fish, sheepはなぜ「単複同形」?立川志の春さんのブログをヒントに

こんにちは。持続可能な将来のための通訳者、通訳道場修練長の冠木友紀子です。

日本語・英語とも聞きほれて笑い転げる落語家の立川志の春さん。通訳道場でも通訳の理想として折々に学ばせていただいています。そんな志の春さんがブログで猫ちゃん英会話ビデオと合わせて英語の複数形の謎を取り上げていらっしゃいました。

fish, salmon, trout, sheep, deer, reindeerはなぜ1匹でも沢山いても同じ形?

これはずばり、スイミー現象です。なんだかいっぱいいるけれど、何匹いるのかわからない。一匹ずつの個の輪郭がぼんやりしている。「みんなで1つ」そんなふうに英語を昔に形づくった人たちは感じたのでしょうね。

高低のゆるやかなイギリスの川は藻や土の色を帯びてゆったり流れていきます。ここにマスの群れが背びれをちらりちらり光らせて泳いで行くと、鱒スイミー。森の中をひっそりと駆けてゆく鹿の群れも(しっぽの白い毛が後ろの鹿には「こっちだよ」の印だとか)鹿スイミー。緑の丘を犬にわんわん言われながらゆったり移動する羊たちも羊スイミー。

レオン・レオーニ作「スイミー」より

単「複」同形というより、団体単位という感じでしょうか。

えー、変なの!という声が聞こえてきそうです。

登別の熊さんは鮭を一匹ずつしかと狙っているかもしれません。サンタさんはそりを引くトナカイが何頭か、おかまいなしのはずはありません。羊の多くは個の輪郭があいまいかもしれませんが、メアリさんの羊はご主人と離れがたく牧場ではなく学校にお出ましです。

ごもっとも。

言葉の基本ルールはひとの「ものの見方、感じ方」をあらわします。時と場合によって変わります。bonitoカツオも辞書をひけば、「複 bonitos、集合的 bonito」なんて書いてあって、こんなのいっぺんい見たら、学生さんは「だからどっちなんだ?!」といやになってしまうでしょう。

コツは文化、風土の違いを楽しむこと、ありありと情景を思い浮かべること。

土佐の一本釣りの漁師さんが、「おおっ、息つく間もなく3匹続けてかかったぞ!」というときはthree bonitoSと感じています。でも、じゃんじゃん採り続けてもう何匹とったか数えているどころでなく…港に帰って船倉をながめて「大漁だ!」というときはa big catch of bonitoと感じています。

さて、人間が個の輪郭を失って、団体扱いとなるのは…くわばら、くわばら。

通訳道場★横浜CATS 朝稽古やってます

Please follow and like us:
error

HomeとHouseの違いは?

こんにちは!持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

Stay home とStay at homeの違いについて昨日ブログに書いたら、こんどはhomeとhouseについてコメントをいただきました。

よく学校で習いますね、
home;居場所、故郷、本拠地 つまり心のあるところ
house;住宅

今は確かにそうです。だから野球場やサッカー場が家の形をしてなくても本拠地はホームと言いますね。「埴生の宿Home Sweet Home」なんていう歌もありいます。ちなみにマイホームは和製英語です。(そうそう、ホームではなくホーウムのほうが実際の音に近いです。日本人は二重母音を長母音に変えるよろしくない癖があります。)

織田裕二さんが犬に扮装したCMで、「ハウス!」と命令されて入りうシーンがありました。 織田ワンちゃんはご主人と過ごせるリビングが「ホーウム」。でもなにか悪さをしたと誤解されたようです。「ハウス」で寂しい思いをしながら反省せよ、とのこと。

なんかかわいい!

とはいえ、houseもはじめから物質的な住宅ばかりを差していたわけではありません。古英語husは「神の家」を意味していたんです。意味の変遷は興味深いです。人間の意識の変化が表れます。

さて、住宅展示場で見かける様々なハウスメーカーはどう名乗っているでしょう。ある住宅公園の場合、ホーム派はタマホーム、三井ホームなど7社。ハウス派は積水ハウスなど2社。ホーム派が多数派です。家というモノを作っているのではなく、人が憩う心の故郷を作るんだ、という気概なのでしょうね。

ん?へーベルハウスHebel HausにセキスイハイムHeim?

