シュタイナー関係の複数イベント同日開催はどうしたら?

「シュタイナー関係って同じ日にいくつもイベントが。」
「これじゃ人が集まるわけがない。」
「あれもこれも行きたいのに、ひとつしか行けない。」

お困りですか?さてどうしましょう。
みんなでスケジュールを共有して重ならないようにする?

ブー。

「あら、うちはそこの土曜日イベントがあるから、おたくは金曜日にして」
「おや、○○幼稚園さんが日曜にイベントあるから、うちは月曜にしよう。」

こんなやりとり成立するわけがない。

成立したとして、おんなじ面々が回遊魚みたいに見慣れた会場をうろうろするのって、どうでしょう?孤立して閉じた輪になるように思えます。

日にちをずらし合ってもどうにもなりません。無駄です。

やるべきことは2つ。

イベントはしずく。あなたの茎はなに?ちなみにこれはコリアンダー


①そのイベントに招きたい、痛みを和らげたい相手をしっかり絞る。想定外の人が来てもいいのです。イベントが誰にあてたラブレターかはっきりすること。相手のいないラブレターは気持ち悪い。

②オンラインとの組み合わせ。対面だけにたよらず、ふだんからオンラインを対面イベントの準備とフォローに活かすこと。対面とオンラインが両立しないイベントは軸があまいんでしょう。(どうしても単発でやりたいときは特別感を出せることを確認。)

そしてもうひとつ。私の個人的な項目ですが、そのイベントが、天にすでに描かれた大いなる計画を、わずかでも、できるだけ地上に写し取るこころみになりうるか思い巡らします。ここで違和感があったらストップ。

1年は365日しかない。週末は52回しかない。でも52回もある。連休も。

いくら重なってもいいのです。シュタイナー関係だけで見ているからシュタイナー関係同士で重なっていると錯覚する。サッカー、野球、町内会の新年会といくらでもイベントなんて重なっています。

あなたのラブレターの宛名は誰?

このごろ、あちこちのシュタイナー関係団体でご相談をうけます。今はとてもその時間はとれないけれど、もし、ウェブデザイン、紙モノデザイン、オンライン発信などの人財にめぐまれたら、そのときは、なんて思っています。

持続可能な未来のための通訳者 冠木友紀子のプロフィール

Please follow and like us:
error

「アントロのイベントってどこも大変…」なワケは…

「アントロってどこも経済的に大変。イベントには人集まらないし、集まっても同じ顔ぶれだし。」
 
なぜだと思う?
 
「アントロってあまりに精神的に高度だから…」
「社会は物質主義的で理解してくれないから…」
「私たち、ポピュリストじゃないから…」
「日本の制度が悪いのよね。ドイツみたいにすればいいのに…」
 
ブー。
 
私の答えは違います。
 
 
アントロ関係者はアントロポゾフィーが大好き。大切にしている。
それはもちろん結構。
 
でもそれと同じくらい、あるいはそれ以上にセミナーに来てほしい人を大切に思っていますか。そもそも来てほしい人を心に描けていますか。
 
好きを仕事にする、とよくいいます。でもそれだけじゃ足りない。
 
ネイルが好きだから自宅でネイルサロンを始める。大いに結構。でも、お客さんを想う気持ちよりも、ネイルが好きという気持ちが強かったら、それは趣味なのです。仕事で忙しくておしゃれする気力も残っていないOLさん……外国でも指先をきれいにしておきたいノンジャパのインバウンドさん…きっとあなたの鏡のような人…そんなお客さんを大好きなネイルそのものよりを好きになれたときに仕事と呼べるのです。
 
だいたい自分がネイル好きだからネイルやりたくて、そのためにお客さん利用してお金をとるって変でしょ。
 
あなたの人生を変えたアントロポゾフィー。
 
そのバトンをあなたから受け取りたいと待っているのは誰ですか。
あなたがバトンを渡したいと願っているのは誰ですか。
その人に下心ない関心を抱き、幸せを心から願えますか。
 
「シュタイナー教育セミナーのお知らせです。必要な人にこの情報が届きますように。」
 
宛名のないラブレターなんてどこへも届かないよ。
Please follow and like us:
error