通訳が「うまい」とほめられないのは…

「うーん、うまく通訳できたと思うのにクライアントの反応がいまいち。また頼んでくれるかな…。」

通訳者はリピートと紹介が大切。だから依頼主の反応は気になる。
でもね、うまい、と言われているうちは普通なのよ。
うまい、を超えて自然になると何も言われなくなるんじゃないかと思う。

そんなこと心配してないで寄席にいってごらん。

通訳は話芸。伝統の話芸に触れるのも立派な修業。
しかも笑えるんだからありがたい。

ことに落語には日常のモノサシを吹っ飛ばしてくれる
とんでもない人たちがゾロゾロ。

自分の頭の枠をこわすのにぴったり。

昨日のトリは古今亭菊丸師匠の「中村仲蔵」。

本当にすごいと「うまい」も「すごい」も言われない、というお手本。

安藤広重「仮名手本忠臣蔵」

昔は役者の階級も細かく分かれていて、昇進も厳しく抑えられていたそう。
にもかかわらず、中村仲蔵は底辺の「稲荷町」から「名題」に大出世。

ところが仮名手本忠臣蔵ではひとつしか役が与えられず、それも
弁当食べながらの5幕、元サムライのしょぼい山賊、定九郎。
ドテラのような衣裳でやぼったい役と相場が決まっていました。

引き受けたものの、もちろん不本意。

ある日蕎麦屋で水もしたたるイイ男の浪人に出会います。
その風情こそ本来の定九郎!と着物、帯、傘…細かく訊ね
徹底的にパクりました。

さて上演したところ…あまりの凄みと美しさに観衆は
言葉にならないうなり声をあげるのが精いっぱい。
「○○屋~」なんて呼ぶ者はおりません。

これを当の仲蔵は大失敗と信じ込み、江戸を離れ
上方に向かいます。

実は町では前代未聞の演出が大評判。
座長が行方不明の仲蔵を探していました。

見つけ出された仲蔵はこれを聞いて仰天…

だからいいのです、毎回褒められなくて。
褒められるために通訳しているのではないでしょう。
もちろん、下手なのは話にならないけど。

そうそう、昨日は我が母校、国際基督教大学が
漫才のネタになるという想定外の笑いもありました。

プロフィール

 

Please follow and like us:
error

ロールスロイスをくじ引きに?

なんだかこれも学術的には出典の突き止められない話なんだけど、応用はできるでしょ。

バチカンにロールスロイス1台ご進呈伺いが届いたマザー・テレサ。
どうしたと思う?mother_teresa11

①まあ、なんてこと、腐った富の象徴!拒絶!
②あら、それ高いんでしょ。中古車やさんに売りましょう!
③くびじびきにすんべ。

正解:③

車の市場価格の数倍の売り上げを得て、福祉に用いたそうな。

宝くじに当たる確率は買っていても上がらない。あれに似たものをどう売るか、考えたらよろし。

ご参考にしてくだされ。

Please follow and like us:
error

NHKで一番通訳泣かせの番組は?

通訳といえば昔はニュースの音声多重放送。たしかにNHKの番組は日英通訳の練習にもってこい。

ここでクイズです。一番通訳者泣かせの番組はどれでしょう?

 

政治…?

ブー

経済…?

ブー

討論番組?

ブー

スポーツ?

ブー

大河?

ブー

ためしてガッテン

んー、ちょっと近づきました。

 sharp-1844964_640

答え:鶴瓶の家族に乾杯!

理由は簡単。あまりにも不可測、想定外だからです。

それほど通訳の仕事は準備が大事。「家族に乾杯!」に比べたらほかの番組なんて200%下調べできます。

ところが「鶴瓶の家族に乾杯」で準備できることはわずか。旅する地方の特色、旅人のプロフィールぐらい。あとはどこでどんな人が現れ、故郷の言葉で何を話し、何が起こるかさっぱりわかりません。

例えば、人なつこいおばあちゃんが鶴瓶さんを座敷に通して、郷土名物をふるまいながらおじいちゃんの病気のことを話し出したら…

「ほれ、このいかにんじん食ってみろ。いや~おらほのおんつあ、病院で検査したら血がひとの3ぶんの1しかねえって言わっち。」
「そらおかあさん、心配でっしゃろなあ。」(ここで鶴瓶さんお茶をこぼす)
「あらららら、かんかちしねがったかい?」

いかにんじんって何?squid and carrotのほかにどうしよう!!血が3分の1!そんなはずはありません。おそらく赤血球の数値のこと。そうは思ったうえでさらりとおばあちゃんの言葉どおり訳さないと鶴瓶さんとの話がずれてきます。

で!かんかちって何?

そしてニュース通訳の口調ではあの番組が台無し! 

というわけで、「鶴瓶の家族に乾杯!」は医学会よりよほどハードルが高いんですよ。(えー、例題は福島の皆さんには朝飯前でした。)

福島名物いかにんじん。松前漬けのルーツです。
福島名物いかにんじん。松前漬けのルーツです。

でもさいわい、医学会と違って再放送があります。本放送でうまく訳せなかった表現を仕込みなおし、再放送でリベンジもできますね。そうか、最近はハードディスクに録画できるのでした。

通訳道場のメイン教材に「鶴瓶の家族に乾杯!」を据えるわけにはいきませんが…臨時イベントならいいかしら。

思わぬところに教材は転がっています。あとは料理の腕次第。

通訳道場★横浜CATS オリジナル教材の仕込みも順調です!

[maxbutton id=”8″]

 

Please follow and like us:
error

日本人に多い【L】の誤解/英語早口言葉その2

はい、始めたからには続けます。

英語で早口言葉をtongue twisterといいます。舌がツイスト、とは言い得て妙です。日本語のあいうえおは口をぱかぱか動かしますが、それは英語に持ち込まないで。ちゃんと切り替えましょう。英語では口の動きは最小限、舌が活躍します。早口言葉は発音を自然にするのに効果的。(で、舌のポジション、動きの土台は実は耳なんです。)

ところで、Lの音ってどんな音だと思います?

舌をぺろん!と落として「るっ!」みたいな音を出してくれる人が多いんですが…それはちょっと違う。

動画でお目にかけると美観の問題がありますので、今日は文字でごめんあそばせ。英語は下あごは下に落とすのではなく、金魚のように前にスライド。こうすると平たい顔族でも口が縦に開きやすいでしょう?口を縦に開いたら上の前歯の付け根に舌先をぐっと押し当ててください。入れ歯が外れないように気を付けて。その状態で息を出すと?舌の両側から息が抜けて音が出ますよね。それがLの音。

ぺろん、は後ろから追いかけてくる母音に「邪魔だ!」と突き倒されるから。例えばlemonのlとeみたいに。

後ろから煽るパッシング野郎がいなければ、ずっと「L~~~」とのんびりしていたいのです。all, callのように。

では、やせっぽちロレンスがカノジョとロブスター両方いっぺんに失くした気の毒なお話です。Peter Piperに比べると柔らかい音が多いのでちょっとゆっくりに聞こえますなあ。

ははあ、カノジョがロブスターと駆け落ち…
ははあ、カノジョがロブスターと駆け落ち…

 

 

さてさて知らざあ言って聞かせやしょう。私は横浜生まれの横浜育ちですが、何か?

「あんだおらのごどあんだあんだ言うげっとおらもあんだのごどあんだあんだ言わねぇがら、もうあんだもおらのごどあんだあんだ言わねぇでけろよ、あんだ。」

 

通訳は学びの場のプロデューサー、コンシェルジェ。遊び心も大事です。

[maxbutton id=”8″]

 

 

Please follow and like us:
error

自称ピコ子見参【英語早口言葉その1:P】

これどうするつもり。本当に全部やる気?暇すぎる。

ピーター・パイパーで知られる英語のアルファベット早口言葉シリーズ。そう、シリーズなんです。ピーター・パイパーは「P」の項。AからZまであるのですよ。

クリストフ・ヤフケ先生のコレクション本より(自費出版)
クリストフ・ヤフケ先生のコレクション本より(自費出版)

今日は通訳道場の日。口のエンジンの調子はいかに?ひとりで録音するとなると緊張します。いつもは学生の目が点になるのが面白くてしょうがないんだけど。最初にノーマルスピード、後半に早口です。

これはまったく関係ありませんが、週末スペシャルサービス、東北早口言葉だそうで。福島とちょっと違いますね。

では、そろそろ出かけます。みなさまもHave a fab weekend!

[maxbutton id=”8″]

Please follow and like us:
error