幕末横浜の「外国語」は?

ある中1のクラスでこんなことを耳にしました。
「日本語と英語は語順がちがいまーす。」(←間違ってる)
「英語は日本語と違って名詞の前にaとかtheとかつきまーす。」(←半端なこと言うな)

入門期に不適切に「差異」を協調するのってどうなんでしょうね。
あんまり英語を「外国語という壁」として示さないほうがいいんじゃないかと思いますけどね。

というわけで、英語の授業視察はなんだかんだ理由をつけてご遠慮しています。耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ばなくてはならないから。

そもそも、幕末、明治初期の横浜は外「国」語という概念が薄かったようです。言語をナショナルなものとは捉えてはいなかったということです。

参勤交代のため、江戸はもちろん、横浜に近い東海道の宿場町もさまざまな地方の方言が飛び交っていました。当時、書き言葉に共通の文体はあっても、共通の話し言葉、いまの標準語のような言葉はまだなかったのです。( だからなんでもかんでも標準語にしか訳せない通訳者はちょっと居心地の悪さを感じてよろしいのです。)

どのくらいバラエティがあったかというと…たとえば標準語の「かまきり」も…

おがめ(岐阜・高知・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島)
かまぎっちょ(茨城・栃木・埼玉・千葉・福岡)
いぼむし(宮城・秋田・山形・福島・新潟)
いぼくい(むし)(青森・岩手・千葉)
とかげ(!!)(埼玉・千葉・東京・山梨)
はらたち(群馬・千葉)
へんぼ(愛媛・高知)
ほとけうま(淡路島・徳島)
(「都道府県別 全国方言辞典」 佐藤亮一編 三省堂より)

これに
めあーんてぃす(英)
もーんと(仏)
ふぁんぐしゅれっけ(独)

が加わったところで「へえ?それが何か?」でしょう?

言葉は国家ではなく地元で共に暮らす人びとと結びついていたといえそうです。

そういえば、私たちのひいひいひい爺さん婆さんたちはきっと、自分たちを「日本人」だなんて思っていなかったでしょうね。「くに」といえば藩でしたから、「相模のひと」「会津のひと」という具合で。

昔も今も「この人の言っていることを理解したい」という願いが人を言葉に近づけるのだと思います。

さて、横浜といっても街中と違って日本人が体系的に英語と出会った場所がありました。さて、どこでしょう?それを次回以降ご紹介します。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

AI時代に外国語、英語を学ぶ意味

いまの中高大学程度の英語力、へたな通訳、翻訳ならあっというまにAIで済むようになります。

それでも、外国語を学ぶことに意味があるとしたら…いや、私はあると思っているのですが…

人の話を外国語で聴くことで、心の避難所を作ること。

そもそも、私が通訳者として開眼したのはNHKの国際研修室。当時、結婚後転職した私学女子中高で「訳文をぜんぶ板書してくれる先生がすぐれた先生。それに比べたらあなたはただの外人」と言われ、退職を余儀なくされました。

居場所もなく、収入もなく、定期的に通えるところは心療内科とNHKだけでした。

普段は過去への後悔と未来への不安ばかりがエンドレズテープのように頭をぐるぐる。

「『あなたはうちの学校文化を知りませんね』と言われたとき、どうしてすみませんといったんだろう、どうして『もっと教えてください』と言わなかったのだろう。」「どうして、靴箱にいやがらせをされたときに、すぐに写真をとって総務部長に見せなかったんだろう。」

それが!

NHKの同時通訳講座でひたすらひとの聴いたらピタリと止まるではありませんか。

その清々しいことったら!

私は通訳トレーニングを通して「いま」に戻って来られたのです。

ふりかえってみれば、フェリス中高時代もそうでした。決して試験勉強、検定試験に関心があるわけではなく。先生にとっても優等生ではなかったと思います。でも、宣教師の先生の優しい慰めと励ましの英語が、心の糧でした。

本物で包囲してくれた母校。

私は耳がいいらしいので、周囲の叱りの日本語をそのまま覚えて勝手にリフレインしてしまう。それをアレンジして自分を責め続ける。

「なにをもたもたしているの。」「早く!」「また、要領が悪い。」「不器用ねえ。」

そんな悪循環がたまらないとき、あたまを宣教師の先生の英語の声で満たしていたんです。

なので、「英語を将来グローバルに活躍するためのツールとして明るく、ポジティブ」にすすめる人たちにはなじめません。波長が合いません。自己表現とか、自己主張とか、発信とか、別に二の次でいいんです。

外国語には涙が止まらないときにふっと息ができる部屋をひとつ作る力がある。

そんな部屋を用意したいと思うのは変でしょうか。

持続可能な社会のための通訳者、冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

「自分に用がある」感覚―内田樹さんに聞いた、レヴィナスとの出会い

グーグルで関連キーワードなどを調べてちゃらいタイトル考えても、結局違うことばかり書いてしまうようです。今日は正直なタイトルで参ります。

学びは個別、私的な体験

どうも学びというと同学年集団、テストによる競争というイメージが日本では沁みついています。でも、本来学びは個別、私的な体験で二つと同じ学びはないと思うのです。

いまの「小さいうちから英語」は前者の横並び徒競走的で、へんにプライドをくすぐるけれど、大して魂を育てないだろうと思っています。

むしろ、大人になってから個別、私的な出会いを通して自然と外国語を身につけた人たちはなんだか素敵です。なかでも興味深いのは内田樹さんに伺ったお話。

個別の出会いもひとりになる経験から。

内田樹さんはユダヤ系フランス人哲学者、レヴィナスの著作との出会ったとき、「町で見知らぬ外国人に肩をつかまれてわあわあ怒鳴られた感じ。何を言っているのかさっぱりわからないけれど、この人は『自分に用がある』と感じた。」のだそうです。

この「なんだかわからないけど自分に用がある」直感が大事なんです。「わかりやすくてみんながやっている」のイワシの群れの逆です。

内田さんはレヴィナスに会いに行き、声を聞いたあとは翻訳も楽になったとのこと。そう、声が聞こえるって活字の向こうにいる唯一無二の著者本人をありありと感じているということ。

私も思い当たる経験があります。レヴィナスのような個人との出会いとはちょっと違いますが…イギリスの詩朗唱の英語、トマティス博士のフランス語、オーストリアのバイオマス企業のドイツ語。「用がある」感覚は強烈でした。

英語の教科書一生懸命読んだり、付属の音源CD聴きこむのもいいけれど、こうした出会いの足元にも及ばないでしょう。

「これを書いた人は自分に用がある」

自分に用があると思えない情報はあっさり離れる。発信するときは用がある相手を想定する。

情報過多の時代、用のない情報につきあってまごまごしていたら、外国語どころじゃありません。

通訳道場★横浜CATS 第5期はこちら

Please follow and like us:
error

通訳になりたいなら、おすすめの学校

専門の情報誌をちらっと見ると書いてありますよね。大学で外国語を専門に学び、その後通訳養成学校に進むといいと。

確かに、そういう経路もかつてはメジャーでした。

私もはじめてサイマルの門を叩いて半年、ぐんぐん力がつくのを感じました。

でも周りを見ると、仕上がりがいかにも「通訳さん」なんです。

なにが違う…?

私がサイマルに助けてもらったのは、それまで持っていたものを結びつける訓練。「持ち物」そのものを足してもらったわけではないのです。

32年前のICU!

その「持ち物」は2つ。

リベラルアーツで文系、理系に偏らず「ものの考え方」を鍛えられたこと。いまは国際教養ナニヤラ学部がいろいろありますが、ニセモノがほとんどです。ホンモノは少人数で、教授と学生が生活を共にし、文理の壁がないこと。国際基督教大学では数学、物理学の美しさに驚嘆しました。私の生涯の学びのふるさとです。

もうひとつは、日本語を鍛えられていること。日本文学の古今の名作はもとより、新聞、理系の論文の文体、聖書、讃美歌の文体にも日々なじみました。これにはフェリス女学院中高に感謝します。世界は文理になどわかれていないことを叩きこまれました。高3の受験間際まで理科の実験を重ねました。牛の肝臓、ユスリカの染色体。

フェリス女学院中高はつまらない面倒見主義とは無縁の学校です。

通訳になりたいなら通訳学校、という考えはあまりに短絡です。AIに抜かされます。

まず人間として言語という文化遺産に仕える覚悟をしてください。ひとさまに通訳を頼まれるのはそのオマケです。

私が主催する通訳道場はこちら

Please follow and like us:
error

通訳の準備、ネット検索で損をしていませんか?

「外国語が話せることと通訳できることはまた別。通訳は事前準備が仕事の8割です。」

ここまではよく聞く話です。差がつくのはこの先。

「わかりました。子どもの感覚・運動発達と学習がテーマですね。」

エージェントから通訳を頼まれ、テーマを聞いた途端にネット検索をしていませんか。初回の打ち合わせにネット検索したものをこれでもかとプリントアウトして持参したりしていませんか。

そのプリントアウトを眺める依頼主の視線はどうでした?冷たかったのでは?

初回の打ち合わせにプリントアウトしていくべきは、依頼主のサイトです。

通訳者は門外漢であることを肝に銘じましょう。ある分野の通訳を重ねたとしても、現場を持たない立場であることを心に留めましょう。

最初にすべきは検索ではありません。門外漢の検索が門外漢の視野を超えることはありません。

まず依頼主に連絡をとり、できる限り素の状態で直に話を聞きます。まず大切なのは依頼主を知ること。その思い、志を聞くこと。専門知識はその次です。

「ああ、この人は自分の思いを理解し、共鳴してくれた。」と思ってこそ、依頼主も喜んで専門資料を見せてくれるというものです。おすすめのサイトも教えてくれることでしょう。

検索するとしとしたら、ここからです。

ものごとには順番があります。

検索の仕方は次稿にて。検索でなんとかなる領域はまだ楽な方です。

通訳道場★横浜CATS(まもなく更新)

 

 

 

 

Please follow and like us:
error

通訳者におすすめの服装は?

結論から申します。

通訳者におススメの服装は、日本、海外のパートナーの服装トーンに調和する、1段階フォーマルなものです、

ここのところ、ご紹介のおかげで新しいお客様の通訳をさせていただく機会に恵まれました。

そして新たな気づきが…!

私は通訳者としてご一緒する時、日本側、海外側の服装のトーンを意識しながら、一歩フォーマルなものを心がけています。それがどうもいいらしいのです。

想像してみてください。

日本チームの通訳者が、従来のイメージを覆す通訳を10秒もすれば、先方も「おおお!」と思うのです。改めて眺めると服装まで調和していてさらにきちんとしていれば「すごいプロを連れてきた。こりゃ本気だ。」と感じるんです。そして日本チームの予想を超える熱意で応えてくれるんです。

仲間内輪の英語ができる人に通訳を頼むと、仲間と同じカジュアル加減トの服装でしょう。通訳スキルも推して知るべしです。

従来の通訳さんには黒スーツも多かったようですが、悪目立ちしてはもったいない。パートナーを事前に知る努力をすれば、もう一工夫できるはずです。

通訳技術がおぼつかないのに、服装の内輪感でごまかすのは犯罪です。

ちなみに、私が必要とするトーンの服を最高の品質で揃え、コーディネートで掛け算的価値を生み出してくれる横浜のお店がこちらです。ここ以外、買い物をする意味がありません。私の個人的趣味ではありません。パートナーの皆さまにとって最大の価値と思っています。

お店の名前はナイショです

 

通訳道場★横浜CATS

 

Please follow and like us:
error

すべての学びに時がある―ドイツ語の天使が舞い降りた!

ついにその時が来ました。

バイオマス関係の視察と商談を通訳するために初めて訪れたオーストリアとドイツ。いよいよドイツ語の神様と目が合い、ドイツ語の天使が舞い降りてきました。

これまで何度か学ぼうとしてはきたんです。

言語中枢の分化やら、セルフモニタリングの重要性やら、外国語学習の科学に適うプロセスは、おそらく日本一ちゃんと実践しました。そのせいか、ろくに勉強せずに独検準一級もとれました。

それでもちっとも好きにはなれず、嬉しくもありませんでした。
ドイツ語を話している自分を想像しようにも想像できずにいました。

好きでもない言語を口にしようとするのは、好きでもない男とキスしようとするようなものです。

私の心の扉はどうにも開かずにいました。

ところが!

リンツの花屋さん

今回、すーっと開いたのです。

扉のノブを外から引いてくれたのは、オーストリア、ドイツのバイオマス専門家のみなさん。

この方たちのお話や気持ちを、この方たちの言葉のままにわかりたい。そんな気持ちが湧いてきました。(間違ってもいいから自己表現を発信しようなどとは思いません。そんなの効率も行儀も悪いです。)

こうなると、24時間ドイツ語を聞いていたい、目に映るすべてをドイツ語で何というのか知りたい、という熱病恋愛モードです。

この感覚、以前にも味わったことが…

そういえば、30年前。初めての海外でイギリスの人々に出会い、ケンブリッジの英語を耳にしてからは、もう恋愛状態。インプット激増ばかりか、それまでの様々なインプットも掛け算効果を出し始めたのです。

そんなおバカキチガイ状態の再来です。

30年前よりずっと便利な世の中になりました。ネットラジオにオーディオブック。これは楽しみ。フェイスブックやiPadの設定もドイツ語にしました。

私にとって外国語は心で学ぶもの。突破口が開くタイミングはとても個人的。

すべての学びに時がある。
その時はひとそれぞれ。

みなさんはいかがですか?

みなさんは何の神様と目が合いましたか?

通訳道場★横浜CATSはこちら。

Please follow and like us:
error

なぜ通訳「道場」?

学ぶ場にも名前はさまざま。学校、教室、アカデミー、スクール。

私が通訳を学ぶ場を「道場」と名づけたのは武道を思ってのことです。

たとえば、いま刀を武器として使う人はめったにいません。戊辰戦争でも主な道具はすでに火器だったといいます。

では刀はもう要らないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。新たな位置付けで役割を果たしています。もはや人を殺める実戦の道具ではなく、心と身体を調える道具として生き続けています。

将来、自動通訳、翻訳で大方の用事は済むようになるかもしれません。

それでも、外国語学習、通訳養成を「心の道」として求める人たちの役に立ちたいと願っています。

通訳道場★横浜CATS

Please follow and like us:
error

無駄な力が入っている新人にこれを言ってもしょうがない

「力入ってるよ、力抜いて、楽にね~」
「はい!」
緊張して一生懸命な新人に先輩が声をかける。音楽でも、スポーツでも、通訳でもよくある場面です。この「はい!」の次の1回はなんとか意識的に力を抜けることもありますが、その次は見事に元通り。

なぜでしょう。

こりゃ老眼には厳しい…

力が入っている、というのは「頭コントロール」状態です。カラダで気をつけるポイント、たとえばトマティスの骨導発声でいえば、重心の位置、胸郭の広がり、後頭部の角度、耳と目の角度…19も気をつけるポイントがあるといいます。これをアタマで指令、監督していると忙しくて、しかもバラバラ。ばらけないように身体は力を入れる。バラバラなからだをまとめるのに力が必要なのです。力が入るのは、指令に応えるための身体の精いっぱいの応答なのです。無駄ではありません。

ここで先輩が「力抜いてー」といっても、外部からの指令がひとつ増えるだけ。気をつけポイントがひとつ増えるだけ。しかも自分と矛盾する。

じゃあ、どうすれば?

頭コントロール、身体バラバラの状態で1000回でも10000回でも練習すればよいのです。

身体に動きがしみこみ、頭の指令がいらなくなり、自動化するとおのずと力が抜けます。おのずと、です。

頭のコントロールを言葉や意識で身体に譲り渡すことはできません。それがcorporeality身体的リアリティということです。

私ならなんと言うでしょう?

「力入ってるね。(これは言わなくてもいいと思っているけど、気づきを促すため)まあ、10000回やってごらん。」

10000回はなかなかできませんが、そう言われると100回くらいはちゃらいものです。体感の変化を実感するには充分です。

ことばの世界の美しさ、奥深さに目をみはる【通訳道場★横浜CATS】 

Please follow and like us:
error

はじめてのブラックフライデー

ブラックフライデー=収穫感謝祭の次の金曜

いや、もうすごいですね。ネット通販、大手小売りに国境はないようで、日本でもブラックフライデーなんて言うようになりました。よく言われる由来はこんな感じでしょうか。

「収穫感謝祭の次の日がクリスマス準備の買い物の初日。大安売りの書き入れ時でそれまでさっぱり儲からなかったお店も『黒字』になる。」

こんなふうにコンパクトにまとまったのは最近のようですよ。

もっとブラックなアメリカ最初のブラックフライデー

ブラックと言えばブラックマンデーを思い出す方が多いのでは。どうやらその感覚は間違っていないようです。いまわかっている限りでは、1869年9月24日がその日。Jay Gould と Jim Fiskというウォールストリートの腹黒2人が金を買いまくり、値を釣り上げて売り抜けて大儲けしようと企みました。この陰謀を知ったグラント大統領は国庫から金を大放出。相場は暴落して多くの資産家、企業がとんでもない被害を被ったといいます。

その後、いろいろな説が出てきて…木曜から日曜まで4連休したい労働者が病欠しまくるので会社は困るとか…フィラデルフィアが買い物客でごった返しておまわりさんたちがうんざりしたとか…

最近ではイギリスでもアマゾンをはじめアメリカ企業の影響でブラックフライデー=お買い物と定着してきているそう。私がリーズ大学にいたころは影も形もありませんでしたが。

世界初のブラックフライデーは11月ではなく…

11月にブラックフライデーときいて「え?」と思いました。春じゃなくて…?そう、ブラックフライデーはそもそもイエス・キリストが十字架にかけられた日。お買い物どころではありません。忌引きです、喪中です。

1869年のウォールストリートの人たちも十字架にかかった気分だったのではないでしょうか。

こちら、ヒストリーチャンネルのサイトにも詳しい記事がのっています。
What’s the real history of Black Friday?

12月15日 女性のための錆びついた英語を磨くシンプルな独学法セミナーはこちら

Please follow and like us:
error