これはミススペルではなく、ドイツ語です。いかにもそれぞれhouse, homeに似ていますね。

ただ、Hausは物質的な住宅のみでなく、心の本拠地も意味します。Zuhauseなんていう言葉もあるくらいです。
‘ Ich habe ein schoenes Zuhause. ‘「私には美しい故郷がある。」
英語のhouseが落としてきたニュアンスが残っているようです。

さて、日本語でhomeとhouseは何と言いましょう。「家」の読みは「うち、いえ」ですが、「いえ」の語源は?他には?我が家、おらほ?

外国語を学ぶのは日本語と再会する機会にもなります。外国語が鏡となり、普段、いかに何となく日本語を使っているか思い知るのです。

日本語との再会なし、英語が話せればかっこいい、グローバルなんて思っていると、敗戦国の愚民、根無し草になりますよ。

通訳道場★横浜CATS 朝稽古盛況です。

Please follow and like us:
error

Be動詞の由来はやっぱり…!

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

もうすぐオンライン?新学期。中1から大学生までみなさんもやもやしているのがBe動詞の正体。小さいお子さんならそんなこと考えなくても身体で覚えられますが、大きくなると、身体で覚えた後に頭で整理、心で納得したくなるのです。

I walk, you walk, she walkSと一般動詞の3単現はまだ許せる。でもなに、I AM, You ARE, She ISって違いすぎる。

狭き門より

ドイツ語にもBe動詞はあります。ほかの動詞と全然違います。

その由来を、ルドルフ・シュタイナーはある講座ではっきりサンスクリットと答えて単語も挙げているのです。

英語の am, are, isもサンスクリットの「私、あなた、あの人」が変化したもの。だからほかの動詞と人称変化も時制変化も全然違うのですね。

この講座、シュトゥットガルトのヴァルドルフ学校の先生のために自然科学の講座をしに出かけていったら、ついでに言語についても話してくれと頼まれたそう。 もちろん資料も辞書も準備も何もなし。なのにどんどんラテン語、サンスクリット語、さまざまな引用にあふれていて驚くばかりです。

ただ、講演録はシュタイナー自身の校正、校閲、許可なしに、亡くなってから出されたもので…それでもこうして読めることに感謝して、せいいっぱいの独日訳をしてみます。ふだん英日で十八番にしているさまざまな手法をいったんひっこめて、新境地を味わっています。お粗末さまです。


Geisteswissenschaftliche Sprachbetrachtungen -Eine Anregung fuer Erzieher/Rudolf Steiner

精神科学にもとづく言語をめぐる考察―教育者のための提案
ルドルフ・シュタイナー

第1講

何名か、私たちの友なる方々が、今回の滞在中に、皆さんに言語についても何か話すようにと頼みに来られました。自然科学講座にまして、申し上げておかねばなりませんが、自明のことながら、実に急に出てきたお願いを受けて、このわずかな時間で皆さんに語られることは、ごく簡略なものになるでしょう。自然科学講座での考察にまして、これらの言語観察は善意と寛容をもって受け止められねばなりません、というのも、それらはまるっきり準備なしの即興だからです。何かできるとしたら、とりわけヴァルドルフ学校での我々の授業、あるいは授業一般の役立つヒントを差し上げることでしょう。

おそらく、何に注目すべきなのか、最良の方法で捉えるには、言語を歴史的視点からあれこれ考察してみることでしょう。そこで皆さんにご承知おき願いますが、私が今日申し上げることは、さまざまな把握すべき注釈をゆるくまとめたもので、私たちがこれからのわずかな時間、互いに取り組むであろうことの導入にあたります。

実にはっきりしているのは、ドイツの言語を観察すればわかるように、ある人々の言語において、その発達を通じて、魂の在りようの発達そのものが表れるということです。(後略)

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

新型コロナ休校、英語学習コレはいらない!

休校は延びるばかり。家で学ぶお子さんの様子が気になりますね。

ついつい無理強いしがちだけれど実は逆効果な声掛けがあります。もう、今からやめちゃえ!

