仏像を英語で案内するなら

講座の通訳をしていると、あいまに休日の観光案内もご一緒することがあります。

先日も京都にご一緒させていただきました。さすが、京都のお寺はインバウンドの方たちでにぎわっています。タクシーで移動中、アメリカからの講師の先生から訊かれました。

「そういえば、講座が始まる前の日、京都駅の近くを観光したんだけれど…ええと、あれはどこだったかしら。すごく変わってて、おんなじような小さい仏像がずらーっと並んでるところ。普通違うわよね。」

ああ、それは三十三間堂。ずらーっと並んでいたのは千手観音Sahasrabhuja。「普通の」とおっしゃるのは、 ボスが真ん中にいて、左右に2体サポーターがいて、さらにその周りに警備員…のような、でしょう?それは 三尊形式(中尊と脇侍二尊から成る)というそうですよ。

そう。通訳者にとって医学に引けをとらず勉強しがいがあるのが仏教です。事前準備が必須です。

お寺に行ってその場で説明を英訳すればいいや、最近は説明も英語になってるし、なんて慢心はいけません。薬師如来はMedicine Buddhaあたりでごまかせたとしても、阿弥陀如来はどうします?阿弥陀って何?!如来と菩薩の違いは?持国天の天はheavenでいい?(良いわけない!)

その場であわてるのはもったいないです。

仏教の言葉は奥深くて、サンスクリット語、ヒンズー教、中国語、日本仏教がミルフィーユのように重なっています。あまりに面白くて通訳の準備だったことなど忘れるくらいです。そう、そんなこと忘れて没頭したほうがよいのです。

本当にきりがありませんから、今回は高校生の修学旅行にもおすすめの「これだけは」の分だけをご紹介します。アクサン記号がうまく出なくてちょっと困りました。長母音は母音字のあとに「-」をつけました。

  • 仏像の4種類(部)
    • 如来 tatha-gata
    • 菩薩 bodhisattva
    • 明王 vidyaraja
    • 天 deva
  • それぞれの部のメンバー
    • 如来
      • 釈迦如来 Sha-kyamuni / Buddha
      • 薬師如来 Bhaisajyaguru / Medicine Buddha
      • 阿弥陀如来 Amita-bha / Buddha of Infinite Light
      • 大日如来 Maha-vairocana
    • 菩薩
      • 弥勒菩薩 Maitreya
      • 聖観音菩薩 A-rya-valokitesvara
      • 十一面観音菩薩 Eka-dasamukha
      • 千手観音菩薩 Sahasrabhuja
      • 文殊菩薩 Manjusri-
      • 普賢菩薩 Samantabhadra
      • 地蔵菩薩 Ksitigarbha
    • 明王
      • 不動明王 Acalana-tha
      • 五大明王
      • 降三世明王 Trilokavijaya
      • 軍荼利明王 Kundali-
      • 大威徳明王 Yama-ntaka
      • 金剛夜叉明王 Vajrayaksa
      • 愛染明王 Ra-gara-ja
      • 梵天 Brahna-
      • 帝釈天 Indra
      • 持国天 Dhrtara-stra
      • 増長天 Viru-dhaka
      • 広目天 Viru-pa-ksa
      • 多聞天 Vaisravana

こちらの本、おすすめです。「仏像バイリンガルガイド」バイリンガルで、コンパクトなのに内容も充実していてイラストも綺麗。おみやげにプレゼントしても喜ばれます。



お寺にも花のあふれるこの季節。よい週末をお過ごしください。

通訳道場★横浜CATS 第5期




  

Please follow and like us:

某女子大必修英語が面白い

なぜそんな仕事を?通訳や通訳養成に比べて割に合わないでしょう?

まあ、おっしゃる通り。割に合いません。はじめは「しばらくしたら通訳の授業が回って来るから」なんて言われて信じていたけど。

そういう問題じゃなく、面白いんです。

本物で包囲してくれた母校。

私がまるでだめなヴァイオリンで体験していることが活きるのを感じます。

2小節も進まないうちにストップ。表現や感情の自由どころではない。でも、そこにはゆるがせにしてはならない、ごまかしたら先に進めない要点がある。

この必修のクラスには「文法、発音は気にしないで」と言われて、きちんとしたいのにきちんと向き合われなかったという空気のある人たちが沢山います。

そりゃ、自分でいくらでも調べる人もいるでしょう。でも少数派。それを多数派にするのが先生の仕事だと思うのですが。

たとえば、in, on, atと次元の関連…
l, m, n, の発音…
心拍、呼吸と横隔膜、大腰筋…

そんなディテールをつきつめると、ぱっと花咲く顔が少なくないのです。

このクラスの半分は日本文学、音楽専攻。この授業が最後のフォーマルな英語かもしれない。ならば、最も深い納得とともに送り出したい。もう半分がクラスメートの日本語、音楽への知見に学びながら、通訳後継候補者になればなんとうれしいこと。

手ぐすね引いて待ってます。

冠木友紀子のプロフィール


Please follow and like us:

私が食事中通訳を引き受ける理由

20年近く前、都内の通訳学校に通っていたころのこと。「食事しながらの通訳は断りなさい。見習いに代わってもらうのがベスト。自分がやらなくてはならないとしても、クライアントの会食の前か後に用意してもらってひとりで済ませなさい。」と言われたものです。

それはそれでエージェント経由の通訳者にはごもっともです。普段の通訳は頭フル回転の真剣勝負。その状態で食事をとることは生理的にも無理があります。エージェントが所属通訳者の健康と仕事の質を守ろうと助言するのは無理からぬことです。

でもね、私はいま通訳をお引き受けしている方々のところでは大いに飲み食いしながら通訳しているんです。

なぜ?

私も仲間の一員だと思っているからです。私をプロジェクトの一員と思ってくれる人たちとしか仕事をしていないからです。

そういう仲間や海外講師とは、仕事の後においしいものを囲む時間も大切。そこに私がいないことは考えられません。

でも、失敗もありました。駆け出しのころはまじめに通訳しながら食べようとして、学校教員時代以上の早食いをしました。そのせいで仕事が終わった後、4日も胃痛に苦しむことになりました。なぜかちっとも痩せなかったけれど。(学校の先生以上に早食いしてはなりませぬ。)

でも、私が「この人たちと一緒に過ごしたい」と思っている限り、なんとか工夫するものです。たとえば…

1.食べるのがめんどくさそうなものは、箸をつける前に食いっぷりのよさそうな若いもんにあげちゃう。喜ばれます。私のお皿は空に見えるので「冠木さんも食べて!」と言われずに済みます。

2.飲む。ご先祖様のおかげで私はもともとお酒に強いんです。そのうえ仕事中は最高に緊張、興奮しているのでちっとも酔っぱらいません。お酒の中でも度数の低いビールを飲んでいれば、おなかはいっぱいになるし、周りも「冠木さんも飲んでいるな」と安心してくれます。

3.講師の隣に座る。講師と私が講座中に個人的な話をすることは決してありません。でも会食の席では講師がいろいろプライベートを訊ねてくることもあります。その会話は英語学習中の参加者のみなさんには面白いようです。そんな話はかいつまんで訳せばOK。

私が食事中通訳より気にしているな講師の食事、時間の使い方の趣向です。夜はひとりでルームサービスにしたい方、ホテルのレストランが好きな方、ほったらかしてもらいたい方(ひとりで赤ちょうちん入りたい方も)…そのあたりをさぐるのもコミュニケーションの忍者(?)、通訳者の仕事です。

あれえ、呑み助限定の話だったかなあ。

通訳道場★横浜CATS 第5期

Please follow and like us:

プロは英語で「はしゃがない」!

思わず見とれてしいまいました…。ホテルのレストランで采配をふるうチーフウェイターさん(写真ではぼかしてしまいましたが…)

立ち方、「おはようございます」のあいさつの声の張り、お客さんに席を示す手のしぐさ。全身の動きが明確、自然でお茶のお点前のようにきれいです。これぞプロ。

このホテルには海外のお客さんも沢山滞在しています。

おや?彼は「おはようございます」「Good morning.」 のほか余計なおしゃべりはしません。おしゃべりするのはお客さん同士。

彼は笑顔とお点前のようなしぐさできびきびとお客さんを席に案内していく…。

プロだわあ。

どういうわけか日本の方の中には、英語となると張り切って余計なことまで機関銃みたいにしゃべるひとがいます。人の話にまで割り込む人もいます。 わあわあうるさい割にノンバーバルな表現、つまり表情や身のこなし、声のトーンは一気に下品になる。

この傾向、英会話中級者はおろか、B級の通訳者(まもなくサヨナラだろうけど)にまで見受けられます。

なんのコンプレックスでしょう。あるいは学校で「間違ってもいいから発信してみよう」なんてとんでもない阿呆な励まされ方をしたおかげでしょうか。

プロの仕事に自意識過剰なコンプレックスは無用、身体コントロールは必須です。

学びの過程でも「まず静かに聴くこと」「所作を稽古する」機会を持ってほしいものです。

こういうことを言っているから明治の文豪ぽいと言われてしまうんですかねえ。明日から令和ですが。

通訳道場★横浜CATS 第5期 受付中

Please follow and like us:

医療通訳の準備に思う、患者は忍者?

通訳は専門用語をきちんと把握していることが必須です。

専門用語という「点」が頭に入るには、点と点をつなぐ線、専門領域という「面」を理解することも必要です。ただの単語暗記では思考の流れについていけません。

なかでも準備にきりがないのは医療の通訳。日進月歩の技術とともに新しい言葉も生まれ続けています。

そんなとき、ふと気になるのがごく当たり前の言葉。

たとえばpatientは「患者」でいいのでしょうか。

話し手の頭の中の景色を聴き手の頭の中で再現するのが通訳

個人的には患者の「患、わずらう」という字がなんだかフナムシみたいで…具合の悪いときには見たくない気がします。

語源によると、patientはまさに「耐え忍ぶ」。(インパチェンスimpatienceという花がありますが、種に触ると弾けて飛ぶ様子が「不」「忍耐」というわけです。)

patientは「患う者」ではなく「忍ぶ者」、なんと「忍者」ではありませんか。身体の状態ではなく、心のありようを表しているように思えます。

と、こんな寄り道も準備の楽しみのひとつです。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談承ります

Please follow and like us:

「令和」と二重母音と日本人

新しい元号、みなさんどう感じましたか?


海外では「『命令のもとに和せよ』という意味だ」と推測するメディアが盛り上がったようです。 政府は各国大使館にbeautiful harmonyと説明せよ、と指「令」を出したとのこと。

でも、harmonyで美しくないのってあるんでしょうか。

万葉集のこの文脈では「令」は月の「つやのある美しさ、佳いさま」を表すそうですから、lustre and beauty とかshining beautyでもいいかもしれませんね。

ちなみに「令」の字はひとが集まって、ひざまずき、神の意に耳をすませる様子だそうです。もともとは政治家の命令じゃないのです。海外のメディアも安心してくれるといいのだけれど。

ところで、「れいわ」という音について。

じきに皆さん「れーわ」と言うようになるはずです。(しかも「れ」はLの音で)平成へいせい、もそうでした。へーせー。めーじ、たいしょー、しょーわもそうです。

れいわでもれーわでも日本ではOK。 メインディッシでもメーンディッシュでもおかまいなし。

でも英語を話すときは耳と頭を切り替えましょう。

たとえば、cakeをケークとエーで伸ばすだけではいけません。

先日、大学の恩師、O先生に伺ったところによると、 日本の皆さんには「前の母音8割、後ろの母音2割くらいのつもりで」というと納得してもらいやすいとのこと。

エーを8、イで2、「ケーイク」てな感じでしょうか。

ケークなんてイを忘れると、イチゴの乗っていない のっぺらぼうケーキになって、聞き返されかねません。

通訳者はこうした瞬時の切り替えをとても大切にしています。日本語も英語もわかりやすさの土台は自然な美しさですから。

冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:

「自分に用がある」感覚―内田樹さんに聞いた、レヴィナスとの出会い

グーグルで関連キーワードなどを調べてちゃらいタイトル考えても、結局違うことばかり書いてしまうようです。今日は正直なタイトルで参ります。

学びは個別、私的な体験

どうも学びというと同学年集団、テストによる競争というイメージが日本では沁みついています。でも、本来学びは個別、私的な体験で二つと同じ学びはないと思うのです。

いまの「小さいうちから英語」は前者の横並び徒競走的で、へんにプライドをくすぐるけれど、大して魂を育てないだろうと思っています。

むしろ、大人になってから個別、私的な出会いを通して自然と外国語を身につけた人たちはなんだか素敵です。なかでも興味深いのは内田樹さんに伺ったお話。

個別の出会いもひとりになる経験から。

内田樹さんはユダヤ系フランス人哲学者、レヴィナスの著作との出会ったとき、「町で見知らぬ外国人に肩をつかまれてわあわあ怒鳴られた感じ。何を言っているのかさっぱりわからないけれど、この人は『自分に用がある』と感じた。」のだそうです。

この「なんだかわからないけど自分に用がある」直感が大事なんです。「わかりやすくてみんながやっている」のイワシの群れの逆です。

内田さんはレヴィナスに会いに行き、声を聞いたあとは翻訳も楽になったとのこと。そう、声が聞こえるって活字の向こうにいる唯一無二の著者本人をありありと感じているということ。

私も思い当たる経験があります。レヴィナスのような個人との出会いとはちょっと違いますが…イギリスの詩朗唱の英語、トマティス博士のフランス語、オーストリアのバイオマス企業のドイツ語。「用がある」感覚は強烈でした。

英語の教科書一生懸命読んだり、付属の音源CD聴きこむのもいいけれど、こうした出会いの足元にも及ばないでしょう。

「これを書いた人は自分に用がある」

自分に用があると思えない情報はあっさり離れる。発信するときは用がある相手を想定する。

情報過多の時代、用のない情報につきあってまごまごしていたら、外国語どころじゃありません。

通訳道場★横浜CATS 第5期はこちら

Please follow and like us:

英語教育、いつから始めるー③テストで損をしたくないなら

ん。なんかこのタイトル、自分でもちょっと気が進みません。まあ、気を取り直して…

外国語はラーメンと同じ。それぞれに好みがあります。全員が博多ラーメンを好きなわけではありません。明日から喜多方ラーメン以外は販売禁止、なんてことになったら暴動が起きるでしょう。

ラーメンが多様なように、学校で学べる外国語ももっと多様であってほしいものです。

でも、今日明日に学校がラーメン博物館になるとは思えません。

そこで、3つほどおすすめを紹介します。アドバイスは本当は個別にお伝えすべきものですが、「個別化」の部分は皆さんそれぞれにお好きなようにおやりください。

1.いま、夢中になれるものを

いまは学校の授業、教科書の他に映画、音楽といろいろなメディアに触れられます。これ素敵!と思えるものを見つけてください。私は高校時代にカーペンターズCD12枚分と大学時代に映画「いまを生きる」まるごと覚えてしまいました。覚えようと思ったわけではなく、あんまり好きだったので自然と覚えてしまったのです。結果的にテスト勉強はあんまりせずにすみました。英語圏の作品は趣味が合わない…?英語圏といってもアメリカ、インド、アイルランドは随分違うもの。ディズニーは嫌いでもボリウッドやケルト音楽は楽しめるかもしれませんよ。それでも気が進まなかったら…

2.勝手に好みの外国語を学ぶ

学校が情報伝達の中心だった時代はとっくに終わっています。いまは自分がその気にさえなればびっくりするような情報も手に入る。学校はそういう発見を持ち寄る場です。たとえば、「もののけ姫」ブルーレイには日本語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フィンランド語、韓国語
ドイツ語、広東語、北京語が入っています。これを片っ端から少しずつ聞いて、「お、なんだか聞き心地が良い~。これ、好き。」と思える言語を探してみては?こっそり独学して学校で披露するとクラスのみんながびっくりするはずです。こういうの、ちょっと気分いいんですよね。

で、ほかの言語にチャレンジした後、英語に戻ってくると「なんだー、こんなに自分はわかってるんだ」と気が楽になるんです。

3.岩波新書・ジュニア新書を読む

「大学入試の英語長文が苦手だ」という高校生の声をよく聞きます。でも、細かく分けてみると、英語の長文が苦手なのではありません。日本語でもろくに知らない話題なのです。そりゃ英語で読んでもチンプンカンプン。まず日本語でものを知らないと話になりません。中学に入ったら、まずは岩波ジュニア新書を片っ端から読んではいかが。新書は他にもいろいろあるので、好みのものでよいと思います。ただ、現代政治関係ではあまりにセンセーショナルで真偽疑わしく、おしゃべり調のものは私は敬遠してますけど。

テストで損をしない…といいながら、結構正統派のことしか書けませんでした。学びって個別の体験。自分で自分の面倒を見る覚悟のある人が伸びるように思います。

通訳道場★横浜CATS 第5期

 

Please follow and like us:

英語教育、いつから始める?ー①

親御さんには悩ましいテーマですよね。不安を煽られたくはないけれど、お子さんにはより幸せな未来を準備したい。あのときやっぱりあれをやっておけば、と後悔したくない。ごもっともです。

ご参考までに日本では見落とされがちな点を1つご紹介します。

シナプスの刈り込み

幼い子どもはなんでもみごとに吸収します。だから小さい頃から習わせたいと思いがち。

でも歯が生えかわるころと、思春期に入るころの2度、「吸収したけどあんまり続けて使っていない」シナプスが大掃除されます。だから、小さい頃のネイティブの子どもみたいな発音はどこへ…となるのです。(発音にそこまでこだわる必要もありませんし。)大人にNOが言えない小さな子どももちゃんと内側で自分なりの選択を自ずと行っているのです。

中高生になるともうシナプス大掃除は起きません。その代わり、NOをはっきり意思表示するようになります。逆に親や先生が辞めろと言っても、自分でやると決めたらやる力も強くなります。

私はさまざまな年代の英語学習者に出会ってきました。なかでも爆発的に伸びていたのは中学で優れた指導者に出会い、憧れを掻き立てられ、莫大な量のインプットを「勝手」にした人たちです。

日本では臨界期仮説に煽られた人も多いようですが…人間は生涯学び、選び続けていく生き物。タイムリミットを恐れなくてもいいと思うんですけどね。

優れた指導者に会えるかどうかわからないから小さい頃から?
いえいえ、指導者は先生に限りません。映画でも小説でも歌でもいいんです。

(本当はね、そもそも国民全員で英語やっていること自体もったいないと思ってます。)

通訳道場★横浜CATS 第5期はこちらから

Please follow and like us:

その日本語サイト、そのまま英語に翻訳してはもったいない

我が通訳道場のメンバーは、私が言うのもなんですが、優秀です。
私が仕事を回そうとする前に、もう周りから仕事が降ってきているようで。きっと周囲の方にプロの通訳・翻訳スキルを身につけるのを望まれていたのでしょうね。本当に嬉しい、ありがたいことです。

でも、私が「その仕事、いったんストップ!」と言うこともあるんです。

たとえば、ご友人の和菓子屋さんのサイトの英訳を頼まれたというケース。

予算もスケジュールもまったく問題ありません。

でも、既存の日本語サイトをそのまま英語にしたら、ほぼ無駄になる。

そりゃそうです。

pixabayの写真です

だって、考えてもみてください。

日本語サイトは日本人客、それも地元の人たちを対象にしています。町内会や学校のご祝儀引き出物プランまであります。

それをそのまま英語で読むのって誰?

英語情報を読むのは誰?

このお店の場合、インバウンドのお客様の中でも日本の伝統文化に関心のある中高年がメイン。できればお店が主催している英語の茶会や和菓子作りの会にも脚を伸ばしてほしいと願っていました。

日本語情報を読む人と、英語情報を読む人は違うんです。だから必要な除法も違う。両方読んでるひまな人はまずいません。徹底的に相手に合わせて練り直すことをおすすめします。

たとえば、お菓子の由来、原材料(和菓子の鮮やかさがすべてケミカルと勘違いする人もいますよ!)、そのお菓子をいただく風習、季節感、日持ちなどなど。
お菓子の名前の英訳なんて面白いでしょうね!落雁、練り切り、すあま…すあまって何者?

私なら、まず一度お店にヒアリングに伺ったうえで、日本語サイトも参考にしながら、読む人を想像して別に書きます。

昔は翻訳といえば文芸作品が多く、「そのまま訳す」が普通でした。

でも、今は時代が変わりました。ジャンルもメディアも増えました。
変わらないのは「受けとる相手を想うこと」。

それをしないで言葉の置き換えだけするなら、AIで結構。

人間らしい仕事には想像力、マーケティング感覚をお忘れなく。

↓日英翻訳でてんやわんやしています
通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us: