「令和」と二重母音と日本人

新しい元号、みなさんどう感じましたか?


海外では「『命令のもとに和せよ』という意味だ」と推測するメディアが盛り上がったようです。 政府は各国大使館にbeautiful harmonyと説明せよ、と指「令」を出したとのこと。

でも、harmonyで美しくないのってあるんでしょうか。

万葉集のこの文脈では「令」は月の「つやのある美しさ、佳いさま」を表すそうですから、lustre and beauty とかshining beautyでもいいかもしれませんね。

ちなみに「令」の字はひとが集まって、ひざまずき、神の意に耳をすませる様子だそうです。もともとは政治家の命令じゃないのです。海外のメディアも安心してくれるといいのだけれど。

ところで、「れいわ」という音について。

じきに皆さん「れーわ」と言うようになるはずです。(しかも「れ」はLの音で)平成へいせい、もそうでした。へーせー。めーじ、たいしょー、しょーわもそうです。

れいわでもれーわでも日本ではOK。 メインディッシでもメーンディッシュでもおかまいなし。

でも英語を話すときは耳と頭を切り替えましょう。

たとえば、cakeをケークとエーで伸ばすだけではいけません。

先日、大学の恩師、O先生に伺ったところによると、 日本の皆さんには「前の母音8割、後ろの母音2割くらいのつもりで」というと納得してもらいやすいとのこと。

エーを8、イで2、「ケーイク」てな感じでしょうか。

ケークなんてイを忘れると、イチゴの乗っていない のっぺらぼうケーキになって、聞き返されかねません。

通訳者はこうした瞬時の切り替えをとても大切にしています。日本語も英語もわかりやすさの土台は自然な美しさですから。

冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

「自分に用がある」感覚―内田樹さんに聞いた、レヴィナスとの出会い

グーグルで関連キーワードなどを調べてちゃらいタイトル考えても、結局違うことばかり書いてしまうようです。今日は正直なタイトルで参ります。

学びは個別、私的な体験

どうも学びというと同学年集団、テストによる競争というイメージが日本では沁みついています。でも、本来学びは個別、私的な体験で二つと同じ学びはないと思うのです。

いまの「小さいうちから英語」は前者の横並び徒競走的で、へんにプライドをくすぐるけれど、大して魂を育てないだろうと思っています。

むしろ、大人になってから個別、私的な出会いを通して自然と外国語を身につけた人たちはなんだか素敵です。なかでも興味深いのは内田樹さんに伺ったお話。

個別の出会いもひとりになる経験から。

内田樹さんはユダヤ系フランス人哲学者、レヴィナスの著作との出会ったとき、「町で見知らぬ外国人に肩をつかまれてわあわあ怒鳴られた感じ。何を言っているのかさっぱりわからないけれど、この人は『自分に用がある』と感じた。」のだそうです。

この「なんだかわからないけど自分に用がある」直感が大事なんです。「わかりやすくてみんながやっている」のイワシの群れの逆です。

内田さんはレヴィナスに会いに行き、声を聞いたあとは翻訳も楽になったとのこと。そう、声が聞こえるって活字の向こうにいる唯一無二の著者本人をありありと感じているということ。

私も思い当たる経験があります。レヴィナスのような個人との出会いとはちょっと違いますが…イギリスの詩朗唱の英語、トマティス博士のフランス語、オーストリアのバイオマス企業のドイツ語。「用がある」感覚は強烈でした。

英語の教科書一生懸命読んだり、付属の音源CD聴きこむのもいいけれど、こうした出会いの足元にも及ばないでしょう。

「これを書いた人は自分に用がある」

自分に用があると思えない情報はあっさり離れる。発信するときは用がある相手を想定する。

情報過多の時代、用のない情報につきあってまごまごしていたら、外国語どころじゃありません。

通訳道場★横浜CATS 第5期はこちら

Please follow and like us:
error

英語教育、いつから始めるー③テストで損をしたくないなら

ん。なんかこのタイトル、自分でもちょっと気が進みません。まあ、気を取り直して…

外国語はラーメンと同じ。それぞれに好みがあります。全員が博多ラーメンを好きなわけではありません。明日から喜多方ラーメン以外は販売禁止、なんてことになったら暴動が起きるでしょう。

ラーメンが多様なように、学校で学べる外国語ももっと多様であってほしいものです。

でも、今日明日に学校がラーメン博物館になるとは思えません。

そこで、3つほどおすすめを紹介します。アドバイスは本当は個別にお伝えすべきものですが、「個別化」の部分は皆さんそれぞれにお好きなようにおやりください。

1.いま、夢中になれるものを

いまは学校の授業、教科書の他に映画、音楽といろいろなメディアに触れられます。これ素敵!と思えるものを見つけてください。私は高校時代にカーペンターズCD12枚分と大学時代に映画「いまを生きる」まるごと覚えてしまいました。覚えようと思ったわけではなく、あんまり好きだったので自然と覚えてしまったのです。結果的にテスト勉強はあんまりせずにすみました。英語圏の作品は趣味が合わない…?英語圏といってもアメリカ、インド、アイルランドは随分違うもの。ディズニーは嫌いでもボリウッドやケルト音楽は楽しめるかもしれませんよ。それでも気が進まなかったら…

2.勝手に好みの外国語を学ぶ

学校が情報伝達の中心だった時代はとっくに終わっています。いまは自分がその気にさえなればびっくりするような情報も手に入る。学校はそういう発見を持ち寄る場です。たとえば、「もののけ姫」ブルーレイには日本語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、フィンランド語、韓国語
ドイツ語、広東語、北京語が入っています。これを片っ端から少しずつ聞いて、「お、なんだか聞き心地が良い~。これ、好き。」と思える言語を探してみては?こっそり独学して学校で披露するとクラスのみんながびっくりするはずです。こういうの、ちょっと気分いいんですよね。

で、ほかの言語にチャレンジした後、英語に戻ってくると「なんだー、こんなに自分はわかってるんだ」と気が楽になるんです。

3.岩波新書・ジュニア新書を読む

「大学入試の英語長文が苦手だ」という高校生の声をよく聞きます。でも、細かく分けてみると、英語の長文が苦手なのではありません。日本語でもろくに知らない話題なのです。そりゃ英語で読んでもチンプンカンプン。まず日本語でものを知らないと話になりません。中学に入ったら、まずは岩波ジュニア新書を片っ端から読んではいかが。新書は他にもいろいろあるので、好みのものでよいと思います。ただ、現代政治関係ではあまりにセンセーショナルで真偽疑わしく、おしゃべり調のものは私は敬遠してますけど。

テストで損をしない…といいながら、結構正統派のことしか書けませんでした。学びって個別の体験。自分で自分の面倒を見る覚悟のある人が伸びるように思います。

通訳道場★横浜CATS 第5期

 

Please follow and like us:
error

英語教育、いつから始める?ー②

あら、英語を始めるベストタイミングを教えてくれるのかしら?
そして、うちの子も英語がちゃんとできるようになってグローバルに活躍できるようになるのね?

この先の投稿はそう思われた方々のご期待に添うものではございません。貴重なお時間無駄になさいませんように。

国民全員が英語を必修するのは異常

体育、音楽、美術ではさまざまなジャンルに触れます。

もし体育でサッカーだけが全員必修になったら?
音楽でヴァイオリンだけが全員必修になったら?
美術で彫刻だけが全員必修になったら?

バスケやピアノ、水彩に向いている人たちが伸び損ねますよね。

いまの日本の英語教育はそうなっている、ということです。

「いやいや、誰もが英文学者を目指すわけではない。日常会話程度ができれば世界が広がり、仕事にも役立つ」という人がいます。

そんなことはありません。

不可測、不規則極まる日常会話を目指して学ぶのは遠回りもいいところ。よく使うフレーズを覚えても覚えたフレーズに振り回されるだけ。あくまでもきちんと聴け、読めなくてはおぼつかないのです。外国語の日常会話はパン屑。パン屑が欲しかったらパンを焼くしかありません。

また、寺沢拓敬さんの「『日本人と英語』の社会学」にはリーマンショック以降、日本人が英語を使う機会は減り、年収とも関係ないことがデータで示されています。

「あとで役に立つ」「~のためになる」という間違った未来志向の下心では群れのイワシに留まります。

ドナルド・キーンさんがそんな下心で日本文学に近づいたでしょうか。源氏物語が読めたときのキーンさんの驚きと感激が彼を牽引したのではないでしょうか。

身土不二というけれど、言土不二。言語には風土の匂いが色濃く残っています。ひとそれぞれに好みがあるはず。ラーメンだって好みがあるでしょう。

フランスなどは英語必修はもっと短くて、ドイツ語、スペイン語を必修選択できる時間が長くとられています。

私の友人には大学時代にロシア語、フランス語に出会って夢中になり、いまでは通訳、大学の先生をしている人たちがいます。

それぞれのタイミングで出会い、チャンスをしっかりつかんだのです。

ひとりひとりのお子さんにその力があるはずです。

とはいえ、英語は試験科目でもありますよね。そこを無駄なく切り抜ける方法はまたあらためて。外国語を今の大多数の大学ような形で試験科目にするなんて、民間試験を導入しようがしまいが私は大反対なんですけど。

これを書いたあまのじゃくな同時通訳トレーナーのプロフィール

 

Please follow and like us:
error

英語教育、いつから始める?ー①

親御さんには悩ましいテーマですよね。不安を煽られたくはないけれど、お子さんにはより幸せな未来を準備したい。あのときやっぱりあれをやっておけば、と後悔したくない。ごもっともです。

ご参考までに日本では見落とされがちな点を1つご紹介します。

シナプスの刈り込み

幼い子どもはなんでもみごとに吸収します。だから小さい頃から習わせたいと思いがち。

でも歯が生えかわるころと、思春期に入るころの2度、「吸収したけどあんまり続けて使っていない」シナプスが大掃除されます。だから、小さい頃のネイティブの子どもみたいな発音はどこへ…となるのです。(発音にそこまでこだわる必要もありませんし。)大人にNOが言えない小さな子どももちゃんと内側で自分なりの選択を自ずと行っているのです。

中高生になるともうシナプス大掃除は起きません。その代わり、NOをはっきり意思表示するようになります。逆に親や先生が辞めろと言っても、自分でやると決めたらやる力も強くなります。

私はさまざまな年代の英語学習者に出会ってきました。なかでも爆発的に伸びていたのは中学で優れた指導者に出会い、憧れを掻き立てられ、莫大な量のインプットを「勝手」にした人たちです。

日本では臨界期仮説に煽られた人も多いようですが…人間は生涯学び、選び続けていく生き物。タイムリミットを恐れなくてもいいと思うんですけどね。

優れた指導者に会えるかどうかわからないから小さい頃から?
いえいえ、指導者は先生に限りません。映画でも小説でも歌でもいいんです。

(本当はね、そもそも国民全員で英語やっていること自体もったいないと思ってます。)

通訳道場★横浜CATS 第5期はこちらから

Please follow and like us:
error

なぜ医療・農業・教育の通訳を???

持続可能な医療と農業と教育の通訳をしています、と言うとよく言われます。

「え??全然違う分野では…?」
「それって、たまたまクライアントさんの分野に興味持っちゃったの?」

ごもっともです。

でも…両方NOです。

この3つの分野、いかにもそれぞれ独自の堅気の商売でしょう?
でも人間だけがひどく必要としていると思いませんか?

健康でいたい、死にたくない…
ひもじい思いはしたくない…
周りよりバカではこまる…

そんな不安がこの3分野をきりのない発展に駆り立てたのかもしれません。

その根源には
「○○ができない、~を持たない自分はだめだ」
「~さえあれば自分は完璧なのに」
という条件付きの自分付き合いがあるのかもしれません。

でも、その発想は幻想できりがありません。
とかげのしっぽ切りのように敵を切り続け、やせ細る。
やがて環境までも搾取で疲弊させる。

この3分野、昔はバラバラではなかったのだと思うのです。

修道院、お寺など、世界各地で精神的な支え(目に見えぬ世界を指し示す人々)を軸に、支え合い、ゆるやかに牽制しあっていたのだと思うのです。

20世紀はじめ、シュタイナー博士にアドバイスを求めた
医師、農家、教員の人たちは、かつての「精神的支え」が失われつつある中、
新な「支え」を模索していたのではないでしょうか。

わたしも今日の「節制の支え」「自己受容」「memento mori」を
キーワードに歩みます。

バイオマスの通訳をするのもそんな思いからです。

プロフィール

Please follow and like us:
error

翻訳を磨くのは英和辞典じゃなくて…

みなさん辞書お持ちですか?電子?紙?

あ、電子派が多そうですね。

もしかして家庭の医学やビジネス法律関係の資料も入っている…?

でも、これは入っていないでしょう。
久々に紙の辞書を買って大満足です。
三省堂の「現代語古語類語辞典」。

通訳道場メンバーの悦子さんが教えてくれました。
いいもの見つけましたね~!!ありがとうございます。

私もこういうものをいつも探しているんです。

なぜって…皆さん、私の通訳の日本語表現に驚いて下さる。

振り返れば、その根は中高時代なんです。 文系、理系なんてケチなこと考えずに何でも学んだ。 自然科学、社会科学の日本語に触れ続けた。毎朝歌う讃美歌は文語。

そんな体験を、損なうことなく別の形で通訳を学ぼうという大人の方たちと分かち合いたい。なぜなら、出会った人たちの中にすでにある賢さ、宝が喜ぶはずだから。

(こういうもんだから覚えろ、みたいなことを我慢してると子どもの頃はいきいきしていた知性が昏睡、機能不全になるのです。)

この辞書は現代語が見出しになっていて、その見出し語の表現を上代から辿っています。日本語版超プチOEDのよう。 北欧の2つの昔話をハイブリッドにしたストーリーテリングの訳にも助かりました。

たとえば王子が馬で冒険の旅を始めて…
The prince rode for a long time, he rode for a longer time.

「王子は長い時間馬に乗った。彼はさらに長い時間乗った。」

学校の英文和訳ではこんなもんでもよしとすることがありますが、ダメですね。単語を単語に置き換えただけでなんの情景も見えません。

情景が見えない、というのは原文にあった文体のカテゴリが、日本語では失われたということです。

王子と馬が登場する情景を描くにはそれにふさわしいカテゴリの日本語が必要。

さて、程度を表すとき英語は時間(例 longer time)、日本語は空間(例「はるばる」)で表すことがままあります。あらいぐまラスカルの歌でも「ロックリバーへ遠乗りしよう」というフレーズがあります。でも、できれば「時間」で表したい。遠乗りじゃなくて「長乗り」、聞いたことあるけど、ほんとにあるかしら。

「馬」でひいてみると…ありました! さて、実際のストーリー訳がどうなっているかは近日発売CDブックをお楽しみに。

プロフィール

Please follow and like us:
error

英検1級、難しいのは英語じゃない

「高校時代に英検2級とった。大学時代にはTOEICも何度も受けた。それなりにがんばったけれど、でもやり切った気がしない。やっぱり…英検1級に挑戦します!」

いいですね!頑張って。

忙しいあなたのこと、まわり道はもったいない。ひとつだけアドバイス。

過去問をトライして、知らない単語、初めて見る固有名詞が多いと感じたらストップ。そのまま辞書引き拷問を続けるのは無駄骨です。

なぜならあなたがインプットすべきは単語ではなく、概念だから。概念がなければ単語も覚えにくい。あまりに非効率的です。

2017年第2回の英検1級でも話題は選挙、監獄、AI、宇宙、個人名はチャーチル、ミシェル・フーコー、ミダス王などが登場。

これ、英語の難しさじゃないでしょう?

概念があるか、ものを知っているかどうかなのです。逆に概念があれば知らない単語のいくつかは相当正確に見当がつくのです。特にラテン語が語源のものは。

でも数学、理科は中学でストップ、世界史、政治経済は高校で選択しなかった?

そもそも世の中は学校の教科で割り切れるものではありません。それに学ぶ場、方法は学校に限りません。 おすすめはこちら。学習まんがです。

これなら楽でしょう?

12月23日子どもの英語が不安なママのためのセミナー
都市伝説だらけの日本の英語教育。ほんとのことお話しします。

Please follow and like us:
error

どうしても宿題を出せと言われたら


お子さんの宿題、ごっそり残っていませんか?

むかしむかし、私がまだ東京のとある私学で英語を教えていたころ、心底たまげげたことがあります。親御さんも、古株の先生もこう言うんだもの。

「先生、もっと夏休みの宿題を出してください。単語集とか、英文法ドリルとか。そうしないと勉強しないんです。」

なに、この学校では不信から宿題出しているの?

そんなの出したってやらないし、続かない。せいぜい最後の数日、突貫工事に親を巻き込むだけ。のちに路面崩落。

もっと心に火がつくことはないの?

それでも出せっていうなら出しますよ。

①外郎売の口上を暗誦、ひとに聴かせてお金取れるレベルまで稽古しなさい。
②YouTubeにある立川志の春さんの落語を日本語、英語両方で聴いて、どれかひとつ、そっくり真似ができるまで稽古しなさい。
③お家の手伝いをしなさい。
④近所のお年寄りのお手伝いをしなさい。(外郎売と落語をきいてもらいなさい)
⑤お父さん、お母さんのお仕事場を見つからないようにこっそりのぞきにいきなさい。
⑥困っている海外の人を見つけたら、英語でも日本語でもいいから声をかけなさい。ただし自分の英会話の練習のつもりで困ってもいない人に声をかけるのは行儀悪いからやめなさい。

①②は9月に近所の介護施設で発表会をします。

③以降はできる範囲で続けてください。

学びは人の役に立ってこそ。自分だけのためだと思うと力は出ないもの。

自分だけのために学び続けられる人って、私は波長合わない。

ごっそり残っている宿題をやっつけるには役に立たない話ですみません。

プロフィール

Please follow and like us:
error

同時通訳は神業じゃない?!

「同時通訳って大変でしょ。語順が違うのに大変よね。神業だわ。」

ニヤリ。そういうことにしておきましょう。

実は、私にはそんなことないのです。何も私だけが特別なことをしているわけでも特別なセンスがあるわけでもありません。

ただ、シンプルな原則を尊重しているだけです。

「ひとは思いついた順に声に出す。声は時に逆らわない。」
たったこれだけのこと。

だって…「さきに浮かんだイメージを取っておいて、あとから浮かんだイメージを先に言って最後に先に思いついたイメージを付け足す」なんて読むだけでも面倒なこと、とっさにしていると思います?

私には無理。

イギリスに伝わるとあるお話のはじまりで試してみましょう。仮にイメージごとに番号を振ります。

There was once a ①farmer ②on his way to ③sell his horse ④at Cambridge market. He ⑤had risen early and set out ⑥when the flat fields were till clagged with cold mist. But as he ⑦climbed the road ⑧where it ran steep ⑨over the hill at Grantchester, ⑩the sun rose too, ⑪broadening the day.

【ひっくり返し訳例】むかしむかし、農夫がケンブリッジに市が立つ日に雌馬を売りに行きました。農夫は、まだ夜明け前の朝霧が平原をしっかり包み込んでいるうちに家を出ましたが、グランチェスターを過ぎ、丘へ向かって坂道を上るころには、太陽も登り夜が明けました。

これでは①④③②⑥⑤⑨⑦⑩⑪。原文が特に強調しているわけではない「夜明け前」と「日の出の後」の対比を強調しているようにも聞こえます。

これでも中高の英文和訳ならマルが貰えてしまう。

それが悪循環の始まり。

翻訳だってこんなもんだろうと思ってしまう。読みにくい訳文が世の中にあふれる。世間も翻訳はそんなもんだ、仕方ないと思い込む。残念!

【なるべく順番通り訳例】むかし、とある農夫が雌馬を売ろうと向かっていたのはケンブリッジの市。早起きして家を出たとき、平原はまだしっかりと冷たいもやに包み込まれていました。けれどのぼり坂が急になりグランチェスターの丘を越えるころ、日が昇り、朝の光が広がったのです。

こちらは①③②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪ 時間の流れのとおりです。書き言葉っぽさが残っていますが、落語調にしたらもっと流れのとおりでしょう。

人間はイメージが浮かんだ順に声にする。イメージの順そのものに意味がある。イメージの順を変えるとストーリーが変わる。

ひっくり返し訳を手放せないとしても、そこで終らないでほしい。次はイメージの順訳にチャレンジ、そしてもとの英語に戻ってほしい。そうでないと日本語で別物を理解して終わったことになる。

さて、次のセミナーでは中高生の学習から通訳養成を一本化するヒントをお話しします。「日本の英語教育はおかしな袋小路が多すぎる。もう時間とお金を無駄にせず、しっかり学んで、人の役に立ちたい。」そう願うみなさんをお待ちしています。

9月17日 通訳の先生が語る「英語学習と通訳養成を一本化する学習科学の理論と実践」

Please follow and like us:
error