試金石、福島。

持続可能な医療・農業・教育の通訳は大いにやりがいがあります。海外講師の職業は医師、学校の先生、とさまざでも思いはひとつ。 「人間が自然の一部であることを思い出すように」。そんな願いを分かち合っています。

そしてもうひとつ気づいたこと。

「人間が自然の一部であることを思い出してほしい」と願う海外講師たちは、福島について、開かれた問いを静かな言葉で語るのです。

「福島の人たちはいまどうしているの?」
「避難した人たちは避難先でどうしているの?」
「福島に住んでいる人たちも元気なの?」

けっしてこんな決めつけは言わないのです。
「福島に住みたい人なんてもういない。」
「福島は放射能汚染されて人の住むところではない。」
「東日本の食べ物は口にできない。」
これ、すべて私が実際に耳にした言葉です。むろん、通訳のご縁ではありません。

静かに開かれた問いには、こんなふうにお答えしています。

「福島にいると、ふと清々しい気分を感じるんです。ここの人たちは、想定外の事態に直面して、 日々、正解のない問いに向き合い続け、辛い議論もした。そのせいか、町を歩いていても、なんともいえない目覚めたような、清々しい顔をしている人とすれ違ってはっとするんです。

ここからは私の考えです。

8年前の南相馬

「福島の問題は放射線被ばく以上に「自由」でもあると考えます。

福島の人たちに避難しろ、しなくていい、など答えを押し付ける必要などない。ただ、空っぽの耳と心を傾けること、彼らの自由を尊重すること。それを阻むのが情報の不足、経済・物理的事情であれば全力で支援すること。

それに、放射性物質は鏡だと思います。それまでの農業の方法、死生観を映し出す鏡です。

たとえば、福島は東北六県の中でも農薬、化学肥料の使用量が少なかった。土壌の微生物が元気です。作物の根も元気です。元気な根は賢くて自分の葉や茎に合わないものをバカスカ吸収したりしないそうです。だから、土壌に放射性物質が見つかっても作物には驚くほど移行していなかった。ラウンドアップなんか撒いているそのへんの家庭菜園のほうが心配です。

それに私たちは全員必ずいつか死ぬ。ところが死を忌嫌い非日常化しています。 医療さえ「幸せな死」を邪魔しかねません。死をもたらすのはガン、ガンを引き起こすのは放射線、 放射線は原発事故、福島と短絡的に結びつけ、放射性物質を責め、福島を避ける。

恐るべきは放射性物質をあの場所に持ってきた人間ではありませんか。

死は生の卒業式。大切な祝福の時であってほしいもの。

でも、準備のできていないときに、不公平に押し付けられたくはないもの。準備のできているときに、おせっかいに邪魔されたくないもの。まして構造的暴力などもってのほか。」

こんなふうにお話しすると、海外の先生方も思いがけない話をなさいます。
アリューシャン列島で戦死したお父様のこと、バイク事故で亡くなった10代の甥御さんのこと。

そして、生きている間の健やかさだけでなく、死が幸せであることも大切よね、などと話しています。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:

春の山菜を英語で?!…私がネット検索しないのはなぜ?

大阪でのオステオパシーの講座も終盤。主催者の友人たちの十二分な心づかいのおかげで、アメリカからの講師の先生方も日本の食事を楽しみ、とてもお元気です。

今日は”Eating in Japan is an art.日本の食って芸術だわ”と喜んでいただきました。主役は東北から取り寄せた珍しい山菜。

たらの芽、こごみ、よもぎ、うど、もみじがさ

待てよ、よもぎはmugwortだけど…え、おいおい、ほかは何だ?ちょっと待って。

私は何でもすぐに調べるほう。電車の「つり革」新幹線の「安全柵」…みなさんがスマホでゲームしている車中、私は辞書を引きまくっている。

でも、でも…

たらの芽、こごみ、うどは裏の畑にあるのに…裏の畑に辞書を持っていったことがなかった!!

だいたい畑仕事のあとはくたびれてお風呂入ってビール飲んで夕寝してしまう。

しまった!何て言うんだろう…!

こんなときに頼りにするのは…スマホで検索ではありません。

電子辞書です。

時代遅れ?