それは…「声に出して言いなさい」「発音練習をしなさい!」

今はひたすら「聴きやすい英語を聞くチャンス」です。

日本のほとんどの中高生が英語を英語として処理するための言語中枢を分化せず、日本語として処理しながら「勉強」を続けています。つまりタイヤがパンクしたまま長い道を走っています。

英語を英語として処理するにはまず目安として3か月以内に100時間くらいネイティブ(自分の好きな英語)を聞くことです。

このとき、はりきってリピート練習などすると自分の日本語発音の出力がが入力のじゃまになります。

まずはひたすら受け取ることです。いまはチャンス。好きな語り、声をさがしてひたすら聴きましょう。

どうしても自分で話してみたいという学生諸君は、自分の部屋に籠りたまえ。外国語の学びは心の旅。赤子にもどる恥ずかしい道のり。決して親の前でほめられたりけなされたりして進むものではありません。

第5期 オンライン通訳道場 相談会お申込み受付中

Please follow and like us:
error

「すっぱいぶどう」新コロ休校中高生無料通訳道場レポート②

 中高生無料オンライン通訳道場を開催してからもうすぐ1月。地方も学年もミックス、普段の学校の枠を超えたドキドキの試みでした。

紆余曲折の末、通訳素材に選んだおはなしはイソップ寓話の「Sour Grapes」。あのきつねとぶどうのお話ですこれ、プログレスというミッションスクールで長く愛された教科書の中1のおしまいに出てきます。

 Sour Grapes
 
     One day a fox saw some grapes.
They were hanging from a tree and so they were very high above the ground.
It was a hot day and the fox was hungry and thirsty.
‘Oh, look at those beautiful grapes,’ he said and jumped up.
But the grapes were too high. He couldn’t reach them.
He jumped up again and again.
But he couldn’t reach the grapes.
Finally he was very hot and tired.
‘Oh, I didn’t want those grapes,’ he said.
‘Maybe they were sour anyway.’
 
From Progress in English 21 Revised1

え、中1?それでは上級生が退屈では?

そんなことないんですよ!

「ソバ」「バラ」漢字で書けますか?私、書けません。でも読めます。読めても書けないってあるでしょう。中1のお話なら高校生は辞書なしですらすら読める。でも通訳トレーニングでアクティブに、となるとなかなか手ごわいのです。通訳トレーニングは受信力と発信力のギャップを埋めるのにぴったりです。

みんなと私でシャドウイング、2人組でリピーティング…など頭をからっぽにして割と体育会系ぽくこのお話を耳と口に何度も何度も流しました。おはなしが耳と口から心にしみこんだときに、誰ともなくこんな声があがりました。(実際は英語だったり、日本語だったり。)

「きつねがかわいそう。」
「何度も飛び上がったがんばりをなかったことにするの?」
「ぶどうがすっぱいことにしないと耐えられないくらい悲しかったのかも。」
「誰か一緒にいたら違ったんじゃない?」
「もっときつねの身体にいいものがこの先にあるけど、きつねは知らないんだ。」

「自分がきつねだったらどうする?」
「自分がぶどうだったらどう思う?」
「誰の助けをもとめる?」

ギリシャのぶどう園の写真も見てみました。日本のように大きな木を棚にはせず、低木にしています。だから木からぶら下がっているなんてめずらしい。切羽詰まったきつねは尋常でない難題にチャレンジしていたのです。

greentours.co.uk より

このことは第2文They were hanging from a tree and so they were very high above the ground.がちゃんと語っています。勝沼のぶどう棚なんか想像していては誤読です。言葉が適切な映像に変換されることを「読んでわかる」といいます。

一見スピード勝負の通訳も、深く細やかな読み込みと想像に支えられています。そのことを若い皆さんと再確認できたのはありがたいことでした。

新型コロナ休校中高生限定オンライン無料通訳道場資料はこちら

第5期 オンライン通訳道場 相談会お申込み受付中

すっぱいぶどう

ある日のこと、ふときつねの目に入ったのはぶどう。
木からぶら下がっていたのでたいそう高く、地面のはるか上でした。
その日は暑く、きつねはお腹がすいて、喉も乾いておりました。
「わあ、ごらん、あの見事なぶどう!」そう言って飛び上がりました。
でもぶどうは高すぎで、きつねの手には届きません。
きつねはなんどもなんども飛び上がりました。
でもぶどうは手に届きませんでした。
ついにきつねはとても暑くなり、くたびれてしまいました。
「あーあ、欲しくなかったんだ、あんなぶどうなんて」きつねは言いました。
「たぶん、どのみちすっぱかったんだろうし。」

冠木友紀子 訳
Please follow and like us:
error

オンライン授業を活かすには-中高生無料通訳道場より

おかげさまで新コロ臨時休校中高生限定無料オンライン通訳道場も4クラス7回は無事終了!

