ベテラン通訳者が頭打ちを乗り越えるには

S子さんはベテランの英日通訳者さん。ドイツ語も1級ですから、私も大いに見習わなくては、と思っています。さぞヨーロッパ関係のお仕事でご活躍のことでしょう…と思ったら。

忙しい、は忙しいのだそうです。何に忙しいのかと聞いてみれば、事前準備に忙しいとか。大いに結構。プロ通訳者の仕事の8割は事前の準備と信頼関係づくり。そこがアマとの違いですから…え、そうじゃない?

なんでも、まるで違う分野の新規クライアントの勉強に追われているのだそう。

それってつまり…リピートが少ないということ?

それはつらい。お悩みはそれだったのですね。

常連さんがついてこそ、同じ時間をかけた準備でも深く細やかなものになる。その分野の定訳を積み重ねられるようになる。これって通訳が終わっても続く貢献。

なぜマジメそのものものS子さんにリピートがつかないのかしら…

S子さんの通訳録音を聴いて10秒で突破口が見えました。

日本語の語りを磨いてこそストーリーテリングも通訳できるんです!

英語もドイツ語も100%聞いて分かる。でもそれを訳した日本語は「しかしながら」「-というもの、でしょうか」といった通訳独特の変な言い回しが多く、呼吸は浅く、喉声でした。違う人物を訳しても口調は1種類。

クライアントはそれにずっと耳を澄ませなくてはなりません。これは疲れる。その結果、 リピートにつながらない。

S子さん、日本語の語り手としてのトレーニングが足りなかったのです。足りない、というより要素として意識していなかったのです。

S子さんはご実家も洋風好みでお父様は海外駐在も永く、小さい頃からお家には海外からのお客さまも多かったとか。小さい頃から英会話教室に通い、大学はドイツ語専攻。すてきなお嬢様だったようですが…生活習慣も価値観も西洋寄り。

自分の日常生活を超える、プロの、芸としての日本語をまだ仕込んでいなかったのです。

でも、日本のクライアントが通訳者から受け取るのは日本語がメインです。大いに磨くべきでしょう。

日本は話芸の宝庫です。私は通訳者のみなさんに落語に行くようおすすめします。ひとりで沢山の声を持ち、多くの人物を演じる落語家から学ぶことは大いにあります。また、見習い、前座、二つ目、真打の違いを耳で感じる機会でもあります。自分の通訳がちゃんと真打レベルをキープしているか確認もします。

通訳者の方向けの個別レベルアップコンサルティング、始めます。

通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:

仏像を英語で案内するなら

講座の通訳をしていると、あいまに休日の観光案内もご一緒することがあります。

先日も京都にご一緒させていただきました。さすが、京都のお寺はインバウンドの方たちでにぎわっています。タクシーで移動中、アメリカからの講師の先生から訊かれました。

「そういえば、講座が始まる前の日、京都駅の近くを観光したんだけれど…ええと、あれはどこだったかしら。すごく変わってて、おんなじような小さい仏像がずらーっと並んでるところ。普通違うわよね。」

ああ、それは三十三間堂。ずらーっと並んでいたのは千手観音Sahasrabhuja。「普通の」とおっしゃるのは、 ボスが真ん中にいて、左右に2体サポーターがいて、さらにその周りに警備員…のような、でしょう?それは 三尊形式(中尊と脇侍二尊から成る)というそうですよ。

そう。通訳者にとって医学に引けをとらず勉強しがいがあるのが仏教です。事前準備が必須です。

お寺に行ってその場で説明を英訳すればいいや、最近は説明も英語になってるし、なんて慢心はいけません。薬師如来はMedicine Buddhaあたりでごまかせたとしても、阿弥陀如来はどうします?阿弥陀って何?!如来と菩薩の違いは?持国天の天はheavenでいい?(良いわけない!)

その場であわてるのはもったいないです。

仏教の言葉は奥深くて、サンスクリット語、ヒンズー教、中国語、日本仏教がミルフィーユのように重なっています。あまりに面白くて通訳の準備だったことなど忘れるくらいです。そう、そんなこと忘れて没頭したほうがよいのです。

本当にきりがありませんから、今回は高校生の修学旅行にもおすすめの「これだけは」の分だけをご紹介します。アクサン記号がうまく出なくてちょっと困りました。長母音は母音字のあとに「-」をつけました。

  • 仏像の4種類(部)
    • 如来 tatha-gata
    • 菩薩 bodhisattva
    • 明王 vidyaraja
    • 天 deva
  • それぞれの部のメンバー
    • 如来
      • 釈迦如来 Sha-kyamuni / Buddha
      • 薬師如来 Bhaisajyaguru / Medicine Buddha
      • 阿弥陀如来 Amita-bha / Buddha of Infinite Light
      • 大日如来 Maha-vairocana
    • 菩薩
      • 弥勒菩薩 Maitreya
      • 聖観音菩薩 A-rya-valokitesvara
      • 十一面観音菩薩 Eka-dasamukha
      • 千手観音菩薩 Sahasrabhuja
      • 文殊菩薩 Manjusri-
      • 普賢菩薩 Samantabhadra
      • 地蔵菩薩 Ksitigarbha
    • 明王
      • 不動明王 Acalana-tha
      • 五大明王
      • 降三世明王 Trilokavijaya
      • 軍荼利明王 Kundali-
      • 大威徳明王 Yama-ntaka
      • 金剛夜叉明王 Vajrayaksa
      • 愛染明王 Ra-gara-ja
      • 梵天 Brahna-
      • 帝釈天 Indra
      • 持国天 Dhrtara-stra
      • 増長天 Viru-dhaka
      • 広目天 Viru-pa-ksa
      • 多聞天 Vaisravana

こちらの本、おすすめです。「仏像バイリンガルガイド」バイリンガルで、コンパクトなのに内容も充実していてイラストも綺麗。おみやげにプレゼントしても喜ばれます。



お寺にも花のあふれるこの季節。よい週末をお過ごしください。

通訳道場★横浜CATS 第5期




  

Please follow and like us:

某女子大必修英語が面白い

なぜそんな仕事を?通訳や通訳養成に比べて割に合わないでしょう?

まあ、おっしゃる通り。割に合いません。はじめは「しばらくしたら通訳の授業が回って来るから」なんて言われて信じていたけど。

そういう問題じゃなく、面白いんです。

本物で包囲してくれた母校。

私がまるでだめなヴァイオリンで体験していることが活きるのを感じます。

2小節も進まないうちにストップ。表現や感情の自由どころではない。でも、そこにはゆるがせにしてはならない、ごまかしたら先に進めない要点がある。

この必修のクラスには「文法、発音は気にしないで」と言われて、きちんとしたいのにきちんと向き合われなかったという空気のある人たちが沢山います。

そりゃ、自分でいくらでも調べる人もいるでしょう。でも少数派。それを多数派にするのが先生の仕事だと思うのですが。

たとえば、in, on, atと次元の関連…
l, m, n, の発音…
心拍、呼吸と横隔膜、大腰筋…

そんなディテールをつきつめると、ぱっと花咲く顔が少なくないのです。

このクラスの半分は日本文学、音楽専攻。この授業が最後のフォーマルな英語かもしれない。ならば、最も深い納得とともに送り出したい。もう半分がクラスメートの日本語、音楽への知見に学びながら、通訳後継候補者になればなんとうれしいこと。

手ぐすね引いて待ってます。

冠木友紀子のプロフィール


Please follow and like us:

春の山菜を英語で?!…私がネット検索しないのはなぜ?

大阪でのオステオパシーの講座も終盤。主催者の友人たちの十二分な心づかいのおかげで、アメリカからの講師の先生方も日本の食事を楽しみ、とてもお元気です。

今日は”Eating in Japan is an art.日本の食って芸術だわ”と喜んでいただきました。主役は東北から取り寄せた珍しい山菜。

たらの芽、こごみ、よもぎ、うど、もみじがさ

待てよ、よもぎはmugwortだけど…え、おいおい、ほかは何だ?ちょっと待って。

私は何でもすぐに調べるほう。電車の「つり革」新幹線の「安全柵」…みなさんがスマホでゲームしている車中、私は辞書を引きまくっている。

でも、でも…

たらの芽、こごみ、うどは裏の畑にあるのに…裏の畑に辞書を持っていったことがなかった!!

だいたい畑仕事のあとはくたびれてお風呂入ってビール飲んで夕寝してしまう。

しまった!何て言うんだろう…!

こんなときに頼りにするのは…スマホで検索ではありません。

電子辞書です。

時代遅れ?

そんなことありません。

これは医学専門辞書ですが、 科学事典も入っているので、山菜の学名と写真までわかります。いいでしょう?残念ながらこの会社は電子辞書から撤退してしまいましたが…医学専門書は 紙の書籍で積み重ねたら50センチ厚くらい、4-5キロ相当が入っています。とても持ち歩けません。それが充電さえ気をつければオフラインでいつでも使える。

プロはプロを信頼します。この医学専門辞書にはしっかりした英和・和英辞典、百科事典も入っていて、筆者はその分野の専門家。記事には署名があります。

なんでもスマホで検索できると思うのは素人。

たしかに検索エンジンもいい仕事をしているのでしょう。

でも、自分の知らないことをネットで調べて、どうやって情報の質の良し悪しを判別するというのでしょう。結局ウィキペディアだのみでは? 話半分もわからない新参者がもたもた検索して、見つけたものを「ほら」とスマホで見せるのってあまりお利口には見えませんよ。

専門家を頼みにした方がまともです。

ちなみに、山菜の学名は
タラの芽 Aralia(ウコギの仲間) elata leaf bud (アラーリア・エラータ)
ウド Aralia cordata (アラーリア・コーダータ)
こごみ Matteuccia struthiopteris  (マテューチア ステュルシオプテリス)
もみじがさ Cacalia delphiniifolia; Indian plantain (インディアン・プラーンタン)

裏の畑に札でも立てよっと。

先日、品川で開催されたあるセミナーで1時間3万円を請求する自称ベテラン通訳者が専門用語・領域が全く準備不足でまごつき、仕事中にスマホで検索したという話をききました。

こんなの仕事になってない。

警策を持ってお待ちしております。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:

私が通訳資料をプリントアウトするのは

今は何でも便利になりましたね。通訳のための資料もワードやPDFをオンラインでやりとりすることがほとんど。もしかして、当日もそれをそのままタブレットで持ち込んでいませんか?

それが全くいけないとは言いません。でも私はすべて印刷、リング製本して持参しています。

なぜ?

下の方の白いリングが自家製本した資料です。紙でバラバラ持って行くよりキレイでしょう?

まず、自己都合の普通な理由。

1.膨大な資料をモニターで見ていると目が疲れるから。

2.いつでもオンラインにアクセスできるわけではありません。(データは外付けHDやUSBメモリなどにダウンロード)

3.デバイスの充電が切れる、電源が入らない、などの不具合がないと限りません。

それより大事なのは通訳を依頼し、資料を送ってくれたクライアントの気持ちを想像すること。通訳の仕事が始まる前にしっかり安心し、信頼する気持ちになってもらうこと。

あなたがクライアントだったらどう思いますか?

A:送った資料がキレイに印刷、製本され、しかもところどころ蛍光ペン、付箋などがついている。

B:タブレット1つで登場。

Bは実際に仕事の出来栄えがよければかっこいい。でも、始まる前の安心感はどうでしょう。Aのほうが普通に安心できるのでは?

通訳だけが通訳者の仕事ではありません。クライアントに安心、信頼、喜びを味わっていただくことが全体としての仕事です。通訳だけして自己満足してはいけません。すみずみまでクライアントの心を想いましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 事前面談承ります

Please follow and like us:

私が食事中通訳を引き受ける理由

20年近く前、都内の通訳学校に通っていたころのこと。「食事しながらの通訳は断りなさい。見習いに代わってもらうのがベスト。自分がやらなくてはならないとしても、クライアントの会食の前か後に用意してもらってひとりで済ませなさい。」と言われたものです。

それはそれでエージェント経由の通訳者にはごもっともです。普段の通訳は頭フル回転の真剣勝負。その状態で食事をとることは生理的にも無理があります。エージェントが所属通訳者の健康と仕事の質を守ろうと助言するのは無理からぬことです。

でもね、私はいま通訳をお引き受けしている方々のところでは大いに飲み食いしながら通訳しているんです。

なぜ?

私も仲間の一員だと思っているからです。私をプロジェクトの一員と思ってくれる人たちとしか仕事をしていないからです。

そういう仲間や海外講師とは、仕事の後においしいものを囲む時間も大切。そこに私がいないことは考えられません。

でも、失敗もありました。駆け出しのころはまじめに通訳しながら食べようとして、学校教員時代以上の早食いをしました。そのせいで仕事が終わった後、4日も胃痛に苦しむことになりました。なぜかちっとも痩せなかったけれど。(学校の先生以上に早食いしてはなりませぬ。)

でも、私が「この人たちと一緒に過ごしたい」と思っている限り、なんとか工夫するものです。たとえば…

1.食べるのがめんどくさそうなものは、箸をつける前に食いっぷりのよさそうな若いもんにあげちゃう。喜ばれます。私のお皿は空に見えるので「冠木さんも食べて!」と言われずに済みます。

2.飲む。ご先祖様のおかげで私はもともとお酒に強いんです。そのうえ仕事中は最高に緊張、興奮しているのでちっとも酔っぱらいません。お酒の中でも度数の低いビールを飲んでいれば、おなかはいっぱいになるし、周りも「冠木さんも飲んでいるな」と安心してくれます。

3.講師の隣に座る。講師と私が講座中に個人的な話をすることは決してありません。でも会食の席では講師がいろいろプライベートを訊ねてくることもあります。その会話は英語学習中の参加者のみなさんには面白いようです。そんな話はかいつまんで訳せばOK。

私が食事中通訳より気にしているな講師の食事、時間の使い方の趣向です。夜はひとりでルームサービスにしたい方、ホテルのレストランが好きな方、ほったらかしてもらいたい方(ひとりで赤ちょうちん入りたい方も)…そのあたりをさぐるのもコミュニケーションの忍者(?)、通訳者の仕事です。

あれえ、呑み助限定の話だったかなあ。

通訳道場★横浜CATS 第5期

Please follow and like us:

平板な通訳口調を脱するには

今年も大学での通訳養成が始まりました。たいしたもんです。私、20歳のころ、通訳のクラスをとろうなんて思ってもみませんでした。学生時代はボランティアのチャンスもたくさんあるし、がんばろう!

ん…?

このごろの若い人たちはどこでも同じ話し方?。確かに、お母さんと電話で話すときも、売店で店員さんに質問する時も、先輩に挨拶するときも、同級生と何をお昼に食べるか話すときも、先生と話すときも…似ている。私の学生時代ほど「切り替え」をしないよう。

これを内田樹さんは「身体の言い分」の中でこう書いています。

「今の子どもたちの話を聴いていて、いちばん感じるのは、語彙の貧困というよりも、『ヴォイス』の貧困ということなんです。一つしかないんです、語り口が。…(中略)…同じコンテンツを違うモードで伝えるというのはコミュニケーションの技術の中ではすごく大事なことなんです。それができないと、ほんとに自分の言いたいことも伝えられないし、相手のシグナルの機微も感知できない、コミュニケーション感度の低い人になってしまう。コミュニケーション感度が低いというのは、共同的に生きていくうえで致命的に不利なことなんですけれど、そのことの重要性にまだあまり気づいていないですね。」(「身体の言い分」34-5ページ)

通訳者にもいます。語り口、ヴォイスが1つしかないひとが。誰を訳しても同じ調子になる。それも相当に平板な。スピーカーのノンバーバル(文字化不能)なメッセージがそっくり抜けてしまう。

たしかに、まるっきりスピーカーをまねっこをしてはおかしいです。でも、不自然にならない程度に、ノンバーバルな部分を共鳴させると、とても聞きやすい、疲れない、と喜ばれるんです。喜ばれるからやるのではなくて、当然やるべきことと思っていますが。

豊かなヴォイスをもつには、芸、修行の世界が大いに参考になります。たとえば落語。与太郎、金ちゃん、熊さん、ご隠居さんがみんな同じヴォイスだったらどうです?落語家さんはみ与太郎のときは与太郎に、熊さんのときは熊さんそのものになっているでしょう?

ということで、通訳の授業を取りたい人は、ぜひ落研にも入るようおすすめします。


Please follow and like us:

医療通訳の準備に思う、患者は忍者?

通訳は専門用語をきちんと把握していることが必須です。

専門用語という「点」が頭に入るには、点と点をつなぐ線、専門領域という「面」を理解することも必要です。ただの単語暗記では思考の流れについていけません。

なかでも準備にきりがないのは医療の通訳。日進月歩の技術とともに新しい言葉も生まれ続けています。

そんなとき、ふと気になるのがごく当たり前の言葉。

たとえばpatientは「患者」でいいのでしょうか。

話し手の頭の中の景色を聴き手の頭の中で再現するのが通訳

個人的には患者の「患、わずらう」という字がなんだかフナムシみたいで…具合の悪いときには見たくない気がします。

語源によると、patientはまさに「耐え忍ぶ」。(インパチェンスimpatienceという花がありますが、種に触ると弾けて飛ぶ様子が「不」「忍耐」というわけです。)

patientは「患う者」ではなく「忍ぶ者」、なんと「忍者」ではありませんか。身体の状態ではなく、心のありようを表しているように思えます。

と、こんな寄り道も準備の楽しみのひとつです。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談承ります

Please follow and like us:

通訳者の仕事が加齢で劣化しないコツ

えっ!ビックリ。そんなこと考えたこともない。「通訳さんも年とともに仕事がつらそうで。」声の主はメディア関係の30代の男性。「私のこと?」「いえいえ!」

なんでもベテランの通訳さんを手配したものの、安心して任せることができなかったそう。何が気になったのでしょう?記憶力?理解力?訳語の選択?発声?持続時間?いろいろ聞いてみても首をひねるばかり。ああ、こんな専門的な訊き方をした私が悪い。どんな感じだったか話してもらいました。

「なんだか、よくわからないんですよ。たぶん、訳としては正しいのだけれど、伝わってこないんですよ。」

あ、わかった。

この青年、「劣化した」ベテランさんとのおつきあいはここ2年とのこと。ということは、彼女が30代の頃どんな仕事をしていたかは知る由もありません。だってまだ幼稚園生のはず。

もしかしたら、劣化、と言ってくれた彼の方が優しいかもしれません。

私はちょっと厳しいことを言います。でも、その方がこの先が明るいんです。

このベテランさん、はじめからその調子だったのだと思います。

ちょっと五線譜と演奏のたとえを使ってみます。

こりゃ老眼には厳しい…

昔は五線譜を読める人が珍しかった。だからおたじゃまくしの通りに歌えるだけで、周りはおーっとびっくりしてくれた。誰も曲想どころじゃなかった。

でもそのおたまじゃくし出力は作曲家の頭の中にあった音楽とは違いますよね。音楽の骸骨くらいかもしれないけれど。

英語も昔はそんな感じだったのでしょう。daisyが雛菊と化けるだけでおおーっと感心された。

でもね、今は「音楽表現、演奏」が求められているのです。「雛菊」といっても誰がどんな思いをこめて見ている雛菊なのか伝わって当たり前なのです。しょぼい安物の花なのか、ワーズワースが見ていた、けなげな努力を頑固に続ける花なのか。

時代が進んで、英語を使う人が増えたので仕事が高度になったわけではありません。

本来の姿が現れるだけのこと。

劣化ではなく、本来の姿に到達していないだけです。

本来、言語表現にも音楽と同じようにクレッシェンドやらスフォルツァンドやらスタッカートやら…いろいろな音楽記号がついています。

それを切り捨てておたまじゃくしだけ鳴らして良しとする権利は通訳者にはありません。音楽の世界では許されないことが、通訳の世界では許されるなんてことはありません。言語は音楽です。

じゃあどうしたら?という皆さん。老若にかかわらずおすすめがあります。

感情(曲想、音楽記号)をたっぷり含む英語映画、ドラマをよく聴いてインプット、シャドウイング、アテレコでアウトプットしてみましょう。

そして、日本語も磨くことです。標準語ならNHKの森田美由紀さん(チコちゃんのあのブラックなナレーション。20年前から彼女は通訳学校でも称賛されていました)。できれば振れ幅の広い話芸に耳をならしてください。なんといってもおすすめは落語です。

通訳道場では「外郎売の口上」まる暗誦が必須です。全員、クリアーしています。寿限無も加えようかしら。→【通訳道場★横浜CATS第5期】

Please follow and like us:

自分にありがとう?!

昨年度のある日、あろうことか、私はお気に入りのストーリーテリング本をテキストにしているクラスでとんだ読み間違いをしました。

こう見えたんです。”Have you ever said “thank you” to yourself?”

え?自分にありがとう?

びっくりして見直してもそう見えました。

あとで見直したらyourself じゃなくてyour beloved ones。おやおや。

それでも何か意味がある気がして、ちょっと試すことにしたのです。

「打ち合わせに余裕をもって登場したね、ありがとう。
「遅いから、お惣菜を買ったね。夕飯が余裕だ。ありがとう。」
「無理に楽器の練習をしなかった。ありがとう。」

そしたら…

「それも電車が順調だったおかげです。JRさん、ありがとう。」
「駅前のスーパーさん、ありがとう。昔は大変でした!」
「楽器さんはおとなしく待っていてくれるよね。ありがとう。」

ありがとうを独り占めする気がしなかったのです。あちこち紅白饅頭配る気持ちでした。

自分にありがとうって言うのは甘やかすのと違うよ。ありがとうは紅白饅頭みたいに広がっていく。蒸かしたてのまま。甘やかしはひとりじめ。

自分にありがとう、いくら言っても配っても、お饅頭と違ってタダです。どうぞご遠慮なく。

通訳道場★横浜CATS ご関心おありの方は個別にお目にかかります。

Please follow and like us: