「自分に用がある」感覚―内田樹さんに聞いた、レヴィナスとの出会い

グーグルで関連キーワードなどを調べてちゃらいタイトル考えても、結局違うことばかり書いてしまうようです。今日は正直なタイトルで参ります。

学びは個別、私的な体験

どうも学びというと同学年集団、テストによる競争というイメージが日本では沁みついています。でも、本来学びは個別、私的な体験で二つと同じ学びはないと思うのです。

いまの「小さいうちから英語」は前者の横並び徒競走的で、へんにプライドをくすぐるけれど、大して魂を育てないだろうと思っています。

むしろ、大人になってから個別、私的な出会いを通して自然と外国語を身につけた人たちはなんだか素敵です。なかでも興味深いのは内田樹さんに伺ったお話。

個別の出会いもひとりになる経験から。

内田樹さんはユダヤ系フランス人哲学者、レヴィナスの著作との出会ったとき、「町で見知らぬ外国人に肩をつかまれてわあわあ怒鳴られた感じ。何を言っているのかさっぱりわからないけれど、この人は『自分に用がある』と感じた。」のだそうです。

この「なんだかわからないけど自分に用がある」直感が大事なんです。「わかりやすくてみんながやっている」のイワシの群れの逆です。

内田さんはレヴィナスに会いに行き、声を聞いたあとは翻訳も楽になったとのこと。そう、声が聞こえるって活字の向こうにいる唯一無二の著者本人をありありと感じているということ。

私も思い当たる経験があります。レヴィナスのような個人との出会いとはちょっと違いますが…イギリスの詩朗唱の英語、トマティス博士のフランス語、オーストリアのバイオマス企業のドイツ語。「用がある」感覚は強烈でした。

英語の教科書一生懸命読んだり、付属の音源CD聴きこむのもいいけれど、こうした出会いの足元にも及ばないでしょう。

「これを書いた人は自分に用がある」

自分に用があると思えない情報はあっさり離れる。発信するときは用がある相手を想定する。

情報過多の時代、用のない情報につきあってまごまごしていたら、外国語どころじゃありません。

通訳道場★横浜CATS 第5期はこちら

Please follow and like us:
error

無駄な力が入っている新人にこれを言ってもしょうがない

「力入ってるよ、力抜いて、楽にね~」
「はい!」
緊張して一生懸命な新人に先輩が声をかける。音楽でも、スポーツでも、通訳でもよくある場面です。この「はい!」の次の1回はなんとか意識的に力を抜けることもありますが、その次は見事に元通り。

なぜでしょう。

こりゃ老眼には厳しい…

力が入っている、というのは「頭コントロール」状態です。カラダで気をつけるポイント、たとえばトマティスの骨導発声でいえば、重心の位置、胸郭の広がり、後頭部の角度、耳と目の角度…19も気をつけるポイントがあるといいます。これをアタマで指令、監督していると忙しくて、しかもバラバラ。ばらけないように身体は力を入れる。バラバラなからだをまとめるのに力が必要なのです。力が入るのは、指令に応えるための身体の精いっぱいの応答なのです。無駄ではありません。

ここで先輩が「力抜いてー」といっても、外部からの指令がひとつ増えるだけ。気をつけポイントがひとつ増えるだけ。しかも自分と矛盾する。

じゃあ、どうすれば?

頭コントロール、身体バラバラの状態で1000回でも10000回でも練習すればよいのです。

身体に動きがしみこみ、頭の指令がいらなくなり、自動化するとおのずと力が抜けます。おのずと、です。

頭のコントロールを言葉や意識で身体に譲り渡すことはできません。それがcorporeality身体的リアリティということです。

私ならなんと言うでしょう?

「力入ってるね。(これは言わなくてもいいと思っているけど、気づきを促すため)まあ、10000回やってごらん。」

10000回はなかなかできませんが、そう言われると100回くらいはちゃらいものです。体感の変化を実感するには充分です。

ことばの世界の美しさ、奥深さに目をみはる【通訳道場★横浜CATS】 

Please follow and like us:
error

あなたの常備薬にコレ入ってますか?

ずいぶん冷え込んできましたね。ちゃんとあったかくしていますか?

風邪流行ってますね。あなたは大丈夫?ちゃんと休めなくて、風邪気味のまま2週間…なんてことになっていませんか?

実は私も2年前、いわゆるインフルエンザにかかったらしいんです。

いわゆる?

そう、治ってからいろいろ話を聞いてみるとどうもそうだったらしいのだけれど、診断を受けなかったのでわかりません。別の変なウイルスだったかもしれません。

ある朝、出かけようと自転車のハンドルをさわると寒気が。ハンドルが冷たいから?違う。何か変。体の中に変に冷たく暗い塊があるよう。あっという間に頭はカーッ!!更年期?いえいえ、まだ成長が年齢に追いついていません。

でもその日は休めない事情がありました。とりあえずマスクをして出かけ、用事をすませて最寄り駅で電車を降りると、身体には力が入らず、歩いてもふわふわ。自転車を引きずって帰宅し、夕食を用意したところでスイッチが切れました。熱はロケットのように上昇、節々が痛み出して…

「このまま寝よう。」夕飯を食べないなんて100年に1度あるかないかの珍事です。でも迷いはありませんでした。

翌日は38度台後半の発熱。ゆざまし以外口に入りません。普段欠かさぬ食べる、話す、歌う、聴く…まったく関心がわきません。 ただ、身体からメッセージが次々送られてくる感覚がありました。ゆざましを飲め、寝ろ、少しだけ食べろ、薬はいらない、病院行くのは無理、今日はお風呂もダメ、ビール?ふざけるな。

この熱がどんなカーブを描いて下がっていくかも次第に見えてきました。

そのとおり、2日半のちに平熱に戻った時…あまりの爽快感にびっくりしました。大掃除をしたあとのような、拭きたての板の間のような、しわしわのシャツにアイロンをかけたような…。熱を出す前よりがぜん調子がいい。熱デトックスだったんですねえ。

その後、風邪気味のときに薬で症状を抑えたこともあります。でも、もとに戻ってもあの絶対的な爽快感はありませんでした。

あのときはひとつ大きな仕事が終わった後だったので、3日も寝込んでいられたのですね。

果たしてやっかいなのはウイルスなのでしょうか。症状なのでしょうか。それとも寝込む時間もないことなのでしょうか。

身体の自然には時間がいる。それを犠牲にするほどのことって?

こんな野良人間のプロフィール

 

 

 

Please follow and like us:
error

あなたはどんな声が好き?

黒柳徹子さんみたいな元気な声?
江守徹さんみたいな深い響きのある声?
ジャパネットの高田明会長みたいな忘れがたい声?

私も通訳という仕事柄、声には人一倍関心があります。

セミナーとなると8時間×5日をひとり、なんてよくあるので少しでも無理のある発声では持ちません。そこで喉を楽にして骨を響かせるトマティスの骨導発声を学びました。

以来、ふと気がつくと、話している人も聴いている人も健やかになるような声を探しています。

このごろとっても素敵だと思うのが俳優では和久井映見さんと仲間由紀恵さん。本当に骨の、体のひびきが豊かで歌うようです。

 アナウンサーではNHKの井上あさひさん。若い女性にはめずらしい低音が豊かです。ラジオも合いそうですね。

 声はちいさな振動。この振動が背骨に伝わると体の中からかすかにマッサージをしているよう。骨の響き豊かな人は話せば話すほど元気になります。喉頼みの声は2時間くらいで疲れてくるでしょう。

 え?喉と骨なんてどうコントロールするのって?

頭で考えても大変。頭からアプローチすると時間がかかります。でも、身体って賢い。すぐに自然なパターンを思い出してくれるんです。

この骨導マイクヘッドフォン、フォーブレインをつけてやさしく声を出すと…喉のチカラが抜けて、体が響いてなんとも楽なんです。

通訳者は日本語が日本語らしく聞こえることも大切。私もこれで「外郎売の口上」「平家物語」暗誦しています。

只今海外では新年度がんばろうキャンペーン中。こちらをクリックしていただくと、私のクーポンコードを自動的にご利用いただけます(10日間限定。10月2日まで)⇒フォーブレイン特典サイト

英語サイトでクレジット買い物はちょっと…という方は私にこちらからご連絡ください。同額で代わりに注文+使い方ガイダンス(スカイプまたは対面)いたします。⇒お問合せ

Please follow and like us:
error

ATMみたいな通訳口調になりたくなかったら

通訳っていうと、ATMみたいな話し方思い浮かべません?

なんでああなるんだろ。ATMの通訳ならそれでもいいんだけど。でも、そうでないなら通訳が勝手なことをしている。

もっと聴けば、息を合わせれば、そうなるはずがない。通訳者のへんな自我が消える。

自我を消すってね、弱いから消されるのとは違います。自分の意志で消えることを選ぶのは強いからこそできること。頑なな強さではなくしなやかな強さです。(で、こんなことで消えやしません。)

強さのもとは普段からのべらぼうな準備、さまざまな文体、語りを学ぶこと。

ときにはもう声を聴くことのできない昔の人々が記した言葉にチャレンジすることも。文字を声に起こし、景色を描く。

そうして自分以外のすべてに、ひとつずつ成れ。

そんな思いをこめて通訳道場では古今の英語、日本語の名文、名調子をアンソロジーとして朗読しています。

さて、。今日は「平家物語」の中でも印象深い「那須与一」を日英交互に読んでみました。この段には言語造形(言葉の響きでそのものの本質に迫り、描こうとする試み)の名手である諏訪耕志さんのレッスンで出会いました。

念のため、あらすじ。平家が差し出す扇の的を射させようと義経は与一を指名。ところが与一、はじめは「できないかも」と最近のおりこうちゃんみたいにぐだぐだ言います。それを義経が叱り飛ばし、与一は使命に目覚めます。面白いことに「俺はあの的を射たい」でも「俺はあの的を射る」でもなく「射させたまえ」と祈っていること。大いなる力に任せ、欲を手放した与一には激しい海風や揺れる扇もただ静かに感じられたよう。

美しい英訳はスタンフォード、UCバークリーで日本研究に尽くされたHellen Craig McCullough先生の作品です。お手本の音声がないので、ひたすら心にイメージを描くことを意識しました。さて、どうでしょう。(途中でカラスが鳴いております…とほほ)

通訳道場★横浜CATSはこちら

 

Please follow and like us:
error

「話し言葉で通訳してもいいんですね。」えっ?!

「通訳って話し言葉みたいに生き生き訳していいんですね。」
「???」
「ですます調で訳すものだと思っていました。」
「ああ、某公共放送のアナウンサーみたいに?」

あれは明治維新以降にこしらえた言語。音声由来の生命力は高くない。 通訳は音声言語を音声言語に再現する仕事です。音声は文字より格段に情報が豊か。しかもその情報は文字や理屈では追いつかない。音楽だから。

スピーカーが親しみをこめてカジュアルに話すなら、通訳も親しみをこめてカジュアルに。

ノーブルな雰囲気で上品に、なら通訳もそのように。

だから通訳者は抑えのきいた役者でいることが大切。

だって考えてみて。吉幾三さんがエジンバラでライブをやるとして、インタビューがキングス・イングリッシュで通訳されたら笑っちゃうでしょ。

しょうがいない?そんなことない。それは20世紀の諦めです。

文字化できない部分も音楽としてきちんと聞いて、わざとらしくならない程度に再生して。 なんでもかんでも公共放送アナウンサー調では、通訳が必要なことをせず、勝手に余計をしていることになる。

ウェールズ、ベスゲレアトの牧場は門の形も音楽。

本当はね、英日通訳、といういい方には違和感があるのです。

日本語にも、英語にもいろいろな方言がある。方言こそ心を伝える器、生き生きとした音楽。

標準語になると心のチャンネルが固く、細くなる。

だからヨークシャー弁・いわき弁専門通訳者、バーミンガム弁・相馬弁専門通訳者がいたら理想。地方と地方の心がいっきに通じ合う。

震災の後、メディアでは「がんばろう日本」って盛んに言っていたでしょ。でも福島の、私の友人たちの口から聞かれたことはなかった。町ののぼりでさえ「がんぱっぺいわき」。

中央の文字言語が地方の音声言語を塗りつぶしていくのは危うい時代ですよ。「進め一億火の玉だ。」「欲しがりません勝つまでは」訛っていないでしょ。

方言は、地に足をつけ、天を仰ぐ人たちの心の免疫くらいの大きな役割を果たしていると思うんですよ。 だから、通訳養成、地方の力にしたいのです。

通訳道場★横浜CATS 第3期はこちら

Please follow and like us:
error

シュタイナー医療講演「身体の神秘・鳴り響く音楽」と”中心をもつこと”

痛みには鎮痛剤。発熱には解熱剤。ウィルスには抗ウイルス薬。細菌には抗生物質。 悪いところは切除。食べられなくなったら胃ろう。

確かに必要なときもある。でもいつもこれでいいの?と思ったことはありませんか。

症候を「敵」のように見なして「やっつける」のをよしとする発想は次々と敵を生むだけ。しかも相手も強大になる。次々と新しい薬が必要になる。これでは人間は自然の一部であるはずなのに、自らの「とき」がわからなくなる。症候との付き合い方を自分で決められなくなる。不安に追われる生き方になる。

シュタイナーのアントロポゾフィー医療は通訳として私が最も優先する分野。

「感謝」と観察に基づく「哲学」があふれているから。古代の叡智が尊ばれているから。何も憎まず、病をも「大切な経験、メッセージをありがとう」と受け止めるから。その成果は身体的な症候の解消にとどまらず、もっと深い喜びに繋がっているから。

昨日開かれたシュタイナー医学入門連続講座の最終回は超満員。講師の山本忍先生はいつもご自分のみずみずしい言葉で驚きの洞察を語ってくださるので大人気。

講演は「身体の神秘・鳴り響く音楽」というタイトルどおりの壮大なもの。 通常の科学でも知られている魚類から人間への心臓の進化に人間の知性を読み取ったり、手足の骨の数の意味を読み解いたり…すみずみまで感謝と哲学が響いていました。

そして印象的だったのは「中心を決める」ということ。

忍先生にとってアントロポゾフィー医療は「中心」なのだそうです。

ホリスティックセラピーを自称する手法は星の数ほど。シュタイナー関係でも次から次へといろいろなメソッドに手をだすのを見かけます。でも違和感がありました。だいたいどれも半端。半端だからあれこれ手を出す。資格ビジネスにはまる。欲深い人が集まる。困る。

忍先生もいろいろご存知だけれど決定的に違う。 それが中心があるかないか、ということ。

先生は一度、長年続けてこられたその他のセラピーをすべて捨て、アントロポゾフィー医療を究める覚悟をなさったそうです。そして問いを投げては信じて待ち、答えが与えられる、をじっくり繰り返し、やがてアントロポゾフィー医療が中心として定まったそう。 するといったん捨てたものも収まるべき位置に再び収まったとのこと。決して並列的にではなく。

この道は内的な道。

私の中心は…アントロポゾフィー通訳法と言いたいところだけど、それはまだありません。なのでアントロポゾフィーを土台に少しずつ創っているところ。

あなたがどうしても残したい一つは何でしょう?
どうかあなたの旅路も守られていますように。

[maxbutton id=”8″]

 

 

Please follow and like us:
error

学習優位感覚、MI。思わぬ使い方に提唱者が困惑

生徒はお行儀よく座って先生のお話を聞き、板書を写す…そんな授業は情報そのものに稀少価値があった昔のやり方。現代にふさわしい方法はないか…向上心豊かな教育関係者の心をとらえたのが学習スタイル(学習優位感覚)と多重知能理論(MI)。どちらもアタマだけでは学べないことを強調し、学び手ひとりひとりの多様性、可能性に光をあてる視点です。ところが勘違いした実践も多く、当の提唱者自身が当惑しているというのです。

アタマだけでは学べない

そもそも学びとは新しい情報を外から取り入れ、体験とすり合わせ、取捨選択し、自分になじませていくこと。学びの種である新しい情報はいきなり頭には入れません。頭という奥座敷に入るにはまず感覚器官という玄関から入らねばなりません。学びは身体に始まるのです

学習優位感覚(学習スタイル)とは

学習スタイル説にはさまざまなモデルがあり、提唱者もさまざまです。今日よく話題に上るのがVAKモデル。人間の学びには感覚の中でもVision視覚・Audtition聴覚・Kinaesthesia体感覚(触覚・運動感覚)が大きな役割を果たし、場面によって優先的に使う感覚があるという説です。例えば私は通訳するときは聴覚を主に使いますが、車を運転するときは視覚、体感覚を優先的に使う、というふうにです。

この視点には私も教員時代に大いに助けられました。先生たちは聴覚をよく使う人が多いそうですが、私もそうだったのです。ベストを尽くたつもりでも自分と似た生徒たちに有利な授業をしてしまう。視覚や体感覚を使いたい生徒たちが置いてきぼりになってしまう。この子たちが飽きて「自分は集中力がないんだ。頭が悪いんだ」と思い込むとしたら、原因は誰?そこで視覚、聴覚、体感覚をバラエティ豊かに使うアクティビティを揃えたのです。

おかげでもともと大嫌いだった所謂「教案」とは永遠におさらばできました。ふさわしいアクティビティをぱっと選ぶには、その時、その場で生徒のしぐさ、表情をひたすら観察、瞬時に判断しなくてはなりません。これは気が抜けませんでした。でも楽しかった!

多重知能理論(Multiple Intelligences)とは

ハワード・ガードナー教授(ハーバード大学大学院)が提唱する新しい知能モデルです。ある日、知的障がいがあって話すことも歩くことも難しい少年が、教授の研究室から車いすをスイスイ動かして出て行きました。その後姿がきっかけのひとつとなり、ガードナー教授はIQのように単一の尺度で人間の知能を測る方法を疑うようになりました。2004年発行の”Frames of Mind”新刊の章立てには6つの知能が見えます(本文では7つ扱っている)。
Linguistic Intelligence(言語の知能)
Musical Intelligence(音楽の知能)
Logical-Mathematical intelligence(論理と数学の知能),
Spatial Intelligence(空間の知能)
Bodily Kinesthetic Intelligence(身体と運動の知能)
The Personal Intellingences(人間的知能)
よく見かけるのはこれらをさらに8つに分けたフレームワークです。
今日では9つ、12、とさらに細かくわけた説もあります!

提唱者が困っている?!

学習優位感覚もMIも先生が自分を客観視し、生徒を観察する目を磨くのに役立ちます。しかし以前から学習優位感覚は科学的な根拠が脆いと指摘されていました。科学的に証明されていなくてもうまくいく方法はあるものです。そういう方法に手を出すときは節度、うしろめたさを忘れてはなりません。
案の定、最近おかしなことになっているようです。学習優位感覚とMIを混同する人、血液型のように固定的にとらえる人、他人を安易にタイプ分けし、コミュニケーションを操作しようとする人が後を絶たないのです。

そもそも感覚は身体に属するもの。教師が観察するならともかく、生徒が自分で意識しすぎても不自然です。

Urban Myths about Learning and Education「仮題 学習と教育をめぐる都市伝説」 (by De Bruyckere, Kirshnerm, Hulshof/ Elsvier, 2015)では逆効果に警鐘を鳴らしています。

“Frequently, as Clark later explained, so-called mathemathantic effects are found; that is, teaching kills learning when instructional methods match a preferred but unproductive learning style.”
「よくあることだが、クラークが後述する通りいわゆるマテマタンティック(学習の死)効果がみとめられた。教えたばかりに学びが死んでしまったのだ。教え方を、お気に入りだが非生産的な学習スタイルにぴったり合わせたがために。」
「MIと学習スタイルは同じですか?」という問いには20年以上も前にガードナー教授が困惑しています。
“Without doubt, some of the distinctions made in the theory of multiple intelligence resemble those made by educators who speak of different learning styles. Many of them speak of spatial or linguistic styles, for example. But MI theory begins from a different point and ends up at a differnt place from most schemes that emphasize stylistic approaches.”(p.44 Multiple Intelligences theory in Practice /Basic Books)
「間違いなくMIの区分のなかには教育関係者が提唱しているさまざまな学習スタイルに似ているものもある。たとえば彼らの多くが空間タイプ、言語タイプと言っている。しかしMI理論の出発点も到達点も、それらの矢鱈に『スタイル』でアプローチするスキームとは殆ど異なっている。」

学びに魔法はいらない

私も「なんだか変」と思った覚えがあります。初対面の方と喫茶店で待ち合わせて間もなくのこと。「君、擬音語が多いね。話し方も噺家みたいで面白い。きっと聴覚優位だ。僕、分かるんだ。」そしてあからさまに私のしぐさをまねたり、抑揚までそっくりにおうむ返ししたりし始めたのです。私がどう応じたかはご想像にお任せします。

学習スタイルは血液型や星座のように固定的なものではありません。学びの近道や人心操作を可能にする魔法の道具でもありません。学習優位感覚も多重知能理論も、教える者が学び手の内なる多様性を尊び、学び手が自分の豊かさに気づくツールなのではないでしょうか。

Please follow and like us:
error