芸能人は政治的発言をすべきでないと思うなら…「この人を見よ」Last Week Tonight with John Oliver

持続可能な未来のための通訳者、冠木友紀子です。このところ字幕づくりにかかりっきりでした。

さて、近頃、タレントさんのなかにも国会や憲法に詳しい人たちが出てきました。以前は芸能人が政治的発言をしようものなら、「黙ってろ」のような反応があったものです。大きな影響力を政治的に使うな、という意見もありました。

そんな意見の持ち主もぶっとぶすごい人を通訳道場生のE子さんが見つけてきてくれました。

こちら、ジョン・オリバーさん。アメリカ在住のイギリス人コメディアン&役者です。えくぼがなんともかわいいけれど、この方ただものじゃありません。HBOという有料テレビでLast Week Tonight with John Oliver という番組をもち、これが大人気で今年もエミー賞に選ばれました。

その内容ときたら、アメリカ大統領選、ウィグル自治区への中国政府の仕打ち、新型コロナウィルス騒動に子どもへのワクチン、と時事問題に堂々切りこんでいます。特にトランプ大統領への面白おかしく辛辣なコメントにはトランプ大統領自身ツイッターでけんかをふっかけるほど。オリバーさんは米国籍も持っているようですが、それにしてもここまでコテンパンに言うとは。

それでも多くの人がゲラゲラ大笑いしてこの番組を楽しんでいます。

たとえば想定外のギャップ。
笑いは究極の緊張が弛緩するときに生まれる、といいますが、まさにそうなのでしょう。。ギャップの大きな2つの事柄を並べるお手並みは見事な「なぞかけ」のよう。

たとえば「トランプ大統領は背中に現れた悪性のほくろのよう。去年までは無害だったけれど知らないうちにでかくなって今年はもう無視したらまずい」など。

そして可笑しいほど格調高いイギリス英語。さすがケンブリッジ大学のご卒業。知性に支えられたお笑いはお手の物。このアクセントでfuckingを連発されると脱力してしまいます。

いまのところ日本は微笑ましいゆるキャラで取り上げられていますが(でも、最後のほうでちらりと今年の大統領選をくさしていますが)、さて、どうなりますやら。

もし日本で、日本人女性と結婚した北京大学卒の中国人の男性が…あれ?何語で…?

ジョン・オリバーさんはイギリスとアメリカの間のニッチに他にまねのできない立ち位置を確立しているのですね。

通訳道場の朝稽古では、この方を同時通訳するという変な自主練が通訳道場生の間で流行っていて…おおいに結構。

通訳道場★横浜CATSはこちら

Please follow and like us:
error

泰緬鉄道、捕虜たちの心を甦らせた「友」は…

持続可能な未来のための通訳者、通訳道場主宰の冠木友紀子です。

私は大学でも通訳を教えています。なにより面白いのは、ウォーミングアップで学生たちの近況ニュースを聴くこと。誰もが自分の日常は取るに足らないと思っています。でも、それは自分だけ。自分以外の誰にとっても想定外の珍事です。大いに盛り上がります。

ただ、ある学生の近況にクラスが絶句、のち激怒したことがありました。

彼女は留学時代の「友人」と目上の人を訪問する約束をしていたのに、友人は待ち合わせにちっとも現れない。電話も通じない。目上の方に遅れることをわびる電話を入れると、なんと友人はすでに目上の人を別の友人と訪問中。彼女だけ約束をすっぽかしたことになるところでした。で!彼女は友人に怒れない、というのです。この友人がいないと留学時代の友人たちに連絡がとれなくなるから仕方ないのだそうで。

なんだそりゃ!

「そんなの友達じゃない。貸し借り関係。利用し合っているだけ。」クラスのみんなは一刀両断。よく言った。

さて、私はどう答えたものか。私は心理カウンセラーではないし、人生の諸問題を心理問題化するのには抵抗があります。

そうだ、文学ほどの心理カウンセラーはいない。

次週はカリール・ジブランの「預言者」から「友人について」の章と「クワイ河収容所」から、次の場面を紹介しました。

第二次大戦中、日本軍はイギリス軍が諦めたタイ―ミャンマーインドの鉄路建設に着手、アジア人労務者、英連邦捕虜に強制労働を求め、10万人あまりを死なせます。布のみを腰に巻き、裸足で朝から晩まで工事にあたった捕虜たちが帰ってくると… シャベルが1つ足りません。このままでは隊全員射殺されます。そこでアガーイル隊員がとった行動は…

クワイ河畔。山辺に鉄路が見えます

「その日、一日の仕事が終了した。ただちに工事用具の確認が行われた。確認がすみ宿舎へ帰る寸前というところで日本軍の俘虜監視兵が、シャベルが一本足りないと宣言した。その日本兵は、タイ人に売ろうとして誰かが盗んだのだと主張した。俘虜たちの列の前を彼は大股で歩きつつ、どなりちらしていた。俘虜たちが卑劣で愚かであること、さらに最も許しがたいことには天皇に対する忘恩の不敬をおかしていること、それらをなじった。
 さらに彼は、ブロウクン・イングリッシュの憤怒の声を張りあげて、盗んだものは一歩前へ出て罰を受けろと命令した。だが誰一人動かなかった。監視兵の怒りは一段と強まった。すぐに暴力をふるうだろうと誰もが思った。『全員死ぬ!全員死ぬ!」と、逆上した彼は、金切り声で叫んだ。彼は自分が本気であるのを示すために、銃を取り安全装置をはずし、肩にあてて狙いをつけた。俘虜たちをひと通り眺めたうえで左端の者から射殺しようとした。
 その時、そのアガーイル隊員が列の前に進み出たのだ。彼は直立不動の姿勢をとり、こう言った。穏やかな声だった。

「私がやりました」

監視兵はそれまで熱しつづけていた怒りを一気に爆発させた。彼はその気の毒な俘虜を蹴とばした。こぶしでなぐった。それでもアガーイル部隊の兵士は姿勢をくずさなかった。鮮血が顔に流れた。それでも彼はうめき声を出さなかった。その声1つたてない落ち着きが、監視兵の憤激をよけいに駆りたてた。監視兵はいったん手放した銃の銃身を握って高く頭の上に振りあげた。そしてひと声わめき声をあげて、銃尻をアガーイル兵の頭蓋骨へ振り下ろした。彼の身体は、ぐにゃりと地に倒れて、それきり動かなかった。死んだのは歴然としていた。それなのに、完全に死んでしまっているのにであるが、その監視兵は、幾度も銃尻を振り下ろしてアガーイル部隊の兵士をなぐりつけた。ついに、やっと自分が疲れはてたとき、なぐる手をとめたのである。

 労働班の仲間たちは戦友の遺体を持ちあげ、用具をかついで収容所へ向かって行進した。

収容所の門衛のところでも検査がある。用具はもう一度勘定された。ところがシャベルは、一本足りないはずなのが、全部そろっていたことがわかった。

 この話がくり返し伝えられた。そして、すばらしいことだと言ってよいと思うが、いつ語られても、アガーイル兵に対する俘虜たちの賞讃の念のほうが、日本軍の監視兵への憎悪を超えて強かった。」

(「クワイ河収容所」アーネスト・ゴードン著 齋藤和明訳)

「人その友のために己の命を棄つる。これより大いなる愛はなし。(ヨハネ伝 5章13節)」

さきほどの学生は、別人のように力強い眼差しでこう言いました。「だめだ。私たちぜんぜん違う。」

「クワイ河収容所」読書会はじまります。無料体験は6月21・25日です。

Please follow and like us:
error

通貨・数字の通訳はどうする?

「億単位の金額が飛び交うと…」(わあ、すごい)
「通貨の計算に戸惑います…」

無理しなさんな。そんなところでかっこつけても仕方がない。

ちょっと才走った通訳嬢がすらりと通訳したつもりで、そのあげく、あとで言った言わないのもめごとになるのが数字、金額。

社内ならまだしも、フリーランスが請け負ったクライアントの案件だったらひとたまりもありません。

F1レーサー、日光いろは坂のバス運転手さんを思いうかべてください。

プロは直線とカーブではスピードを変えるでしょ?

どこでもかまわずすっ飛ばすのがかっこいいと思っているのは自己中心的な初心者です。

私は、数字には通訳メモとは別に大きめのポストイットを使います。先方の現地価格、数量をメモ。これでいい?とメモを先方に確認。換算して日本側に伝えます。それを海外、日本側両者で確認。参加者のどなたかに協力をお願いして、いつの、何についてのメモなのかタイトルを書いていただきます。

みなさん、喜んで協力してくださいますよ。誰もが順調かつ正確なコミュニケーションを望んでいるんですから。それに、人に頼りにされるってうれしいでしょ?

オンライン通訳道場 第5期お申込み受付中!

Please follow and like us:
error

オンライン授業を活かすには-中高生無料通訳道場より

おかげさまで新コロ臨時休校中高生限定無料オンライン通訳道場も4クラス7回は無事終了!

私こそ、朝に夕に中高生のはじける声を楽しみに、まことに健康的な毎日をありがとうございました。

元女子校の先生が初対面の中高生のみなさんに出逢って、オンライン授業の強み、弱みを改めて実感しました。そして2つ、思うことは…

話し手の頭の中の景色を聴き手の頭の中で再現するのが通訳

1.地域の縛りはいらない。
今回は北海道から和歌山まで、さまざまな地域から参加者が集まりました。北海道で雪が降っているときに和歌山はみかんが熟れる温かさ。「え、いま雪なの?」「そうだよ、いま見せるから」こんなやりとりができると天気予報の見え方も変わるものです。

2.学年の縛りはいらない。
急に決めたことだったので、その日時に集まれるメンバーで始めました。学年別でも志望校別でもありません。中1と高卒が一緒というクラスもありました。素材は中1の教科書に出てくるストーリーでしたが…すぐに通訳トレーニングで扱うのは上級生にも充分やりがいアリ。下級生は質問をし、上級生はすでに習ったことを下級生にプチ先生として答え…これ、同学年クラスではなかなか容易でないことです。

課題は、円になって輪唱などのちいさなコミュニティづくりの活動ができないこと。私のアプローチは脳化と逆行するのですが。

というわけで、新学期もオンライン授業にするなら、地域の学校ごとにまとまっているばかりではちょっともったいないですよ。そういう部分があってもいいと思いますが、神奈川の中学生が長崎の中学の授業に参加…なにが問題?そういう変化に富む体験を、地元の学校で分かち合おうではありませんか。

新学期も休校が続くようです。通訳道場、もっと通訳に焦点をあてた講座を中高生限定無料オンラインで1クール(6回)やるかしら、と思っています。

新コロ休校中高生限定オンライン無料通訳道場

Please follow and like us:
error

文学が聞きにくい通訳を救う

zoom朝活通訳修行も好調です。今日はピーター・マクミランさんの百人一首の英訳が話題になりました。

このごろは、文学なんて大学の役立たず、高校でも必修から外すべし、などという声が聞こえますが、とんでもない。

文学とがっぷり四つに組むって大変な冒険、能動的な体験です。

のんびり英文学作品を日本語訳で読み、登場人物の気持ちを推し量る、精神分析をもてあそぶことなどではありません。(そんなことばっかりしてるから役立たず、って言われちゃうんです。)

例えば英詩を日本語の「詩」に訳す、日本語の俳句を英語「俳句」にしてみる。

ちょっとお手伝いしているフェリス女学院の同僚にも、アメリカ出身で、日本語で短歌づくりを楽しむ人がいます。さて、日本の英米文学科の学生で英詩を作ったことのある人はどれくらいいるのでしょう?

詩を詩に訳すには途方もないエネルギーがいります。詩を書くより大変かもしれません。時間をかけ、頭をひねり、多くの選択肢から1つを選び、それでもなお完璧だとは思えません。

時間に追われがちな通訳者の皆さんにも、ひとりでいられるお休みの日に、じっくり詩と取り組むことをおすすめします。豊かな時間となるはずです。

いや、それはちょっと無理…というなら、毎日一首、一句、一篇でよいので、英語、日本語で韻文作品を音読することをおすすめします。

なぜなら、通訳者にありがちな「聞きにくさ」「通訳口調」改善に効果抜群だからです。

通訳者の「聞きにくさ」の原因は、往々にして余分な「埋め草あぶく言葉」です。「えー、それといいますのも、つまり、しかしながらですね」聞かされる方はたまったものではありません。

これをやめよう、と意識すると逆効果。そんなことは意識せず、よいお手本に耳と口を慣らした方がうまくいきます。

私はドナルド・キーンさんの説明的でなく、余分な語がまったくない訳が好きです。

閑さや     Such stillness-
岩にしみ入る The cries of the cicadas
蝉の声 Sink into the rocks.

万葉集から江戸時代の漢詩までを網羅したドナルド・キーンさんの素晴らしいアンソロジー

もちろん、文学だけで通訳養成は不可能です。それについては別稿にて。

訳した感ゼロ、話芸としての通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

通訳学校で伸びる人、伸び悩む人

通訳学校でどんどんうまくなり、講座を修了する前に仕事が始まる人もいれば、10年も通って400万円も学費を払いながら一銭も仕事にならない人もいます。

どうしたら伸び悩む人も、伸びるようになるでしょう?

通訳学校に通う曜日を増やす?

いえいえ、お金がかかるばかりです。

通訳学校以外のインプットを増やすことです。

文系理系に関係なく古今東西の名作を読むこと、ダイジェスト版で結構!できれば気に入ったものを暗誦すること。落語に通うこと。

通訳学校の練習はこんな感じです↓
先生が音声をワンフレーズ再生、一時停止しては指名された生徒が通訳、そして先生の模範通訳。これを英日、日英で繰り返します。

私が目撃した伸び悩みさんたちは実に真面目でした。英文学科出身の典型的文系さんで、2時間の授業中一生懸命訳しては先生の模範をひたすらノートにとりまくり。ノート取りに忙しくて政治家の話も芸能人の話も同じ口調。これではちりが積もってもいつまでも山にはなりません

かくいう私は臆面もなく伸びた方ですが…楽だったんです。まるで訳している気がしなかったんです。勝手に訳が出てくるようで(まるで我慢し損ねたオ〇〇のよう)。

聴こえたフレーズから絵が立ちのぼり、磁石が砂鉄を集めるように言葉が集まって来る。

その砂鉄はどこから…?

実は学生時代にさかのぼります。楽をさせてくれない手加減なしの学校で文理幅広く触れ、毎日聖書、讃美歌の日本語に触れていました。イエズス会の英語教科書は語彙も文章量も文科省の標準の3倍!中2のとき、太宰治に憧れて間全集を毎日1巻のペースで何度も繰り返し読んでいました。大学はリベラルアーツ。おかげで概念、語彙のプールがでかい(!)のだと思います。

私が通訳学校で体得したのは、すでにできている日本語プールと英語プールを画像でシンクロさせる方法です。

大人の方に私の学生時代のようなヒマはありません。だから学習漫画でもダイジェストでも新書でも結構。視野を広げ、新しい言葉を獲得してくだい。

先日、ITやAIにとても詳しい友人から、自動翻訳がこのごろとても良くなったのは膨大なよい訳例にふれさせているから、と聞きました。どうも私がやっていたことに似ています。私がのろのろ処理できる量はわずかですが。

普通レベルの通訳・翻訳なら自動翻訳が当たり前になる時代がすぐそこまで来ています。

さて、次のことを考えましょうか。

持続可能な社会のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

私が食事中通訳を引き受ける理由

20年近く前、都内の通訳学校に通っていたころのこと。「食事しながらの通訳は断りなさい。見習いに代わってもらうのがベスト。自分がやらなくてはならないとしても、クライアントの会食の前か後に用意してもらってひとりで済ませなさい。」と言われたものです。

それはそれでエージェント経由の通訳者にはごもっともです。普段の通訳は頭フル回転の真剣勝負。その状態で食事をとることは生理的にも無理があります。エージェントが所属通訳者の健康と仕事の質を守ろうと助言するのは無理からぬことです。

でもね、私はいま通訳をお引き受けしている方々のところでは大いに飲み食いしながら通訳しているんです。

なぜ?

私も仲間の一員だと思っているからです。私をプロジェクトの一員と思ってくれる人たちとしか仕事をしていないからです。

そういう仲間や海外講師とは、仕事の後においしいものを囲む時間も大切。そこに私がいないことは考えられません。

でも、失敗もありました。駆け出しのころはまじめに通訳しながら食べようとして、学校教員時代以上の早食いをしました。そのせいで仕事が終わった後、4日も胃痛に苦しむことになりました。なぜかちっとも痩せなかったけれど。(学校の先生以上に早食いしてはなりませぬ。)

でも、私が「この人たちと一緒に過ごしたい」と思っている限り、なんとか工夫するものです。たとえば…

1.食べるのがめんどくさそうなものは、箸をつける前に食いっぷりのよさそうな若いもんにあげちゃう。喜ばれます。私のお皿は空に見えるので「冠木さんも食べて!」と言われずに済みます。

2.飲む。ご先祖様のおかげで私はもともとお酒に強いんです。そのうえ仕事中は最高に緊張、興奮しているのでちっとも酔っぱらいません。お酒の中でも度数の低いビールを飲んでいれば、おなかはいっぱいになるし、周りも「冠木さんも飲んでいるな」と安心してくれます。

3.講師の隣に座る。講師と私が講座中に個人的な話をすることは決してありません。でも会食の席では講師がいろいろプライベートを訊ねてくることもあります。その会話は英語学習中の参加者のみなさんには面白いようです。そんな話はかいつまんで訳せばOK。

私が食事中通訳より気にしているな講師の食事、時間の使い方の趣向です。夜はひとりでルームサービスにしたい方、ホテルのレストランが好きな方、ほったらかしてもらいたい方(ひとりで赤ちょうちん入りたい方も)…そのあたりをさぐるのもコミュニケーションの忍者(?)、通訳者の仕事です。

あれえ、呑み助限定の話だったかなあ。

通訳道場★横浜CATS 第5期

Please follow and like us:
error

平板な通訳口調を脱するには

今年も大学での通訳養成が始まりました。たいしたもんです。私、20歳のころ、通訳のクラスをとろうなんて思ってもみませんでした。学生時代はボランティアのチャンスもたくさんあるし、がんばろう!

ん…?

このごろの若い人たちはどこでも同じ話し方?。確かに、お母さんと電話で話すときも、売店で店員さんに質問する時も、先輩に挨拶するときも、同級生と何をお昼に食べるか話すときも、先生と話すときも…似ている。私の学生時代ほど「切り替え」をしないよう。

これを内田樹さんは「身体の言い分」の中でこう書いています。

「今の子どもたちの話を聴いていて、いちばん感じるのは、語彙の貧困というよりも、『ヴォイス』の貧困ということなんです。一つしかないんです、語り口が。…(中略)…同じコンテンツを違うモードで伝えるというのはコミュニケーションの技術の中ではすごく大事なことなんです。それができないと、ほんとに自分の言いたいことも伝えられないし、相手のシグナルの機微も感知できない、コミュニケーション感度の低い人になってしまう。コミュニケーション感度が低いというのは、共同的に生きていくうえで致命的に不利なことなんですけれど、そのことの重要性にまだあまり気づいていないですね。」(「身体の言い分」34-5ページ)

通訳者にもいます。語り口、ヴォイスが1つしかないひとが。誰を訳しても同じ調子になる。それも相当に平板な。スピーカーのノンバーバル(文字化不能)なメッセージがそっくり抜けてしまう。

たしかに、まるっきりスピーカーをまねっこをしてはおかしいです。でも、不自然にならない程度に、ノンバーバルな部分を共鳴させると、とても聞きやすい、疲れない、と喜ばれるんです。喜ばれるからやるのではなくて、当然やるべきことと思っていますが。

豊かなヴォイスをもつには、芸、修行の世界が大いに参考になります。たとえば落語。与太郎、金ちゃん、熊さん、ご隠居さんがみんな同じヴォイスだったらどうです?落語家さんはみ与太郎のときは与太郎に、熊さんのときは熊さんそのものになっているでしょう?

ということで、通訳の授業を取りたい人は、ぜひ落研にも入るようおすすめします。


Please follow and like us:
error

その通訳が伝わらない理由

「違う!それは文化の違いじゃない。」カナダと日本のディスカッションを訪問し、振り返りに参加したときのことです。

カナダ側が「日本のみなさんは思いがけないところで他人事のような返事をする。」とこぼしました。日本人通訳者の方も「そうですね。日本人は変化に慎重ですからね。」と同調しています。

違うでしょ!

私はずっと気になっていました。私より一回りほど上らしいこの男性は、標準語書き言葉で話し、shouldをことごとく「べき」と訳していたのです。

たとえば、日本側が費用を理由に変更を渋った時、カナダ側が少々苛立ってIt shouldn’t be so expensive.と言いました。「そんなに高いはずがないでしょう・高いわけじゃないでしょう・高いはずがない」=そこはケチる所じゃないだろう!!!と感情チャージはフォルテッシモ。

その日本語訳が…「そのことはそれほど高価であるべきではありません。」

え?なんだその通訳口調は。どこの誰に言ってるの?何のことを?

日本側の返答はこうです。「まったく、おっしゃるとおりです。」

おいおい。生硬な通訳のせいで「日本人はにやにや同意していながらちっとも行動をとらない。わけがわからない。」という不満や誤解につながりかねません。

もし「そんなの高いわけがないだろ。」と伝わっていたら…

「高いとは言っていません。ただ、ほかにも緊急で費用が必要なところがあるんです。タイミングの違いです。優先順位はこっちで決めさせてもらいたいですね。」

「じゃ、いつごろ…」

こんなやり取りもありえたのでは、と思います。

「should=べき」のように単語を1対1対応させる昔の学校英文和訳は脇へ置きましょう。語は文脈のなかで色合い、ニュアンスが決まります。文脈を把握したうえで適切な訳語を選ぶのはAIでもなかなか苦労するところ。

音楽でいえば、同じ音高のオタマジャクシでも、フレーズによって響きが違うはずです。自動演奏が演奏家に適わないのはそこでしょう。

生人間、生きているうちにがんばりましょう。楽しみましょう。

通訳道場★横浜CATS 第5期 ご相談受付中

Please follow and like us:
error

通訳者の仕事が加齢で劣化しないコツ

えっ!ビックリ。そんなこと考えたこともない。「通訳さんも年とともに仕事がつらそうで。」声の主はメディア関係の30代の男性。「私のこと?」「いえいえ!」

なんでもベテランの通訳さんを手配したものの、安心して任せることができなかったそう。何が気になったのでしょう?記憶力?理解力?訳語の選択?発声?持続時間?いろいろ聞いてみても首をひねるばかり。ああ、こんな専門的な訊き方をした私が悪い。どんな感じだったか話してもらいました。

「なんだか、よくわからないんですよ。たぶん、訳としては正しいのだけれど、伝わってこないんですよ。」

あ、わかった。

この青年、「劣化した」ベテランさんとのおつきあいはここ2年とのこと。ということは、彼女が30代の頃どんな仕事をしていたかは知る由もありません。だってまだ幼稚園生のはず。

もしかしたら、劣化、と言ってくれた彼の方が優しいかもしれません。

私はちょっと厳しいことを言います。でも、その方がこの先が明るいんです。

このベテランさん、はじめからその調子だったのだと思います。

ちょっと五線譜と演奏のたとえを使ってみます。

こりゃ老眼には厳しい…

昔は五線譜を読める人が珍しかった。だからおたじゃまくしの通りに歌えるだけで、周りはおーっとびっくりしてくれた。誰も曲想どころじゃなかった。

でもそのおたまじゃくし出力は作曲家の頭の中にあった音楽とは違いますよね。音楽の骸骨くらいかもしれないけれど。

英語も昔はそんな感じだったのでしょう。daisyが雛菊と化けるだけでおおーっと感心された。

でもね、今は「音楽表現、演奏」が求められているのです。「雛菊」といっても誰がどんな思いをこめて見ている雛菊なのか伝わって当たり前なのです。しょぼい安物の花なのか、ワーズワースが見ていた、けなげな努力を頑固に続ける花なのか。

時代が進んで、英語を使う人が増えたので仕事が高度になったわけではありません。

本来の姿が現れるだけのこと。

劣化ではなく、本来の姿に到達していないだけです。

本来、言語表現にも音楽と同じようにクレッシェンドやらスフォルツァンドやらスタッカートやら…いろいろな音楽記号がついています。

それを切り捨てておたまじゃくしだけ鳴らして良しとする権利は通訳者にはありません。音楽の世界では許されないことが、通訳の世界では許されるなんてことはありません。言語は音楽です。

じゃあどうしたら?という皆さん。老若にかかわらずおすすめがあります。

感情(曲想、音楽記号)をたっぷり含む英語映画、ドラマをよく聴いてインプット、シャドウイング、アテレコでアウトプットしてみましょう。

そして、日本語も磨くことです。標準語ならNHKの森田美由紀さん(チコちゃんのあのブラックなナレーション。20年前から彼女は通訳学校でも称賛されていました)。できれば振れ幅の広い話芸に耳をならしてください。なんといってもおすすめは落語です。

通訳道場では「外郎売の口上」まる暗誦が必須です。全員、クリアーしています。寿限無も加えようかしら。→【通訳道場★横浜CATS第5期】

Please follow and like us:
error