私の嫌いな言葉「通訳者の『拘束時間』」

先日、聴覚発声メソッドのパイオニア、トマティス・メソッドの講座を通訳をしていたときのこと。休み時間に講師のフランソワーズ先生がこぼしました。

「トマティスの国際学会でも通訳探しにはほとほと苦労してるのよ。ぴったりの人が見つからない。事前準備不足で専門用語がぼろぼろか、ちゃんと準備してくれる人はエージェントが時間にうるさくて。5分の延長もその場でエージェントに連絡。そのやり取りに5分以上かかるんだから、もう。」

日本でもよくある問題です。特に後者。「拘束時間」なんていう用語さえあります。

私は「拘束時間」という言葉が大嫌いですし、使いません。和英辞典を引いても英語にこんな言葉はありません。

インド大使館つき武官の方の通訳。軍の規模を示す数字がずらずらずらずら…

仕事はひとさまに喜んでもらうこと。通訳の現場ではどうしたらもっと喜んでもらえるだろう、とばかり考えています。拘束されているなんて思ったこともない。そりゃ、勝手に現場を抜け出して地元で人気のラーメン屋さんなどに出かけてはいけません。でも、そんなことしようとも思いません。

まあ、2時間延長になるなら、ペース配分が狂いますから前もって知らせてほしい。

でも。2時間のびても拘束とは思いません。

だって、自分もプロジェクトの一員と思っているから。私が拘束されているなら、プロジェクトのみんなも拘束されている。そんな囚人集団で仕事がうまくいくものでしょうか?

みんながライフワークと思ってかかわっているのに、通訳者ひとりが拘束時間なんてケチなこと言うなんて、野暮ってもんです。

私は細かい時間をお金との関連で気にせずにすむよう、年間契約、プロジェクト契約を基本にしています。時間単位の単発もそれがベストの方法と思える長いお付き合いの方のみです。

通訳は疲労が激しいし、年間契約は難しい?

数時間の通訳で疲れるなら身体の使い方に改善の余地があります。生理学・芸術にかなう準備を整え、芸としての通訳ができれば、時間切り売りを卒業できるはずです。

そう望む通訳者の皆さんを全力で叱咤激励、応援します。

拘束時間なんてね、酔っぱらって留置場の虎となった折にでも使えばよろしいのです。

通訳者のための短期集中個別コンサルティング始めました。

Please follow and like us:
error

台風で大変だっていうのに「魂のこよみ」23週

台風15号大変でしたね。関東、とくに千葉の皆さん、お疲れがたまっていることでしょう。くれぐれもご自愛ください。

私は聴覚と発声のパイオニア、トマティス・メソッド®の通訳で神戸にいたため、猛暑の晴天下で気をもんでおりました。

どちらにしても、日本の状況はこの週のシュタイナーの詩とぴったり、というわけにはいかないようです。今秋の詩は秋の静けさの中に冬のおとずれを予感しています。ヨーロッパと日本の違いなのか、気象変動のせいなのか…。気をつけてみると確かにかすかに秋らしさ、かなたに冬を感じられなくもないのですが。

今回も困りました。

秋の明るみのうちに冬の気配…?
Es dämpfet herbstlich sich
Der Sinne Reizesstreben;
In Lichtesoffenbarung mischen
Der Nebel dumpfe Schleier sich.
Ich selber schau in Raumesweiten
Des Herbstes Winterschlaf
Der Sommer hat an mich
Sich selber hingegeben.

ここです。5、6行目。
Ich selber schau in Raumesweiten
Des Herbstes Winterschlaf

英訳は「秋の冬眠」としているのですが、それって秋眠?
秋Herbstesはその前のRaumsweitenにかかるとは考えられないでしょうか。英語で言えばin wide space of the autumnてな感じです。

そうすると、目の前にある今の季節のなかに、次の季節がひっそり忍び込んでくる、というモチーフの繰り返しとしても自然では?と思うのです。

秋めいて鎮まる
刺激を求めていた感覚。
あらわな光のうちに混じる
霧の湿った帳(とばり)
私も目を留める、はるかに広がる
秋の内なる冬の眠りに。
夏はもう、私に
みずからを委ねた。

こんな構造を感じます。
1-2行 夏の終わり 
3-4行 明るさの中にくぐもり
5-6行 秋のうちに冬眠
7-8行 夏の終わり 変奏

英語は語順が決まっている、なんていうのは昨日今日の散文だけの話。韻文ではイメージと音を活かすためにとんでもない語順のオンパレード。それでも勘違いしないのは文法のおかげ。まあ、教科書みたいな散文ばかりでは文法も本領発揮せず、面倒なばかり。その妙味も楽しめないとは思いますが。

それにしても、私はドイツ語では新米。ドキドキです。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

文学が聞きにくい通訳を救う

zoom朝活通訳修行も好調です。今日はピーター・マクミランさんの百人一首の英訳が話題になりました。

このごろは、文学なんて大学の役立たず、高校でも必修から外すべし、などという声が聞こえますが、とんでもない。

文学とがっぷり四つに組むって大変な冒険、能動的な体験です。

のんびり英文学作品を日本語訳で読み、登場人物の気持ちを推し量る、精神分析をもてあそぶことなどではありません。(そんなことばっかりしてるから役立たず、って言われちゃうんです。)

例えば英詩を日本語の「詩」に訳す、日本語の俳句を英語「俳句」にしてみる。

ちょっとお手伝いしているフェリス女学院の同僚にも、アメリカ出身で、日本語で短歌づくりを楽しむ人がいます。さて、日本の英米文学科の学生で英詩を作ったことのある人はどれくらいいるのでしょう?

詩を詩に訳すには途方もないエネルギーがいります。詩を書くより大変かもしれません。時間をかけ、頭をひねり、多くの選択肢から1つを選び、それでもなお完璧だとは思えません。

時間に追われがちな通訳者の皆さんにも、ひとりでいられるお休みの日に、じっくり詩と取り組むことをおすすめします。豊かな時間となるはずです。

いや、それはちょっと無理…というなら、毎日一首、一句、一篇でよいので、英語、日本語で韻文作品を音読することをおすすめします。

なぜなら、通訳者にありがちな「聞きにくさ」「通訳口調」改善に効果抜群だからです。

通訳者の「聞きにくさ」の原因は、往々にして余分な「埋め草あぶく言葉」です。「えー、それといいますのも、つまり、しかしながらですね」聞かされる方はたまったものではありません。

これをやめよう、と意識すると逆効果。そんなことは意識せず、よいお手本に耳と口を慣らした方がうまくいきます。

私はドナルド・キーンさんの説明的でなく、余分な語がまったくない訳が好きです。

閑さや     Such stillness-
岩にしみ入る The cries of the cicadas
蝉の声 Sink into the rocks.

万葉集から江戸時代の漢詩までを網羅したドナルド・キーンさんの素晴らしいアンソロジー

もちろん、文学だけで通訳養成は不可能です。それについては別稿にて。

訳した感ゼロ、話芸としての通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

海外講師のパワポが英語で困ったときは

お久しぶりです。ヨーロッパ出張通訳の後はまるで休みなし。英語落語集中ワークショップもあり、楽しいながらもさすがにちょっとくたびれて、なかなか更新できずにいました。

でも、今日は書かずにおれません。まだこんなことで困っている人がいるなんて!

友人が参加した海外講師の割とお高いセミナー、通訳はいたけれど関係者でプロではなく、パワポは英語のままだったそうです。えええー、まさか?

「通訳をきけばわかるでしょ。」
「みんな、英語読めるから大丈夫でしょ。」
「翻訳に出しているお金ないし。」

心の底から参加者の喜びを願っていたら、こんな言い訳は出ないものです。
本当に参加者に「しょうがないね」と言わせたくなかったら、「さすがだね」と言ってほしかったら、何とか方法を探すものです、見つけるものです。

私が通訳しているセミナーはすべてスライドも日本語を用意します。参加する皆さんを快適にして、自由に考えることを楽しんで欲しいから。

なぜ、ここに洗濯機が…?あとのお楽しみ

で、私が1から翻訳しているかって?―No.

音声情報を扱う通訳に比べてフォント(手書きでさえない)情報による翻訳は情報量がけた違いに少ないのです。自動翻訳もすすんでいます。

私が使っているのはマイクロソフトのPresentation Translatorというパワポのアドイン。一瞬で翻訳されたコピーのパワポを作ってくれます。グーグルにファイルを放り込むとか、コピペするとか、そんなお手間もいりません。

Presentation Translator ダウンロードはこちらから

アドイン翻訳の出来栄えは70点。これを110点まで持って行くのが私の日本語力や知識の出番です。0点から70点まで持って行くのはアドインさんのほうが私よりずっと速い。でもアドインさんは110点にはできない。うまいことコンビを組んでいるわけです。 それもこれも参加者の皆さんに驚き、喜んでほしいから。

自動翻訳のおかげで人より早く、うまく、大量に安く仕上がれば怒る人は誰も居ません。

セミナー主催者の方が、すでにアドインで日本語訳したファイル作成し、通訳者にもとのファイルと比べて直してもらえばさらにお安く済むかもしれません。そのお金もなければ、アドイン訳を当日表示し、通訳者さんのちゃんとした訳を聞いて、アドインの変な訳はみんなで笑えばよいのです。

翻訳は洗濯に似ています。なんでもかんでも人力でやるのは桃太郎のお婆さんと一緒。川で洗濯板ですよ。皆さん、お家でも洗濯機、あるいは乾燥機までお使いでしょう?そしてものによって洗剤や洗い方も変えるでしょう?干すときに形を整えることに気をつかうでしょう?

それと同じです。カシミヤのセーターにはやさしい手洗いが必要、臭い剣道着はコインランドリーへ。それぞれに最適な方法が最善の仕上がりにつながるのです。

通訳道場★横浜CATS 朝活盛況です









Please follow and like us:
error

通訳学校で伸びる人、伸び悩む人

通訳学校でどんどんうまくなり、講座を修了する前に仕事が始まる人もいれば、10年も通って400万円も学費を払いながら一銭も仕事にならない人もいます。

どうしたら伸び悩む人も、伸びるようになるでしょう?

通訳学校に通う曜日を増やす?

いえいえ、お金がかかるばかりです。

通訳学校以外のインプットを増やすことです。

文系理系に関係なく古今東西の名作を読むこと、ダイジェスト版で結構!できれば気に入ったものを暗誦すること。落語に通うこと。

通訳学校の練習はこんな感じです↓
先生が音声をワンフレーズ再生、一時停止しては指名された生徒が通訳、そして先生の模範通訳。これを英日、日英で繰り返します。

私が目撃した伸び悩みさんたちは実に真面目でした。英文学科出身の典型的文系さんで、2時間の授業中一生懸命訳しては先生の模範をひたすらノートにとりまくり。ノート取りに忙しくて政治家の話も芸能人の話も同じ口調。これではちりが積もってもいつまでも山にはなりません

かくいう私は臆面もなく伸びた方ですが…楽だったんです。まるで訳している気がしなかったんです。勝手に訳が出てくるようで(まるで我慢し損ねたオ〇〇のよう)。

聴こえたフレーズから絵が立ちのぼり、磁石が砂鉄を集めるように言葉が集まって来る。

その砂鉄はどこから…?

実は学生時代にさかのぼります。楽をさせてくれない手加減なしの学校で文理幅広く触れ、毎日聖書、讃美歌の日本語に触れていました。イエズス会の英語教科書は語彙も文章量も文科省の標準の3倍!中2のとき、太宰治に憧れて間全集を毎日1巻のペースで何度も繰り返し読んでいました。大学はリベラルアーツ。おかげで概念、語彙のプールがでかい(!)のだと思います。

私が通訳学校で体得したのは、すでにできている日本語プールと英語プールを画像でシンクロさせる方法です。

大人の方に私の学生時代のようなヒマはありません。だから学習漫画でもダイジェストでも新書でも結構。視野を広げ、新しい言葉を獲得してくだい。

先日、ITやAIにとても詳しい友人から、自動翻訳がこのごろとても良くなったのは膨大なよい訳例にふれさせているから、と聞きました。どうも私がやっていたことに似ています。私がのろのろ処理できる量はわずかですが。

普通レベルの通訳・翻訳なら自動翻訳が当たり前になる時代がすぐそこまで来ています。

さて、次のことを考えましょうか。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

脱!読みにくい翻訳「A above B」 は「Bの上のA」?

「above~」=「~の上に」
まずはそう習います。導入としてはわかりやすい。間違いでもありません。

では、これを日本語に訳してみてください。 「クワイ河収容所」冒頭、主人公がまどろみながら故郷の 海辺の景色を夢見るシーンです。

I heard the raucous cry of sea-gulls circling above the fishing-boats as the fishermen sorted their catch.

北ウェールズの海辺

ありがちなのは…「私は漁師が獲物をより分けている漁船の上に円を描く鷗たちのしわがれた鳴き声を聞いた。」

だめだこりゃ。
ビデオカメラでこの訳の通りにこのシーンを録ってみてください。変でしょう。イメージの順も、感覚体験の順も台無しです。

ICUの齋藤和明先生はこう訳しておいでです。
「大空にはかもめが数羽旋回していた。咽喉をつぶしたような鳴き声が聞こえていた。下の方では漁船の漁夫たちが獲物を選り分けていた。」

aboveを「~の上に」なんてしていないでしょう?こうすると視線の流れが自然でしょう?

ただ、毎朝鳥の声で目を覚ましているイナカッペの私としては、「聞こえた」が先で、鳴き声の方向に目をやると「見えた」になるのでは、と思います。ウグイスなんかなかなか見えませんけど。 英文もそういう順で描写しています。

「耳に入ってきたのは鷗のしわがれた鳴き声だった。旋回する鷗たちの下方では、漁船で漁夫たちが獲物を選り分けていた。」

お粗末様でございました。

語の意味を1対1対応で覚えるのは、自転車で言えば補助輪のようなもの。次の段階があります。いつまでも1対1にとどまっていると広い文脈で身動きがとれなくなります。文脈の流れを追えなくなります。作者の心の中の風景、視線の動きを辿り、予測することができなくなります。

読みにくい翻訳はだいたいこの英文解釈の延長タイプ。間違っていない、これしか方法はない、日本語と英語は語順が違うのだ、と問題を自分から遠ざけがちです。

これではかつての機械翻訳と大して変わりません。

さて、ではどうしたら? 次稿をお楽しみに。

通訳道場★横浜CATS メンバー限定朝活絶好調!

Please follow and like us:
error

「クワイ河収容所」バイリンガル読書会はまるで…

「クワイ河収容所」は元英連邦戦争捕虜のアーネスト・ゴードンさんの手記を、我が恩師、元ICU名誉教授の斎藤和明先生が訳されたもの。その手記と日本語訳を並べて読み進み、語り合い、聴き合おうという贅沢な読書会。

ねらいは2つ。目に見える戦争の記録から、いまもここにある目に見えない戦争に気づくこと。既成概念を軽ーく越える和明先生の英日翻訳のコツを学ぶこと。

初回はゴードンさん、和明先生が招いてくれたとしか思えないメンバーが集まりました。もちろん、ゴードンさん、和明先生もご一緒くださった気がしてなりません。

第一章、第一段落の日本語訳出だしを読んだEさんが言いました。

「やられました。もう、出だしで。だいたい翻訳ものは出だしでその後が推して知るべしです。でも、これは次の文、またその次と読みたくなります。」

それは…ここを訳したもの。みなさんはどう訳しますか?

I was dreaming, and I was happy with my dreams.

