通訳準備、専門用語と同じくらい大切なのは

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。

最近、おや?と思うことがありました。

私が主催する通訳道場の朝稽古でのことです。ある道場生が自分の専門分野の最新動向についてのプレゼン動画を稽古に提供してくれました。ほかの参加者は私を含め門外漢です。

この方は懇切丁寧に説明しようとしながら、「イメージわきます…?」と不安そう。

「やっぱり難しいです」という答えを期待されていたのかもしれませんが…

私は「イメージわきまくりです。」

だって、その動向は世の中のトレンドの一部。他分野の動向と共鳴しないはずがない。孤立していたら滅ぶはず。日常生活にも容易に比喩が見つかります。

「専門家でないとわからないのでは」と思い込むと、自分の言葉が干上がります。

自分の分野で起きていることが、よその専門分野でも起きていないか、という目できょろきょろすれば、自分たちのことを他者の言葉で語ることもできるでしょう。それは豊かなことだと思います。

そんなこと言われたって具体的にどうすれば?

まずはユヴァル・ノア・ハラリさんの「サピエンス全史」やデービッド・クリスチアンさんの「ビッグ・ヒストリー・プロジェクト」などで「人類史」の視点に慣れることです。

通訳の準備といえば「専門用語」を想いますが…それは点に過ぎません。

点と点をつなぐ思考の線、ビジョンの面を捉え、専門家の頭の中にある景色がだいたい見えるようになること。その専門家の頭の中の景色を「人類史」を背景に捉えること。人類史をふだんから気にすること。

通訳の適性としては、こうした歴史や社会の動向への関心ほうが海外生活の有無や外国語運用力よりよほど大事です。

英語ができるので通訳を頼まれてしまう方たちのために小冊子作りました。こちらからどうぞ。

Please follow and like us:
error

仏像を英語で案内するなら

講座の通訳をしていると、あいまに休日の観光案内もご一緒することがあります。

先日も京都にご一緒させていただきました。さすが、京都のお寺はインバウンドの方たちでにぎわっています。タクシーで移動中、アメリカからの講師の先生から訊かれました。

「そういえば、講座が始まる前の日、京都駅の近くを観光したんだけれど…ええと、あれはどこだったかしら。すごく変わってて、おんなじような小さい仏像がずらーっと並んでるところ。普通違うわよね。」

ああ、それは三十三間堂。ずらーっと並んでいたのは千手観音Sahasrabhuja。「普通の」とおっしゃるのは、 ボスが真ん中にいて、左右に2体サポーターがいて、さらにその周りに警備員…のような、でしょう?それは 三尊形式(中尊と脇侍二尊から成る)というそうですよ。

そう。通訳者にとって医学に引けをとらず勉強しがいがあるのが仏教です。事前準備が必須です。

お寺に行ってその場で説明を英訳すればいいや、最近は説明も英語になってるし、なんて慢心はいけません。薬師如来はMedicine Buddhaあたりでごまかせたとしても、阿弥陀如来はどうします?阿弥陀って何?!如来と菩薩の違いは?持国天の天はheavenでいい?(良いわけない!)

その場であわてるのはもったいないです。

仏教の言葉は奥深くて、サンスクリット語、ヒンズー教、中国語、日本仏教がミルフィーユのように重なっています。あまりに面白くて通訳の準備だったことなど忘れるくらいです。そう、そんなこと忘れて没頭したほうがよいのです。

本当にきりがありませんから、今回は高校生の修学旅行にもおすすめの「これだけは」の分だけをご紹介します。アクサン記号がうまく出なくてちょっと困りました。長母音は母音字のあとに「-」をつけました。

  • 仏像の4種類(部)
    • 如来 tatha-gata
    • 菩薩 bodhisattva
    • 明王 vidyaraja
    • 天 deva
  • それぞれの部のメンバー
    • 如来
      • 釈迦如来 Sha-kyamuni / Buddha
      • 薬師如来 Bhaisajyaguru / Medicine Buddha
      • 阿弥陀如来 Amita-bha / Buddha of Infinite Light
      • 大日如来 Maha-vairocana
    • 菩薩
      • 弥勒菩薩 Maitreya
      • 聖観音菩薩 A-rya-valokitesvara
      • 十一面観音菩薩 Eka-dasamukha
      • 千手観音菩薩 Sahasrabhuja
      • 文殊菩薩 Manjusri-
      • 普賢菩薩 Samantabhadra
      • 地蔵菩薩 Ksitigarbha
    • 明王
      • 不動明王 Acalana-tha
      • 五大明王
      • 降三世明王 Trilokavijaya
      • 軍荼利明王 Kundali-
      • 大威徳明王 Yama-ntaka
      • 金剛夜叉明王 Vajrayaksa
      • 愛染明王 Ra-gara-ja
      • 梵天 Brahna-
      • 帝釈天 Indra
      • 持国天 Dhrtara-stra
      • 増長天 Viru-dhaka
      • 広目天 Viru-pa-ksa
      • 多聞天 Vaisravana

こちらの本、おすすめです。「仏像バイリンガルガイド」バイリンガルで、コンパクトなのに内容も充実していてイラストも綺麗。おみやげにプレゼントしても喜ばれます。



お寺にも花のあふれるこの季節。よい週末をお過ごしください。

通訳道場★横浜CATS 第5期




  

Please follow and like us:
error

私が通訳資料をプリントアウトするのは

今は何でも便利になりましたね。通訳のための資料もワードやPDFをオンラインでやりとりすることがほとんど。もしかして、当日もそれをそのままタブレットで持ち込んでいませんか?

それが全くいけないとは言いません。でも私はすべて印刷、リング製本して持参しています。

なぜ?

下の方の白いリングが自家製本した資料です。紙でバラバラ持って行くよりキレイでしょう?

まず、自己都合の普通な理由。

1.膨大な資料をモニターで見ていると目が疲れるから。

2.いつでもオンラインにアクセスできるわけではありません。(データは外付けHDやUSBメモリなどにダウンロード)

3.デバイスの充電が切れる、電源が入らない、などの不具合がないと限りません。

それより大事なのは通訳を依頼し、資料を送ってくれたクライアントの気持ちを想像すること。通訳の仕事が始まる前にしっかり安心し、信頼する気持ちになってもらうこと。

あなたがクライアントだったらどう思いますか?

A:送った資料がキレイに印刷、製本され、しかもところどころ蛍光ペン、付箋などがついている。

B:タブレット1つで登場。

Bは実際に仕事の出来栄えがよければかっこいい。でも、始まる前の安心感はどうでしょう。Aのほうが普通に安心できるのでは?

通訳だけが通訳者の仕事ではありません。クライアントに安心、信頼、喜びを味わっていただくことが全体としての仕事です。通訳だけして自己満足してはいけません。すみずみまでクライアントの心を想いましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 事前面談承ります

Please follow and like us:
error

通訳の準備 検索しても何も出てこない場合は

おめでとうございます!それは素晴らしい仕事を頼まれたということです。ゼロを1にする仕事です。まだ日本にはない、でも世界のどこかにあるものを日本に持ってくる瞬間に立ち会っているということです。大変だけれど張り切っていきましょう!

これをごく簡単な図で表すと…

「検索しても何も出てこない」のは専門知のさらにその先の「未知」あるいは「日本語にはない概念・単語」を検索しているからです。

荒っぽい図ですが、これを見ればいきなり素人検索しても逆位遠回りなこともはっきりしますよね。「バイオマスボイラーですね、わかりました」で検索するとせいぜい一番外の輪の一般知をひっかけるくらいです。ボイラー関係の会社のFAQページや製品案内は面白いけれど、業界の動向を把握するには向きません。遠回りです、目指すは中心の黄色い輪なんですから。

依頼主の思いをまず聴いて、というのは「専門知」の輪から勉強をスタートするためです。

専門家である依頼主が門外漢だけれど言葉のスペシャリストである通訳者を頼んむのは、日本に新しい何かをもたらすため。日本にとって新しい海外の情報にはまだ名前がついていなくてもちっともおかしくありません。

だから、事前準備で海外の専門用語をごっそり集め、単語集を作ったら、いちど依頼主に送ることです。新しいものに古い名前をつけてしまっていないか確認するためです。(あとは…自分に万が一のことがあったときのピンチヒッターのため。さいわいそんなことはまだ一度もありませんけど)

新しい名づけは通訳が終わった後も続くことがしばしばです。なぜなら、通訳当日になってはじめて実物が動いているところを見ることも多いからです。

「なんだ、そういういことか」「へえ、こんな感じなんだー!」「じゃあ、こういった方がいいかなあ。」「無理に訳すと釜戸や囲炉裏のイメージに成っちゃう」「全部カタカナはイメージが安易すぎ…」「日本語とカタカナをちょっとずつまぜたら?」

新しいスタンダードを一緒に作れる仕事なんてそうそうあるもんじゃありませんよ。専門用語を覚えればすむ既存の領域よりずっとやりがいがありますよ!

冠木友紀子主宰の通訳道場★横浜CATSはこちら

Please follow and like us:
error