訳、そして先生の模範通訳。これを英日、日英で繰り返します。

私が目撃した伸び悩みさんたちは実に真面目でした。英文学科出身の典型的文系さんで、2時間の授業中一生懸命訳しては先生の模範をひたすらノートにとりまくり。ノート取りに忙しくて政治家の話も芸能人の話も同じ口調。これではちりが積もってもいつまでも山にはなりません

かくいう私は臆面もなく伸びた方ですが…楽だったんです。まるで訳している気がしなかったんです。勝手に訳が出てくるようで(まるで我慢し損ねたオ〇〇のよう)。

聴こえたフレーズから絵が立ちのぼり、磁石が砂鉄を集めるように言葉が集まって来る。

その砂鉄はどこから…?

実は学生時代にさかのぼります。楽をさせてくれない手加減なしの学校で文理幅広く触れ、毎日聖書、讃美歌の日本語に触れていました。イエズス会の英語教科書は語彙も文章量も文科省の標準の3倍!中2のとき、太宰治に憧れて間全集を毎日1巻のペースで何度も繰り返し読んでいました。大学はリベラルアーツ。おかげで概念、語彙のプールがでかい(!)のだと思います。

私が通訳学校で体得したのは、すでにできている日本語プールと英語プールを画像でシンクロさせる方法です。

大人の方に私の学生時代のようなヒマはありません。だから学習漫画でもダイジェストでも新書でも結構。視野を広げ、新しい言葉を獲得してくだい。

先日、ITやAIにとても詳しい友人から、自動翻訳がこのごろとても良くなったのは膨大なよい訳例にふれさせているから、と聞きました。どうも私がやっていたことに似ています。私がのろのろ処理できる量はわずかですが。

普通レベルの通訳・翻訳なら自動翻訳が当たり前になる時代がすぐそこまで来ています。

さて、次のことを考えましょうか。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

「クワイ河収容所」バイリンガル読書会はまるで…

「クワイ河収容所」は元英連邦戦争捕虜のアーネスト・ゴードンさんの手記を、我が恩師、元ICU名誉教授の斎藤和明先生が訳されたもの。その手記と日本語訳を並べて読み進み、語り合い、聴き合おうという贅沢な読書会。

ねらいは2つ。目に見える戦争の記録から、いまもここにある目に見えない戦争に気づくこと。既成概念を軽ーく越える和明先生の英日翻訳のコツを学ぶこと。

初回はゴードンさん、和明先生が招いてくれたとしか思えないメンバーが集まりました。もちろん、ゴードンさん、和明先生もご一緒くださった気がしてなりません。

第一章、第一段落の日本語訳出だしを読んだEさんが言いました。

「やられました。もう、出だしで。だいたい翻訳ものは出だしでその後が推して知るべしです。でも、これは次の文、またその次と読みたくなります。」

それは…ここを訳したもの。みなさんはどう訳しますか?

I was dreaming, and I was happy with my dreams.

普通に訳した一例としてはこんなものでしょうか…

「私は夢見ていて、私は夢のことで幸せだった。」

和明先生は、もちろん全体を何度も読んでのうえで、こう訳されています。

「夢を見ていた。夢を見ていれば幸福であった。」

英語の代名詞をいちいち訳すな、とは通訳道場でもいつも言っていること。英語では顕在する代名詞は日本語では「ない」のではなく潜在します。

こんなのは序の口。

X above YといえばYの上にXと教わりますね。本当にそれだけでしょうか。これは次回。

英語を学ぶときに和訳を参考にすることはどこかやましいズルをしている気がしませんか。その和訳の味わいはいまいちで、ああ、この語が英語のこれなのね、と確かめる。もとの英文の語りの姿を再確認するまではいかない。中高生はそんな和訳の使い方をしていませんか。

でも、ゴードンさんの英文と和明先生の日本語訳は二枚看板。東大寺南大門の二体の金剛力士像のようでした。

次回は8月4日 横浜山手地区にて。人数に限りありますので、ご関心おありの方はお早めにお問合せください。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

「クワイ河収容所」読書会始めます

イギリスは好きですか?なら、ぜひあなたに知っていただきたいことがあります。

泰緬鉄道のことです。

泰はタイ、緬はミャンマーのこと。第二次世界大戦のさなか、インドへの海路をふさがれた日本軍はここに鉄道を敷こうとします。

ただ、ここは川沿いに崖が切り立つ難所ばかり。かつてイギリスも工事を諦めたところでした。そこにあえて取り組んだということは日本もそれほど追いつめられていたということ。

工事はアジア人労務者、戦争捕虜たちの強制労働によってなされ、10万人近くが亡くなりました。

この顛末をフィクションとしてエンタメ化したのが映画「戦場にかける橋」です。元戦争捕虜のアーネスト・ゴードンさんはこの映画が堪らなくなり、黙っておくはずだった収容所体験を手記「クワイ河収容所」にまとめました。

通訳道場でも7月7日から英語、日本語での読書会を始めます。

ICUの斎藤和明先生の名訳!

収容所体験記の類は、たいてい敵国の残虐さを明るみに出すことを目的にしているものです。 でも「クワイ河収容所」は違います。敵と味方を超えて人間を、人間を超える存在を想う視点で書かれているのです。

鉄道工事は過酷を極め、枕木1本ごとに1人死んだと言われるほどでした。食糧はわずかなコメのみ。衣類はパンツ一枚。足は裸足。

劣悪な環境に捕虜たちが自暴自棄になっていく様子も克明に描かれています。

そんななか、小さな変化が静かに始まります。

健康自慢のアンガスという青年が亡くなります。具合を悪くした自分の相棒のために自分の毛布をや食糧を与え尽くして、ついに自分が弱ってしまったのです。

ある日、工事から帰ってきたアガーイル部隊のシャベルを日本軍が数えると1本足りません。盗んだ、悪だくみをしている、白状しないと全員殺す、とわめく日本兵の前にひとり「私です」と歩み出ました。日本兵がこの兵士を銃の台尻で打ちのめし、殺したあとでもう一度数えると、シャベルは揃っていました。

こうしたできごとがやがて大きなうねりとなり、捕虜たちの心は生き返ります。

30年前、私は初めてこの本に出会いました。そのころはまだあまりに幼く、「友のために命を捨てる。これより大きな愛はない」のような聖句で頭は いっぱいでしたが、いまひとつ腑に落ちませんでした。

その後何度も読みなおし、やっと腑に落ちました。…極限状況で人を立ち直らせるのは「お前は生きろ。私の命にかえてもこんなことで死なせはしない。生きろ。」という友の想いと行動ではないでしょうか。

極限状況では「私には素晴らしい人生がふさわしい」のような自己啓発アファメーションは無力。

イギリスが好きなら、日本がかつてイギリスに与えた痛みにも思いを致したいものです。その痛みを知る過程が、生きる勇気を与えられる過程でもあるのはありがたいことです。

「クワイ河収容所」英日読書会、7月7日より始まります。

Please follow and like us:
error

幕末横浜の「外国語」は?

ある中1のクラスでこんなことを耳にしました。
「日本語と英語は語順がちがいまーす。」(←間違ってる)
「英語は日本語と違って名詞の前にaとかtheとかつきまーす。」(←半端なこと言うな)

入門期に不適切に「差異」を協調するのってどうなんでしょうね。
あんまり英語を「外国語という壁」として示さないほうがいいんじゃないかと思いますけどね。

というわけで、英語の授業視察はなんだかんだ理由をつけてご遠慮しています。耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ばなくてはならないから。

そもそも、幕末、明治初期の横浜は外「国」語という概念が薄かったようです。言語をナショナルなものとは捉えてはいなかったということです。

参勤交代のため、江戸はもちろん、横浜に近い東海道の宿場町もさまざまな地方の方言が飛び交っていました。当時、書き言葉に共通の文体はあっても、共通の話し言葉、いまの標準語のような言葉はまだなかったのです。( だからなんでもかんでも標準語にしか訳せない通訳者はちょっと居心地の悪さを感じてよろしいのです。)

どのくらいバラエティがあったかというと…たとえば標準語の「かまきり」も…

おがめ(岐阜・高知・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島)
かまぎっちょ(茨城・栃木・埼玉・千葉・福岡)
いぼむし(宮城・秋田・山形・福島・新潟)
いぼくい(むし)(青森・岩手・千葉)
とかげ(!!)(埼玉・千葉・東京・山梨)
はらたち(群馬・千葉)
へんぼ(愛媛・高知)
ほとけうま(淡路島・徳島)
(「都道府県別 全国方言辞典」 佐藤亮一編 三省堂より)

これに
めあーんてぃす(英)
もーんと(仏)
ふぁんぐしゅれっけ(独)

が加わったところで「へえ?それが何か?」でしょう?

言葉は国家ではなく地元で共に暮らす人びとと結びついていたといえそうです。

そういえば、私たちのひいひいひい爺さん婆さんたちはきっと、自分たちを「日本人」だなんて思っていなかったでしょうね。「くに」といえば藩でしたから、「相模のひと」「会津のひと」という具合で。

昔も今も「この人の言っていることを理解したい」という願いが人を言葉に近づけるのだと思います。

さて、横浜といっても街中と違って日本人が体系的に英語と出会った場所がありました。さて、どこでしょう?それを次回以降ご紹介します。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error