私こそ、朝に夕に中高生のはじける声を楽しみに、まことに健康的な毎日をありがとうございました。

元女子校の先生が初対面の中高生のみなさんに出逢って、オンライン授業の強み、弱みを改めて実感しました。そして2つ、思うことは…

話し手の頭の中の景色を聴き手の頭の中で再現するのが通訳

1.地域の縛りはいらない。
今回は北海道から和歌山まで、さまざまな地域から参加者が集まりました。北海道で雪が降っているときに和歌山はみかんが熟れる温かさ。「え、いま雪なの?」「そうだよ、いま見せるから」こんなやりとりができると天気予報の見え方も変わるものです。

2.学年の縛りはいらない。
急に決めたことだったので、その日時に集まれるメンバーで始めました。学年別でも志望校別でもありません。中1と高卒が一緒というクラスもありました。素材は中1の教科書に出てくるストーリーでしたが…すぐに通訳トレーニングで扱うのは上級生にも充分やりがいアリ。下級生は質問をし、上級生はすでに習ったことを下級生にプチ先生として答え…これ、同学年クラスではなかなか容易でないことです。

課題は、円になって輪唱などのちいさなコミュニティづくりの活動ができないこと。私のアプローチは脳化と逆行するのですが。

というわけで、新学期もオンライン授業にするなら、地域の学校ごとにまとまっているばかりではちょっともったいないですよ。そういう部分があってもいいと思いますが、神奈川の中学生が長崎の中学の授業に参加…なにが問題?そういう変化に富む体験を、地元の学校で分かち合おうではありませんか。

新学期も休校が続くようです。通訳道場、もっと通訳に焦点をあてた講座を中高生限定無料オンラインで1クール(6回)やるかしら、と思っています。

新コロ休校中高生限定オンライン無料通訳道場

Please follow and like us:
error

国産チーズパンフ英訳、翻訳の前に大事なこと

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

自動翻訳もずいぶん精度が上がりました。それでも翻訳者がやらねばならないことが1つあります。

新しい読み手を想像することです。ゼロから書く心づもりでいることです。
(もちろん分野によります。自然科学論文、文芸作品はこの限りではありません。)

考えてみれば当たり前のことです。言語を変えるということは、異なる読者層を対象にするということです。

共働学舎の宮嶋さんからのご紹介で、チーズプロフェッショナル協さんの国産チーズパンフの英訳を担当したことがあります。共働学舎のチーズ大好きな私には願ってもないお話。大いに張り切りました。

もとのパンフはすみずみまで工夫が凝らされた素晴らしいものです。チーズになじみのない日本人に向けて、多種多様なナチュラルチーズの製法と楽しみ方を紹介。チーズの専門家、有名人のインタビュー記事は国産チーズに親しみを感じさせます。生産者のインタビューは情熱にあふれ、思わず応援したくなります。

さて、最初のご依頼は「全部英訳」

ん???

ここで新読者確認です。

英語はあまりに世界で広く使われすぎています。誰でも読めるけれど、誰も自分宛てと思わない可能性も大です。英訳の難しいところです。宛名のないラブレターになってはもったいない。

依頼主に確認したところ、主にヨーロッパとのことでした。

そうなると日本人向けの丁寧な説明部分はかえって冗長、不要となります。ヨーロッパのみなさんは先刻ご承知ですから。チーズの専門家、有名人のインタビュー記事もあまり意味をなしません。かえって生産者の声がかすんでしまいます。

優しいイラストからはもうチーズが薫るよう!

生産者の声にしぼることになり、英訳を始めると…今度は生産者の「日本人向け」のメッセージが気になりました。

「おいしさの感度って他国と日本は違います。日本人はきれいな味が好き。だから日本人シェフたちの意見を聞きながら僕は雑味のない味を目指してきました。」

ごもっともです。日本の地に足をつけた見事なお仕事。ヨーロッパ輸入チーズの強い風味が苦手なひとでもおいしく楽しめるのはこういうたゆまぬ努力あってこそです。

でも、ヨーロッパの人たちにはこう聞こえませんか?
「日本のおいしさの感度は特別です。日本人はきれいな味が好き。他国はきたない味でもいいみたいだけどね。だから日本人シェフの意見を聞きました。他国のシェフのアドバイスきくと雑味のあるものができちゃうかもしれないからね。」

大げさかもしれません。でも、この生産者の方はこんないやな意図で話したわけではありません。ならば誤解の芽はできるだけ摘んでおきたい。そこで、誤解の可能性について依頼主に連絡し次のような修整を打診しました。

「おいしさの感度って地域それぞれです。日本人はどうも繊細な風味が好き。(そうした味づくりに慣れた)日本のシェフたちに相談しました。おかげで気になるいやな雑味のない風味が生まれました。」

するとすぐに協会と広告会社で話し合いがもたれ、これで行こう、ということになりました。迅速かつ柔軟な対応はさすが、とありがたく思いました。

また、日本のチーズを喜んでもらえるのは、ヨーロッパでも多数派の風味がしっかりしたチーズが苦手な人たちだということも見えてきました。(ヨーロッパの友人にいます。気の毒…)

英文はこのとおりです。
“Taste preferences vary from country to country and region to region.Japanese people tend to prefer subtle, delicate flavors. To acheive such flavors without any unpleasant distraction, I consulted with servera Japanese chefs.”

将来、納豆のねばねばと苦さが嫌いな日本人のために、ヨーロッパからさらっとして臭くないナッツのようなフレーバーの納豆がやってきたら面白いですねえ。

翻訳は新しい読者を想定して、ゼロから書くつもりで。人間だもの。

通訳道場★横浜CATSはこちら

Please follow and like us:
error

福島地方紙の大学合格記事に思うこと

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

福島の地方紙の一面を見て驚いたことがあります。数年前のことですが。

ある東京の大学に合格者が出たというのがトップ記事。嬉しそうなご本人のインタビューも詳しく載っていました。

実におめでたい。でも、この調子で掲載してたら3月いっぱいじゃ追いつかないだろうなあ…

思い出していたのは福島県の高校の風景です。震災以降、私は「県境なき教師団」よろしく出前授業で通訳トレーニングやストーリーテリングを活かしたワークショップを提供していました。

伺うたびに(2時間授業して4時間呑んでいたのですが)感心するばかりでした。福島の県立高校の授業のレベルの高さ、先生方の仲間づきあいの濃さ、私たちへの行き届いたおもてなし…どう見ても支援していただいているのは県外からのこのこ出かけていった私たちでした。

あの感じなら、この大学には毎年30人くらい合格していて不思議はない…あの大学も、この大学も…ん?新聞が足りない?!

ふと、気になったのは記事の中の「十数年ぶり」の部分。

福島と言えばコレ!

え?どうして?

ここから先は憶測の域を出ません。

どうもたくさんの生徒が受験して不合格になったとは思えないのです。そもそも受験していないのでは。

…もしかして、実力はあるのに受験していないのでは。
実際よりその大学は難しいと思い込んでいるのでは。
受かるはずがないと思い込んでいるのでは。
地元を離れてはいけないと思い込んでいるのでは。
いったん地元を離れたら戻れないと思い込んでいるのでは。

いや、先生方がそんな思い込みは解いてくれるはず…

地元の大学も首都圏の大学もくまなく調べて自由に決めたことならよいのです。地元にも専門分野に優れた大学はあります。地元の大学に通いながら家業を継ぐ準備をするのもめったにない幸せな道です。それならよいのです。

ただ、もしかしたら東大の女子率が2割を超えないのと似ている構造があるのかもしれないと妄想しています。女子が受けて合格しないのではなく、そもそも受験するまでのハードルが多いとか。同じようなことが男女のジェンダーではなく、首都圏、地方のイメージの差にあるかもしれません…なんていうのが私の勘違いだといいのですが。

もし勘違いでなかったとしたら…次にやるべきことは酔っぱらい押しかけ授業ではないのかもしれません。

コロナ休校中高生3月限定オンライン無料通訳道場好評開催中

Please follow and like us:
error

合格=成功、不合格=失敗ではない

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

ここ数日、あちこちで高校入試の結果が出ているのですね。コロナ休校中高生限定オンライン無料通訳道場でも話題です。

第一希望に落ちたら…そりゃショックでしょう。気が済むまで落ち込んで、気が済むまで悔しさにまみれてください。いっぱい泣いて、いっぱい八つ当たりしましょう。それはあなたの努力の証。努力してなかったら落ち込むことなんてできませんよ。

でもね、しばらくしたら耳をすませてみてください。「これがよいのだ。このまま行け。」という心の声が聞こえてきませんか?

大いなる導き手(運命でも神仏でもコンコン様でも名前はなんでもいいです。ゼウスはあてにならないけど)は、失敗の仮面をかぶってやってくることがあります。

あなたを待っている学校はあなたの居場所になる

私も入試の現場で数年を過ごしました。受験生や入試問題、入試当日オペレーションに関する情報は他言無用。秘密厳守でした。

それでも振り返ってみると、学校ごとに別々にやっているようで、学校の垣根を超えた力が働いている気がするんです。いろんな学校の先生たちが自分たちでも知らないうちに、学校を超えたサッカーやバレーボールでパスをまわして、ひとりひとりが待っている学校行けるようにしている気がするんです。

絶対間違えないはずの漢字をど忘れしたのも…
ありえない計算間違いをしたのも…

すべてあなたを待っている人がいる学校に、あなたが行けるため。うっかり「第一志望」に受かってしまったら、人生の第一志望に行き損ねてしまう。

しばらくして落ち着いたら、どうか、人生の第一志望を信じてみてください。

「ここへきてよかったと思えるようにがんばろう」なんて気合を入れる必要はありません。それは気合でもポジティブでもなくてただの下心。自然にしているだけでいいです。

「あっちの学校に行かなくてよかった。こっちのほうがいい。」なんて思う必要もありません。それは失礼な負け惜しみ。あっちの学校のことをあなたは何も知らないのに比べようもないでしょう?

大いなる導き手はあなたの手をしっかり握り、一歩先だってあなたの道を一緒に歩いていくことでしょう。

ゆっくりと、あなたの心に「これだ」という温かい喜びが満ちてゆきますように。

よくがんばった、おめでとう!

1-4組終了後どうしようか、思案中→コロナ休校中高生限定オンライン無料通訳道場 

Please follow and like us:
error

新年度の参考書、問題集を選ぶなら

こんにちは。持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

中高生の皆さん、いかがお過ごしですか?なんだか出かけにくい?

でも、そろそろ来年度の準備も気になりますね。新学年の参考書や問題集も欲しいでしょう?選ぶの、結構難しくないですか?近所の本屋さんでもなかなか決められない学生さんをよく見かけます。

先生や先輩のおすすめも参考になるけれど、自分にあっているかはわからない…見た目やタイトルに惹きつけられる。でも、中身はどう?…

そんな時、私はこんなふうに選びます。

①たとえば「関係代名詞」のように自分の知りたい項目をひとつ決めます。

②ちょっといいな、と思う参考書数冊で「関係代名詞」について読みます。

③「これを書いた人に会いたい」と思えた本がアタリ。

情報の量やわかりやすさも無視できないけれど、それだけじゃ肝心のところが抜けています。肝心なのは、本の向こうに書いた人が感じられるか、その人に興味を持てるかどうか。

普段の勉強でも、受験勉強でも、「これは自分に関係がある」「自分に宛てて書かれている」「書いた人は自分に用がある」「書いた人に会いたい」という感覚を大事にしてくださいね。この感覚のスイッチを切ったまま、みんなが買ったものを真似して買ったり、親がとりあえず買ってきたものをぼーっとやったりするのはあまり感心しないなあ。

「向こうにいる誰かを感じる」感覚を切ったままでいると、自分がお留守になるからね。そして、そういう人は沢山いる。

私が受験勉強で手ごたえを感じた問題集、参考書は中原道喜さん、伊藤和夫さん、という先生方が書いたものでした。タイトルは忘れてしまったけれど先生方の名前は忘れない。それくらい、日本語での解説にも思いが込められていました。

だから、昔、英検やTOEICを受けた時も、対策問題集や過去問は仕上げにやっただけです。私はあの手のナニヤラ協会が出した問題集には「向こうにいる人」を感じなかったので。

普段は著者の声が聴こえるようなものをたっぷり味わいましょう。

自分にとってぴったりな声を聞き分けるのは自分。

さあ、ご近所の本屋さんへGO! 帰ったら手洗い、うがいをしっかりね。

休校中高生3月限定オンライン無料通訳道場、資料を公開しています。←クリック

Please follow and like us:
error