私の通訳、日本語の根っこはあのひと

通訳は日本語のセンスも大事。

でも、通訳にありがちなのが
「しかしながら~しましたけれども、え~、~なわけであります。」調。
ひとりで自然に話したらそんな話し方しない。
そもそも講師はそんな話し方をしていない!

さあ、どうやって日本語を磨きましょ?

まず、「通訳」という結果、成果に縛られないことです。
だいたい通訳のための日本語なんてありません。

通訳道場では私の通訳録音をお聞きいただくこともしばしば。
たとえば、ある合奏ワークショップの録音は…
講師 ”You were so together and beautiful.”
私の通訳「みなさんひとつになって、きれいで…。」

参加者のNさんがすぐに声を挙げました。
「きれい『でした』『です』ってつけなくてもいいんですね!」

そう。毎回「です、ます、でした、ました」ではリズムがだれるんです。
キーワードの余韻がぼけてしまう。

でも、これって後からつけた説明。現場での私はもっと直観的、反射的。
それはどこから来るのかというと…

間違いなく、根のひとつが太宰治。

出会いは14歳の時でした。

あのリズムと疾走感に虜になった私は、学校図書館の全集を毎日1巻ずつ読破。
夜通し沈黙のまま音に溺れ続けたのです。一晩ですごい量を読んだものです。
あの感覚はその後に出会ったどんな読み方とも違う。速読とも違います…
なんだったんでしょう。

旧仮名遣いと旧字体漢字が10代の私にはデフォルトでした。
旧仮名遣いと旧字体漢字が10代の私にはデフォルトでした。

おまけにミーハーですから…
太宰のすべてを知りたい、写真も一つ残らず見たい…。
(今でも太宰の写真はいつ頃どこで撮ったものかわかります。)
玉川上水の底で抱き合いながら、揺れる水面にぼやける世間をわらってやりましょ、
なんて妄想しました。

ああ、なんて14歳。あのころに使い切ってしまっていたわけだ…

ともかく津軽と三鷹は憧れの聖地となりました。

こうなると、もう作品を対象として読んでいるとはいえません。
ただ作品の向こうにいるはずの太宰に逢いたかっただけなのです。
逢えないから、残された作品がよほど染みたのです。

太宰の作品は、書いてはあるけれど、ただの書き言葉ではなく
話し言葉のようでもあり、でも、ただの話し言葉ではなく…
黄昏どきや夜明け前のような翳りがあって…。

はじめて訪れた津軽はねぶた祭りの真っ最中。
太宰の翳りが「みちのく」のものであることを肌で感じました。

「文末は『です・ます』でなくてもよい」
ちょっと覚えておくと便利ですけど、ルールとは思わないでね。
あくまで私の根っこから育った一枚の葉っぱ。

あなたも自分の日本語の根っこをじっくり辿ってくださいね。
根っこがない?そんなわけない。
今から植える?太宰全集お貸ししましょうか。

高校2年の頃、やっと全集を毎月1巻ずつ買いそろえました。
高校2年の頃、やっと全集を毎月1巻ずつ買いそろえました。

[maxbutton id=”8″]

 

 

Please follow and like us:
error

私の通訳、原点はあの楽器…

「通訳って大変そう。しっかり練習しなきゃ!」 

修行には賛成。

でもまったく新しいことばかりしなくてはならないわけではありません。
訳の練習さえしていれば大丈夫というものでもありません。 

今まで、あなたが大切にしてきたこともあなたの修行の土台になる。

諸事情(?)により無謀にも私がヴァイオリンを手にしたのは中3のとき。稽古代わりというカン違いで入団した学校のオケで、私は第2ヴァイオリンに夢中になりました。

第1ヴァイオリンは確かに聞き覚えのある、弾き映えのするメロディーを奏でます。 

でも、第1だけが弾いても物足りない。なんだか色が足りない。塩を入れずに焼いたパンのようになってしまう。

第2が入ると一気に響きが変わるのです。

でも第2の旋律だけ聴き取ろうとしても聴き取れない。姿は見えないのに、居ると居ないでは大違い。

これ、かっこいい! 

けれど…オーケストラが私の職場になるはずはなく…(笑)

先日、とある弦楽合奏のコンサートを聴きにいきました。

 

コンサートで聴いた曲の楽譜がどうしても欲しくなって!

あ、これは…!!客席から眺めた第2ヴァイオリンの佇まいに息を呑みました…その姿はセミナー通訳者そのもの。聴衆、オケすべてが見えて、聞こえていて…喜んで確かな支えに徹していて…。

セミナー通訳をしている私の中に、第2ヴァイオリン奏者は息づいていたのです。

あなたもゼロから通訳修行を始めるわけではありません。

ここにたどり着く前に、必ず種まきをしている。表面的には「時間の無駄遣い」「見込みのない憧れ」と映ったかもしれないけれど。

あなたはどんな種をまいてきたのでしょう?

芽が出てから「あっ!そういえば」と驚くのも楽しみですね。実るまで、ご一緒しましょう。 

[maxbutton id=”8″]

Please follow and like us:
error

なぜ「電話を切る」がhang up the phone?

イディオムだからとりあえず覚えなくちゃ、って呑み込んできた。

それはそれでOK。覚えていないものは使えない。覚えていれば使えるようになる日も来る。

でも暗記しようとしたときの違和感を封じないで。「なんでこんな意味になるんだろう」って思ったでしょ。

違和感は大事な問いになる。

「あなたのケータイはガラケー?スマホ?」

「スマホ」

「その前は?PHSってあったね。」

「あー、ガラケーの前にちょっと使いました。」

「その前は?」

「あ、ポケベルってお姉ちゃんの中学の頃。」

「その前は?」

「…? 家の電話?」

「親子電話?」

「はい、親機にファックスがついていて…。」

「その前は?」

「??…田舎のおばあちゃんの家は黒い電話でした。」

「そのもっともっと前は?」

「……あ!」

「なに?」

「トトロに出てきたあれ!」

phone-1706370_640

「壁かけ式で、受話器がラッパみたいで…。あの受話器をhang upするんですね!」

そう!そのとおり。

昔の風景が見えてきた? 言葉の中にはその時々の風景がある。

その風景を見ながら、その言葉を語っていた人たちがいたのよ。
その人たちはもういない。

私たちだっていつか必ずここからいなくなって、昔の人になる。
私たちの見た景色をこめた言葉を遺して。

そのとき、未来のひとたちが「車を『ウンテンする』って意味わかんない」って言いながらただ暗記していたら寂しくない?

あっちから「そうじゃなくって、それはねえ!」って説明したくならない?

霊界交信よりおすすめなのは、語源をしっかり説明している辞書をもつこと。 通翻訳を学びたかったら「ジーニアス」もG3やG4ではなくて「ジーニアス英和辞典」にすること。

辞書に載っている訳語に甘んじていては自由なプロにはなれない。

アマは辞書にある訳語を使う。プロは訳語を創る。 ひとりよがりにならないためには語源が不可欠。 言葉は文化遺産だからね。

[maxbutton id=”4″]

Please follow and like us:
error