普通に訳した一例としてはこんなものでしょうか…

「私は夢見ていて、私は夢のことで幸せだった。」

和明先生は、もちろん全体を何度も読んでのうえで、こう訳されています。

「夢を見ていた。夢を見ていれば幸福であった。」

英語の代名詞をいちいち訳すな、とは通訳道場でもいつも言っていること。英語では顕在する代名詞は日本語では「ない」のではなく潜在します。

こんなのは序の口。

X above YといえばYの上にXと教わりますね。本当にそれだけでしょうか。これは次回。

英語を学ぶときに和訳を参考にすることはどこかやましいズルをしている気がしませんか。その和訳の味わいはいまいちで、ああ、この語が英語のこれなのね、と確かめる。もとの英文の語りの姿を再確認するまではいかない。中高生はそんな和訳の使い方をしていませんか。

でも、ゴードンさんの英文と和明先生の日本語訳は二枚看板。東大寺南大門の二体の金剛力士像のようでした。

次回は8月4日 横浜山手地区にて。人数に限りありますので、ご関心おありの方はお早めにお問合せください。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

試金石、福島。

持続可能な医療・農業・教育の通訳は大いにやりがいがあります。海外講師の職業は医師、学校の先生、とさまざでも思いはひとつ。 「人間が自然の一部であることを思い出すように」。そんな願いを分かち合っています。

そしてもうひとつ気づいたこと。

「人間が自然の一部であることを思い出してほしい」と願う海外講師たちは、福島について、開かれた問いを静かな言葉で語るのです。

「福島の人たちはいまどうしているの?」
「避難した人たちは避難先でどうしているの?」
「福島に住んでいる人たちも元気なの?」

けっしてこんな決めつけは言わないのです。
「福島に住みたい人なんてもういない。」
「福島は放射能汚染されて人の住むところではない。」
「東日本の食べ物は口にできない。」
これ、すべて私が実際に耳にした言葉です。むろん、通訳のご縁ではありません。

静かに開かれた問いには、こんなふうにお答えしています。

「福島にいると、ふと清々しい気分を感じるんです。ここの人たちは、想定外の事態に直面して、 日々、正解のない問いに向き合い続け、辛い議論もした。そのせいか、町を歩いていても、なんともいえない目覚めたような、清々しい顔をしている人とすれ違ってはっとするんです。

ここからは私の考えです。

8年前の南相馬

「福島の問題は放射線被ばく以上に「自由」でもあると考えます。

福島の人たちに避難しろ、しなくていい、など答えを押し付ける必要などない。ただ、空っぽの耳と心を傾けること、彼らの自由を尊重すること。それを阻むのが情報の不足、経済・物理的事情であれば全力で支援すること。

それに、放射性物質は鏡だと思います。それまでの農業の方法、死生観を映し出す鏡です。

たとえば、福島は東北六県の中でも農薬、化学肥料の使用量が少なかった。土壌の微生物が元気です。作物の根も元気です。元気な根は賢くて自分の葉や茎に合わないものをバカスカ吸収したりしないそうです。だから、土壌に放射性物質が見つかっても作物には驚くほど移行していなかった。ラウンドアップなんか撒いているそのへんの家庭菜園のほうが心配です。

それに私たちは全員必ずいつか死ぬ。ところが死を忌嫌い非日常化しています。 医療さえ「幸せな死」を邪魔しかねません。死をもたらすのはガン、ガンを引き起こすのは放射線、 放射線は原発事故、福島と短絡的に結びつけ、放射性物質を責め、福島を避ける。

恐るべきは放射性物質をあの場所に持ってきた人間ではありませんか。

死は生の卒業式。大切な祝福の時であってほしいもの。

でも、準備のできていないときに、不公平に押し付けられたくはないもの。準備のできているときに、おせっかいに邪魔されたくないもの。まして構造的暴力などもってのほか。」

こんなふうにお話しすると、海外の先生方も思いがけない話をなさいます。
アリューシャン列島で戦死したお父様のこと、バイク事故で亡くなった10代の甥御さんのこと。

そして、生きている間の健やかさだけでなく、死が幸せであることも大切よね、などと話しています。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:
error

春の山菜を英語で?!…私がネット検索しないのはなぜ?

大阪でのオステオパシーの講座も終盤。主催者の友人たちの十二分な心づかいのおかげで、アメリカからの講師の先生方も日本の食事を楽しみ、とてもお元気です。

今日は”Eating in Japan is an art.日本の食って芸術だわ”と喜んでいただきました。主役は東北から取り寄せた珍しい山菜。

たらの芽、こごみ、よもぎ、うど、もみじがさ

待てよ、よもぎはmugwortだけど…え、おいおい、ほかは何だ?ちょっと待って。

私は何でもすぐに調べるほう。電車の「つり革」新幹線の「安全柵」…みなさんがスマホでゲームしている車中、私は辞書を引きまくっている。

でも、でも…

たらの芽、こごみ、うどは裏の畑にあるのに…裏の畑に辞書を持っていったことがなかった!!

だいたい畑仕事のあとはくたびれてお風呂入ってビール飲んで夕寝してしまう。

しまった!何て言うんだろう…!

こんなときに頼りにするのは…スマホで検索ではありません。

電子辞書です。

時代遅れ?

そんなことありません。

これは医学専門辞書ですが、 科学事典も入っているので、山菜の学名と写真までわかります。いいでしょう?残念ながらこの会社は電子辞書から撤退してしまいましたが…医学専門書は 紙の書籍で積み重ねたら50センチ厚くらい、4-5キロ相当が入っています。とても持ち歩けません。それが充電さえ気をつければオフラインでいつでも使える。

プロはプロを信頼します。この医学専門辞書にはしっかりした英和・和英辞典、百科事典も入っていて、筆者はその分野の専門家。記事には署名があります。

なんでもスマホで検索できると思うのは素人。

たしかに検索エンジンもいい仕事をしているのでしょう。

でも、自分の知らないことをネットで調べて、どうやって情報の質の良し悪しを判別するというのでしょう。結局ウィキペディアだのみでは? 話半分もわからない新参者がもたもた検索して、見つけたものを「ほら」とスマホで見せるのってあまりお利口には見えませんよ。

専門家を頼みにした方がまともです。

ちなみに、山菜の学名は
タラの芽 Aralia(ウコギの仲間) elata leaf bud (アラーリア・エラータ)
ウド Aralia cordata (アラーリア・コーダータ)
こごみ Matteuccia struthiopteris  (マテューチア ステュルシオプテリス)
もみじがさ Cacalia delphiniifolia; Indian plantain (インディアン・プラーンタン)

裏の畑に札でも立てよっと。

先日、品川で開催されたあるセミナーで1時間3万円を請求する自称ベテラン通訳者が専門用語・領域が全く準備不足でまごつき、仕事中にスマホで検索したという話をききました。

こんなの仕事になってない。

警策を持ってお待ちしております。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:
error

私が通訳資料をプリントアウトするのは

今は何でも便利になりましたね。通訳のための資料もワードやPDFをオンラインでやりとりすることがほとんど。もしかして、当日もそれをそのままタブレットで持ち込んでいませんか?

それが全くいけないとは言いません。でも私はすべて印刷、リング製本して持参しています。

なぜ?

下の方の白いリングが自家製本した資料です。紙でバラバラ持って行くよりキレイでしょう?

まず、自己都合の普通な理由。

1.膨大な資料をモニターで見ていると目が疲れるから。

2.いつでもオンラインにアクセスできるわけではありません。(データは外付けHDやUSBメモリなどにダウンロード)

3.デバイスの充電が切れる、電源が入らない、などの不具合がないと限りません。

それより大事なのは通訳を依頼し、資料を送ってくれたクライアントの気持ちを想像すること。通訳の仕事が始まる前にしっかり安心し、信頼する気持ちになってもらうこと。

あなたがクライアントだったらどう思いますか?

A:送った資料がキレイに印刷、製本され、しかもところどころ蛍光ペン、付箋などがついている。

B:タブレット1つで登場。

Bは実際に仕事の出来栄えがよければかっこいい。でも、始まる前の安心感はどうでしょう。Aのほうが普通に安心できるのでは?

通訳だけが通訳者の仕事ではありません。クライアントに安心、信頼、喜びを味わっていただくことが全体としての仕事です。通訳だけして自己満足してはいけません。すみずみまでクライアントの心を想いましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 事前面談承ります

Please follow and like us:
error