通訳の準備 検索しても何も出てこない場合は

おめでとうございます!それは素晴らしい仕事を頼まれたということです。ゼロを1にする仕事です。まだ日本にはない、でも世界のどこかにあるものを日本に持ってくる瞬間に立ち会っているということです。大変だけれど張り切っていきましょう!

これをごく簡単な図で表すと…

「検索しても何も出てこない」のは専門知のさらにその先の「未知」あるいは「日本語にはない概念・単語」を検索しているからです。

荒っぽい図ですが、これを見ればいきなり素人検索しても逆位遠回りなこともはっきりしますよね。「バイオマスボイラーですね、わかりました」で検索するとせいぜい一番外の輪の一般知をひっかけるくらいです。ボイラー関係の会社のFAQページや製品案内は面白いけれど、業界の動向を把握するには向きません。遠回りです、目指すは中心の黄色い輪なんですから。

依頼主の思いをまず聴いて、というのは「専門知」の輪から勉強をスタートするためです。

専門家である依頼主が門外漢だけれど言葉のスペシャリストである通訳者を頼んむのは、日本に新しい何かをもたらすため。日本にとって新しい海外の情報にはまだ名前がついていなくてもちっともおかしくありません。

だから、事前準備で海外の専門用語をごっそり集め、単語集を作ったら、いちど依頼主に送ることです。新しいものに古い名前をつけてしまっていないか確認するためです。(あとは…自分に万が一のことがあったときのピンチヒッターのため。さいわいそんなことはまだ一度もありませんけど)

新しい名づけは通訳が終わった後も続くことがしばしばです。なぜなら、通訳当日になってはじめて実物が動いているところを見ることも多いからです。

「なんだ、そういういことか」「へえ、こんな感じなんだー!」「じゃあ、こういった方がいいかなあ。」「無理に訳すと釜戸や囲炉裏のイメージに成っちゃう」「全部カタカナはイメージが安易すぎ…」「日本語とカタカナをちょっとずつまぜたら?」

新しいスタンダードを一緒に作れる仕事なんてそうそうあるもんじゃありませんよ。専門用語を覚えればすむ既存の領域よりずっとやりがいがありますよ!

冠木友紀子主宰の通訳道場★横浜CATSはこちら

Please follow and like us:

通訳の準備、検索はこんなふうに

さて、依頼主の志もしっかり聞きました。おいとまする前にこう尋ねてみましょう。

「情報が足りないなあと思うのはどんな方面ですか?」
「もっと知りたいと思うことはありますか?」

ここでも大切なのは依頼主の志。通訳者は自分の趣味や自己満足でお勉強するのではありません。あくまで現場で忙しい依頼主の代わりに情報を探すのです。依頼主と同じ景色を見ようと願って学ぶのです。

さて、仮に「社会的な金融のなかでも起業家向けのものを知りたい」と依頼主がリクエストしたとしましょう。

ここで「社会的起業家」「金融」と検索エンジンに打ち込んでもいいのですが…。まあ、本当に日本での状況を得るために新聞、ニュースサイトを読むくらいにしてくださいね。個人的な考えを述べたブログなどを読んでいてはきりがありません。

いわゆる検索エンジンの限界は自分のアタマの限界。何でもあるように見えて、自分の限界以下のものしか目に入らず、そのことも意識しにくいのです。これは時間がもったいない。

ならば、はじめから自分のアタマを超えたものばかりがそろっているサイトで検索するという方法があります。

私がよく最初に利用しているのがElsevier。学術情報のポータルといえばいいでしょうか。最も専門的で信頼できる情報が見つかります。ここでsocial entrepreneur financeと入れるとずらりと論文、専門書、サイトが出てきます。

ポータルは日本語になったんですねえ。中身はほとんど英語ですが。

論文は関係深そうなもののアブストラクト(要約)をざーっと沢山読みます。これでその領域の現状はイメージがつかめます。

面白い情報が見つかったら、依頼主に逐次連絡することもお忘れなく。通訳本番前に仕事(他者貢献、信頼醸成)は始まっています。

冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:

通訳の準備、ネット検索で損をしていませんか?

「外国語が話せることと通訳できることはまた別。通訳は事前準備が仕事の8割です。」

ここまではよく聞く話です。差がつくのはこの先。

「わかりました。子どもの感覚・運動発達と学習がテーマですね。」

エージェントから通訳を頼まれ、テーマを聞いた途端にネット検索をしていませんか。初回の打ち合わせにネット検索したものをこれでもかとプリントアウトして持参したりしていませんか。

そのプリントアウトを眺める依頼主の視線はどうでした?冷たかったのでは?

初回の打ち合わせにプリントアウトしていくべきは、依頼主のサイトです。

通訳者は門外漢であることを肝に銘じましょう。ある分野の通訳を重ねたとしても、現場を持たない立場であることを心に留めましょう。

最初にすべきは検索ではありません。門外漢の検索が門外漢の視野を超えることはありません。

まず依頼主に連絡をとり、できる限り素の状態で直に話を聞きます。まず大切なのは依頼主を知ること。その思い、志を聞くこと。専門知識はその次です。

「ああ、この人は自分の思いを理解し、共鳴してくれた。」と思ってこそ、依頼主も喜んで専門資料を見せてくれるというものです。おすすめのサイトも教えてくれることでしょう。

検索するとしとしたら、ここからです。

ものごとには順番があります。

検索の仕方は次稿にて。検索でなんとかなる領域はまだ楽な方です。

通訳道場★横浜CATS(まもなく更新)

 

 

 

 

Please follow and like us:

通訳者におすすめの服装は?

結論から申します。

通訳者におススメの服装は、日本、海外のパートナーの服装トーンに調和する、1段階フォーマルなものです、

ここのところ、ご紹介のおかげで新しいお客様の通訳をさせていただく機会に恵まれました。

そして新たな気づきが…!

私は通訳者としてご一緒する時、日本側、海外側の服装のトーンを意識しながら、一歩フォーマルなものを心がけています。それがどうもいいらしいのです。

想像してみてください。

日本チームの通訳者が、従来のイメージを覆す通訳を10秒もすれば、先方も「おおお!」と思うのです。改めて眺めると服装まで調和していてさらにきちんとしていれば「すごいプロを連れてきた。こりゃ本気だ。」と感じるんです。そして日本チームの予想を超える熱意で応えてくれるんです。

仲間内輪の英語ができる人に通訳を頼むと、仲間と同じカジュアル加減トの服装でしょう。通訳スキルも推して知るべしです。

従来の通訳さんには黒スーツも多かったようですが、悪目立ちしてはもったいない。パートナーを事前に知る努力をすれば、もう一工夫できるはずです。

通訳技術がおぼつかないのに、服装の内輪感でごまかすのは犯罪です。

ちなみに、私が必要とするトーンの服を最高の品質で揃え、コーディネートで掛け算的価値を生み出してくれる横浜のお店がこちらです。ここ以外、買い物をする意味がありません。私の個人的趣味ではありません。パートナーの皆さまにとって最大の価値と思っています。

お店の名前はナイショです

 

通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:

なぜ医療・農業・教育の通訳を???

持続可能な医療と農業と教育の通訳をしています、と言うとよく言われます。

「え??全然違う分野では…?」
「それって、たまたまクライアントさんの分野に興味持っちゃったの?」

ごもっともです。

でも…両方NOです。

この3つの分野、いかにもそれぞれ独自の堅気の商売でしょう?
でも人間だけがひどく必要としていると思いませんか?

健康でいたい、死にたくない…
ひもじい思いはしたくない…
周りよりバカではこまる…

そんな不安がこの3分野をきりのない発展に駆り立てたのかもしれません。

その根源には
「○○ができない、~を持たない自分はだめだ」
「~さえあれば自分は完璧なのに」
という条件付きの自分付き合いがあるのかもしれません。

でも、その発想は幻想できりがありません。
とかげのしっぽ切りのように敵を切り続け、やせ細る。
やがて環境までも搾取で疲弊させる。

この3分野、昔はバラバラではなかったのだと思うのです。

修道院、お寺など、世界各地で精神的な支え(目に見えぬ世界を指し示す人々)を軸に、支え合い、ゆるやかに牽制しあっていたのだと思うのです。

20世紀はじめ、シュタイナー博士にアドバイスを求めた
医師、農家、教員の人たちは、かつての「精神的支え」が失われつつある中、
新な「支え」を模索していたのではないでしょうか。

わたしも今日の「節制の支え」「自己受容」「memento mori」を
キーワードに歩みます。

バイオマスの通訳をするのもそんな思いからです。

プロフィール

Please follow and like us:

なぜ通訳「道場」?

学ぶ場にも名前はさまざま。学校、教室、アカデミー、スクール。

私が通訳を学ぶ場を「道場」と名づけたのは武道を思ってのことです。

たとえば、いま刀を武器として使う人はめったにいません。戊辰戦争でも主な道具はすでに火器だったといいます。

では刀はもう要らないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。新たな位置付けで役割を果たしています。もはや人を殺める実戦の道具ではなく、心と身体を調える道具として生き続けています。

将来、自動通訳、翻訳で大方の用事は済むようになるかもしれません。

それでも、外国語学習、通訳養成を「心の道」として求める人たちの役に立ちたいと願っています。

通訳道場★横浜CATS

Please follow and like us:

