通貨・数字の通訳はどうする?

「億単位の金額が飛び交うと…」(わあ、すごい)
「通貨の計算に戸惑います…」

無理しなさんな。そんなところでかっこつけても仕方がない。

ちょっと才走った通訳嬢がすらりと通訳したつもりで、そのあげく、あとで言った言わないのもめごとになるのが数字、金額。

社内ならまだしも、フリーランスが請け負ったクライアントの案件だったらひとたまりもありません。

F1レーサー、日光いろは坂のバス運転手さんを思いうかべてください。

プロは直線とカーブではスピードを変えるでしょ?

どこでもかまわずすっ飛ばすのがかっこいいと思っているのは自己中心的な初心者です。

私は、数字には通訳メモとは別に大きめのポストイットを使います。先方の現地価格、数量をメモ。これでいい?とメモを先方に確認。換算して日本側に伝えます。それを海外、日本側両者で確認。参加者のどなたかに協力をお願いして、いつの、何についてのメモなのかタイトルを書いていただきます。

みなさん、喜んで協力してくださいますよ。誰もが順調かつ正確なコミュニケーションを望んでいるんですから。それに、人に頼りにされるってうれしいでしょ?

オンライン通訳道場 第5期お申込み受付中!

Please follow and like us:
error

合格=成功、不合格=失敗ではない

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

ここ数日、あちこちで高校入試の結果が出ているのですね。コロナ休校中高生限定オンライン無料通訳道場でも話題です。

第一希望に落ちたら…そりゃショックでしょう。気が済むまで落ち込んで、気が済むまで悔しさにまみれてください。いっぱい泣いて、いっぱい八つ当たりしましょう。それはあなたの努力の証。努力してなかったら落ち込むことなんてできませんよ。

でもね、しばらくしたら耳をすませてみてください。「これがよいのだ。このまま行け。」という心の声が聞こえてきませんか?

大いなる導き手(運命でも神仏でもコンコン様でも名前はなんでもいいです。ゼウスはあてにならないけど)は、失敗の仮面をかぶってやってくることがあります。

あなたを待っている学校はあなたの居場所になる

私も入試の現場で数年を過ごしました。受験生や入試問題、入試当日オペレーションに関する情報は他言無用。秘密厳守でした。

それでも振り返ってみると、学校ごとに別々にやっているようで、学校の垣根を超えた力が働いている気がするんです。いろんな学校の先生たちが自分たちでも知らないうちに、学校を超えたサッカーやバレーボールでパスをまわして、ひとりひとりが待っている学校行けるようにしている気がするんです。

絶対間違えないはずの漢字をど忘れしたのも…
ありえない計算間違いをしたのも…

すべてあなたを待っている人がいる学校に、あなたが行けるため。うっかり「第一志望」に受かってしまったら、人生の第一志望に行き損ねてしまう。

しばらくして落ち着いたら、どうか、人生の第一志望を信じてみてください。

「ここへきてよかったと思えるようにがんばろう」なんて気合を入れる必要はありません。それは気合でもポジティブでもなくてただの下心。自然にしているだけでいいです。

「あっちの学校に行かなくてよかった。こっちのほうがいい。」なんて思う必要もありません。それは失礼な負け惜しみ。あっちの学校のことをあなたは何も知らないのに比べようもないでしょう?

大いなる導き手はあなたの手をしっかり握り、一歩先だってあなたの道を一緒に歩いていくことでしょう。

ゆっくりと、あなたの心に「これだ」という温かい喜びが満ちてゆきますように。

よくがんばった、おめでとう!

1-4組終了後どうしようか、思案中→コロナ休校中高生限定オンライン無料通訳道場 

Please follow and like us:
error

新型コロナウィルスによる集団精神疾患?

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

新型コロナウィルス騒動、落ち着くのはいつごろでしょうか。

どうもウィルスによる呼吸器疾患そのものより、社会全体が自家製の不安、恐怖、怒りの精神疾患にかかっているように見えます。これには当のCOVID19もびっくりでしょう。

集団精神疾患の一因は…「敵視」であると私は 考えます。

メディアでは昔のえへん虫のように、COVID19を悪者として描いたイラストをよく見かけます。ウィルスは本当にそんな顔をしているのでしょうか?本当に悪者なのでしょうか?

私はそうは思いません。

私たちがウィルスと適切な距離を取り損ねたのだと思います。

適切な距離さえ取れれば、憎み、恐れる必要などありません。手洗いやうがい、人ごみを避けるのもその方法でしょう。

人間は自分たちが症状に苦しむようになって初めて、新しいウィルスに気がついて、いきなり敵視をはじめ、制御をこころみる。

個人的には、なんだか違うなあ、と思っています。

「これさえなければ私たちは健康、幸せ」という敵視発想が20世紀のいろんな商売や戦争を盛り立てたのでしょう。

でも、そもそも違う。

内田樹さんは「修業論」のなかでこう書いておいでです。

「天下に敵なし」とは。敵を「存在してはならないもの」ととらえないということである。そういうものは日常的風景として「あって当たり前」なので、特段気にしないという心的態度のことである。(中略)
因果論的な思考が「敵」を作り出すのである。
自分の不調を、何らかの原因の介在によって「あるべき、標準的な、理想的な私」から逸脱した状態として理解する構えそのものが適を作り出すのである。

持続可能な未来に、因果にもとづく敵視はなじみません。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

新年度の参考書、問題集を選ぶなら

こんにちは。持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

中高生の皆さん、いかがお過ごしですか?なんだか出かけにくい?

でも、そろそろ来年度の準備も気になりますね。新学年の参考書や問題集も欲しいでしょう?選ぶの、結構難しくないですか?近所の本屋さんでもなかなか決められない学生さんをよく見かけます。

先生や先輩のおすすめも参考になるけれど、自分にあっているかはわからない…見た目やタイトルに惹きつけられる。でも、中身はどう?…

そんな時、私はこんなふうに選びます。

①たとえば「関係代名詞」のように自分の知りたい項目をひとつ決めます。

②ちょっといいな、と思う参考書数冊で「関係代名詞」について読みます。

③「これを書いた人に会いたい」と思えた本がアタリ。

情報の量やわかりやすさも無視できないけれど、それだけじゃ肝心のところが抜けています。肝心なのは、本の向こうに書いた人が感じられるか、その人に興味を持てるかどうか。

普段の勉強でも、受験勉強でも、「これは自分に関係がある」「自分に宛てて書かれている」「書いた人は自分に用がある」「書いた人に会いたい」という感覚を大事にしてくださいね。この感覚のスイッチを切ったまま、みんなが買ったものを真似して買ったり、親がとりあえず買ってきたものをぼーっとやったりするのはあまり感心しないなあ。

「向こうにいる誰かを感じる」感覚を切ったままでいると、自分がお留守になるからね。そして、そういう人は沢山いる。

私が受験勉強で手ごたえを感じた問題集、参考書は中原道喜さん、伊藤和夫さん、という先生方が書いたものでした。タイトルは忘れてしまったけれど先生方の名前は忘れない。それくらい、日本語での解説にも思いが込められていました。

だから、昔、英検やTOEICを受けた時も、対策問題集や過去問は仕上げにやっただけです。私はあの手のナニヤラ協会が出した問題集には「向こうにいる人」を感じなかったので。

普段は著者の声が聴こえるようなものをたっぷり味わいましょう。

自分にとってぴったりな声を聞き分けるのは自分。

さあ、ご近所の本屋さんへGO! 帰ったら手洗い、うがいをしっかりね。

休校中高生3月限定オンライン無料通訳道場、資料を公開しています。←クリック

Please follow and like us:
error

字幕なしで英語映画を見るには

こんにちは。持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

字幕なしで映画が見たいという皆さん。日本語の字幕を読みながら英語聞いてませんか?それじゃいつまで無理。聴覚と視覚の科学から見て無理です。

次の順が理に適っていておススメ。近道でも遠回りでもありません。時間はちょっとかかるので短いビデオでどうぞ。

①先に日本語字幕だけ読んで「イメージ化」する。お耳がお留守になっても気にしない。
②英語字幕にして読む。お耳がお留守になってもまだ気にしない。
③英語字幕を読みながら、聴き取ろうとする。
④再生速度を1.5-2倍にして、2分くらい(人によるけど)聴く。わけわからなくてOK.
⑤いつもの速度で再生。びっくりするほど聴き取れます。

めんどくさい?手間惜しみは己に負ける遠回り。外国語学習は心の道です。

私はドイツ語での通訳に備えて、英語字幕とドイツ語音声で上の方法を実践しています。英語でもドイツ語でも

下のビデオはスーフィーのとんち話の人気者、ナスルディンのお話です。②から始められる方は英語字幕を出してごらんください。日本語字幕は自動翻訳でちょっと変ですが、歯車印で自動翻訳を日本語にすれば出てきます。まあ、お手元にお気に入りのDVDがあれば、そちらでどうぞ。

休校中の日本の中高生のための期間限定オンライン無料通訳道場はこちら

Please follow and like us:
error

厚生労働省の英語ページが??な本当の理由

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

先週末のこと「厚労省の英語がひどい」と、SNSの友人たちが次々と投稿していました。機械翻訳はこんなものだ、やはり人力翻訳でなければ、というよくあるちょっと残念な主張もあれば、自力で日英訳しなおしている、という方もありました。

私はすぐにピンときました。手がふさがっていてすぐにチェックできなかったのですが。

厚労省サイトの日本語が問題なのです。

多くの人が誤解、混乱なく読めるようになっているとは言えないのではないでしょうか。これを自動翻訳に入れたら、そのわかりにくさが増幅されます。自動翻訳がダメなのではありません。入力する日本語が不適切なのです。だからといってはじめから人力翻訳のみ頼りにしてはお金と時間がかかるばかりです。

今日では厚労省もメディアでの批判を経て、多少改善したようです。

そこで、日英訳にプロを頼むほどではない、という場合、グーグル翻訳をうまく使うヒントをご紹介しますね。

①「てにをは」格助詞を省略しない。
②主語、述語を明示する。(ねじれているのはもってのほか)
③「主語+述語」の組み合わせをつなげるのは2つまで。間に接続詞を使う。
(「が」は多用途なので、しかし、そして、などのほうがよい)
④羅列は箇条書きにする。

これを実際にやってみます。厚労省サイトにはこんな文があります。1文で1段落です!主語、述語がどれかわかりにくい!分詞構文だらけのような日本語です。

乗員については、ほぼすべてに対して講習を行い、症状がない状態で勤務中の乗員に対しても、業務中は必ずマスクと手袋を着用する、手指をアルコール消毒する手指衛生を行う、食事を離れてとる、船内の乗員の各居室への消毒用アルコールの設置など衛生環境の整備を行うことなどを徹底してきました。

これをグーグル先生に放り込むとこうなります。(厚労省のサイトにはこの文章はありません)

Training is provided for almost all occupants, and for occupants who are working without symptoms, be sure to wear masks and gloves during work, perform hand hygiene by disinfecting hands with alcohol, and eat meals. Thorough efforts have been made to maintain a sanitary environment, such as by installing disinfecting alcohol in the occupants’ cabin away from the ship.

読んでいるうちに息が止まりません?人の息をとめる文章はよろしくありません。しかもこの呼吸器感染症の時期に!

日本語を手直ししてみます。

乗員対象の講習
講習はほぼすべての乗員に行いました。以下の指示が乗員のなかで症状がなく勤務中である者にはなされています。
・業務中は常にマスクと手袋を着用すること
・手指をアルコール消毒すること
・食事は他者から離れてとること
また、衛生環境を整備するために船内の乗員の各居室に消毒用アルコールを設置しています。以上を徹底して行っています。

これをGOOGLE先生にお願いすると…

Crew training
The training was provided to almost all crew members. The following instructions have been given to the crew who are on duty and have no symptoms.
・Always wear masks and gloves during work
・Alcohol disinfection of fingers
・Eat food away from others
In order to maintain a sanitary environment, rubbing alcohol is installed in each crew’s room on board.We are doing the above thoroughly.

これに細かい仕上げ手直しをすれば十分用が足りるでしょう?

自動翻訳不信も、人力翻訳過信も時代遅れです。よい道具と自分の頭をうまく使って、時間を大切したいものです。

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

WHO新型コロナウィルス情報を日本語で①コロナウィルスって何?

新型コロナ…?新型クラウン?懐かしい車を思い出してしまいました。あれ?トヨタはコロナとクラウンを両方持っていた?同じ王冠って意味でしょ?不思議ですねえ。

まあメディアを見ていると「蔓延」「不安」などセンセーショナルな言葉が飛び交います。でも「自分でできること=健康維持+無敵の思想(これ大事、別稿にて)」と「確かな情報」をもとに心静かに過ごしたいものです。

そのためにも頼りになるのがWHOやCDCの情報のはずですが、WHOのサイトは日本語訳が用意されていません。 ビデオは字幕を受け付けてもいません。

そこで、まずは2回にわけてWHOのビデオに簡単な日本語訳をおつけします。WHOには字幕のオファーをしたのですが、返事はまだです。著作権蹂躙の意図は全くありません。問題があれば教えてください。

2回に分けるのは長くなるからです。お役に立つ部分は後半に集中しています。次回(明日)お楽しみに。

【前半字幕】
2019年12月、中国で一群の肺炎患者が見つかりました。調査すると原因は未知のウィルスでした。 今ではCOVID2019と呼ばれています。

本ビデオではこのウィルスについて現時点での理解を手短かに紹介します。 ただこのウィルスは新しいので、 見解も先々変わりうることをご承知おきください。

コロナウィルス群はウィルスの群れとしては大きく、 中核に遺伝形質があり、 そのまわりの皮膜にはタンパク質のスパイクがついていて、 王冠のように見えます。

王冠をラテン語で言うとコロナなのでコロナウィルスと呼ばれます。コロナウィルスもさまざまですが呼吸器、ときには消化器に発症します。
呼吸器症状はよくある風邪から肺炎などがあり、ほとんどの場合軽度です。

ただ、重症化するものもあります。

SARS(重症急性呼吸器症候群)のコロナウィルスが初めて特定されたのは2003年、中国でのこと。MERS(中東呼吸器症候群)のコロナウィルスは2012年、サウジアラビアでのことでした。

COVID2019が初めて見つかったのは中国の肺炎患者においてでしたが、この人たちは魚介と生きた動物を扱う武漢の市場に縁がありました。やがてこの病気は体調を崩した人々から家族、医療関係者へと広がりました。いまでは患者も増え、病気も中国国内はもとより多くの国に広がっています。

いったいこのウィルス、どこから来たのでしょう?わかっているのは、コロナウィルスは多様な動物たちの間を巡り、ときには動物から人間にジャンプするということです。これはスピルオーバー(あふれ出し)と呼びます。要因は、ウィルスの突然変異や人間と動物の接触増加などさまざまです。たとえば、MERSコロナウィルスはラクダから、SARSコロナウィルスはジャコウネコから、と言われています。COVID2019の源がどの動物かはまだわかっていません。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

驚きの明治洋楽「きよしこの夜」に【蚊】が登場!

きーよしー、こーのよーる。もうあのメロディーが聞こえてきましたね。

まったく季節外れですみません。実は来週、あるイベントでこの歌を母校フェリス中高のOG合唱団有志が歌うのです。(私は発声と呼吸の修行が通訳にも参考になると思い、この合唱団に参加しています)

そのイベントは横浜山手芸術祭の一環としてイギリス館で開かれる「明治・山手の丘に流れるメロディー」。「きよしこの夜」を含め、明治の横浜に入ってきた讃美歌や、外国人居留地周辺で生まれた新しい労働歌を振り返ります。

「きよしこの夜」として知られるあの讃美歌はもともとドイツ語。ヨーゼフ・モールの詩にフランツ・X・グルーバーが曲をつけたもので初演は1818年、オーストリア、オーベンドルフの聖ニコラウス教会のミサと言われています。

もとの歌詞1番はこんな感じです。

Stille Nacht, heilige Nacht,
Alles schläft; einsam wacht
Nur das traute hochheilige Paar.
 (Nur das traute heilige Paar.)
Holder Knabe im lockigen Haar,
Schlaf' in himmlischer Ruh'!
 (Schlafe in himmlischer Ruh'!)
Schlaf' in himmlischer Ruh'!

いま、皆さんが讃美歌109番、第二編244番としておなじみの歌詞は、由木康先生の訳です。

きよしこのよる 星はひかり
すくいのみ子は まぶねの中に 眠りたもう、
いとやすく

それが!なんとクリスマスとはちっとも関係なく、日本の静かな宵の情景として歌われていたというのです。

作詞したのは書家で歌人の阪正臣(ばんまさおみ)氏。いったいどういう経緯で新たな日本語詩を作ることになったのかは21日のお楽しみ。イギリス館へぜひお出かけください。

小雨止みて 庭は暗し
月はなど遅きぞ 端居(はしい)して待つ間に 
不如帰(ほととぎす)ただ
高くひと声

霞晴れて 星は照れり
小簾の隙漏りきて(おすのひまもりきて) 橘ぞ薫れる 
水鶏(くいな)さえいま
遠くひと声

小田の早苗 緑涼し
蛍追う子は去り 風もなく吹くるよ 
耳元に蚊の
細くひと声 

なお当日は3番を割愛するそうです。気の毒な蚊の出番と思って、ぜひ「きよしこの夜」のメロディーに合わせて口ずさんでみてください。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

日本ではスーパーでオーガニック食品が買えることを目指さなくてもよい理由

「スイスはスーパーでもオーガニック食品が買えるのに、全く日本は遅れていて恥ずかしい!」

普段はスイスにすむ友人の手厳しい一言です。みなさん、どう思います?たしかに日本もまだまだやれることはある。でも、いくらスイスが好きだからって、スイスのものさしを日本に当てて決めつけるのは困ったもんだと思うのです。

ものごとは細かく、深く見なくては。

私は日本で「スーパーでオーガニックが買える」を目指すのは違うんじゃないかと思うんです。

バイオダイナミック農法の畑に落ちたりんご。ゆっくり土に還るのでしょう。

そもそも、日本の「スーパー」の多くは大資本で安さが売り。買いに行く人たちも「安いから」が理由でしょう。

でもオーガニックの生産には手間暇がかかる。そんなに大規模にはできない。大量に作って安さを売りにするわけにはいかない。どうしても、スーパーの一般品に比べれば高くなる。それでも自分、家族のために質を求める人、生産者を応援したい人はちゃんと支払う。

そんな生産者と購入者をつなぐのにふさわしい場はどこでしょう?日本で地価負担を避けるにはどんな方法があるでしょう?

今はネットの時代。オンラインショップ+季節のイベントでしっかりコミュニティを作っているケースはいくらでもあります。
(そりゃ、スーパーがいくらか置いてくれるのはまったく歓迎ですが。そこを目指さなくてもよいのでは、ということです)

こちら、チーズで有名な共働学舎新得農場。究極のオーガニックと言える生乳をさらに理に適った方法でチーズにすることで付加価値を最大化。そのプロセスでいわゆる障がい者と呼ばれそうな人たちが素質を発揮しています。

現場はひとつひとつ違う。細かく分けて、深く見なくては。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

原因不明の病でこそ、新たに生まれ変わる

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

医療の症例検討会の通訳をしていると、ふと思うことがあります。

病には因果関係で説明がつくものと、つかないものがあると。

そりゃ、大酒を飲み過ぎて肝硬変になった、さんざんタバコをすって肺がんになった、などはまあそりゃそうだ、と思います。

でも、一滴もお酒を飲んでいないのに、タバコも吸ったことが無いのに、同じ病を得る方もあります。

因果関係がはっきりしないと、なおさら不運だったように思えるものです。

ある若い友人がうつ病になったときのこと。大切に育てられた彼の成育歴に「原因」らしきものは見当たりません。

すると、周りの人たちは本人がいないときに「あいつは甘やかされて育ったんだ」「世間体のいい家庭の中は本当は冷たいんだ」などと言い出したのです。まるで「恵み」まで疫病神扱いするように。私はこれに強い違和感を覚えました。

そして、病には、大酒のみの肝硬変のように過去からやってくるものと、彼のうつ病のように未来からやってくるものがあるのでは、と感じたのです。

未来からやってくる?

そう。過去が悪かったわけではありません。今も十分幸せ。でも今生の自分のつとめに今後出会うためには、今のままではちょっとおぼつかない。

そんなときに未来からの鍛錬として病が与えられることもあると思うのです。

世の中の流れから置いて行かれたような気持ちになり、死を想い、どん底を見る。生きながらこれまでの生を振り返る機会に恵まれて、甦る。そう、魂が病という体験を経て甦る。そんなこともあると思うのです。

うつだった青年は錆びやすく柔らかい鉄のようでしたが、いまでは鋼鉄のようにすっきりたくましいおじさんです。何年もかかりました。でも、あの体験がなければ今の自分はないと言っています。

病気になった自分を責めることはない。因果関係ばかりに説明を求めることもない。

今を抱きしめる。未来からの導きに任せる。

まあ、大酒のみ、ヘビースモーカーのみなさんは少し自分の健康を気にしてください。

どちらも猫はあたりまえのようにできているようですが。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子 プロフィール

Please follow and like us:
error