驚きの明治洋楽「きよしこの夜」に【蚊】が登場!

きーよしー、こーのよーる。もうあのメロディーが聞こえてきましたね。

まったく季節外れですみません。実は来週、あるイベントでこの歌を母校フェリス中高のOG合唱団有志が歌うのです。(私は発声と呼吸の修行が通訳にも参考になると思い、この合唱団に参加しています)

そのイベントは横浜山手芸術祭の一環としてイギリス館で開かれる「明治・山手の丘に流れるメロディー」。「きよしこの夜」を含め、明治の横浜に入ってきた讃美歌や、外国人居留地周辺で生まれた新しい労働歌を振り返ります。

「きよしこの夜」として知られるあの讃美歌はもともとドイツ語。ヨーゼフ・モールの詩にフランツ・X・グルーバーが曲をつけたもので初演は1818年、オーストリア、オーベンドルフの聖ニコラウス教会のミサと言われています。

もとの歌詞1番はこんな感じです。

Stille Nacht, heilige Nacht,
Alles schläft; einsam wacht
Nur das traute hochheilige Paar.
 (Nur das traute heilige Paar.)
Holder Knabe im lockigen Haar,
Schlaf' in himmlischer Ruh'!
 (Schlafe in himmlischer Ruh'!)
Schlaf' in himmlischer Ruh'!

いま、皆さんが讃美歌109番、第二編244番としておなじみの歌詞は、由木康先生の訳です。

きよしこのよる 星はひかり
すくいのみ子は まぶねの中に 眠りたもう、
いとやすく

それが!なんとクリスマスとはちっとも関係なく、日本の静かな宵の情景として歌われていたというのです。

作詞したのは書家で歌人の阪正臣(ばんまさおみ)氏。いったいどういう経緯で新たな日本語詩を作ることになったのかは21日のお楽しみ。イギリス館へぜひお出かけください。

小雨止みて 庭は暗し
月はなど遅きぞ 端居(はしい)して待つ間に 
不如帰(ほととぎす)ただ
高くひと声

霞晴れて 星は照れり
小簾の隙漏りきて(おすのひまもりきて) 橘ぞ薫れる 
水鶏(くいな)さえいま
遠くひと声

小田の早苗 緑涼し
蛍追う子は去り 風もなく吹くるよ 
耳元に蚊の
細くひと声 

なお当日は3番を割愛するそうです。気の毒な蚊の出番と思って、ぜひ「きよしこの夜」のメロディーに合わせて口ずさんでみてください。

持続可能な医療・農業・教育のための通訳者 冠木友紀子プロフィール

Please follow and like us:
error

讃美歌「O Holy Night」を英語らしく歌うための1番簡単なコツ

クリスマスソングの定番仲間入りをしたかに見えるO Holy Night.

今年もクリスマスが近づいてきましたねえ。私が昨年歌詞を解説した投稿も沢山の方にお読みいただいています。

O Holy Nightは母校でも大人気で、クラス会では夏だろうが春だろうが構わずに季節外れに「なつめろコーナー」で声を張り上げる学年がぞろぞろいます。

母校OG合唱団「杏の実」でも来週の同窓会クリスマス礼拝にあわせてこの讃美歌の練習で盛り上がっています。

本物で包囲してくれた母校。

さて、英語の讃美歌を歌うとなると、あれこれいろいろ気になるもの。RとLだの、子音をはっきりだの、枝葉を捉えていてはきりがありません。

そこで、今日はたった一つでガラリと変わる、根本的かつ効果的な気をつけポイントを1つだけご紹介。

二重母音を平らにしない

日本人は英語の二重母音をひとつの長母音として書く習慣があります。これは二階建ての家をつぶして平屋にしているようなもの。

cake ケイクじゃなくてケーキ、
colaコウラじゃなくてコーラ、
mateメイトじゃなくてメート
きわめつけのeyebrowはアイブラウどころかアイブロー

このブログの検索情報を見てもオウホウリナイトと検索した方はゼロで、「オーホーリーナイト」で検索している方が相当いらっしゃいます。

これではのっぺらぼーな発音になってしまいます。二重母音は言葉の響きに膨らみ、立体感、陰影をもたらすのに、もったいない。

コツは、二重母音=前の母音8+後の母音2くらいのタイミングで移行すること。

ケイクではなくケーィクという感じです。

無理やりカタカナで書きますと…
オーゥ ホーゥリ ナー ィト
ザ スターザ ブラーィトリ シャーィニング てな感じです。

平板な音では歌う心まで平板になる気がします。母音の深みをたっぷり味わってください。

こちらにも変てこなカタカナふってあります。
O Holy Night 言葉とメロディをつなぐイメージ順訳DLはこちら。

1月13日
混迷の時代を、賢治の言葉で声と心を整えて生きる
【春と修羅】特別臨時口座 パトリック先生のレクチャー(冠木の通訳聴けます)&諏訪先生の言語造形

Please follow and like us:
error

クリスマスの歌と言えば ー O Holy Night 歌詞 日本語訳をイメージ順で

O Holy Nightの英語で知る言語の楽しみ

このクリスマスの讃美歌、聞き覚えがある方も多いことでしょう。
このごろ、ポップス調のアレンジであちこちでBGMで流れていますね。実は、なかなか歌詞が奥深くて、慰めと励ましに満ちているんです。

私がこの讃美歌に出会ったのは中1のとき。学校では9月からクリスマスの讃美歌の練習が始まります。中3以上のみが歌うこの曲の美しさにびっくり仰天。音楽と言葉のビートがぴったり合っていてとても心地よかったのです(もとのフランス語より英語のほうがうまく合っています)。しかし…当時は聞いただけでは英語とわからなかったのですね。トホホ。

楽譜を手に入れると、辞書と首っ引き。言葉の描く景色を曇りなく見たいという一心でした。英語がSVOのような語順ばかりではないこと。韻文では語順を入れ替えてイメージの順を保つので、文法的な思考が助けになることを実感したのもこのころです。

母校の録音を持ち出すとちょっとまずいことになりますので、こちらをどうぞ。ケンブリッジ大学、キングスコレッジの聖歌隊です。

震災後のなぐさめ―私たちの苦しみを担い一歩先を歩く存在

2011年のクリスマス前、毎年のようにO Holy Nightの歌詞を思い浮かべると、2番の歌詞に目がさめるような思いがしました。

The King of kings lay thus in lowly manger
In all our trials born to be our friend.
He knows our need
to our weakness is no stranger
王の王が身を横たえたはかようにつましい飼い葉おけ
あらゆる試練のうちに生まれ、我らが友となりたもう
主は我らの乏しきを知り
我らの弱さに寄り添いたもう

当時、原発事故は前代未聞の事故であり、こんな苦しみはいまだかつて誰も味わってない、誰にもわからない、と思っていました。

でも、この飼い葉おけに眠る幼い王の王に「前代未聞」なんてないというのです…。震災と原発事故のすべての痛みを私たちと共にし、すべての重荷を担って私たちの一歩先を共に歩いている…。

なんという慰め、励まし…。

試練を回避、否定するのではなく、試練は試練として受け入れ、共に歩む。後に続く私たちの相変わらずな弱みにも寄り添う。

なんという存在…!

(なんでもポジティブ化したがるアメリカのN.P師あたりとはだいぶ違いますねえ。)

なるべくイメージの順どおりに訳してみたものをPDFでのせておきます。この日本語訳は歌うためのものではありません。歌うのでしたら、由木康先生の日本語詞が名訳にして名詩です。

あと…うんうん考えた後は、発作的に変なことしたくなるときがあります。え、何をやらかしたかって?まあ、とくとご覧ください。まあ、ばかばかしいことは楽しいねえ。

クリスマスおめでとうございます。

O Holy Night  歌詞 イメージ順日本語訳ダウンロードはここをクリック

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error