クリスマスの歌と言えば ー O Holy Night 歌詞 日本語訳をイメージ順で

O Holy Nightの英語で知る言語の楽しみ

このメロディ、聞き覚えがある方も多いことでしょう。
クリスマスの讃美歌、O Holy Nightです。このごろ、ポップス調のアレンジであちこちでBGMで流れていますね。実は、なかなか歌詞が奥深くて、慰めと励ましに満ちているんです。

私がこの讃美歌に出会ったのは中1のときでした。学校では9月からクリスマスの讃美歌の練習が始まります。中3以上のみが歌うこの曲の美しさにびっくり仰天。音楽と言葉のビートがぴったり合っていてとても心地よかったのです(もとのフランス語より英語のほうがうまく合っています)。しかし…当時は聞いただけでは英語とわからなかったのですね。トホホ。

楽譜を手に入れると、辞書と首っ引き。言葉の描く景色を曇りなく見たいという一心でした。英語がSVOのような語順ばかりではないこと。韻文では語順を入れ替えてイメージの順を保つので、文法的な思考が助けになることを実感したのもこのころです。

母校の録音を持ち出すとちょっとまずいことになりますので、こちらをどうぞ。ケンブリッジ大学、キングスコレッジの聖歌隊です。

震災後のなぐさめ―私たちの苦しみを担い一歩先を歩く存在

2011年のクリスマス前、毎年のようにO Holy Nightの歌詞を思い浮かべると、2番の歌詞に目がさめるような思いがしました。

The King of kings lay thus in lowly manger
In all our trials born to be our friend.
He knows our need
to our weakness is no stranger

王の王が身を横たえたのはかようにつましい飼い葉おけ
あらゆる試練のうちに生まれ、我らが友となりたもう
主は我らの乏しきを知り
我らの弱さに寄り添いたもう

当時、原発事故は前代未聞の事故であり、さまざまな課題には前例も正解もない…そんな風に思っていました。

でも、この飼い葉おけに眠る幼い王の王に「前代未聞」なんてないとしたら…すでに震災という試練を私たちより先に知っていて、その痛みをすでに担って私たちの一歩先を共に歩いているとしたら…

なんという慰め、励ましだろうと思ったのです。

試練を回避、否定するのではなく、試練は試練として受け入れ、共に歩む。歩く過程の私たちの「なんだかなあ」なところにも寄り添う。

なんという存在!

(なんでもポジティブ化したがるアメリカのN.P師あたりとはだいぶ違いますねえ。)

なるべくイメージの順どおりに訳してみたものをのせておきます。この日本語訳は歌うためのものではありません。歌うのでしたら、由木康先生の日本語詞が名訳にして名詩です。

あと…うんうん考えた後は、発作的に変なことしたくなるときがあります。え、何をやらかしたかって?まあ、とくとご覧ください。まあ、ばかばかしいことは楽しいねえ。

クリスマスおめでとうございます。

O Holy Night  歌詞 イメージ順日本語訳

これを書いた人のプロフィール

Please follow and like us:

無駄な力が入っている新人にこれを言ってもしょうがない

「力入ってるよ、力抜いて、楽にね~」
「はい!」
緊張して一生懸命な新人に先輩が声をかける。音楽でも、スポーツでも、通訳でもよくある場面です。この「はい!」の次の1回はなんとか意識的に力を抜けることもありますが、その次は見事に元通り。

なぜでしょう。

こりゃ老眼には厳しい…

力が入っている、というのは「頭コントロール」状態です。カラダで気をつけるポイント、たとえばトマティスの骨導発声でいえば、重心の位置、胸郭の広がり、後頭部の角度、耳と目の角度…19も気をつけるポイントがあるといいます。これをアタマで指令、監督していると忙しくて、しかもバラバラ。ばらけないように身体は力を入れる。バラバラなからだをまとめるのに力が必要なのです。力が入るのは、指令に応えるための身体の精いっぱいの応答なのです。無駄ではありません。

ここで先輩が「力抜いてー」といっても、外部からの指令がひとつ増えるだけ。気をつけポイントがひとつ増えるだけ。しかも自分と矛盾する。

じゃあ、どうすれば?

頭コントロール、身体バラバラの状態で1000回でも10000回でも練習すればよいのです。

身体に動きがしみこみ、頭の指令がいらなくなり、自動化するとおのずと力が抜けます。おのずと、です。

頭のコントロールを言葉や意識で身体に譲り渡すことはできません。それがcorporeality身体的リアリティということです。

私ならなんと言うでしょう?

「力入ってるね。(これは言わなくてもいいと思っているけど、気づきを促すため)まあ、10000回やってごらん。」

10000回はなかなかできませんが、そう言われると100回くらいはちゃらいものです。体感の変化を実感するには充分です。

ことばの世界の美しさ、奥深さに目をみはる【通訳道場★横浜CATS】 

Please follow and like us:

オバマ大統領広島演説⑫-「我々」とは?

オバマ大統領広島演説、ライブ同通もいよいよ最後です。「空から死が堕ち…」と文学的に始まったこの演説。終盤は身近な生活の情景が続きました。さて、しめくくりは…

「我々が未来を選ぶ…」「我々の道徳的目覚めの始まり…」…「我々」が繰り返されます。

リンカーン大統領が地元北軍のゲティスバーグで「我々」と言えば、目の前にずらっと集まった北軍、味方の人々です。言わずもがな、「they あいつら」は南軍でしょう。

でもオバマ大統領の場合、地元どころではありません。広島です。目の前にいたのは米政府関係者ばかりではなく、日本政府、広島県議会関係者、被爆者の方たちです。演説はテレビで世界中に配信されます。こうやってネット上にいつまでも残ります。

どうもゲティスバーグとはだいぶ条件が違います。

そうなると…「我々」の範囲が無限に広がります。聴く人は、アメリカと日本、政治権力を持つ者と持たない者、といった区別を超えて「自分も呼びかけられている」と感じることでしょう。

なるほど、オバマさんの核廃絶への願いと、「謝罪はしない」という米国の方針を両立させる巧みさも感じます。

耳ざわりの良いことばかり言って、という批判も仕方ないかもしれません。

ただ、私が改めて思うのは、戦争に加害者も被害者もないということです。すべての国、人が加害者であり被害者だと思うのです。

ひとつひとつの事象について加害者、被害者を特定して謝罪、和解するのもよいでしょう。(国家間では加害・被害の特定が賠償をめぐるパワーゲームに意味をもつこともあるかもしれませんけど)。でもそうしているうちに次の悲劇が起きてしまうのでは、と思うのです。

なので、私はまず「自分も加害者となる可能性がある」という自覚に立つことにします。「道徳的目覚め」moral awakeningは「善を行おうという決心」のようなナイーブな話ではないでしょう。善をなすこともできるけれど、「とんでもないことをしでかすこともある」性質をまず正直に見つめることではないでしょうか。

そして、同じように加害者となる可能性を持ちつつ権力の座にある人々を注視し続けることにします。まあ、じろじろ見るだけでは足りないのだけれど。

【12月15日 錆びついた英語を磨きたい女性のための科学的独学法セミナー】
オンライン参加もOKです。

 

Please follow and like us:

オバマ大統領広島演説⑪-わかるってどういうこと?

ぬか漬けと味噌汁じゃなくてトーストとバター

ラスト2回となりました。えんえん続けたあげく、ふと思い浮かぶのはとてもシンプルなこと。「わかるって映像が湧きあがること」。聴いてもさっぱり絵が浮かばない通訳を「通訳だから仕方ない」とあきらめることはありません。しっかり聴けば通訳者の頭の中に精確な絵が浮かぶ。その絵を語ればよいのです。一語一語、訳語の根拠を原語の表現で理由付けできることが必須条件ですが。「ニュアンス」「言わんとすること」といったひとりよがりになりがちな指標(もどき)とはちがいます。カメラのパラメーターに似ています。

このくだり、さすがです。政治学的な平和の定義なんかしても何も動かない、残らない。オバマ大統領は誰もが思い浮かべられる日常の風景を次々と聴き手に思い起こさせ、平和の印象をしっかり残します。これはリンカーン大統領のゲティスバーグ演説にはあまりない一面です。

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious; the radical and necessary notion that we are part of a single human family -– that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima.  So that we might think of people we love — the first smile from our children in the morning; the gentle touch from a spouse over the kitchen table; the comforting embrace of a parent –- we can think of those things and know that those same precious moments took place here seventy-one years ago.  Those who died -– they are like us.  Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life, and not eliminating it.

私の中身は意外と日本のおじいちゃん。「食卓をはさむ無伴侶の~」のくだりは「黙って食え!」とちと赤面。でもなんだかトーストやバターの薫りがしてきました。ぬか漬けと味噌汁ではありませんねえ。

何度か録音しなおした盲点 this とthat

意外と手を焼いたのがthatです。勢いから「これが!」と言いたくなってしまうのです。でもthisではありません。thisは手をのばして触れられるマイ空間のなか。その外は宇宙の果てまでthat。オバマさんもthatで、「みんな、あれだよ!」と夜空の星を指すように共に目指す物語を示しておいでなのですね。

さて、次回でこの演説は最後です。もし「これをやってみて…!」という素材がありましたらお知らせください。

急に冷え込みました。どうぞ暖かくしてお元気で。

オンライン参加もOKです。
【12月15日 錆びついた英語を磨きたい女性のための科学的独習法セミナー】

 

Please follow and like us: