横浜の戦没捕虜追悼礼拝で心に響いた、ニュージーランド来賓のスピーチ

こんにちは。持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

今年も8月の第1土曜に横浜は保土ヶ谷の英連邦墓地で、戦没捕虜追悼礼拝が執り行われました。通訳道場も慎重を期し、今年は横浜在住の私だけで奉仕に参加しました。

新コロ騒動の先行きも見えない中、奥津隆雄牧師を代表とする実行委員会は、礼拝を中止することは考えませんでした。ここに眠る戦争捕虜の方々は、日本に連行され、食糧も医療も衣服も充分に与えられず、病状が悪化する中、強制労働につかされ、多くは20代で亡くなっています。一方、私たちはマスクも消毒液も手に入れることができます。こんなことで引っ込んでいるわけにはいきません。

検温、消毒液の用意、書籍販売の中止、讃美歌は1番だけ、FBライブ配信、参加申し込みはネットで、など皆でできるだけのことをして、当日を迎えました。

旧英連邦大使館の来賓の方々は「よくぞ中止にしないでくれた。」と熱っぽく語られ、距離がいっそう縮んだように感じられました。数多くのイベントが中止されるなか、この礼拝の存在感が例年よりひときわ大きくなったのかもしれません。

なかでも、ニュージーランド大使館付武官のマクミラン大佐のスピーチが2つの点で心に響きました。

ひとつは、武勲を称賛するイベントと和解を友好をともに誓うこの礼拝の違いを率直に述べていること。もうひとつは、歴史を通じてどの国も自国の捕虜たちへの顧慮不足を繰り返してきたと指摘していること。

相当する2か所を引用します。当日配布された奥津隆雄先生の翻訳を大いに参考にさせていただきました。ありがとうございます。

Although I have attended services at Hodogaya for ANZAC Day and for Remembrance Day, this is the first time that I have attended the Prisoner of War Memorial Service. I was moved by how different the circumstances are. Here we have a group of people who have made an amazing step at reconciliation in order to highlight the dreadful circumstances experienced by the Allied Prisoners of War.
私はこれまで、ここ保土ヶ谷の墓地でアンザック・デーとリメンバランス・デーの式典に出席して参りましたが、この戦没捕虜追悼礼拝に参加するのはこれが初めてです。その様子があまりに異なることに心動かされております。ここに集う皆さまは、和解を目指して素晴らしい一歩をすでに踏み出し、連合国の捕虜たちが体験した恐るべき境遇に光をあてようとしておられます。….

In every war there have been specific battles or incidents that draw our attention to the human toll. We frequently remember those who have died in war, and we honour their sacrifice. But in war, there is one constant that we may overlook: its prisoners.
Prisoners of War often account for a large proportion of the combatants. Yet the sheer scale of war means that we sometimes reflect on the enormity of the battles, and sometimes we are overwhelmed by the many other parts of war, and miss seeing what we should.
どの戦争にも際立った戦闘や事件があり、私たちはその犠牲者数に気をとられます。私たちはしばしば戦いのさなかに死んだ者を想起し、その犠牲を讃えます。しかし、戦争について相も変わらず見過ごしてしまうことがひとつあります。戦争捕虜たちのことです。戦争捕虜が戦闘員の大部分を占めることもしばしばです。それでも、こと大戦争となれば、諸戦闘の烈しさをふり返ったり、他の要素に圧倒されたりはしても、見るべきものを見逃してしまうのです。

from the Greeting at the 26th POW memorial service by Group Captain Nicholas McMillan, Defence Attache, New Zealand Embassy
ニュージーランド大使館付武官 ニコラス・マクミラン空軍大佐の第26回英連邦戦没捕虜追悼礼拝挨拶より

通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

イギリス好きなら訪れてほしい、横浜のもうひとつの外人墓地

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

ご存知ですか?横浜には2つ外人墓地があります。

え?山手は有名だけれど、もうひとつはどこ?

保土ヶ谷は狩場の丘の上、巨木の森深くに「英連邦戦死者墓地」はあります。ここにはイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、パキスタン、オランダの戦死者の方々2000名近くが眠ります。

なぜ、ここに?なぜ、こんなに沢山の方が?

世界中でいろいろなことをやらかした大英帝国は戦没者を亡くなった現地で埋葬する方針をとりました。遺骨を祖国の遺族のもとに戻すのはとても大変ですから。

ということは、この方たちは日本で…?

美しい墓石の享年は17歳、19歳、…胸つぶれる思いがします。

そうです。

日本軍の捕虜となった英連邦の兵士たちは日本に連行されました。「生きて虜囚の辱めを受けず」と唱導した日本軍が捕虜に関するハーグ、ジュネーブ協定を守るはずもありません。捕虜たちは人間以下の扱いを受けたのです。彼らは大船、鶴見、函館など各地の工場で強制労働に就かされ、体調を崩し、充分な栄養と医療を与えられることなく亡くなりました。

同じような捕虜虐待はタイとミャンマーをつなぐ泰緬鉄道の突貫工事でも起こり、2万人ほどの英連邦の方々、8万人ほどのアジア人労務者が亡くなっています。

このことに居てもたってもいられなくなった「クワイ河に虹をかけた男」永瀬隆さん、青学の雨宮剛先生、ICUの斎藤和明先生が、英連邦戦死者墓地で初めての追悼礼拝を始めたのは1995年のこと。今年も新コロ感染予防に必要なことをしたうえで、8月1日11時から礼拝が行われます。各大使館からも大使館付武官の方々が7名も参加してくださいます。私もインド大使館の方の締めのスピーチを通訳します。当然のことながら原稿ナシなのでいつもどおり準備します。

インド大使館のボーズさんの通訳をしています。

イギリス大好きだけれど、新コロ騒動で行けないわ、という皆さん、横浜の英連邦戦死者墓地での追悼礼拝にぜひお出かけください。次に渡英するときのよい準備にもなることでしょう。

横浜 英連邦戦没捕虜追悼礼拝 8月1日 11時 詳細とお申し込みはこちらから

Please follow and like us:
error

横浜で明治の花嫁が書いた英詩

これまで2回にわたり、幕末、明治の横浜ではまさに諸国(日本国内、海外両方)のひとたちが入りまじっていたこと、ことばはナショナルなものではなく、目の前で話している「ひと」と結びついていたことをご紹介しました。ナショナルなきまりがなければ、どんどんまじりあっていくのもうなづけます。

でも、ちょっと事情の違う空間もありました。キリスト教の宣教師たちが開いた女学校です。こうした学校ではアメリカから教科書を取り寄せ、アメリカの学校のような教育がなされていました。ヘボン医師の施療所を借りて女子に授業を行っていたメアリ・エディ・キダーは本国宛ての手紙にこう書いています。

「…現在女性と12名です。そのうち7名は14歳から17歳まで、残りの5人は8歳から10才ですが、とても小柄なので、アメリカの5,6歳の子供のようにみえます。
 少女たちはみな利発で、理解が早く、アルファベットの大文字、小文字を覚えるのに三朝以上かかった子はなく、1人は第1日目に全部覚えてしまいました。」(榎本義子訳「キダーの手紙」より)

おおお、なかなかやります。

キダーさんの熱心な教え方が評判を呼び、「キダーさんの学校」の生徒数は増え続けます。やがて、寄宿舎を備えた立派な校舎を建てるまでになりました。このとき建築費を寄付したアメリカの教会の総主事の、フェリスさんの名をとってこの学校はフェリス・セミナリーと名づけられました。

この学校では毎日午前はアメリカから取り寄せた教科書で地理、歴史、生物、数学…すべて英語「で」学び、午後は日本人の先生から和文学、漢籍など習ったそう。プレゼンを重視した教育で、スピーチ、朗唱、意見発表の機会にあふれていました。

そんなフェリスの卒業生第1号は会津出身の若松賤子。短い生涯でしたが
「小公子」をはじめ 膨大な翻訳を残しています。賤子が戊辰戦争で一家離散したのち横浜の生糸商の養女になる経緯は諸説ありますが…8歳から18歳まで、3年のブランクを挟んで在学した賤子は、結婚にあたって夫となる巌本善治にこんな英詩を贈って(つきつけて?!)います。(後ろに日本語訳あり)「結婚は男性が女性を自分の持ち物のように得ると思ったら大間違い!私をモノみたいに得た、と言わないでよ!」と言い切っています。また、「あなたが成長をとめたら、私は離れますから」と「永久就職」とは無縁の境地です。
(後ろに日本語訳あり)

1
We are married, they say, and you think you have won me,
Well, thake this white veil and look on me;
Here’s matter to vex you and matter to grieve you,
Here’s doubt to distrust you and faith to believe you.
I am all, as you see, common earth and common dew,
Be weary to would me to roses, not rue!
Ah! shake out the filmy thing, fold after fold,
And see if you have me to keep and to hold,
Look close on my heart, see the worst of its shining.
It is not yours to-day for the yesterday’s winning,
The past is not mine. I am too proud to borrow.
You must grow to new heights if I love you tomorrow.

2
We’re married! O, pray tat our love do not fail!
I have wings flattened down, and hid under my veil,
They are subtle as light, you can undo them,
And swift in their flight, you can never pursue them.
And spite of all clasping, and spite of all bands,
I can slip like a shadow, a dream. from your hands.

3
Nay, call me not curel and fear not to take me.
I am yours for my life-time to be what you make me.
To wear my white veil for a sign or a cover,
As you shall be proven my lord, or my lover;
A cover for peace that is dead, or a token
Of bliss that can never be written or spoken.
(「女学雑誌」明治22年7月)

いやあ、恐れ入り谷の鬼子母神。これは巌本善治自身も訳せなかったようで、乗杉タツさんが随分後になって訳しています。


我ら結婚せりとひとは云う
また君はわれを得たりと思う
然らば、この白きベールをとりて
とくとわれを見給え
見給え、きみを悩ます問題を
またきみを欺かす事柄を
見給え、君を怪しむ疑い心を
またきみを信ずる信頼を
見たもう如く、われはただ、ありふれし土
ありふれし露なるのみ
われを薔薇に造型せんとて
疲れて悔い給うなよ
ああ、このうすものを
くまなくうちふるいて
われとそいとぐべきや 見給え
わが心をとくと見給え
その輝きの最も悪しきところを見給え
昨日君が得られしものは
今日はきみのものならず
過去はわれのものならず
割れは誇り高くして 借り物を身につけず
君に新たに高くなり給いてよ
若しわれ、明日きみを愛さんがためには


われはは結婚せり、おお 願わくは
われらの愛の冷めぬことを
われにたためる翼あり
ベールの下にかくされて
光のごとくさとくして
きみにひろげる力あり
その飛ぶ時は速くして
君は追い行くことを得ず
またいかに捕えんとしても
しらなんとしても 影の如く 夢の如く
きみの手より抜け出づる力をわれは持つ


いなとよ われを酷と言い給うな
われを取るを恐れた給うな
生ある限り われはきみのものなり
きみの思うがままの者ならん
結婚のしるしとして 覆いとして
わが白きベールをまとわん
きみはわが主
愛しき日となることをあかしせんがため
そは消え去りし平和を覆うもの
また筆舌に表せぬ恵みのしるしなり

これまた日本語も大変なもので…

賤子が自分の心を表現しようとすると、どうしても英語が出てきたようです。「小公子」は、日本語でも心を表現しようと模索した末に生まれた名訳だったのですね。

なんだか今日は長くなってしまいました。次回は「経済」「野球」などおなじみの言葉の誕生を取り上げてみましょうか。

こちらも名訳「クワイ河収容所」英日読書会始めます

Please follow and like us:
error

幕末横浜の「外国語」は?

ある中1のクラスでこんなことを耳にしました。
「日本語と英語は語順がちがいまーす。」(←間違ってる)
「英語は日本語と違って名詞の前にaとかtheとかつきまーす。」(←半端なこと言うな)

入門期に不適切に「差異」を協調するのってどうなんでしょうね。
あんまり英語を「外国語という壁」として示さないほうがいいんじゃないかと思いますけどね。

というわけで、英語の授業視察はなんだかんだ理由をつけてご遠慮しています。耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ばなくてはならないから。

そもそも、幕末、明治初期の横浜は外「国」語という概念が薄かったようです。言語をナショナルなものとは捉えてはいなかったということです。

参勤交代のため、江戸はもちろん、横浜に近い東海道の宿場町もさまざまな地方の方言が飛び交っていました。当時、書き言葉に共通の文体はあっても、共通の話し言葉、いまの標準語のような言葉はまだなかったのです。( だからなんでもかんでも標準語にしか訳せない通訳者はちょっと居心地の悪さを感じてよろしいのです。)

どのくらいバラエティがあったかというと…たとえば標準語の「かまきり」も…

おがめ(岐阜・高知・佐賀・熊本・宮崎・鹿児島)
かまぎっちょ(茨城・栃木・埼玉・千葉・福岡)
いぼむし(宮城・秋田・山形・福島・新潟)
いぼくい(むし)(青森・岩手・千葉)
とかげ(!!)(埼玉・千葉・東京・山梨)
はらたち(群馬・千葉)
へんぼ(愛媛・高知)
ほとけうま(淡路島・徳島)
(「都道府県別 全国方言辞典」 佐藤亮一編 三省堂より)

これに
めあーんてぃす(英)
もーんと(仏)
ふぁんぐしゅれっけ(独)

が加わったところで「へえ?それが何か?」でしょう?

言葉は国家ではなく地元で共に暮らす人びとと結びついていたといえそうです。

そういえば、私たちのひいひいひい爺さん婆さんたちはきっと、自分たちを「日本人」だなんて思っていなかったでしょうね。「くに」といえば藩でしたから、「相模のひと」「会津のひと」という具合で。

昔も今も「この人の言っていることを理解したい」という願いが人を言葉に近づけるのだと思います。

さて、横浜といっても街中と違って日本人が体系的に英語と出会った場所がありました。さて、どこでしょう?それを次回以降ご紹介します。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error