そんなことありません。

これは医学専門辞書ですが、 科学事典も入っているので、山菜の学名と写真までわかります。いいでしょう?残念ながらこの会社は電子辞書から撤退してしまいましたが…医学専門書は 紙の書籍で積み重ねたら50センチ厚くらい、4-5キロ相当が入っています。とても持ち歩けません。それが充電さえ気をつければオフラインでいつでも使える。

プロはプロを信頼します。この医学専門辞書にはしっかりした英和・和英辞典、百科事典も入っていて、筆者はその分野の専門家。記事には署名があります。

なんでもスマホで検索できると思うのは素人。

たしかに検索エンジンもいい仕事をしているのでしょう。

でも、自分の知らないことをネットで調べて、どうやって情報の質の良し悪しを判別するというのでしょう。結局ウィキペディアだのみでは? 話半分もわからない新参者がもたもた検索して、見つけたものを「ほら」とスマホで見せるのってあまりお利口には見えませんよ。

専門家を頼みにした方がまともです。

ちなみに、山菜の学名は
タラの芽 Aralia(ウコギの仲間) elata leaf bud (アラーリア・エラータ)
ウド Aralia cordata (アラーリア・コーダータ)
こごみ Matteuccia struthiopteris  (マテューチア ステュルシオプテリス)
もみじがさ Cacalia delphiniifolia; Indian plantain (インディアン・プラーンタン)

裏の畑に札でも立てよっと。

先日、品川で開催されたあるセミナーで1時間3万円を請求する自称ベテラン通訳者が専門用語・領域が全く準備不足でまごつき、仕事中にスマホで検索したという話をききました。

こんなの仕事になってない。

警策を持ってお待ちしております。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:

私が通訳資料をプリントアウトするのは

今は何でも便利になりましたね。通訳のための資料もワードやPDFをオンラインでやりとりすることがほとんど。もしかして、当日もそれをそのままタブレットで持ち込んでいませんか?

それが全くいけないとは言いません。でも私はすべて印刷、リング製本して持参しています。

なぜ?

下の方の白いリングが自家製本した資料です。紙でバラバラ持って行くよりキレイでしょう?

まず、自己都合の普通な理由。

1.膨大な資料をモニターで見ていると目が疲れるから。

2.いつでもオンラインにアクセスできるわけではありません。(データは外付けHDやUSBメモリなどにダウンロード)

3.デバイスの充電が切れる、電源が入らない、などの不具合がないと限りません。

それより大事なのは通訳を依頼し、資料を送ってくれたクライアントの気持ちを想像すること。通訳の仕事が始まる前にしっかり安心し、信頼する気持ちになってもらうこと。

あなたがクライアントだったらどう思いますか?

A:送った資料がキレイに印刷、製本され、しかもところどころ蛍光ペン、付箋などがついている。

B:タブレット1つで登場。

Bは実際に仕事の出来栄えがよければかっこいい。でも、始まる前の安心感はどうでしょう。Aのほうが普通に安心できるのでは?

通訳だけが通訳者の仕事ではありません。クライアントに安心、信頼、喜びを味わっていただくことが全体としての仕事です。通訳だけして自己満足してはいけません。すみずみまでクライアントの心を想いましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 事前面談承ります

Please follow and like us:

私が食事中通訳を引き受ける理由

20年近く前、都内の通訳学校に通っていたころのこと。「食事しながらの通訳は断りなさい。見習いに代わってもらうのがベスト。自分がやらなくてはならないとしても、クライアントの会食の前か後に用意してもらってひとりで済ませなさい。」と言われたものです。

それはそれでエージェント経由の通訳者にはごもっともです。普段の通訳は頭フル回転の真剣勝負。その状態で食事をとることは生理的にも無理があります。エージェントが所属通訳者の健康と仕事の質を守ろうと助言するのは無理からぬことです。

でもね、私はいま通訳をお引き受けしている方々のところでは大いに飲み食いしながら通訳しているんです。

なぜ?

私も仲間の一員だと思っているからです。私をプロジェクトの一員と思ってくれる人たちとしか仕事をしていないからです。

そういう仲間や海外講師とは、仕事の後においしいものを囲む時間も大切。そこに私がいないことは考えられません。

でも、失敗もありました。駆け出しのころはまじめに通訳しながら食べようとして、学校教員時代以上の早食いをしました。そのせいで仕事が終わった後、4日も胃痛に苦しむことになりました。なぜかちっとも痩せなかったけれど。(学校の先生以上に早食いしてはなりませぬ。)

でも、私が「この人たちと一緒に過ごしたい」と思っている限り、なんとか工夫するものです。たとえば…

1.食べるのがめんどくさそうなものは、箸をつける前に食いっぷりのよさそうな若いもんにあげちゃう。喜ばれます。私のお皿は空に見えるので「冠木さんも食べて!」と言われずに済みます。

2.飲む。ご先祖様のおかげで私はもともとお酒に強いんです。そのうえ仕事中は最高に緊張、興奮しているのでちっとも酔っぱらいません。お酒の中でも度数の低いビールを飲んでいれば、おなかはいっぱいになるし、周りも「冠木さんも飲んでいるな」と安心してくれます。

3.講師の隣に座る。講師と私が講座中に個人的な話をすることは決してありません。でも会食の席では講師がいろいろプライベートを訊ねてくることもあります。その会話は英語学習中の参加者のみなさんには面白いようです。そんな話はかいつまんで訳せばOK。

私が食事中通訳より気にしているな講師の食事、時間の使い方の趣向です。夜はひとりでルームサービスにしたい方、ホテルのレストランが好きな方、ほったらかしてもらいたい方(ひとりで赤ちょうちん入りたい方も)…そのあたりをさぐるのもコミュニケーションの忍者(?)、通訳者の仕事です。

あれえ、呑み助限定の話だったかなあ。

通訳道場★横浜CATS 第5期

Please follow and like us:

医療通訳の準備に思う、患者は忍者?

通訳は専門用語をきちんと把握していることが必須です。

専門用語という「点」が頭に入るには、点と点をつなぐ線、専門領域という「面」を理解することも必要です。ただの単語暗記では思考の流れについていけません。

なかでも準備にきりがないのは医療の通訳。日進月歩の技術とともに新しい言葉も生まれ続けています。

そんなとき、ふと気になるのがごく当たり前の言葉。

たとえばpatientは「患者」でいいのでしょうか。

話し手の頭の中の景色を聴き手の頭の中で再現するのが通訳

個人的には患者の「患、わずらう」という字がなんだかフナムシみたいで…具合の悪いときには見たくない気がします。

語源によると、patientはまさに「耐え忍ぶ」。(インパチェンスimpatienceという花がありますが、種に触ると弾けて飛ぶ様子が「不」「忍耐」というわけです。)

patientは「患う者」ではなく「忍ぶ者」、なんと「忍者」ではありませんか。身体の状態ではなく、心のありようを表しているように思えます。

と、こんな寄り道も準備の楽しみのひとつです。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談承ります

Please follow and like us:

その通訳が伝わらない理由

「違う!それは文化の違いじゃない。」カナダと日本のディスカッションを訪問し、振り返りに参加したときのことです。

カナダ側が「日本のみなさんは思いがけないところで他人事のような返事をする。」とこぼしました。日本人通訳者の方も「そうですね。日本人は変化に慎重ですからね。」と同調しています。

違うでしょ!

私はずっと気になっていました。私より一回りほど上らしいこの男性は、標準語書き言葉で話し、shouldをことごとく「べき」と訳していたのです。

たとえば、日本側が費用を理由に変更を渋った時、カナダ側が少々苛立ってIt shouldn’t be so expensive.と言いました。「そんなに高いはずがないでしょう・高いわけじゃないでしょう・高いはずがない」=そこはケチる所じゃないだろう!!!と感情チャージはフォルテッシモ。

その日本語訳が…「そのことはそれほど高価であるべきではありません。」

え?なんだその通訳口調は。どこの誰に言ってるの?何のことを?

日本側の返答はこうです。「まったく、おっしゃるとおりです。」

おいおい。生硬な通訳のせいで「日本人はにやにや同意していながらちっとも行動をとらない。わけがわからない。」という不満や誤解につながりかねません。

もし「そんなの高いわけがないだろ。」と伝わっていたら…

「高いとは言っていません。ただ、ほかにも緊急で費用が必要なところがあるんです。タイミングの違いです。優先順位はこっちで決めさせてもらいたいですね。」

「じゃ、いつごろ…」

こんなやり取りもありえたのでは、と思います。

「should=べき」のように単語を1対1対応させる昔の学校英文和訳は脇へ置きましょう。語は文脈のなかで色合い、ニュアンスが決まります。文脈を把握したうえで適切な訳語を選ぶのはAIでもなかなか苦労するところ。

音楽でいえば、同じ音高のオタマジャクシでも、フレーズによって響きが違うはずです。自動演奏が演奏家に適わないのはそこでしょう。

生人間、生きているうちにがんばりましょう。楽しみましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:

通訳者におすすめの服装は?

結論から申します。

通訳者におススメの服装は、日本、海外のパートナーの服装トーンに調和する、1段階フォーマルなものです、

ここのところ、ご紹介のおかげで新しいお客様の通訳をさせていただく機会に恵まれました。

そして新たな気づきが…!

私は通訳者としてご一緒する時、日本側、海外側の服装のトーンを意識しながら、一歩フォーマルなものを心がけています。それがどうもいいらしいのです。

想像してみてください。

日本チームの通訳者が、従来のイメージを覆す通訳を10秒もすれば、先方も「おおお!」と思うのです。改めて眺めると服装まで調和していてさらにきちんとしていれば「すごいプロを連れてきた。こりゃ本気だ。」と感じるんです。そして日本チームの予想を超える熱意で応えてくれるんです。

仲間内輪の英語ができる人に通訳を頼むと、仲間と同じカジュアル加減トの服装でしょう。通訳スキルも推して知るべしです。

従来の通訳さんには黒スーツも多かったようですが、悪目立ちしてはもったいない。パートナーを事前に知る努力をすれば、もう一工夫できるはずです。

通訳技術がおぼつかないのに、服装の内輪感でごまかすのは犯罪です。

ちなみに、私が必要とするトーンの服を最高の品質で揃え、コーディネートで掛け算的価値を生み出してくれる横浜のお店がこちらです。ここ以外、買い物をする意味がありません。私の個人的趣味ではありません。パートナーの皆さまにとって最大の価値と思っています。

お店の名前はナイショです

 

通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:

なぜ医療・農業・教育の通訳を???

持続可能な医療と農業と教育の通訳をしています、と言うとよく言われます。

「え??全然違う分野では…?」
「それって、たまたまクライアントさんの分野に興味持っちゃったの?」

ごもっともです。

でも…両方NOです。

この3つの分野、いかにもそれぞれ独自の堅気の商売でしょう?
でも人間だけがひどく必要としていると思いませんか?

健康でいたい、死にたくない…
ひもじい思いはしたくない…
周りよりバカではこまる…

そんな不安がこの3分野をきりのない発展に駆り立てたのかもしれません。

その根源には
「○○ができない、~を持たない自分はだめだ」
「~さえあれば自分は完璧なのに」
という条件付きの自分付き合いがあるのかもしれません。

でも、その発想は幻想できりがありません。
とかげのしっぽ切りのように敵を切り続け、やせ細る。
やがて環境までも搾取で疲弊させる。

この3分野、昔はバラバラではなかったのだと思うのです。

修道院、お寺など、世界各地で精神的な支え(目に見えぬ世界を指し示す人々)を軸に、支え合い、ゆるやかに牽制しあっていたのだと思うのです。

20世紀はじめ、シュタイナー博士にアドバイスを求めた
医師、農家、教員の人たちは、かつての「精神的支え」が失われつつある中、
新な「支え」を模索していたのではないでしょうか。

わたしも今日の「節制の支え」「自己受容」「memento mori」を
キーワードに歩みます。

バイオマスの通訳をするのもそんな思いからです。

プロフィール

Please follow and like us:

すべての学びに時がある―ドイツ語の天使が舞い降りた!

ついにその時が来ました。

バイオマス関係の視察と商談を通訳するために初めて訪れたオーストリアとドイツ。いよいよドイツ語の神様と目が合い、ドイツ語の天使が舞い降りてきました。

これまで何度か学ぼうとしてはきたんです。

言語中枢の分化やら、セルフモニタリングの重要性やら、外国語学習の科学に適うプロセスは、おそらく日本一ちゃんと実践しました。そのせいか、ろくに勉強せずに独検準一級もとれました。

それでもちっとも好きにはなれず、嬉しくもありませんでした。
ドイツ語を話している自分を想像しようにも想像できずにいました。

好きでもない言語を口にしようとするのは、好きでもない男とキスしようとするようなものです。

私の心の扉はどうにも開かずにいました。

ところが!

リンツの花屋さん

今回、すーっと開いたのです。

扉のノブを外から引いてくれたのは、オーストリア、ドイツのバイオマス専門家のみなさん。

この方たちのお話や気持ちを、この方たちの言葉のままにわかりたい。そんな気持ちが湧いてきました。(間違ってもいいから自己表現を発信しようなどとは思いません。そんなの効率も行儀も悪いです。)

こうなると、24時間ドイツ語を聞いていたい、目に映るすべてをドイツ語で何というのか知りたい、という熱病恋愛モードです。

この感覚、以前にも味わったことが…

そういえば、30年前。初めての海外でイギリスの人々に出会い、ケンブリッジの英語を耳にしてからは、もう恋愛状態。インプット激増ばかりか、それまでの様々なインプットも掛け算効果を出し始めたのです。

そんなおバカキチガイ状態の再来です。

30年前よりずっと便利な世の中になりました。ネットラジオにオーディオブック。これは楽しみ。フェイスブックやiPadの設定もドイツ語にしました。

私にとって外国語は心で学ぶもの。突破口が開くタイミングはとても個人的。

すべての学びに時がある。
その時はひとそれぞれ。

みなさんはいかがですか?

みなさんは何の神様と目が合いましたか?

通訳道場★横浜CATSはこちら。

Please follow and like us:

クリスマスの歌と言えば ー O Holy Night 歌詞 日本語訳をイメージ順で

O Holy Nightの英語で知る言語の楽しみ

このメロディ、聞き覚えがある方も多いことでしょう。
クリスマスの讃美歌、O Holy Nightです。このごろ、ポップス調のアレンジであちこちでBGMで流れていますね。実は、なかなか歌詞が奥深くて、慰めと励ましに満ちているんです。

私がこの讃美歌に出会ったのは中1のときでした。学校では9月からクリスマスの讃美歌の練習が始まります。中3以上のみが歌うこの曲の美しさにびっくり仰天。音楽と言葉のビートがぴったり合っていてとても心地よかったのです(もとのフランス語より英語のほうがうまく合っています)。しかし…当時は聞いただけでは英語とわからなかったのですね。トホホ。

楽譜を手に入れると、辞書と首っ引き。言葉の描く景色を曇りなく見たいという一心でした。英語がSVOのような語順ばかりではないこと。韻文では語順を入れ替えてイメージの順を保つので、文法的な思考が助けになることを実感したのもこのころです。

母校の録音を持ち出すとちょっとまずいことになりますので、こちらをどうぞ。ケンブリッジ大学、キングスコレッジの聖歌隊です。

震災後のなぐさめ―私たちの苦しみを担い一歩先を歩く存在

2011年のクリスマス前、毎年のようにO Holy Nightの歌詞を思い浮かべると、2番の歌詞に目がさめるような思いがしました。

The King of kings lay thus in lowly manger
In all our trials born to be our friend.
He knows our need
to our weakness is no stranger

王の王が身を横たえたのはかようにつましい飼い葉おけ
あらゆる試練のうちに生まれ、我らが友となりたもう
主は我らの乏しきを知り
我らの弱さに寄り添いたもう

当時、原発事故は前代未聞の事故であり、さまざまな課題には前例も正解もない…そんな風に思っていました。

でも、この飼い葉おけに眠る幼い王の王に「前代未聞」なんてないとしたら…すでに震災という試練を私たちより先に知っていて、その痛みをすでに担って私たちの一歩先を共に歩いているとしたら…

なんという慰め、励ましだろうと思ったのです。

試練を回避、否定するのではなく、試練は試練として受け入れ、共に歩む。歩く過程の私たちの「なんだかなあ」なところにも寄り添う。

なんという存在!

(なんでもポジティブ化したがるアメリカのN.P師あたりとはだいぶ違いますねえ。)

なるべくイメージの順どおりに訳してみたものをのせておきます。この日本語訳は歌うためのものではありません。歌うのでしたら、由木康先生の日本語詞が名訳にして名詩です。

あと…うんうん考えた後は、発作的に変なことしたくなるときがあります。え、何をやらかしたかって?まあ、とくとご覧ください。まあ、ばかばかしいことは楽しいねえ。

クリスマスおめでとうございます。

O Holy Night  歌詞 イメージ順日本語訳

これを書いた人のプロフィール

Please follow and like us: